名言DB

9419 人 / 110788 名言

別川俊介の名言

twitter Facebook はてブ

別川俊介のプロフィール

別川俊介、べつかわ・しゅんすけ。日本の経営者。住友重機械工業社長。石川県出身。京都大学法学部卒業後、住友重機械工業に入社。常務執行役員財務経理本部長、取締役兼常務執行役員、年取締役兼専務執行役員、代表取締役兼専務執行役員、代表取締役兼執行役員副社長などを経て社長に就任。

別川俊介の名言 一覧

経済合理性のない赤字受注はしない、というのが当社のポリシーです。仕事欲しさに採算度外視で受注すれば、後で多額の損失が出るので将来に大きな禍根を残す。こうした当社の受注スタンスは今後も変わらない。


別川俊介の経歴・略歴

別川俊介、べつかわ・しゅんすけ。日本の経営者。住友重機械工業社長。石川県出身。京都大学法学部卒業後、住友重機械工業に入社。常務執行役員財務経理本部長、取締役兼常務執行役員、年取締役兼専務執行役員、代表取締役兼専務執行役員、代表取締役兼執行役員副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

坪内知佳

結果として、今では会社も大きく成長することができました。でも、私は決して漁師たちを「たばねる力」なんてないんです。ただ、一人ひとりの個性を認め、自由に伸びていくことを目指しています。そう、円が少しずつ広がっていくイメージですね。先日、学習障害のある子が入ってきましたが、そういう子だって指示の出し方一つで大きく変わる。特性を見抜いた上で、その円を広げていくことが大切なんだと思っています。


荒木飛呂彦

週刊漫画って、一回描いたらリセットできないんですよ。今週、登場人物が右手を怪我したら、うわ、左手にしなきゃ駄目だったんだ、と気づいてもそのまま進めなければならない。はじめはそういう週刊特有の進行がすごく嫌だったんだけど、そのうち、それはそれで味がある、と捉えるようにもなりました。


御手洗冨士夫

年に二回の賞与時期の幹部会では、800人の幹部を一人一人壇上に上げて「ごくろうさん」といいながら握手をして、賞与を手渡しします。そのときに、ちょっとした会話をするのですが、心が通じ合うのを感じます。「顔色悪いけど大丈夫か?」「ちょっと風邪をひきまして」とか、「お世話になりました。定年なので最後になります」と言われれば感極まって思わず両手を握ってしまいます。目と目を合わせ、言葉を交わし、手を触れ合う。その数秒のことが信頼関係の土台になり、経営意思を受け入れてくれる信頼の土壌になると思うんです。


石渡美奈

私が社内にいる機会は多くありませんから、なるべく全員に声をかけるようにしています。その際は一人一人、違った話題にするように心がけています。直接話せば、内容や受け答えの様子から、相手のコンディションが伝わってくるじゃないですか。ですから、「あれ、髪切った?」とか、「次のお休みはどこへ行くの?」といった些細な話題でも、とても大事にしています。


後藤亘

たとえ、「ちょっとやりすぎかな」と、思ったとしてもそういった言葉を一切かけないようにしている。行動に制限を掛けるような言葉を経営者がひと言発しただけで、現場にグッとブレーキがかかる。その瞬間にエネルギーにもブレーキがかかる。だからこそ、のびのびやってもらう環境づくりが私の仕事。


児玉和

グンゼは来年、設立120周年を迎えます。肌着メーカーとして知られていますが、ペットボトル向けの収縮フィルム、タッチパネルなどの電子部品、手術用縫合糸などの医療用品も手掛け、経営の多角化を実践しています。もし肌着だけに事業を絞っていたら、これほど長く会社を続けられなかったかもしれません。


保坂隆(精神科医)

理不尽な説教をされていると感じたときは、自分の意識を上へ上げて、自分と上司を天井のあたりから見下ろしていると考える。2人の寸劇を眺めているつもりになってみてください。そして「この上司は部下を怒鳴っているな。昨日、夫婦ゲンカでもしたのかな」など、自分が説教されている状況を客観的に分析。叱られていても、まるで他人事のような感覚になり、大きなダメージを受けずにすみます。


國光宏尚(国光宏尚)

僕は自分の意見をはっきり言いたいし、夢だって臆せずに語りたい。


新関八洲太郎

今日までの第一物産を築いてきた社員諸君は、建設期の苦労をいやというほど味わってきた人たちばかりである。これらの人たちの同志的な結びつきが今日の力を培いえたのだと思うし、将来に対してもこの信念は変わらない。
【覚書き|第一物産はGHQにより解体された三井物産の一部。その後、旧三井物産系会社と大合同し、現在の三井物産になる】


大山康晴

頭がきれる、または天才的な人。どの世界でもこういう人がトップになると思いがちですが、案外このタイプは二番手のことが多いものです。社長じゃなくて副社長という感じで。なぜか天才肌の人は良い時は100点を取るが、ガタっとゼロとは言わずとも50点以下をとったりする。こんな不安定ではトップの社長なんて任せられませんでしょう。