前川正の名言

前川正のプロフィール

前川正、まえかわ・ただし。日本の経営者。業務用冷凍・冷蔵機メーカー「前川製作所」社長。東京都出身。早稲田大学理工学部電気工学科卒業後、前川製作所に入社。取締役、常務、専務などを経て社長に就任。

前川正の名言 一覧

やはり強いところで勝っていくことが大事。


我々は、お客さまがご要望されることに応えていくことが第一の使命だと考えております。ですからいろいろな分野に挑戦しています。


堅実に、真面目に働く、大きな「町工場」でありたい。


やみくもに拡大を目指すつもりはありません。製造業の原点に立って、お客様が求めるモノを作り続けていけば、自然と規模は拡大すると信じています。


当社には「共創」という考えがあります。お客様のニーズを把握し、当社の技術とすりあわせて一つひとつ、お客様が求める製品を創り上げていきます。


私どもは、シェアを増やそうということよりも、ユーザー様に、当社ならではの提案、貢献をしていこうということに努めています。シェアが増えるか増えないかは、その結果だと考えています。


私どもは、定年という明確な言葉ではありませんが60歳を区切りとしています。その後、役職は変わりますが、本人の希望に応じて継続して雇用をしています。続けたい方は続けられる限りやっていただくようになっていますから、高齢な方も多いですね。最高齢は85歳の方で、今も出勤しております。


ユーザー様から要求されることに、我々ならではの答えを出していこうとするとき、今までつくったことのないものもつくっていかなければいけません。そのときには、斬新な発想が求められますが、それは高い技能、豊富な経験に裏付けされたところから出てくることが多い。


シェアを取れている理由は、お客様に必要としていただいていること。要求される内容が年々多くなり、単に冷凍庫を作るだけではなく、いろいろな仕事を手掛けています。パンやチャーハンといった冷凍食品の加工ラインを受注するようなケースも多くなっています。


当社には80代の社員が複数名おり、製造工程の一部で効率を度外視し、昔ながらのハンドメイドでの作業を残して若い社員に体験させるという取り組みをしています。その結果、ものづくりの技能伝承ができているという気がします。


当社には骨つき鶏モモ肉から骨だけを除く脱骨ロボット「トリダス」という商品があります。食肉加工業者のお客様から悩み事を聞いたことがきっかけで開発されました。製品化まで時間がかかりましたが、お客様からの評判も良く、競合製品が全くない独占状態です。


当社では、20歳代から30歳代を「動の世代」、50歳代以上を「静の世代」と位置付けています。動の世代は、それぞれが持つ技術や感覚を極めながら、社内で議論し、それをもとにお客様にぴったり合うモノを提案する。一方、静の世代は、培った経験や専門的な見識を生かして動の世代をサポートするだけではなく、トップ営業や新たなマーケットの開発に取り組んでいます。トップ営業ではその幅広い知見が生かされ、新規開拓でも、その柔軟な発想が大きなアドバンテージになっております。


お客様の加工ライン全体をエンジニアリングする上で、当社が独自につくるべきものと、そうでないものを、将来を見据えて検討していく必要があります。その意味では、ものづくりというよりも、社内ではコトづくりと言っています。いわゆる、ソリューション・プロバイダーという意味になりますね。だからこそ、多様な人材が必要になってくるわけです。


前川正の経歴・略歴

前川正、まえかわ・ただし。日本の経営者。業務用冷凍・冷蔵機メーカー「前川製作所」社長。東京都出身。早稲田大学理工学部電気工学科卒業後、前川製作所に入社。取締役、常務、専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

錣山矩幸(元関脇・寺尾)

指導においては、稽古場にいる一人一人に目を配り、気づいた点を指摘します。


北嶋一甫

「匠」という言葉が使われますが、私たちは自分たちを「企み屋」と呼んでいるんです。図面と向き合い、どうやって作ろうかと企むことから仕事が始まるからです。


梨田昌孝

プロ野球選手の優劣は、技術力、すなわち残した数字で決まる。だが、チームで高い成果を挙げるためには監督以下、コーチ、選手、裏方も含めてすべての人間の心をひとつにすることが不可欠である。


