名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

別川俊介の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

別川俊介のプロフィール

別川俊介、べつかわ・しゅんすけ。日本の経営者。住友重機械工業社長。石川県出身。京都大学法学部卒業後、住友重機械工業に入社。常務執行役員財務経理本部長、取締役兼常務執行役員、年取締役兼専務執行役員、代表取締役兼専務執行役員、代表取締役兼執行役員副社長などを経て社長に就任。

別川俊介の名言 一覧

経済合理性のない赤字受注はしない、というのが当社のポリシーです。仕事欲しさに採算度外視で受注すれば、後で多額の損失が出るので将来に大きな禍根を残す。こうした当社の受注スタンスは今後も変わらない。


別川俊介の経歴・略歴

別川俊介、べつかわ・しゅんすけ。日本の経営者。住友重機械工業社長。石川県出身。京都大学法学部卒業後、住友重機械工業に入社。常務執行役員財務経理本部長、取締役兼常務執行役員、年取締役兼専務執行役員、代表取締役兼専務執行役員、代表取締役兼執行役員副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

山内溥

同じことをよく聞かされるんですが、何があるんかと僕は言うんですよ。ユニークという企業では、東京のほうがよっぽど多いですよ。それでも京都にユニークな企業が多いといわれるのは、町のスケールに比してという意味だと思うけれどもね。しかし、京都の企業にユニークさなんてそんなにありませんよ。僕が見る限り。


松田憲幸

仕事の内容にもよりますが、「速く済ませることは良いこと」と両親から学び、知らず知らずのうちにそのように心がけてきたつもりです。


出井伸之

自分自身をひとつの会社だと考えなさい。そう考えると、月収を売上げだとすれば、個人価値に値するのは株価。通常企業ではどちらも見なければいけません。売上げが同じ会社であっても、株価が異なることは多いでしょう。


中山秀征

大半の人はやりたいこととできることの違いに悩み、好きなことと生業の線引きをしなければならない時を迎えます。僕の場合、好きなことは歌でしたが、生業になりませんでした。そこに後悔があるかと聞かれれば、胸を張って「ありません」と答えます。歌では本物に敵わなくても、エンターテイナーとしてなら戦える。若いうちに谷間に落ち、そう気づけたのは幸せなことでした。


草開千仁

今年1月14日に関東地方を襲った大雪を、気象庁は予測できませんでしたが、当社は的中させました。これはサポーター(一般の情報提供者)のおかげでした。雪の情報を観測できる気象庁のポイントは、関東に十数カ所しかありません。積雪量は地形や風などで大きく変わってくるので、関東の十数カ所で全体を予測することは難しい。一方、我々の場合、雪ともなれば関東だけで1日当たり25万件の情報が寄せられます。どこにどれだけの積雪があるのか。密度の濃い情報があれば、予測に役立つのです。


小松美羽

ライブペイントが終わっても私の興奮は収まらなかった。このまま第二部もいけるほどの余力があった。描くことで山神様と繋がったような感覚があり、たまらなく幸せだった。何より観客の皆様の視線から感じるエネルギーも清々しくライブの醍醐味も愛おしかった。私の脳みその奥でレベルがアップしたような音が鳴り響く。ああ、この瞬間からたまらなく光を感じる。すべてが必然で偶然で授かりもので、しっかりととりこぼさずに経験し、この恵みを何倍もの活力にしてあなたにお見せいたします。


ドナルド・トランプ

何をするにせよ、成長を止めてはならない。現状に満足してはならない。自分が与える側であれ、もらう側であれ、50%で十分、というふりをするな。


加島禎二(加島禎二)

実際にやってみると、競合他社の優れた点はおろか、自社の優位性も言葉にできない人が圧倒的に多い。


太田彩子

お客様に対して、「それは違うと思います」「私はこう思います」と単刀直入に話すと、生意気に思われるだけです。伝えたいことがあれば、相手を立てたうえで自分の提案をするという順序を守ったほうがいいでしょう。


阿部観

クライアントと会ったら、やはり愛想のいい人のほうがいい。挨拶をちょっと大きな声でとか、それだけでも変わる。


木川眞

新しい需要を生み出し、支持されればひとつのインフラになります。我々だけでなく他産業の成長も促せば、築いたインフラはより強固なものとなります。ヤマトグループにとって、イノベーションとは需要創出のことに他なりません。常に成長の原動力となってきたのが需要創出なんです。


高原豪久

経営改革への抵抗を小さくするための周到な準備の第一は、自らこまめに発信をすることだ。私は当初から今日までメールマガジンを毎週書いて、全社員に変革の必要性や内容を伝えている。部門長には、彼らの意見を言下に否定するのではなく、もっと大きく考えればこうなるのではないかと言葉を尽くして訴える。社長就任前後の大変革の時期、私はこうした発信のために、自分の時間の半分以上を費やした。