名言DB

9429 人 / 110879 名言

利光達三の名言

twitter Facebook はてブ

利光達三のプロフィール

利光達三、としみつ・たつぞう。日本の経営者。小田急電鉄社長。

利光達三の名言 一覧

教育は上からやれ。


利光達三の経歴・略歴

利光達三、としみつ・たつぞう。日本の経営者。小田急電鉄社長。

他の記事も読んでみる

大塚寿

私は、一万人以上の企業経営者・管理職から、成功の秘訣や失敗の原因をヒアリングしてきました。彼らは、40代を振り返ってみて、「ビジネス人生の最大の転機だった」と異口同音にいい、その一方で最も後悔していることもほぼ共通していました。「40代では、仕事もプライベートももっと充実させられたはずなのに、時間がなくてできなかった」といいます。


村山昇

いま上手くキャリアを積み上げられないビジネスパーソンが増えています。それは、働くことに対する健やかな考え方を養ってこなかったからでしょう。実際に、多くの企業の社員研修では、自分の仕事を見直す機会が与えられず、狭い世界でしか通用しない専門知識やスキルに長けた人材の育成に専念しています。こうした環境では、変化に対する耐性は弱まっていきます。次第に社員の仕事に対する視野は狭くなり、物事の捉え方が固定化していく――。その結果、想定外の出来事が起きたりすると、社員はやる気をなくして転職をしたり、変化に対応できずにメンタルダウンしてしまうのです。


陰山英男

人間には、1日24時間しか与えられていません。そこから寝食に必要な時間を引いたら、使える時間は思った以上に少ない。限られた時間をいかに効率的に使うかを考えることも、これからの時代の社会人には必要なことです。


生月誠

逆に「自分は人と話す時に赤面してしまう。人と話すのは苦手だ」ということを、最初から認めてしまうことが大事。初めから認めることが出来ていれば、人と接するときにも心の余裕が生まれます。そしてそれを「自分の個性」であると他人にアピールをしていくのが有効な方法です。


本庄大介

結局、商品があってマーケットがある。この掛け合わせをどう考えていくが生き残るカギになる。


ラリー・フィンク

ビッグデータを使って様々な分析をして証拠が出ているんですが、社員がその仕事や会社を嫌っていると株価が低迷する、という結果も出ています。


近田哲昌

3年後の自分の姿から逆算して、2年後、1年後の自分の姿を具体的にイメージできれば、プロセスも明らかになり、進捗状況も把握できるようになりますから、目標達成確率がグンと上がります。


鎌田浩毅

おそらく過去のノーベル賞をとった研究も、計画の達成度は70から80%程度だったに違いありません。研究者が考えるべきは、限られた材料でいかに質の高い論文を完成させられるかということです。私を含め理系の研究者は、常に仕事の質と期限とのバランスを念頭に置いているのです。


張琴

私は常々、「ダブル・ミッション」の大切さを説いています。つまり、担当業務として果たすべき「責務のミッション」と、「組織人としてのミッション」の二つがある。その二つのミッションをいつも認識して、日々の仕事に取り組んでほしいというメッセージを出しているのです。果たすべき「責務のミッション」とは、社長が明示したミッションの中で、自分が該当している業務のミッションの遂行に努力するということ。それに対して「組織人としてのミッション」とは、大きな企業ビジョンを自分のものとして落とし込み、「自分だったらこうやって実現する」というミッションを立ててみずからに課すということです。


前田修司

2週間前から活動するのは開発の仕事をしてきた経験からの時間感覚です。私は現場にいたころ「ココセコム(GPS屋外位置情報端末)」などの開発に携わってきましたが、たとえば開発の途中でソフトに不具合が生じて手直しが必要となった場合でも、2週間あれば課題はクリアできたからです。