名言DB

9412 人 / 110637 名言

前中ひろみの名言

twitter Facebook はてブ

前中ひろみのプロフィール

前中ひろみ、まえなか・ひろみ。「国際教養大学」教授。神戸大学教育学部卒業、米ミシガン州立大学コミュニケーション学部で博士号取得。国際教養大学教授、同大学グローバル・スタディーズ課程長、国際教養教育推進センター長などを務めた。

前中ひろみの名言 一覧

外国人とは議論をしながら仕事をしなければならない。


相手と共有できる部分をどうやって見つけていくかを考えることが大切だ。相手を思いやる心や喜怒哀楽は万国共通。


自分の考えをはっきり言えるように訓練しないといけない。米国人などは、相手からはっきりと考えを伝えられることを期待する。それが否定的な内容であってもだ。けんかをしないといけない時だってある。


日本の高校を卒業して大学へ入学したばかりの学生へ、その答えが「なぜ正しいのか」と質問すると、「正しいと習ったから」と返ってくる。これではダメだと思う。実社会では正しい答えが常に用意されているわけではない。


前中ひろみの経歴・略歴

前中ひろみ、まえなか・ひろみ。「国際教養大学」教授。神戸大学教育学部卒業、米ミシガン州立大学コミュニケーション学部で博士号取得。国際教養大学教授、同大学グローバル・スタディーズ課程長、国際教養教育推進センター長などを務めた。

他の記事も読んでみる

佐々木常夫

私が営業部を統括していたときは、それまで月2回取引先を訪問していたのをやめて、代わりに注文や連絡はメールで行うよう指示を出しました。そうすると、人数もそんなにいりません。最終的に営業部の人数を3割カットしましたが、業績は変わりませんでした。


岩瀬大輔

自分が出した数字がどのデータに基づいているかを説明するのはもちろん、相手が出してきた数字についても「それは主観か?それとも事実か?」を必ず確認してください。根拠を示さないまま「絶対に500件はいけると思う」などと主張する人が良くいますが、それが単なる思い込みなら、建設的な議論は成立しません。「500件は無理でしょ」「いや、大丈夫だって」といった水掛け論が延々と続くだけです。


南壮一郎

ビジネスで大事なのは、何よりもビジョンだと考えています。東北楽天ゴールデンイーグルスのときは、「東北を元気にしたい」「プロ野球を面白くしたい」「プロ野球界にビジネスの感覚を持ち込みたい」という明確なビジョンがありました。初めは実績がないので、なかなか耳を傾けてくれない人もいました。でも、我々はこのようなビジョンを持って臨んでいる、ということを言い続けたのです。そこでブレたら、誰からも信用されなくなってしまうからです。


石黒和義

しょせん追い求めても限界はあるわけです。どこでその限界に折り合いをつけるのかなかなか難しいところですが、とりあえずは、とことん追求しよう。


福沢桃介

アメリカは、黄金の毒素によって、今にローマのように衰亡する道を歩いている。そのアメリカから、金の毒を、わずかながら取り出してやろうとする私は、実は貴国から感謝されていいはずです。【覚書き|上記の言葉は融資を引き出すために渡米した際、タフト元大統領とアメリカ政財界の面々の前で語った言葉】


依田平

定年制の廃止は、働く側に、「いつ、自分は仕事を辞めるのか」を決める権限を与えることです。これまでなら、会社に決めてもらう人生が当たり前であったものを、自分で決める生き方の選択肢として提示することになります。自分の人生を自分で決める。その意思を持ったスタッフが一人でも多く生まれることに期待しています。


中村俊輔

自分を客観的に見られるようになったきっかけは、17歳から始めたサッカーノートです。試合の感想や練習の取り組みを書いて、メンタルコーチとやりとりする目的で始めました。それから、現在までサッカーについて考えたことを書く習慣が出来ました。文章にすると課題に自分で気づくんです。


平本あきお

多くの人は頭の中で「あれもこれもやらなきゃ!」と思っているだけ。紙に書いて可視化してみると、案外少ないもの。


佐々木大輔(経営者)

働かされるより、やって楽しいと思える方がいい。だから、オンオフのない環境の方がいい。


川端裕

上司の立場を理解したうえでこの提案をしているんだ、ということが上司に伝わる提案をすれば、「こいつ、よく俺の立場をわかっているな」となります。


柴沼俊一

いま社会全体として必要とされているのは、イノベーションによる新しい価値の創出である。ところが効率化しすぎて遊びがなくなり、将来のための勉強もせず、リスクを取らず家庭に閉じこもる人ばかりになればイノベーションを生み出せなくなってしまう。現在は社会が大きな危機を迎えているといえるかもしれない。


岡崎慎司

ストライカーとしてしか、自分の生きる道はない。やはり僕は、ストライカーとして生きることを諦められなかった。


井上和幸(経営者)

足元の事業環境は非常に好調です。都市再開発や商業施設の新設など東京五輪が開催される2020年までは建設需要が旺盛だとみています。しかし、その後は中長期的に国内市場の縮小は避けられない状況です。これまでのように、ビルをただ建設するだけでは経営が行き詰まることは目に見えています付加価値ある提案ができる会社への変身が必要です。次世代電力計(スマートメーター)を活用したオフィスビルでの節電実験を味の素などと協力して開始します。省エネに関するノウハウを集め、他のゼネコンにはない独自の強みとしていきたい。


沢庵宗彭(沢庵和尚)

人の良し悪しを知らんと思わば、その愛し用いられている臣下、または親しみ交わる友達をもって知れ。


イセオサム

体験上、アイデアは移動距離に比例して出てくるので、都内は自転車で移動しています。実際、街を走っていると五感から様々な刺激を受けるので、それがきっかけで、アイデアを思いつくことも多いんです。