名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

前川あゆの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

前川あゆのプロフィール

前川あゆ、まえかわ・あゆ。女性客向け集客・営業支援コンサルタント。大阪出身。高校卒業後、化粧品、新築住宅、住宅リフォーム、広告会社などの営業に携わりそれぞれトップセールスの成績を残す。その後、講演やセミナーなどで女性客に対する集客・営業法について教えている。著書に『ストレスフリーな営業をしよう! お客様の満足をとことん引き出す「共感」の営業』『セミナー講師育成率No.1のセミナー女王が教える売れるセミナー講師になる法』ほか。

前川あゆの名言 一覧

私は電話をかけたり、店員の態度を観察したりするだけで、その会社の実力も経営者のレベルもだいたいわかります。なぜなら、組織の最前線である電話口や店頭に、会社の経営体質が表れるものだからです。優れたトップがいて、業績のよい会社はいつ電話をかけても、どのスタッフが対応しても、印象がよいのです。社員教育がすみずみまで行き届いているからでしょう。経営陣の方々には、このことをぜひ肝に銘じてもらいたいですね。


女性に対する営業ではマニュアルどおりの話し方もNGです。女性は「オンリーユー」という特別扱いを好みます。誰に対しても同じような受け答えでは、「自分に関心がないのか」としらけてしまうのです。自分の意見をつけ加えてみたり、「○○さん」と相手を名前で呼んだりすると親近感が増します。さらに、「そのスカーフ、とてもお似合いですよ」といった感じで、具体的に相手を褒めると、ポイントがアップします。


女性客に話を聞いてもらえたとしても、セールストークを一方的に並べ立てたりしてはいけません。まずは聴き役に徹することです。ときどき相槌を打つことも肝心で、そうすれば、相手は「話を聞いてくれている」と実感できます。それから、早口の人には早口で返したり、声の大きな人には大声で答えたり、相手のペースに合わせると、会話が弾みます。話が盛り上がっていけば、顧客のほうから進んで商品を買ってくれることも珍しくありません。


男性の場合は身だし強みも大切。女性が男性を見る目は厳しいのです。特に、清潔感があるかどうかに気を配りましょう。身の回りの小物についても、手を抜いてはいけません。たとえば、靴が汚れていたり、取り出した名刺入れがポロポロだったりすると、女性の評価は急降下します。


単なるつくり笑いでは、相手に見抜かれてしまいます。接客をする直前に、愛する家族やかわいいペットの写真などを見れば、温かな気持ちになれるでしょう。心理学では、丸いものを見ても心が和やかになるといわれているので、円形の小物などを持ち歩くのもおすすめです。


笑顔を絶やさないように意識するだけでもずいぶん変わりますが、表情筋をトレーニングするとより効果的。ポイントは口角にあります。日本人の多くは口角が下がっているといわれていて、その口角を上げるだけで、顔がにこやかに見えるようになります。そこで毎朝、鏡を見ながら「イー」とくり返してみましょう。続けていれば、表情筋が強化され、口角が自然に上がっていくはずです。


第一印象は、初対面の6秒ほどで決まってしまいます。とりわけ、女性は、相手の好き嫌いをはっきりさせる傾向にあり、嫌われると話も聞いてもらえません。そこで、第一印象をよくするには、スマイル(笑顔)で接客することが大切です。笑顔を向ける相手に、悪い印象を持つ人はまずいません。ところが、男性は案外、スマイルで接客できていないのです。


営業マン自身がまず顧客に気に入ってもらえなければ、商品は買ってもらえません。接客のとき、最も重要なのは第一印象。私の経験では、第一印象のよい営業マンは、ほぼ100%成績がいいのです。


ファッションやリビング用品といった消費財のマーケットをリードするのは、トレンドに敏感な女性たちです。また多くの家庭において、実際に財布のひもを握っているのは、家計をやりくりする奥さん。家具・家電から車、家にいたるまで、買い物については奥さんに主導権のあるケースがほとんどです。営業成績を上げるには、女性の心をつかむことが重要です。


前川あゆの経歴・略歴

前川あゆ、まえかわ・あゆ。女性客向け集客・営業支援コンサルタント。大阪出身。高校卒業後、化粧品、新築住宅、住宅リフォーム、広告会社などの営業に携わりそれぞれトップセールスの成績を残す。その後、講演やセミナーなどで女性客に対する集客・営業法について教えている。著書に『ストレスフリーな営業をしよう! お客様の満足をとことん引き出す「共感」の営業』『セミナー講師育成率No.1のセミナー女王が教える売れるセミナー講師になる法』ほか。

他の記事も読んでみる

堀之内九一郎

人の上に立つために、知識や技術はそれほど必要としません。技術を持った人、知識のある人を集めればいいからです。人の上に立つために必要なのは、自分の無能さを知り、自分のために尽くしてくれる人に心から感謝することだと、私は思います。自分が無能だと自覚すれば、逆にいろんなものが集まってきます


大西洋

従来のやり方が通用しなくなっているいまの時代だからこそ、自分にはない情報や考え方を積極的に受け入れていくべきです。そうして自ら「変化」を求めていくことが、仕事の楽しさにつながるのではないでしょうか。


小西正行

社員一人一人の自覚が組織に及ぼす影響は大きい。


箭内道彦

チャンスってそんなに頻繁にやってこないよ。でもまぐれは、1時間に1回、もしかしたら、10分に1回、3分に1回ぐらい起こっている。日常はまぐれだらけ。まぐれ=奇跡ですよ。チャンスより奇跡の方が確率が低いとみんな思いがちだけど、見つけられないだけなんです。


村上吉弘(経営者)

革新の本質というのは技術的な目新しさではなく、いかに社会やお客様のもとに新たな価値を提供できるかどうかにある。最先端技術とお客様を知り抜いた現場スタッフの声。これらが融合し一つになることで、新たな革新が産声をあげる。


安田隆夫

(経営から退くことを決めたことで)すがすがしい心境で、私としては大仕事をやり遂げつつあるという感じです。やり残したことを次世代につなげたいという思いですね。これ以上やり残しを探して、私自身がそれに邁進することはあえて自制しようと思います。


谷本有香

ビジネスで成功したいと考えるなら、まずはトップに惚れこまれる人物になること。人間的な魅力なくして、大きな仕事を成し遂げることはできません。


ジェフリー・イメルト(ジェフ・イメルト)

我々は「様々な課題はチャンスである」と考える企業です。課題はソリューション(解決法)を生み出すきっかけになる。


佐藤義雄

私はアメリカかぶれだとよく言われるのですが、他社であろうが、優れている点は参考にさせてもらいます。


斉藤惇

資本は凶暴性を内包しているので、規制は必要ですが、現場を知る人の知恵でルールを作るというバランス感覚も大事。


赤瀬川原平

アキラメというのは人生的なものである。体験に基づくというか、体験の集積というか、いずれにしろ体に発するというか、体からじわりと湧き出る。それにひきかえ、シラケというのは、体験からのものとは違う。じーっと頭で考えさせられて、右も駄目、左も駄目、上に行ってもしょうがない、やる気がしない、シラける、というものではないのかな。


村口和孝

思えば我々は受験や就職で競争させられて来たのかもしれない。マスコミが競争をあおり、人生は競争にさらされているような社会の見方がいつの間にか我々の常識になっていないだろうか。ところが、よく考えてみると、競争は互恵関係があってはじめて成立する。