名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

前場亮(行政書士)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

前場亮(行政書士)のプロフィール

前場亮、まえば・りょう。日本の行政書士。「行政書士前場亮事務所」代表。

前場亮(行政書士)の名言 一覧

ドローン許可制のスタート直後に一気にサイトをつくったところ、いきなり検索結果表示で一番上に来ました。以来、月間30~50件の依頼が舞い込んでいます。全体で自分1人では請けきれない件数に達し、お断りしなければならない状態となっています。


当初は、高齢化社会や人手不足でこれから市場が伸びるであろう相続や外国人就労ビザ領域を狙い、得意のSEOで集客しようとサイトを構築。ところが、反応はさっぱり。誰もが同じようなことを考え、競争相手がうようよいたからです。そこで、イメージの良くない領域なら狙う人は少ないだろうと読み、風俗営業許可狙いに。食べていくためには、イメージなど気にしていられませんから。これが大当たりでした。味をしめて、市場調査の上、競争相手の少ない特殊車両通行許可を狙い、またヒット。


前場亮(行政書士)の経歴・略歴

前場亮、まえば・りょう。日本の行政書士。「行政書士前場亮事務所」代表。

他の記事も読んでみる

鍵山秀三郎

みずからの心の平穏や幸福を願うならば、あらためて日常の些細なことに対してあるべき心、美意識を養うように考えるべき。


野坂英吾

育成についても、会社としてこれだけのことをしたから充分だと決めつけてはいけません。入社してくる人も年々変化しているので、現場に出してからズレが生じた際には、フィードバックして、育成基準にその結果を戻して、織り込む様にしています。


村井満

経営改善のためには、現状を正しく理解することが前提。現状認識して、事業計画をしっかり立て、実行して修正する。


山本良一(経営者)

営業改革を担当したとき、現場の分析から始まって、百貨店がどんなコスト構造になっているのか、どんな仕事のやり方なのかを徹底的に研究した。それまで営業企画的な仕事をしてきたが、百貨店の全容をわかっているわけではなかった。トータルで見ると、自分たちが考えていた以上に百貨店の中はムダだらけだった。


永井義男

過去に比べれば確実に今のほうがよくなり、未来はもっとよくしていかなければいけない。「昔はよかった」では、考えが未来に向かいません。そのフィルターは外すべきです。


執行草舟

西洋では14世紀にルネサンスが始まり、文明の無限発展こそが善となり、そこから生まれたのが原子力や核兵器です。原子爆弾なんて、人間こそ神だと思わなければ絶対に生まれません。人間には生命保存本能がありますから、自分を抹殺してしまう武器は本来ならつくらない。なぜつくったかというと、我々自身が神だと錯覚したからです。そこに進化思想の間違いがあるのです。


山口義宏

カルビーはフルグラ(フルーツグラノーラ)の戦う場所を「シリアル」市場から「朝食」カテゴリーに変えた。結果、競合するのはまずパンである。だが、パンを食べる消費者に対して、朝食をフルグラに完全に切り替えてほしいと訴えるのはハードルが高い。そこで、「朝食を豊かにする一品としてフルグラを足しませんか?」と訴える「お友達作戦」を取った。節約志向の消費トレンドにもうまく乗り、2013年度37億円前後だった売上高が翌年62億円に達した。


田村恵子

生きた結果にあるものが「死」でしょう。死があるからこそいまが輝くという真実も、私はホスピスの現場でたくさん見て来ました。日本人は、そうした真実にあまりにも向きあわないできているのではないでしょうか。


川村隆

平時の改革がどれだけ難しいか。でもそれをしなければならない。


西加奈子

尊敬する先輩作家の角田光代さんや北方謙三さんが、筆力を高めるために、とにかく短編を書き続けたとおっしゃっていて。あれだけの作品を書かれている方々が、そうした努力をされてきたなら、私はもっと努力しなければいけないと、修行のつもりで(短編を)書き始めました。


村上太一

人生の転機のひとつは小学生か中学生のときにハマったゲーム「ドラクエ5」でした。ひたすら努力して、時間を投じて主要なキャラクターをレベル99まで上げたんです。これはある意味すごいことなんですが、ふと自分は何ができたのかと思ったら、何も生み出していない。消費から生まれる空しさというか、消費から生まれる満足感の限界を感じました。もちろん、人は何か衝撃的な出来事ひとつで変わるものではありません。高校時代に文化祭の委員長をやって何かを創り出すなど、多くの人に来てもらい、喜んでもらう経験を積み重ねていく中で、自分は「何かを創り出す」立場でいたいという思考が深まっていった気がします。


小島忠雄

少々荒っぽくても、攻めるべきタイミングがあります。アメリカをはじめ、あちこちで揉まれてきた経験を活かして前進あるのみです。