名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

別宮圭一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

別宮圭一のプロフィール

別宮圭一、べっく・けいいち。日本の経営者。「インターネットインフィニティー」社長。愛媛県出身。アスキーを経てインターネットインフィニティーを設立。

別宮圭一の名言 一覧

当社では、WEB事業とともに、在宅サービスを展開していたのですが、やればやるほど介護専業大手と競合することになり、介護の領域をこのまま突き進むべきか悩みました。そんななか、我々のようなベンチャー企業が手掛けるべきなのは、「介護」ではなく「健康寿命延伸」のような分野ではないか、という想いが強まりました。介護の現場では、寝たきりとなる重度の要介護者を数多く見てきました。重度の要介護者にさせないために、もっとやるべきことがあると考えたわけです。そこで一気に軸足を介護予防に傾け始めたのがレコードブック事業です。


今後は高齢化社会がやってくるし、自分たちの得意なインターネットを活用して、この介護・ヘルスケア領域を活性化できないかと考えるようになった。残念ながら、いくら考えても、インターネットを活用したヘルスケアのビジネスモデルがまったく思い付かない。知識もなければ経験もないということで、まずは勉強のために介護現場を知ろうと考えて学校に通い、介護ヘルパーの資格を取得しました。そして訪問介護の事業をスタートさせたんです。私も陣頭指揮をとりながら現場にも入りまして、これが介護事業を始めた経緯です。


別宮圭一の経歴・略歴

別宮圭一、べっく・けいいち。日本の経営者。「インターネットインフィニティー」社長。愛媛県出身。アスキーを経てインターネットインフィニティーを設立。

他の記事も読んでみる

小林りん

最初に派手に転んだからこそ、素晴らしい仲間と結果に恵まれました。順調に進んでいたら、一人の支援者の思いだけで学校のすべてが決まっていたかもしれません。


和田勇(積水ハウス)

スクラップアンドビルドの風潮に疑問を感じていました。まだ住める家を20~30年で壊すのはおかしい。ですから発端は、長く住める家をつくろうというところにあった。住宅というのは、環境やエネルギー、地球温暖化、少子高齢化、教育、健康とあらゆる社会課題の中心にあるものなんです。それはすぐに壊して建て替えるようなものであってはならない。長く住み続けることは、社会や環境を良くすることにつながる。それを実現するために、我々は家という「個の環境」と、周囲の自然や街づくりを含めた「面の環境」を常に考えてきました。


中山マコト

印象に残る名刺、何をしているかが一目で分かる名刺は、それ自体が営業してくれる。名前と肩書き、連絡先だけのシンプルな名刺は論外。


松本幸夫

日本では控え目は美徳ですが、行きすぎるとただのおとなしい人。感情をあらわにせず、自分を常に抑えていては成功できない。


西口尚宏

イノベーションの教材になるのは「持続可能な開発目標(SDGs)」です。国連が掲げ193か国が合意したSDGsにはイノベーションの目的となる将来の姿が散りばめられています。より良い世の中を実現するための着地点であるSDGsを、事業として実現するための試行錯誤こそイノベーション活動そのものです。本業の革新や新規の事業によりSDGsを達成する活動を通して、企業がイノベーションを興す実力がついていくでしょう。


辻野晃一郎

イノベーションは急にひらめくものではなく、コミュニケーションの中から湧いてくるものです。そのため、コミュニケーションの活性化に力を入れています。


永守重信

私はこれまで「赤字は罪悪」と公言してきましたが、今回の不況で赤字はさらに深刻な意味を持ち始めました。倒産の引き金と断言してもいいと思います。実際、昨年の大型倒産のなかには、決算は黒字でもキャッシュフローが赤字になり、資金繰りがつかずに破たんした実例があります。


内田士郎

効率性ばかりではダメですが、なにが本当に大事なのかを判断する。重要視しているのは時間の質です。


安藤忠雄

私はいまだに好奇心が衰えることはありませんし、つねに面白いこと、感動させてくれるものを追い求めています。ただし、漫然と生きていたらそうはいきません。そういう人間でいられるよう、毎日肉体と精神を鍛えている結果です。


進藤晶弘

カネ儲けをするのが起業家だという観念が定着しているから、「起業家はうさんくさい」というイメージを払拭できない。そのとらえ方を改めないかぎり、日本で真の起業家なんて育つはずがありません。


本田宗一郎

技術者だからそこ自重してはならない。技術者の正装とは真っ白なツナギ(作業着)だ。


藤田晋

「走りながら考える」手法が機能しない場合もあります。形がある程度出来上がった「黎明期を終えた市場」の場合、闇雲に走り始めても、他社に見劣りするだけで勝つことはできません。例えば、ソーシャルゲームの市場は、アイデア次第で一攫千金が狙えた黎明期は過ぎています。今この市場に新たに参入しても、勝つことは容易ではありません。