名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

前川あゆの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

前川あゆのプロフィール

前川あゆ、まえかわ・あゆ。女性客向け集客・営業支援コンサルタント。大阪出身。高校卒業後、化粧品、新築住宅、住宅リフォーム、広告会社などの営業に携わりそれぞれトップセールスの成績を残す。その後、講演やセミナーなどで女性客に対する集客・営業法について教えている。著書に『ストレスフリーな営業をしよう! お客様の満足をとことん引き出す「共感」の営業』『セミナー講師育成率No.1のセミナー女王が教える売れるセミナー講師になる法』ほか。

前川あゆの名言 一覧

私は電話をかけたり、店員の態度を観察したりするだけで、その会社の実力も経営者のレベルもだいたいわかります。なぜなら、組織の最前線である電話口や店頭に、会社の経営体質が表れるものだからです。優れたトップがいて、業績のよい会社はいつ電話をかけても、どのスタッフが対応しても、印象がよいのです。社員教育がすみずみまで行き届いているからでしょう。経営陣の方々には、このことをぜひ肝に銘じてもらいたいですね。


女性に対する営業ではマニュアルどおりの話し方もNGです。女性は「オンリーユー」という特別扱いを好みます。誰に対しても同じような受け答えでは、「自分に関心がないのか」としらけてしまうのです。自分の意見をつけ加えてみたり、「○○さん」と相手を名前で呼んだりすると親近感が増します。さらに、「そのスカーフ、とてもお似合いですよ」といった感じで、具体的に相手を褒めると、ポイントがアップします。


女性客に話を聞いてもらえたとしても、セールストークを一方的に並べ立てたりしてはいけません。まずは聴き役に徹することです。ときどき相槌を打つことも肝心で、そうすれば、相手は「話を聞いてくれている」と実感できます。それから、早口の人には早口で返したり、声の大きな人には大声で答えたり、相手のペースに合わせると、会話が弾みます。話が盛り上がっていけば、顧客のほうから進んで商品を買ってくれることも珍しくありません。


男性の場合は身だし強みも大切。女性が男性を見る目は厳しいのです。特に、清潔感があるかどうかに気を配りましょう。身の回りの小物についても、手を抜いてはいけません。たとえば、靴が汚れていたり、取り出した名刺入れがポロポロだったりすると、女性の評価は急降下します。


単なるつくり笑いでは、相手に見抜かれてしまいます。接客をする直前に、愛する家族やかわいいペットの写真などを見れば、温かな気持ちになれるでしょう。心理学では、丸いものを見ても心が和やかになるといわれているので、円形の小物などを持ち歩くのもおすすめです。


笑顔を絶やさないように意識するだけでもずいぶん変わりますが、表情筋をトレーニングするとより効果的。ポイントは口角にあります。日本人の多くは口角が下がっているといわれていて、その口角を上げるだけで、顔がにこやかに見えるようになります。そこで毎朝、鏡を見ながら「イー」とくり返してみましょう。続けていれば、表情筋が強化され、口角が自然に上がっていくはずです。


第一印象は、初対面の6秒ほどで決まってしまいます。とりわけ、女性は、相手の好き嫌いをはっきりさせる傾向にあり、嫌われると話も聞いてもらえません。そこで、第一印象をよくするには、スマイル(笑顔)で接客することが大切です。笑顔を向ける相手に、悪い印象を持つ人はまずいません。ところが、男性は案外、スマイルで接客できていないのです。


営業マン自身がまず顧客に気に入ってもらえなければ、商品は買ってもらえません。接客のとき、最も重要なのは第一印象。私の経験では、第一印象のよい営業マンは、ほぼ100%成績がいいのです。


ファッションやリビング用品といった消費財のマーケットをリードするのは、トレンドに敏感な女性たちです。また多くの家庭において、実際に財布のひもを握っているのは、家計をやりくりする奥さん。家具・家電から車、家にいたるまで、買い物については奥さんに主導権のあるケースがほとんどです。営業成績を上げるには、女性の心をつかむことが重要です。


