名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

利根川進の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

利根川進のプロフィール

利根川進、とねがわ・すすむ。日本の生物学者。ノーベル生理学・医学賞受賞者。愛知県出身。京都大学理学部化学科卒業、京都大学大学院理学研究科を経てカリフォルニア大学サンディエゴ校へ留学。カリフォルニア大学サンディエゴ校博士課程修了。米ソーク研究所・ダルベッコ研究室でポスト・ドクター研究員、スイス・バーゼル免疫学研究所主任研究員、マサチューセッツ工科大学生物学部及びがん研究所教授などを務めた。免疫グロブリンの特異な遺伝子構造を解明した功績によりノーベル生理学・医学賞を受賞。

利根川進の名言 一覧

誰がそんなことを言ったんだ? (研究テーマは)面白かったら、それでいいじゃないか。

【覚え書き|「日本の大学や研究機関などでは研究テーマの一貫性が重視されていますが、やはりテーマの一貫性は大切なのでしょうか」と問われて。】


人生にとって最も大切なのは、その時々に何が最も重要な事柄であるかを良く考え、そこに全エネルギーを集中させ、その他のことは切り捨てること。プライオリティー(優先順位)の決め方を誤ると、限りある時間と労力を無駄にすることになる。


利根川進の経歴・略歴

利根川進、とねがわ・すすむ。日本の生物学者。ノーベル生理学・医学賞受賞者。愛知県出身。京都大学理学部化学科卒業、京都大学大学院理学研究科を経てカリフォルニア大学サンディエゴ校へ留学。カリフォルニア大学サンディエゴ校博士課程修了。米ソーク研究所・ダルベッコ研究室でポスト・ドクター研究員、スイス・バーゼル免疫学研究所主任研究員、マサチューセッツ工科大学生物学部及びがん研究所教授などを務めた。免疫グロブリンの特異な遺伝子構造を解明した功績によりノーベル生理学・医学賞を受賞。

他の記事も読んでみる

宮根誠司

サラリーマンをやめた後に思ったのが、「賞味期限が切れていたら退場だ」という覚悟も持っておこうということ。自由と孤独感。両方を味わいながら、「他局に呼ばれたら必ずヒットの1本は打って帰ろう」と思ってました。


柳井正

社内にいる2人の息子は結構優秀なんですよ。でも、息子が経営したら社員が夢をなくします。サラリーマンは最後は経営者をやりたいと思うし、そのために会社に入ったんですから。僕は株主として優れた経営者を次も、その次も任命しなくちゃならない。そっちの方がよっぽど難しいですよ。


富野由悠季

ブランド志向というのは、自分の個性がないという表現なんです。なのに、それを買うことで自分のステイタスが上がったような気になっているのは、ミーハー的な妥協でしかないと思います。たとえばバッグに40万50万円もかけられるっていうのは、ステイタスの振りかざしでしかなくて、ファッションではありません。その部分には気づいていただきたいものです。


ボブ・パーソンズ

私はベトナム(戦争)で、「少なくともその日だけは生き残れるようにしよう」と毎日を過ごしていました。ビジネスが破綻するかもしれないと考えたとき、ベトナム時代のことを教訓にしました。「最悪なのはお金を失うことではない」と。


小宮輝之

シカ、ヤギ、ヤク、ロバといった日本の動物や家畜を中心に担当していた時期は、えさの準備や掃除、環境整備から繁殖まで、様々な工夫を凝らして自分なりの飼育方法を試しました。ここで身につけた「試行錯誤して取り組む姿勢」は、飼うのが難しい「難獣」と呼ばれていたノウサギの飼育や、日本に冬鳥として渡ってくるガンの繁殖に挑戦した時などでも役立ちました。


澤田秀雄

人を評価するとき、その人が何を得意とし、何を不得意とするかを見極めることが重要です。いくら平等に見ても、背の高い人もいれば、背の低い人もいる。走ることが得意な人も泳ぐことが得意な人もいます。スタッフの長所と短所を的確に見抜き、把握することが肝心だと思います。得意不得意を把握したうえで、得意なことを伸ばすように仕事を担当させるのです。


金井英之

ニュース番組を観るときは、漠然として観ているのではなく、必ず自分の意見を持つようにしましょう。ひとつのテーマに対して、肯定する材料、否定する材料を見つける習慣が身につき、話題を広げられるようになります。


岩田松雄

意外と自分が何にどれだけ時間を使っているかは意識できていないものです。調べてみると、1日のうちメールチェックに2時間も使っていたり。機会を見つけて見直してみると、能率が上がることは多いでしょう。


楠木建

母国で弱くて海外で突然強くなった企業はほとんどありません。どのグローバル企業も、生まれ故郷の臭いや味わいのようなものを引きずっています。これは欧米企業も同じ。日本発のグローバル企業は、日本での強みをローカルで通用するようにマネジメントしているところが多いですね。


和田洋一(スクウェア・エニックス)

たくさんの目標をすべて達成するのは難しいでしょう。ですから、「目標はなるべく少なく、最も重要なことに絞る」のがコツです。


若園浩史

やる前から考えていてもあまり意味は無い。考え無しに同じ失敗を繰り返しても時間の浪費。試行錯誤を繰り返し、改善を積み上げていくしかない。


藤田晋

人は年齢を重ね、会社内で階級が上に行くほど、自分を追い込むことが面倒になり、アイデアを考えたり、新しいことに挑戦するのを厭いがちです。その結果時代に淘汰されるのです。我が社では2年に1度、役員の改選があり、8人のうち2人が必ず入れ換わるルールになっています。ですから役員は必至です。これもまた、自分たちを追い込むための仕組みなのです。