名言DB

9429 人 / 110879 名言

別所哲也の名言

twitter Facebook はてブ

別所哲也のプロフィール

別所哲也、べっしょ・てつや。日本の俳優、ラジオパーソナリティ。静岡県出身。慶應義塾大学法学部法律学科在学中、ミュージカル『ファンタスティックス』で俳優デビュー。日本のみならずハリウッド映画にも多数出演。米国映画俳優組合(SAG)会員。米国アカデミー賞公認映画祭に認定された日本発の国際短篇映画祭『ショートショートフィルムフェスティバル』主宰など、映画界の発展に尽力。そのほか、ドラマ、舞台、テレビやラジオのパーソナリティ、CMなどで活躍。

別所哲也の名言 一覧

企業訪問を通じて深く感じたのは、やはり組織が大きく変わる時にはリーダーが率先して旗を振って行動することが重要なのだということ。リーダーが変われば、そこで働く人たちも変わりやすくなる。


「自分が日々の生活の中で、無意識に遠ざけているものって何だ?」と考えてみることをお勧めします。先入観で遠ざけていたものの扉を開けてみると、新たな生きがいや熱中できるものに出会えることが意外と多い気がするんです。


「あれ、このままでいいのかな」と感じたときの自分の気持ちをきちんと受け入れることが大切です。そういう危機感がなければ、何か大切なものが自分の前を通り過ぎても、それに気づくことができませんから。


俳優も映画祭の仕事も根っこにあるものは同じです。両方とも、「仲間とともに何かひとつのものをつくりあげ、感動を分かち合いたい。そして、その感動の輪をお客さんにも広げていきたい」という思いから生まれているんです。


30代になったばかりのころ、僕は将来に対して漠然とした不安を抱えていました。そこで、思い切って仕事をしばらく休み、役者としての出発点であるロサンゼルスに行くことにしたんです。


映画祭の企画運営をして、俳優の仕事を俯瞰して見られるようになったことが大きかったです。たとえば、取材でも俳優の僕は話をするだけですが、ここまでには編集部内での人選会議とか、マネージャーとの交渉とか、いくつものプロセスがあったわけじゃないですか。そういう「自分の仕事に関わる多くの人たちのこと」が見えるようになったことで、俳優の仕事に対する意識も大きく変わったと思います。


新人の頃って、何もかもが新鮮で、時間があっという間に過ぎていきますよね。でも、20代後半ぐらいになると、変な場馴れして仕事をこなすようになり、新人のころに感じていた会社や仕事に対する素朴な疑問も次第に感じなくなっていく。そして、ふとしたときにそんな弛緩した自分に気づいて、「あれ、このままでいいのかな」と思う。20代後半から30代前半というのは、どんな仕事でもそういう時期なのだと思います。


友人にショートフィルムの試写会に無理やり連れていかれました。渋々観ていたら、これがもう驚愕の面白さで。「ショートフィルム=実験映画=エンターテインメント性が希薄」という先入観にとらわれていた自分を恥じると同時に、すっかり虜になってしまったんです。帰国後、その魅力を友達に熱く話すのですが、これがまったく伝わらない。ならば、実際に観てもらうしかないということで、映画祭をやることになったんです。


別所哲也の経歴・略歴

別所哲也、べっしょ・てつや。日本の俳優、ラジオパーソナリティ。静岡県出身。慶應義塾大学法学部法律学科在学中、ミュージカル『ファンタスティックス』で俳優デビュー。日本のみならずハリウッド映画にも多数出演。米国映画俳優組合(SAG)会員。米国アカデミー賞公認映画祭に認定された日本発の国際短篇映画祭『ショートショートフィルムフェスティバル』主宰など、映画界の発展に尽力。そのほか、ドラマ、舞台、テレビやラジオのパーソナリティ、CMなどで活躍。

他の記事も読んでみる

益子修

開発は開発だけ、購買は購買だけ、生産は生産だけというように、何十年も同じ部門にいてトップに上り詰める人事制度は、健康体とは言えません。実際、開発はこれまで自分の意志と考え方に基づいてクルマを開発していたわけです。そうすると、どうしてもお客様はもとより生産や販売などの部門のことを考えない、自分本位の思考になってしまいます。ほかの部門を知らなければ、相手のことを考えろといっても無理ですよね。


アルバート・アインシュタイン

手段は完全になったというのに、肝心の目的がよくわからなくなったというのが、この時代の特徴と言えるでしょう。


ジャスパー・チャン

私たちは自分たちのことをテクノロジーの会社だと考えています。情熱を持って、お客様にフォーカスをして、彼らの利便性を高めるために、テクノロジーを使うのです。たとえば個人のお客様には、ショッピングをやりやすくするとか、面白いビデオを見つけやすくするということにテクノロジーを活用しています。法人のお客様にも、コンピューティングの世界で便利なサービスをいろいろと提供しています。


高田明(ジャパネットたかた)

データ一辺倒も課題を見えにくくします。100個売れていた商品が1000個に伸びたらデータ的には期待が持てそうですが、じつは単にインフルエンザ特需で売れただけの「まぐれ当たり」かもしれません。一方、いまは3個しか売れていないけれど、大ヒットの可能性を秘めた商品もあるんです。それを見極める力もまた、目の前の課題を解決しながら試行錯誤で身につけていくものです。


加納裕三

新たなテクノロジーは非難の対象になりやすいですが、逆に言えばそれだけ革新的だということ。よい部分を知っていただくように頑張っていきます。


井上達彦

いままでの伝統的な境界が崩れ、人材や組織にかかる負担は増す一方です。「ボトルネックを制した者が優位をつかむ」という言葉がありますが、現代のボトルネックはまさに組織と人材の動かし方です。そこを掌握した者が時代をリードできます。


江上剛

ビジネスマンは、たとえ会社にいなくても、24時間ずっと仕事のことが頭の片隅にあるものです。それが苦になるかどうかは、好きで取り組んでいる仕事なのか、人にやらされている仕事かによります。まずは、仕事を楽しめるようになること。それが本当に必要な働き方改革ではないでしょうか。


浅野秀則

この事業(ピザーラ)は僕にとって娘のようなもので、フランチャイズは嫁に出すのと同じ。それがお金儲けのためだったら、ちょっとあんまりじゃないですか。フランチャイズ契約の面接で1000件くらいお断りしました。もしそれを全部取っていたら、いまごろ潰れている店も多かったと思います。


島津義秀

鹿児島には、郷中教育の中で約400年に渡って続いてきた「3つの掟」というのがあります。それは「負けるな、嘘を言うな、弱い者をいじめるな」の3つです。私が伝えたいことは、この3つの言葉に尽きると言ってもいいです。


佐藤安弘

いまや発泡酒は、ビールと発泡酒を合わせた総需要の4割を占めるまで市場が拡大しています。あのとき、メンツにこだわって参入を見送っていたらどうなっていたか。発泡酒への参入は正解だったと心から思っています。