前中ひろみの名言

前中ひろみのプロフィール

前中ひろみ、まえなか・ひろみ。「国際教養大学」教授。神戸大学教育学部卒業、米ミシガン州立大学コミュニケーション学部で博士号取得。国際教養大学教授、同大学グローバル・スタディーズ課程長、国際教養教育推進センター長などを務めた。

前中ひろみの名言 一覧

1 / 11

外国人とは議論をしながら仕事をしなければならない。

前中ひろみの名言|外国人とは議論をしながら仕事をしなければならない


相手と共有できる部分をどうやって見つけていくかを考えることが大切だ。相手を思いやる心や喜怒哀楽は万国共通。

前中ひろみの名言|相手を思いやる心や喜怒哀楽は万国共通


日本の高校を卒業して大学へ入学したばかりの学生へ、その答えが「なぜ正しいのか」と質問すると、「正しいと習ったから」と返ってくる。これではダメだと思う。実社会では正しい答えが常に用意されているわけではない。

前中ひろみの名言|実社会では正しい答えが常に用意されているわけではない


自分の考えをはっきり言えるように訓練しないといけない。米国人などは、相手からはっきりと考えを伝えられることを期待する。それが否定的な内容であってもだ。けんかをしないといけない時だってある。

前中ひろみの名言|自分の考えをはっきり言えるように訓練しないといけない


前中ひろみの経歴・略歴

前中ひろみ、まえなか・ひろみ。「国際教養大学」教授。神戸大学教育学部卒業、米ミシガン州立大学コミュニケーション学部で博士号取得。国際教養大学教授、同大学グローバル・スタディーズ課程長、国際教養教育推進センター長などを務めた。


1 / 11

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