別宮圭一の名言

別宮圭一のプロフィール

別宮圭一、べっく・けいいち。日本の経営者。「インターネットインフィニティー」社長。愛媛県出身。アスキーを経てインターネットインフィニティーを設立。

別宮圭一の名言 一覧

1 / 11

当社では、WEB事業とともに、在宅サービスを展開していたのですが、やればやるほど介護専業大手と競合することになり、介護の領域をこのまま突き進むべきか悩みました。そんななか、我々のようなベンチャー企業が手掛けるべきなのは、「介護」ではなく「健康寿命延伸」のような分野ではないか、という想いが強まりました。介護の現場では、寝たきりとなる重度の要介護者を数多く見てきました。重度の要介護者にさせないために、もっとやるべきことがあると考えたわけです。そこで一気に軸足を介護予防に傾け始めたのがレコードブック事業です。

別宮圭一の名言|大手と競合しない分野に軸足を傾ける


今後は高齢化社会がやってくるし、自分たちの得意なインターネットを活用して、この介護・ヘルスケア領域を活性化できないかと考えるようになった。残念ながら、いくら考えても、インターネットを活用したヘルスケアのビジネスモデルがまったく思い付かない。知識もなければ経験もないということで、まずは勉強のために介護現場を知ろうと考えて学校に通い、介護ヘルパーの資格を取得しました。そして訪問介護の事業をスタートさせたんです。私も陣頭指揮をとりながら現場にも入りまして、これが介護事業を始めた経緯です。

別宮圭一の名言|現場を体験してビジネスモデルを探す


別宮圭一の経歴・略歴

別宮圭一、べっく・けいいち。日本の経営者。「インターネットインフィニティー」社長。愛媛県出身。アスキーを経てインターネットインフィニティーを設立。


1 / 11

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