名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

前原金一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

前原金一のプロフィール

前原金一、まえはら・かねいち。「住友生命総合研究所」社長・会長、「経済同友会」終身幹事。岐阜県出身。東京大学経済学部卒業後、住友生命保険に入社。住友生命企画調査部長、金融法人部長、常務などを経て住友生命総合研究所社長に就任。そのほか、昭和女子大学客員教授・理事・副理事長、経済同友会副代表幹事・専務理事・終身幹事などを務めた。

前原金一の名言 一覧

自分たちのミッションをはっきりさせ、それに向かって頑張っている企業は強い。


会って話してみると意外に印象と違う人もいます。ネット時代であっても、フェイス・トゥ・フェイスが大事。


風通しをよくするということは、部下の言うことをよく聞くということ。


創業時の成功体験を何も考えずに守り続けていると、それはしばしば大失敗につながる。


頭ではその通りだと分かっていても、実際の言動が一致しているかどうかが大事。


組織がよくない状態にあるときは、必ずその原因は源であるトップにある。


下り坂のときこそ会社を質的にどう変えていくのか、長期計画を作成して議論し、手順を踏んで実行しなくてはならない。


出世していく人は、ポストが上がったときに考え方や取り組み方の切り替えを巧みに行っている。


人を評価するというのは難しいことですし、出会いによって人は変わっていきます。ポテンシャルを評価することが大事なのです。


自分で学ぶことも大切ですが、いいメンターや指導者と出会い、親しくさせてもらうことは、人生を豊かにする上でも、いい経営をしていく上でも必要なこと。


去年もそうだったから今年も同じにするのではなく、みずからの創意工夫が必要です。自分の考えも社会の変化に合わせて変えていかなければなりません。


いまの学生たちは大企業ばかりを志望する傾向にありますが、中堅・中小企業にも有望な企業はたくさんあります。重要なことは、自分にとって、やり甲斐のある仕事・企業に巡りあうこと。


すべての国立大学がミニ東大、ミニ京大を目指してしまったが故に、特色の無い大学ばかりになってしまった。だから、そうではなく、大学側のミッションや特色、自分たちの学校が何のためにあるかということを明確に示す必要があると思います。


エコノミストや評論家の中には「先行き不透明な時代だから」という枕詞をつけて話す人がいますが、私はその枕詞を聞いた瞬間に、その人の言うことを信用しないようにしています。いつの時代も将来は不透明ですが、経済という分野についていえば、しっかりと世の中の動きや統計を見ていれば、8、9割は先のことが分かるものです。不透明な中でも、予想できる範囲できちんと考えて断を下すのが経営者の仕事だと思います。


部下の中には、間違いを犯しそうな人もいるかもしれません。そういう人は日頃からよく見ていて、間違いを犯しそうなときにはチェックしなければいけない。上司としてその人の言動、仕事の仕方をよく見ていてあげることがとても大事です。人はちゃんと見られていると思うと間違ったことをしなくなるものです。


私は部下を選り好みしないようにやってきました。初めから完璧な人というのはいないのです。一緒に仕事をして課題を乗り越えるなかで、自分も部下も成長するというのが正しいあり方だと思います。一見優秀に見えない人でも、仕事を任せ、課題を乗り越えたときに急成長するということがあります。


失敗したら自分が責任を取ればいい。部下をよく見ていて、まずいことが起きそうだと思うときは手を打つ。部下の未熟なところは上司がカバーしてやればいい。


以前、新聞記者の方から「どのようにして財界のトップにのしあがったのですか」と質問されたことがありますが、私には「のしあがった」という気持ちはまったくありません。大半はたまたま頼まれたり、個人的なつながりから引き受けたりした仕事ばかりです。


前原金一の経歴・略歴

前原金一、まえはら・かねいち。「住友生命総合研究所」社長・会長、「経済同友会」終身幹事。岐阜県出身。東京大学経済学部卒業後、住友生命保険に入社。住友生命企画調査部長、金融法人部長、常務などを経て住友生命総合研究所社長に就任。そのほか、昭和女子大学客員教授・理事・副理事長、経済同友会副代表幹事・専務理事・終身幹事などを務めた。

