名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

前川曜の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

前川曜のプロフィール

前川曜、まえかわ・よう。工場デザイナー。多摩美術大学プロダクトデザイン卒業後、金型製造の株式会社インクスにデザイナーとして入社。同社で工場立ち上げなどに携わったのち、工場デザイナーとして活動を開始する。「町工場とデザインをつなぐ」をコンセプトに斬新な製品を製造販売するブランチを創業。

前川曜の名言 一覧

国内だけではニッチな市場かもしれないが、グローバルに販売を展開すればそれなりの市場規模になる。


農業では生産者の顔が見えるという価値が認められているが、プロダクトでも同様につくり手の顔が見えるものづくりをしたい。


前川曜の経歴・略歴

前川曜、まえかわ・よう。工場デザイナー。多摩美術大学プロダクトデザイン卒業後、金型製造の株式会社インクスにデザイナーとして入社。同社で工場立ち上げなどに携わったのち、工場デザイナーとして活動を開始する。「町工場とデザインをつなぐ」をコンセプトに斬新な製品を製造販売するブランチを創業。

他の記事も読んでみる

犬塚尚美(悠木そのま)

気配りは究極の段取り。


蝶野正洋

いまの若い選手は半年サイクルで新しい必殺技を覚えていくけど、これだとお客さんの記憶にまったく残らないよね。これだと決めた技を粘り強く改良して磨いていかなきゃ。


泉谷しげる

子供の頃はどちらかというと内弁慶で、1人で部屋にこもって絵を描いているようなタイプだったんですよ。俺たちの若い時って、ちょうど60年代。ベトナム戦争や学生運動があって激動の時代だったから、新しい文化もどんどん出てきた。そしたら、部屋の中で作業してる自分が地味な気がしてきて(笑)。やっぱり、外へ出たかったんでしょうね。音楽をやることで、内弁慶ならぬ「外弁慶」になりたかったんだと思う。


亀井正夫

人事で難しいのは、潜在能力を見抜くことだ。課長で優秀でも部長で優秀とは限らず、部長で優秀でも役員で優秀とは限らない。軍隊でいえば、連隊長は任せられるが、司令官は務まらないということだ。


佐々木隆(経営者)

組織というものは例外なく「価値の順序付け」をするものです。最優先で取り組むもの、次にやるものといった具合でしょう。対象とするマーケットが画一的にまとまっていれば、企業はそのマーケット攻略のために単一の価値の順序付けを持って動けばいい。ですがマーケットが急速に多様化、分散化した場合、単一の順序付けでは対応できなくなり、行き詰ってしまうのです。


原志保(ビューティーアドバイザー)

結婚して30歳と33歳の時に出産を経験し、それまで自分中心だった生活が子供中心に変わって、すごくバタバタした生活を送るようになったんです。それで35歳になったある日、ふと鏡を見たら「うわっ、私老けたな」と思ったんです。それで自分自身すごいショックを受けまして、エステに行くとか、クリニックに行くとか、そういうレベルではなく、「自分できちんときれいになるってどういうことだろう?」「本当の美しさってどういうことだろう?」と考えて、エステの学校に通うことにしたんです。それが美容の道に入ったきっかけです。


小林学(ism)

ウェブ業界は浮き沈みの激しい若い業界ですが、時代に流されることなく、他業種同様、地道に継続することが顧客や社員に対しての責任だと思っています。


宗次徳二

大きな夢を持ってほしいけれど、それだけではなく、その夢につながる小さな目標の積み重ねを大事にしてほしい。


宮坂学

今年は「10倍」をひとつの目標にしている。2割、3割という改善はありふれている。「!」なサービスとは、何かしらの点で、10倍以上の大きな変化を生み出すものだ。10倍速い、10倍安い、10倍多い、10倍大きい、10倍簡単、10倍使いやすいという変化を。


徳重徹

従来は社員や自分に対して、単純に「これで売れるか」と問うだけでした。しかし今は「本気で売れるか」と質問しています。この「本気」が入るだけで、より突っ込んだ調査をし、より現場にも行き、より事業をリアルに考えるようになります。


馬渡晃

私はいままで、パニックになって普通ではありえない行動に走る経営者を何人も見てきました。他人の失敗なら冷静に分析できる人でも、いざ自分の身に降りかかると慌ててしまい、冷静な判断ができなくなることが少なくありません。


蝶野正洋

いまの不況は異常事態だと思っている人が多いけど、むしろいまが普通なんだよ。バブルや高度成長期というのは、みんなが上りのエスカレーターに乗っていて、黙っていても上がっていくことができた異常な時代。いまは、そのエスカレーターが階段に変わっただけ。上にいく方法自体がなくなったわけじゃないから、自分の足で登っていこうと思っているヤツはいまでも十分上がっていけるはず。