松井忠三

自分たちが抱えている問題を解決している経営者は世の中に沢山います。その解決方法を勉強すれば、大抵は自分たちも同様に解決できます。


出口治明

「鯛を釣るならどうするか」という話があります。ダメな人は、鯛が食べたがるであろう「最高のエサ」を作ろうとします。でも鯛がお腹いっぱいならば、どんなエサでも食べません。鯛を釣るには、お腹が空いた鯛の前にエサを投げればいい。仕事も同じです。その人に「他人の話を聞く準備」ができていなければ、こちらの話は聞いてくれない。


成田靖也

よく「個々の売上はエクセルで共有」「ランキングも社内に掲示している」という社長はいますが、それは単なる「管理」にすぎません。重要なのは管理ではなく、人の感情に響く施策を行うこと。文字だけのメールや数字を紙で張り出しても、人の心は動きません。


裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

実は、クリエイティブで難易度の高い仕事にもルーティンワークはあります。たとえば、大工さんの「カンナ掛け」は高度な技術を必要としますが、熟練した大工さんは、難しいとも思わずに行なっているはずです。習熟によって高いスキルを得た仕事なら、思考力や集中力を最小限に抑えたまま遂行できるものなのです。


谷脇宗

必ず臨店して店舗をチェックします。ブランドイメージを保ち、提供する料理やサービスの品質を落とさないことが安定と繁栄の源になりますからね。


池田千恵

朝の時間は頭が活性化する貴重な時間なので、ルーティン的な作業に時間を費やすのはもったいない。身支度を前日に済ませておけば、着ていく洋服に迷うこともなく、一番大事な考える時間も確保できます。


岡野喜太郎

非常時にも平常のように営業するのが銀行の使命である。お客様から預かった大切なお金を、この災害(関東大震災)で金のいるときに、支払いの出来るのに支払いをしてはならないというはずがない。必要なのは復興である。復興の資金である。
【覚書き|関東大震災の直後、神奈川県の支店を早急に立て直し営業を開始した当時を振り返っての発言】


Mr.マリック

人は崖っぷちに追い込まれると力が出る。だから、仕事の効率を上げたいと思っている人は、とにかく先に引き受けること。やりますと頷いた以上、スイッチを入れざるえをない。そういう状況で心の奥底から出てくる火事場の馬鹿力こそ、人の持つ超能力だ。


吉田たかよし

米ノースカロライナ大学で脳とストレスに関する実験が行われました。その結果によれば、ストレスの悪影響が最も顕著に現れるのが「創造力」で、ほんの少し焦ったりイライラしたりするだけでも能力は大幅に低下していました。一方、ルーチン・ワークなど単純作業に関する能力については、むしろ、ある程度のストレスを感じたほうが作業効率は上がるという結果でした。つまり、企画書や提案書など創造力が必要な作業はすぐに手を付けるべきなのに対し、伝票処理など単な事務作業については、ある程度は先送りした上でまとめて片付けたほうが得策だということです。


川村隆

企業には三つの価値があります。バランスシートなどで見る過去の「蓄積価値」、株式市場価値などで見る「現在価値」、そして数字では見えない「未来価値」です。未来価値とは、新しい事業を創造する力があるか、その事業をつくり出す人材がいるかどうかで測られます。企業とは戦略であり、戦略を立てるのは人。つまり、企業の未来価値とは人にあるのです。


小日向文世

食えない時期はありましたねえ、5年間ほどね。42歳の時に19年間所属していた劇団が解散したんです。舞台役者で生活はできていたけど、貯えられる金額じゃなかったからね。42歳で貯金ゼロ。女房と子供が1人いて、どうやって食わせていこうかって状況でした。それで、ほとんどやってこなかったテレビや映画など映像の世界に飛び込んだんです。でも、すぐに仕事がポンポン来るわけない。なにひとつ仕事がない月も珍しくなかったなあ。ただ、僕は19年間、劇団で芝居を続けてきて、役者の基礎は築いてもらっていたので、映像の仕事に対しても期待に沿う自信はありました。それに応え続ければ、仕事が増えて、少しずつ回るはずだと思ってました。絶対になんとかできるみたいな自信は持っていましたね。


田中孝司(経営者)

設備投資を減らせば利益が上がる。しかし、インフラ事業者としては数年後を見据えて投資することが大切です。


ページの先頭へ