他の記事も読んでみる

中島一明

多様な業務に対応した優れたサービスが誕生しています。きっとSaaSという言葉を意識することなく利用されているユーザーも多いのではないでしょうか。インストール型のソフトと比べて、むしろ使いやすいくらいです。「業務システムは使いにくくて当たり前」という常識はすでに過去のものになったのではないでしょうか。


中村俊輔

自分にだけでなく、人に対しても妥協しなくなった。以前は自分がいいプレーをして、自主練習の成果を出せれば満足だった。正直、「もっとこうすればいいのに」と思っても、「声をかける必要もない」と流すことが多かった。でも、キャプテンになったらほかの人にも厳しくしないといけない。慣れていないことだったから、1年はかかったね。


柴田健一(経営者)

会社員時代は朝6時に起きて、7時には会社近くの喫茶店に到着。2時間はたっぷり自分のために時間を使うことで、やりたいことを実現してきました。
【覚書き|柴田氏はMBAと米国公認会計士を独学で取得した】


寺田和正

私は毎年1月1日、羽田から初日の出を見ながら故郷の広島に帰るのですが、その年の目標を15くらい立てます。そのうち実行できるのは7つか8つ。大相撲のように勝ち越せればいいかなと思っています。昨年は「原点回帰」でしたが、今年は「原点進化」の年にしたいですね。


蛭子能収

人から信用されるためには、どんな仕事であっても、誠実に自分のできることを精一杯やるっていうことが必要じゃないでしょうか。そうして人からもらった信用さえあれば、どんなに厳しい状況でもなんとかなるんじゃないかと思います。


片野坂真哉

理想とするリーダー像は、「目指すべき将来像を描いて、その実現に向かって社員を鼓舞して、ゴールにたどり着ける人」。なおかつ、勝つ人でなければならない。


嶋浩一郎

ネタをジャンルごとに分類して書くことはしません。仕入れた順に、ただ羅列するだけです。結果、物理学の法則の次にタレントのゴシップ、その次には歴史のこぼれ話が書いてある、という状態になります。それらのバラバラな情報を見渡していると、予想外な形で発想が湧いてくる。こうした偶発性が、新奇なアイデアを生むきっかけになるのです。


織田隼人

人は何かの決断をするまでに、以下のようなステップを踏みます。(1)情報収集などをして決断するための選択肢を広げる。(2)決断をするための情報を検証する。(3)決断を行う。1と2の作業が「考える」ということです。これに対して「悩む」というのは、1と2の作業がすでに完了しており、後は決めるだけという状況まで来ているのに決断せずに先延ばしすることです。3の状況でどんなに悩んでも、新たな情報を得られるわけでも決断の精度が上がるわけでもありません。つまり、悩むというのは、決断をする上では明らかに時間の無駄です。


鈴木貴子(経営者)

当社はカリスマトップに依存してきた面があるため、組織力を高め、足腰が強く、スピード感のある会社にしていきたい。そのためにも社内の見える化を進め、本質的な課題の解決を進めています。


中村洸太

イライラしたときに即効性が高いのは、深呼吸です。イライラした気持ちを吐き切るイメージを持って行うといいでしょう。「いち、に、さん……」と6秒間、数を数えるのも効果的です。冷たい飲み物を飲んでクールダウンする方法もあります。氷を食べてもいいですね。歯で氷をガリガリ砕くと、ストレス発散にもなります。「自分をしっかりコントロールする」という意識を強く持つことがコツです。


デアンコウ・ロセン(出杏光魯仙)

私自身が技術で社会貢献をするためには何が必要かと考えて出した答えは「一番優秀なビジネスパートナー」でした。当初日本には、それに該当する人物を捜し求めて来たのです。


澤上篤人

コストを引き下げる努力をしているかどうかが大事です。企業経営で唯一将来を計算できるのはコストだけです。売上やリターンは予測できません。売上は消費者あるいは需要サイドの意向によって、どうにでも変わります。当てにならない売上に頼ってコストを上げていったら経営が立ち行かなくなります。