名言DB

9413 人 / 110706 名言

前場亮(行政書士)の名言

twitter Facebook はてブ

前場亮(行政書士)のプロフィール

前場亮、まえば・りょう。日本の行政書士。「行政書士前場亮事務所」代表。

前場亮(行政書士)の名言 一覧

ドローン許可制のスタート直後に一気にサイトをつくったところ、いきなり検索結果表示で一番上に来ました。以来、月間30~50件の依頼が舞い込んでいます。全体で自分1人では請けきれない件数に達し、お断りしなければならない状態となっています。


当初は、高齢化社会や人手不足でこれから市場が伸びるであろう相続や外国人就労ビザ領域を狙い、得意のSEOで集客しようとサイトを構築。ところが、反応はさっぱり。誰もが同じようなことを考え、競争相手がうようよいたからです。そこで、イメージの良くない領域なら狙う人は少ないだろうと読み、風俗営業許可狙いに。食べていくためには、イメージなど気にしていられませんから。これが大当たりでした。味をしめて、市場調査の上、競争相手の少ない特殊車両通行許可を狙い、またヒット。


前場亮(行政書士)の経歴・略歴

前場亮、まえば・りょう。日本の行政書士。「行政書士前場亮事務所」代表。

他の記事も読んでみる

細谷英二

私自身も銀行と同じように、旧国鉄という官僚文化の中で育ちました。だから、手っ取り早く銀行を改革するには、まず官僚文化の典型である年次主義・序列主義を打破することだと考えていました。就任後しばらくして、私が選んだ役員以外のある一定の年齢以上の方々には全員辞表を出してもらう一方、年次を無視して若手を積極的に登用しました。また、りそなは大きく、旧大和銀行と旧協和銀行、旧埼玉銀行が合併した銀行ですが、社内データからどこの銀行出身かといった情報は消去しました。


市川平三郎

いま、社会で評価されている技術のもとになったアイデアの多くは、私たちのように、20代30代のときに発想されたものです。逆に言えば、この年代にしか画期的なアイデアは浮かばないでしょう。ビジネスマンでも同じこと。パッと何かのアイデアがひらめいたら、その実現に向かって突進すべきだと思います。


中山雅史

もう50歳のラインが見えている。それでも、負けず嫌いな性格がそうさせるのか、自分に負けたくないというか、妥協だけはしたくないんですよ。妥協したら、その先はないんじゃないかって思えて。


シュテフィ・グラフ

どのポイントもすべて大事。全力を尽くそう、全力を尽くそうと自分に言い聞かせながらプレーした。
【覚書き:グラフ選手が20歳のときの全米オープン決勝にてナブラチロワ選手と戦った時を回想しての言葉。】


小川仁志

長い時間をかけて、慎重につくられた型は強度が高い。型をつくり、そこに自分を合わせる行動様式にもっと誇りを持っていいのでは。


柳橋仁機

カオナビは従業員が持つタレント(能力や資質)やスキル、経験などの情報を一元管理し社内横断的に最適な人事配置を行う「タレントマネジメント」のジャンルですが、独自の「シンプルな仕組み」の思想のもと、企業の業種業態を問わず活用いただいています。


江見朗

複数のブランドをひとつの店舗で展開することにより、ノウハウやインフラ、食材、人材の共有が可能になり、収益力の向上にもつながる。


江上治

とてつもなく稼ぐ人たちも、初めから順風満帆だったわけではない。苦闘の時代はお約束のように経験している。


フィニアス・バーナム(P・T・バーナム)

急に収入が増えることは大きな試練でもある。イギリスの古いことわざにあるように「急に入った収入は出て行くのも速い」。収入の増えた人は、自分の生活水準を誇示するために、贅沢品を購入したくなる。そんなことをしているうちに、あっという間に出費が収入を上回るようになる。しかし、貧しくなったと思われたくないために出費を削ることができない。生活水準を抑えるにはプライドを飲み込まなければならない。


施崇棠(ジョニー・シー)

美しさの象徴であるモナリザと、発明家のダ・ヴィンチを融合したような斬新な考え方が大事。


武者陵司

日本企業がなぜ長きに渡る低迷から復活できたのか。相手が造れないもの・品質に特化して、完全に価格競争から抜け出したためです。相手が造れなければ、価格競争になりようがありません。


中原淳

プレーイングマネジャーの場合には、マネジメントの時間を確保しておかないと、実務に追われて管理職としての役割を果たせません。この問題を解決するには、マネジャーとしての時間を仕組み化してしまうこと。部下と1対1の面談を定例化し、スケジュールに組み込んでおくのです。


菊地敬一

僕は社員に「どうして売上が下がったの?」とは決して聞きません。「腕が落ちたんじゃない?」って聞くんです。売上が下がった理由を尋ねれば、人は必ず言い訳をします。環境が悪い、競合店ができた、天候が悪かった……確かに理由は幾らでもある。でも「腕が落ちたね」って言えば、それは本人の問題だから誰も言い訳はしません。僕はそうやって社員の腕が毎年上がっていくことを強く信じたし、彼らもこの、曖昧で非合理的で前例のない僕の方針を盲目的に信じてくれた。そうやって徹底的に既存店経営にこだわったことで26年間連続増収増益を成し遂げたんです。それがここまでヴィレッジヴァンガードを育ててきた僕と僕の社員の最大の誇りです。


細谷英二

社外取締役には経済同友会を通じて知り合いだった花王元副社長の渡辺正太郎氏、トヨタ自動車の常勤監査役を務めた井上輝一氏らが入りました。花王もトヨタも国内を代表するモノづくりメーカーです。銀行の現場を自ら徹底して分析し、サービス改革、ローコストオペレーション、「カイゼン」の概念をりそなに持ち込みました。


野村克也

大人になってからの恥は、屈辱的だ。プライドはずたずたになり、気持ちも揺さぶられる。しかし、そうやって深く沈んだ時こそ、人は高く飛び上がれるものだ。恥を存分にかいたのなら、存分に取り戻さなければ損だろう。