前川あゆの経歴・略歴

前川あゆ、まえかわ・あゆ。女性客向け集客・営業支援コンサルタント。大阪出身。高校卒業後、化粧品、新築住宅、住宅リフォーム、広告会社などの営業に携わりそれぞれトップセールスの成績を残す。その後、講演やセミナーなどで女性客に対する集客・営業法について教えている。著書に『ストレスフリーな営業をしよう! お客様の満足をとことん引き出す「共感」の営業』『セミナー講師育成率No.1のセミナー女王が教える売れるセミナー講師になる法』ほか。

他の記事も読んでみる

桐谷広人

優待投資家として有名なブロガーの方のブログを見るのもお勧めですよ。この株価水準でこの銘柄を買ったんだ、と参考になりますから。


植木義晴

プライドは本人が自発的に持つこともできますが、私は周囲に宣言するという方法を取りました。副操縦士の頃から「誰よりも優秀な機長になる」と公言していたのです。言った以上は、努力を怠るわけにはいかない。私は自分が人の影響を受けやすいと知っていたので、目標を宣言してしまえば、周囲の目を意識せざるを得ないだろうと考えたのです。有言実行を旨とし、自分を常に高みに置くことで、機長に必要なプライドが自然に養われたように思います。


大山健太郎

社会が求めている現実のニーズを知り、それにどう応えていくかを考えること以上に、大切な学びはあるでしょうか。子供がかわいいからでしょう、親や教師は子供が失敗しないようにと、過去の事例をいろいろ学ばせようとします。しかし、「転ばぬ先の杖」を与えると、そればかりに頼るようになり、チャレンジする気持ちが失せてしまいがちです。逆にいうと、チャレンジ精神が旺盛な起業家やリーダーで、そうした過保護な教育を受けてきた人は少ないと思います。私は、AIの登場がこうした風潮を加速するのではないかと心配しています。AIはビッグデータを解析して判断をします。人々は効率的に物事を達成しようと、AIが過去の事例に基づいて導き出した成功確率の高い選択肢を優先して選ぶようになるでしょう。そうなると、ますます前例にない挑戦をする人が減ってしまうように思います。


佐々木繁範

仕事を任せるときに重要なのが仕上がりのイメージを伝えること。最終形を部下と共有しておけば、細かい指示は不要になります。部下としてもやり方は任せてもらえた、とやる気も出る。


三井高利

堅く奢侈(しゃし)を禁じる。厳に倹約を心掛けよ。


執行草舟

「今」に全力を尽くす。私はそれが生命の本質だと思います。未来を考えたり、展望を持つ人は、生命が生きていない。私は経営者ですが、経営計画をつくったり、社員に指示をしたこともありません。毎日、目の前にきたものに全力で体当たりをしろと。そうすれば必ず会社の利益は上がります。


尾上清

社員を動かすには、終局的には社員を感動させるものがなければダメなんだ。技術や知識を教えることは出来ても、感動させるものを持っていない人間には本当の経営は出来ない。


有田浩之

相場師の心得的なことは、先輩たちがよく教えてくれました。その中でいまでもよく覚えているのが「遠くの事象でも、一度は自分のポジションと関連付けて考えよ」という教えです。一見、自分が担当しているポートフォリオには何の関係なさそうなニュースでも、それが巡り巡ってどうなるかを考えよということです。


酒巻久

選択できる人をどうやって育成するか。それには経験をたくさん積ませることが大切です。座学3割、実学7割。現場でたくさんの経験を積ませると、30代くらいでよい選択力がつくようになります。


野坂英吾

社長が直接伝えるのではなく、第一世代が第二世代を育てる際に、同じレベルまで引き上げられるかどうか、そのギャップを最小限に留めることが出来るかどうかが、経営者としての階段を上れるかどうかの分かれ目になる。


花村仁八郎

土光(敏夫)さんは、よく怒りましたね。ただ、私だけは怒られませんでした。私が事務の責任者だからです。責任者をやっつけたら、みんながついてきませんからね。


岩井俊憲

人を理解しようと思えば、その人の対人関係のパターンを観察すれば早道です。よくその人の考えていることをもとに人間理解を進めようとすることがありますが、考え(思考)よりも対人関係(行動)のほうがその人の本質を表しています。