前場亮(行政書士)の名言

前場亮(行政書士)のプロフィール

前場亮、まえば・りょう。日本の行政書士。「行政書士前場亮事務所」代表。

前場亮(行政書士)の名言 一覧

ドローン許可制のスタート直後に一気にサイトをつくったところ、いきなり検索結果表示で一番上に来ました。以来、月間30~50件の依頼が舞い込んでいます。全体で自分1人では請けきれない件数に達し、お断りしなければならない状態となっています。


当初は、高齢化社会や人手不足でこれから市場が伸びるであろう相続や外国人就労ビザ領域を狙い、得意のSEOで集客しようとサイトを構築。ところが、反応はさっぱり。誰もが同じようなことを考え、競争相手がうようよいたからです。そこで、イメージの良くない領域なら狙う人は少ないだろうと読み、風俗営業許可狙いに。食べていくためには、イメージなど気にしていられませんから。これが大当たりでした。味をしめて、市場調査の上、競争相手の少ない特殊車両通行許可を狙い、またヒット。


前場亮(行政書士)の経歴・略歴

前場亮、まえば・りょう。日本の行政書士。「行政書士前場亮事務所」代表。

他の記事も読んでみる

塚本勲

どうすれば新しい需要をキャッチできるのか。その答えは、社員の挑戦を奨励し、失敗を許すこと、社員が手を挙げた新規事業に対しては、ノーと言わないことです。


松本恭攝

学生のころに、国際ビジネスコンテストの企画運営をするサークルに入ったことが大きかったですね。日本と中国と韓国の大学生と院生によるビジネスコンテストです。私が大学生になった2004年はコンテストを始める前で、中国や韓国にまだ組織がない状態でした。そこから組織を立ち上げて、企業を回ってお金も集めました。ゼロからつくっていくプロセスがとても楽しくて、その経験がいまの起業にもつながっています。


米倉誠一郎

日本の冷蔵庫は世界で最高品質かもしれないが、1日に何回も停電するインドでは、あまり役に立たない。むしろ数時間経っても食べ物が傷まない冷蔵庫が求められる。リアルな情報を知ることが不可欠だ。


プラユキ・ナラテボー

欧米では、誰もが瞑想の実践によってクオリティ・オブ・ライフの実現が図れるとの認識が定着している。ブッダの「気づきの瞑想」は「マインドフルネス・トレーニング」と呼ばれ、精神医療の現場では有効なストレス軽減法として、また、グーグルやインテルなど多くの企業では社員のメンタルヘルスと仕事のパフォーマンス向上を目的として、取り入れられてきている。


田中ウルヴェ京

日本人にありがちなのは、「ストレスはあってはいけないもの」という前提があることです。でも、ストレスを感じる感情には素直になっていい。嫌なことがあってイライラすることもあれば、悲しいことがあれば辛くなることは当然あります。


三宅裕之

日本人は、「英語が苦手」と思いがちですが、そんなことはありません。身の周りを見回してみても、英語で言い換えられているものがたくさんあるはずです。これがフランス語やロシア語だったら、自分で意識的に勉強した人でないかぎり、ゼロに近いでしょう。じつは日本人には英語に関して十分な素地がすでにあるのです。もっと自信をもってほしいと思います。


反町隆史

まだ人間としても、役者としても伸び代があるはず。だから、『相棒』は僕にとって成長することを目標として取り組めました。


尾平泰一

人と組織の見える化では時間軸の視点も重要です。人材も組織も、時間とともに変化します。入社時と幹部昇格時とでは、人は違う成長をしてきているはずです。新たな結びつき、組織の組み替えをするには、継続的かつ客観的に、潜在的な人物評価をする仕組みが必要です。


瀬戸健

車と一緒で、会社もアクセルを踏むだけでは破たんしてしまう。運転技術や車体の堅牢さも同時に担保していく必要がある。


マイク・マクナマラ

急成長したEMS(電子機器の受託生産)は、今、正念場を迎えています。ライバルの戦略を追いかけるのか、それとも業界の枠から一歩飛び出し、全く新しいビジネスモデルを自ら作り上げるか。リスクもありますが、我々は後者を選びました。


上野和典

私は実は数字には弱かった。大学時代は絵を描くことが好きで、そういう仕事に就きたいと思って、バンダイに入りました。結局は企画畑が長くなってしまうのですが、経理の仕事にはあまり縁がなかった。それが事業部長になって、いきなり会社の数字を学ぶ必要に迫られたのです。


ルディー和子

単純に値段を下げてしまうと、経営者の弱気が消費者に伝わるんです。そしてさらにもっとさげるだろうと消費者は考えます。安い値段をありがたがらなくなります。


鈴木幸生(経営者)

横浜本牧へ越して20年です。横浜はカッコいいな、ハイカラだなって、それだけの理由なんだけどね。会社員のうちはただ住んでるだけで、知らないところばっかり。横浜との縁が本当に深くなったのは、横浜のブランドを謳って起業してからかもしれません。地元の人と付き合いができて、最近は街づくりのお手伝いも始めている。やっと横浜に根をおろせたかな。こんな場所にしゃれた鞄屋があるよと言ってもらえると、横浜の価値の1コマ分になれた気がする。うれしいよね。


安田隆夫

八方手を尽くしたが、それでも思うような店はなかなかできなかった。最後は、「これでダメならもうやめよう」と腹をくくって、商品部門別に、仕入れから陳列、販売まで担当者にすべて丸投げした。それも各部門の担当者全員に、それぞれ専用の預金通帳を持たせて商売させるという徹底した権限委譲を行った。つまり、各部門の担当者が「個人商店主」になるというシステムだ。この「権限委譲による個人商店王システム」は、後年のドンキ最大のサクセス要因になった。


マーシャル・ゴールドスミス

私が指導するエグゼクティブは全員、過去の過ちについて関係者に謝罪する。そして、「自分は変わる」と公言し、周りで働く関係者に助言を求める。「私が変わるために役立つアイデアがあったら、ぜひ教えて欲しい」と。


ページの先頭へ