利根川進の名言

利根川進のプロフィール

利根川進、とねがわ・すすむ。日本の生物学者。ノーベル生理学・医学賞受賞者。愛知県出身。京都大学理学部化学科卒業、京都大学大学院理学研究科を経てカリフォルニア大学サンディエゴ校へ留学。カリフォルニア大学サンディエゴ校博士課程修了。米ソーク研究所・ダルベッコ研究室でポスト・ドクター研究員、スイス・バーゼル免疫学研究所主任研究員、マサチューセッツ工科大学生物学部及びがん研究所教授などを務めた。免疫グロブリンの特異な遺伝子構造を解明した功績によりノーベル生理学・医学賞を受賞。

利根川進の名言 一覧

誰がそんなことを言ったんだ? (研究テーマは)面白かったら、それでいいじゃないか。

【覚え書き|「日本の大学や研究機関などでは研究テーマの一貫性が重視されていますが、やはりテーマの一貫性は大切なのでしょうか」と問われて。】


人生にとって最も大切なのは、その時々に何が最も重要な事柄であるかを良く考え、そこに全エネルギーを集中させ、その他のことは切り捨てること。プライオリティー(優先順位)の決め方を誤ると、限りある時間と労力を無駄にすることになる。


利根川進の経歴・略歴

利根川進、とねがわ・すすむ。日本の生物学者。ノーベル生理学・医学賞受賞者。愛知県出身。京都大学理学部化学科卒業、京都大学大学院理学研究科を経てカリフォルニア大学サンディエゴ校へ留学。カリフォルニア大学サンディエゴ校博士課程修了。米ソーク研究所・ダルベッコ研究室でポスト・ドクター研究員、スイス・バーゼル免疫学研究所主任研究員、マサチューセッツ工科大学生物学部及びがん研究所教授などを務めた。免疫グロブリンの特異な遺伝子構造を解明した功績によりノーベル生理学・医学賞を受賞。

ページの先頭へ