別川俊介の名言

別川俊介のプロフィール

別川俊介、べつかわ・しゅんすけ。日本の経営者。住友重機械工業社長。石川県出身。京都大学法学部卒業後、住友重機械工業に入社。常務執行役員財務経理本部長、取締役兼常務執行役員、年取締役兼専務執行役員、代表取締役兼専務執行役員、代表取締役兼執行役員副社長などを経て社長に就任。

別川俊介の名言 一覧

経済合理性のない赤字受注はしない、というのが当社のポリシーです。仕事欲しさに採算度外視で受注すれば、後で多額の損失が出るので将来に大きな禍根を残す。こうした当社の受注スタンスは今後も変わらない。


別川俊介の経歴・略歴

別川俊介、べつかわ・しゅんすけ。日本の経営者。住友重機械工業社長。石川県出身。京都大学法学部卒業後、住友重機械工業に入社。常務執行役員財務経理本部長、取締役兼常務執行役員、年取締役兼専務執行役員、代表取締役兼専務執行役員、代表取締役兼執行役員副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

生月誠

弱気になってしまう人は、何かとマイナス思考に陥る人です。実は、生まれながらにマイナス思考の人はそんなにいないのです。その多くは、過去に失敗した経験が、自然と脳にインプットされており、何かにつけて、「またいやな思いをするからやめたほうがいい」と、脳が指令を出してしまっているのです。


原晋

伸びる選手は「妄想」を抱いていない。目標と妄想は違います。目標は手の届く「半歩先」に置き、それを目指して練習する、その繰り返しだと思います。


牧野正幸

挑戦して失敗しても責めません。引きずらせず、どんどん挑戦させるので、成長のスピードは速い。


高橋和志(造船技師)

正直、なかなかむずかしいこともたくさんありますよ。震災後って、時間の過ぎるのが早いんです。すぐに、あ、今日も一日が終わったぞ、となってしまう。何をやるにしても、平常時の10分の1ほどしかできないという感覚だから、それは忸怩たるものはある。でも、一日にひとつは何かをやろうってことで、やれる仕事を前に進めることにはしていて。そうでも考えなければ、いつも下を見て歩くようになってしまうのでね。だから、自分を見失わず、毎日きちんと生活をしようとしています。


吉江勝

好きこそものの上手なれと言いますが、好きなこと、得意なことこそ大きな収入につながる。それを踏まえて自分自身を見直すことが可能性を広げることになる。


藤田晋

ビジネスの世界で勝ち抜いてきた人の多くは、他人には想像すらできない「ひどい目」に遭っています。そんな人たちはまず、耳当たりのいい言葉にはひっかかりません。中にはきれいごとだけでビジネスの世界を生きている人もいますが、多くが短命で、すぐに業界から消えていきます。そんな人の輝かしい一瞬だけを見て、真似をしないでください。


浮世満理子

ToDoを消すときには、赤い花丸をつけて、「よし、きちんと終えられた。偉い!」と自分を褒めるようにしてください。線やチェックで消すと、「嫌いな作業を目の前からなくしたい」と考えるネガティブ発想が強まり、「仕事に追われる」感じが抜けなくなる人もいます。


寺門ジモン

食べることに馴れ合いはないです。あそこのアップルパイが食べたい、もっと美味しいパンを食べたいとなったら、アメリカでもフランスでも飛んで行っちゃいますから。おかげでこれまでに人の3倍は食ってきたし、人の3倍は生きてきた気がします。そして最終的には、70歳で2キロのステーキをペロリとたいらげる自分でいたいと(笑)。


戸塚隆将

愚痴が多い人は、将来的に会社に貢献する可能性は低い。


深田和範

出世競争で出遅れを実感するのは35歳前後からです。一般的に、この年齢に達すると同期入社のトップクラスが管理職に登用されます。そして、この第一選抜に漏れると、その後の昇進・昇格は遅れ気味になります。


新井直之(執事)

たくさんのお金持ちにお仕えしてきましたが、基本的にみすぼらしい格好をされている方はいらっしゃいません。ファッションに無頓着な方でも、必要とあらばファッションコーディネーターを付けるなど、財力を資源に身だしなみを整えられています。これは立場上、「自分がどう思うか」よりも「人からどう見られるか」を重要視されているからです。


カルロス・ゴーン

今でもよく覚えていますが、当時(日産の再建に着手したとき)はこう言われたものです。「あなたは日本にいるのです。ですから、系列は解体できません。過剰投資した工場を閉鎖することはできません。人員削減はできません。よくよく注意してください」と。意見を聞くうちに私は茫然としました。「これは参った。会社を再建するには、やってはいけないと言われたことをすべてやらなければならない。社内だけでなく、日本国内でどう受け止められるだろう」。これは究極の選択でした。


出井伸之

私が社長になった時、ある方から「社員食堂でご飯を食べない方がいいぞ」と言われたことがあります。私はサラリーマンとして下から上を見ていた経験が長いから、所詮トップと距離があることはわかっています。それなら一歩でも社員の方に近づく方がいいのではないかと考えているのです。


小室淑恵

サポート型のマネジメントを実践するには、メンバーを認めて、褒めて、安心させることが必要です。


西澤ロイ

外国語を学ぶことは、未知の世界への扉を開くことであり、本来とてもワクワクすることのはず。しかし、多くの人は、それを忘れてしまっているのではないでしょうか。もう一度英語に挑戦してみようと考えている人はぜひ、明るい未来に目を向けて、英語に取り組み、世界を広げていってください。


ページの先頭へ