名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

前場亮(行政書士)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

前場亮(行政書士)のプロフィール

前場亮、まえば・りょう。日本の行政書士。「行政書士前場亮事務所」代表。

前場亮(行政書士)の名言 一覧

ドローン許可制のスタート直後に一気にサイトをつくったところ、いきなり検索結果表示で一番上に来ました。以来、月間30~50件の依頼が舞い込んでいます。全体で自分1人では請けきれない件数に達し、お断りしなければならない状態となっています。


当初は、高齢化社会や人手不足でこれから市場が伸びるであろう相続や外国人就労ビザ領域を狙い、得意のSEOで集客しようとサイトを構築。ところが、反応はさっぱり。誰もが同じようなことを考え、競争相手がうようよいたからです。そこで、イメージの良くない領域なら狙う人は少ないだろうと読み、風俗営業許可狙いに。食べていくためには、イメージなど気にしていられませんから。これが大当たりでした。味をしめて、市場調査の上、競争相手の少ない特殊車両通行許可を狙い、またヒット。


前場亮(行政書士)の経歴・略歴

前場亮、まえば・りょう。日本の行政書士。「行政書士前場亮事務所」代表。

他の記事も読んでみる

石井一久

「負けたらどうしよう」といったマイナスなことは決して考えなかったし、「考えないようにしよう」と思ったこともない。「どうすれば勝てるか」といった勝ち方しか考えていなかった。


泉谷直木

上司から怒られてしまうと、部下はなかなかものを言わなくなってしまう。つい叱りたくなるような話でも、いきなり「おまえ何を言っているんだ!」とはやらず、「そんなことがあるのか」「私にはよくわからないが、いったいどういう話なんだ?」という具合に聞いてあげるほうがよい。我慢してオープンな気持ちで聞くことである。


森辺一樹

どれだけ商品が良くとも、小売の流通構造を軽視して、その市場での成功はあり得ない。


鈴木幸一(経営者)

技術って開発に時間もお金もかかるから、夢を実現するまでの苦しい状況の中で、どれだけ集中力を維持できるか、持続力をもてるかなんです。そのときに「さみしいね」「かなしいね」という日本のフォークソングの世界ではやっていけない。本質的なレボリューション、あるいは感性そのものを変えちゃうみたいな本物の思いがなければやっていけないんです。


大山健太郎

僕は19歳で経営者になったので、実はサラリーマン経験がない。だから常に、もしも自分がサラリーマンだとしたら、どんな状態のとき一生懸命働く気持ちになるかを考えるようにしています。


森見登美彦

エッセイをどう書けばいいのか、いまだによくわからないんですよ。小説は小説で毎回悩むんですが、エッセイはそもそもスタンスがよくわからないんです。ちょっと気を抜くと理屈っぽくなりすぎたりする。珍しい経験をしているわけではなし、人間としても、そこまで面白い意見を持っている感じでもないからでしょう。「小説だったら、ちょっとは面白いかもしれないけど、それ以外は大したことありません」というのが本音なんです。エッセイとして書くからには、読者に面白がってもらわなきゃいけない、でも嘘はつけないし……。というジレンマをいつも抱えてます。「軽やかにエッセイを書けるようになる」というのは、今後の課題なんです。


真角暁子

ロジカルな文章を書く基本は「結論から先に」です。これはリリースでも同じ。


成毛眞

「旧来の価値観を捨てろ」と言われると、拒否反応を示す人はいると思いますが、そんな方も一度はご自身の価値観を見直してみてください。すると、どうでもいいことにとらわれていたことに気づくはず。その呪縛から一つ解き放たれるだけでも、人生に明るい展望が開けてくること間違いなしです。


三宅占二

今後は、商品ブランドを育てるのが各事業会社の仕事、その商品ブランド作りにキリンとしての横串を入れるのがキリン株式会社(持ち株会社)の仕事。商品ブランドが育つことで、キリンの企業ブランドを伸ばした。


倉本博光

私は「サービス・メイド・イン・ジャパン」と言っていますが、これからも日本企業らしいサービスを売りにしていきます。お客様のかゆいところに手の届く、きめ細かいサービスを提供する。欧米の大手物流企業と戦ううえで有力な武器になるはずです。


井川幸広

原因がわからずに会社が伸び悩んだことはありませんでした。会社を興して初めて減収減益だった13期も、あくまで新しい事業のための痛みの時期で、どう対応すればいいかわかっていました。常に不明瞭な箇所を作らずに、きちっとやっていけば、原因がわからずに伸び悩むことはありません。


小山進

いつもエネルギッシュに動き回っているので、楽観的な性格だと思われがちなんですが、本当は逆です。完璧主義の母親に育てられた影響も大きいと思うのですが、いつも「このやり方で本当にうまくいくだろうか」「何か見落としていないだろうか」と、心配ばかりしています。