名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

別宮圭一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

別宮圭一のプロフィール

別宮圭一、べっく・けいいち。日本の経営者。「インターネットインフィニティー」社長。愛媛県出身。アスキーを経てインターネットインフィニティーを設立。

別宮圭一の名言 一覧

当社では、WEB事業とともに、在宅サービスを展開していたのですが、やればやるほど介護専業大手と競合することになり、介護の領域をこのまま突き進むべきか悩みました。そんななか、我々のようなベンチャー企業が手掛けるべきなのは、「介護」ではなく「健康寿命延伸」のような分野ではないか、という想いが強まりました。介護の現場では、寝たきりとなる重度の要介護者を数多く見てきました。重度の要介護者にさせないために、もっとやるべきことがあると考えたわけです。そこで一気に軸足を介護予防に傾け始めたのがレコードブック事業です。


今後は高齢化社会がやってくるし、自分たちの得意なインターネットを活用して、この介護・ヘルスケア領域を活性化できないかと考えるようになった。残念ながら、いくら考えても、インターネットを活用したヘルスケアのビジネスモデルがまったく思い付かない。知識もなければ経験もないということで、まずは勉強のために介護現場を知ろうと考えて学校に通い、介護ヘルパーの資格を取得しました。そして訪問介護の事業をスタートさせたんです。私も陣頭指揮をとりながら現場にも入りまして、これが介護事業を始めた経緯です。


別宮圭一の経歴・略歴

別宮圭一、べっく・けいいち。日本の経営者。「インターネットインフィニティー」社長。愛媛県出身。アスキーを経てインターネットインフィニティーを設立。

他の記事も読んでみる

佐治敬三

大阪にサントリーの本社を置きっぱなしにしているのは、意地や。意地以外にない。いわば東京に対するレジスタンスやな。はっきりしたアイデンティティを持たんと、日本中が、東京という都市の金太郎飴になってしまいまっせ!


梶川貴子

私は適正価格であれば、相手の言い値を受け入れます。海外と違って階級社会とはいえない日本では、現場の従業員も教育レベルが高く、意識も高い。取引先も同様で、良い仕事をする原動力は、お金よりも尊敬してもらっているという思いです。「高い料金はコンサルタントのプライドだ」というのは堀紘一さんの名言ですが、まさに価格はプライドです。そういう形で尊敬されていないと、関係は長く続かないと思います。


森川亮

大事なことは諦めないことです。自分はこんな事業をやりたい、世の中をこうしたいと思ったら、ぜひチャレンジしてください。周囲の人が反対するからとか、会社や社会がこんな状況だからと、あれこれ言い訳してやめるのはよくありません。


杉山全功

弊社が手掛けるゲームジャンルは経営シミュレーションとニッチだが、商品寿命が長い。実際、飲食店経営ゲーム「ぼくのレストラン」は発売2年が経過した今も売り上げは伸びている。


岡崎慎司

同期の中でも僕が一番、先輩からいろいろと教えてもらっていたように思います。その理由は自分では分からない。でもきっと、何かを欲している、もがいているのが伝わったんだと思います。自分が上の立場になった今、壁を前に苦しんでいるように見える若い選手には、自然と声をかけたくなりますから。


中村久三

一生懸命努力して開発した商品が売れなくても、それは技術者のせいではありません。「何で失敗したんだ」と責めたりしないで、留保にしておくことが重要です。アルバックでは失敗しても、駄目だったとは言わないで、いつかまた可能性があるから将来のために取っておこうと言います。そうすると何年もたってから「あの技術がほかの分野でまた使える」とひらめくときがあるのです。


藤田精

勝負に失敗はつきもの。エステ機器販売で失敗したあと、日雇いバイトで借金を返しつつ、次のチャンスを探った。


山崎将志

勉強はするけど、実践しない人が、最も残念な人。その勉強は何のためにやっているのか。そこを「具体的に」考えずに、本来の仕事以外の勉強に力を入れすぎている人をよく見る。


ハンス-ポール・バークナー

どこの国であれ、企業の社員がその社会の一端を担うというレベルに到達するのは、ローカルに根ざさなければ無理な話です。現地の言語を話せるように努力し、4年、5年と時間をかけてその社会に物申せる人間になっていく。そこで初めて企業活動にも道が開けるのではないでしょうか。


小林弘幸

疲れない身体を作るには、血流と血の質を良くすることが決め手。そしてそのためには、血流を司る「自律神経」のバランスと、血の質を左右する「腸内環境」を整えていくことが不可欠。


菊原智明

私は決して話し上手ではありませんでしたから、手紙や資料を意識して活用していました。


菊入みゆき

モチベーションが下がることは決して悪いことではありません。下がるときには、「身体が疲れている」「少し考え直したほうがいい」といった、必ず何らかの理由があります。そのことが理解できると、モチベーションが下がっても「これは何かのサインなのかな?」「少し休んでから、自分を高めていこう」と考えられるようになり、自分の中に工夫が生まれます。