名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

前川曜の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

前川曜のプロフィール

前川曜、まえかわ・よう。工場デザイナー。多摩美術大学プロダクトデザイン卒業後、金型製造の株式会社インクスにデザイナーとして入社。同社で工場立ち上げなどに携わったのち、工場デザイナーとして活動を開始する。「町工場とデザインをつなぐ」をコンセプトに斬新な製品を製造販売するブランチを創業。

前川曜の名言 一覧

国内だけではニッチな市場かもしれないが、グローバルに販売を展開すればそれなりの市場規模になる。


農業では生産者の顔が見えるという価値が認められているが、プロダクトでも同様につくり手の顔が見えるものづくりをしたい。


前川曜の経歴・略歴

前川曜、まえかわ・よう。工場デザイナー。多摩美術大学プロダクトデザイン卒業後、金型製造の株式会社インクスにデザイナーとして入社。同社で工場立ち上げなどに携わったのち、工場デザイナーとして活動を開始する。「町工場とデザインをつなぐ」をコンセプトに斬新な製品を製造販売するブランチを創業。

他の記事も読んでみる

奥山清行

ときとして、自分のそれまでの経験だけでは対処できないような仕事がやってくることもあります。そういう場合であっても、自分の能力以上の結果を出すことがプロには求められます。


小阪裕司

僕が性格的に、付き合いが幅広いというか。中央官庁の有識者会議に入って意見交換をしているかと思えば、帰りに商工会で八百屋のおいちゃんや魚屋のおばちゃん達と酒を酌み交わし、翌日は学会に参加して…と。そういう生活になっていて、もう、わけがわからない(笑)でも、それが自分としても心地良いですし、もっと見聞を広めたいと思っているので。


松橋良紀

別れ際は誰だって、どうしても気がゆるむ場面。でも、逆を言えば、相手もまた気をゆるす瞬間だと言えるわけです。ここでどう振る舞うかが、大きく結果を変える。


黒田如水(黒田官兵衛)

文武は車の両輪のごとく、そのひとつが欠けても駄目である、と昔の人もいっている。治世に文を用い、乱世に武を用いるのは、当然のことであるが、治世に武を忘れず、乱世に文を捨てないのが、最も肝要である。


柄澤康喜

悪い情報ほどきちんと聞く姿勢を見せるようにしています。悪いニュースを解決することこそが、権限と表裏一体の責任、トップにとって最も大切な仕事なのですから。


木村博紀(経営者)

人口減などマクロ的な経済動向はもちろん見なくてはいけません。しかし、ミクロに見れば違う光景があるもの。企業が取り組むべきことはまだたくさんあるし、それが競争力を強める道。諦めず、着実にお客様に向き合うことが大事。


小山政彦

昔から「一人口は食えぬが二人口は食える」ということわざがあるように、独身でいるよりも共働きの世帯のほうが生計は立てやすい。


松下幸之助

どうせ同じ死ぬのであれば、養生して寝ながら死ぬよりも、働けるだけ働いて死ぬ方がいい。死ぬのはこれは結核にかかった以上、さけられないからしかたがない。兄も二人結核で死んだのだから、自分もジタバタしてもだめだ。諦めざるを得ない。どうせ人間は一度は死ぬのだ。それはそれでいいではないか。しかし、ただ寝ていて死を待つというのは面白くない。働ける間は大いに働こう。


鈴木拓将

当社では個人目標を掲げることを1人ひとりに課しています。毎朝一番に出勤する、朝6時に起床する、店舗で一番元気な従業員になる……。目標は検証できることなら何でも良い。人のできないことをやる人は尊敬されますが、誰でもできることをやらない人は非難されます。各自が自分の目標に向かって毎日続けることにより、それらが積み上がって従業員の笑顔が溢れる会社になるのではないでしょうか。


塩野七生

やはり中国をはじめとする周辺諸国との問題がありますね。しかし、これは日本だけではどうしようもない。だから米国や、最近ではオーストラリアともタッグを組み始めた。この「組む」というのがいい。実際にタッグを組んでどこまでやるかということよりも、「組んだ」ということを相手方に知らせるだけで十分。これを抑止力と言うのです。フリードリッヒ2世も巧妙に使った手です。抑止力は軍事面だけのことではありません。


守本正宏

アプライドマテリアルズにいた頃、全グループの中でも日本人はとても優秀だと感じました。私自身も熱心に勉強してこの分野では誰にも負けない自信がありました。ただ、どうしても日本人が弱いと思うのは、自分を主張しないことです。だから日本人は外資系企業のボードメンバー(取締役)になかなかなれません。


元谷一志

規模が大きくなると、調達力も大きく有利になります。調達力は部屋数に比例し、部屋数は競争力になる。