別宮圭一の名言

別宮圭一のプロフィール

別宮圭一、べっく・けいいち。日本の経営者。「インターネットインフィニティー」社長。愛媛県出身。アスキーを経てインターネットインフィニティーを設立。

別宮圭一の名言 一覧

当社では、WEB事業とともに、在宅サービスを展開していたのですが、やればやるほど介護専業大手と競合することになり、介護の領域をこのまま突き進むべきか悩みました。そんななか、我々のようなベンチャー企業が手掛けるべきなのは、「介護」ではなく「健康寿命延伸」のような分野ではないか、という想いが強まりました。介護の現場では、寝たきりとなる重度の要介護者を数多く見てきました。重度の要介護者にさせないために、もっとやるべきことがあると考えたわけです。そこで一気に軸足を介護予防に傾け始めたのがレコードブック事業です。


今後は高齢化社会がやってくるし、自分たちの得意なインターネットを活用して、この介護・ヘルスケア領域を活性化できないかと考えるようになった。残念ながら、いくら考えても、インターネットを活用したヘルスケアのビジネスモデルがまったく思い付かない。知識もなければ経験もないということで、まずは勉強のために介護現場を知ろうと考えて学校に通い、介護ヘルパーの資格を取得しました。そして訪問介護の事業をスタートさせたんです。私も陣頭指揮をとりながら現場にも入りまして、これが介護事業を始めた経緯です。


別宮圭一の経歴・略歴

別宮圭一、べっく・けいいち。日本の経営者。「インターネットインフィニティー」社長。愛媛県出身。アスキーを経てインターネットインフィニティーを設立。

他の記事も読んでみる

芳井敬一

米国は時間軸で言うと、我々よりも先か、同じです。何が必要か考えると難しいのですが、日本の品質の考え方が十分通じます。日本品質、「日本テイスト」を提供していきたい。私も様々な国へ行きましたが、日本人は特殊です。勤勉で、日本人だけが約束を守ります。日本人は「貴重品」だと思うんです。その良さは武器になります。


佐藤優

数学力がとても大事。数学の力が磨かれると、論理力が磨かれる。物事の優先順位やカラクリを見極めることが容易になる。これは仕事の能力に直結する。


柳井正

自分たちは、世の中に役立つものをこれからもつくり続けなければいけない。


石渡美奈

人に認めてもらいたい、褒めてもらいたいという承認欲求は誰にでもあるものだ。自分の仕事を高く評価してもらえるとやっぱりうれしいし、次の仕事への活力となる。だから、成果を出した部下を褒めることは、上司にとって重要になる。


岡本太郎

激しく挑み続けても、世の中は変わらない。しかし、世の中は変わらなくても自分自身は変わる。世の中が変わらないからといって、それでガックリしちゃって、ダラッと妥協したら、これはもう絶望的になってしまう。そうなったら、この世の中がもっともっとつまらなく見えてくるだろう。だから、闘わなければいけない。闘い続けることが生きがいなんだ。


金川千尋

事業は本来、単純明快なもの。


村上太一

「リブセンス」という社名の由来は「リブ(生きる)」「センス(意味)」です。ちょっと大げさかもしれませんが、私の生きる意味は、「あったらいいな」と思える面白いサービスで世の中を変えることです。


松野恵介

自己紹介の際に社名や名前、事業内容だけを告げるのではなく、自分は相手に「何を」「なぜ」やってあげられるのかを伝えると効果的です。


北尾吉孝

そもそも世俗的な成功を自分の目標にすることが間違っている。正しいことを積み上げていくと、結果として人から愛される。心の憂いがなくなる。そういうことで人生幸せに生きられればそれでよし。それなのに自分が世俗的な意味で成功しないことを悲観していると、心の憂いが晴れることはない。だから世俗的なものは天の配剤だと思って、やるべきことを淡々と一生懸命やる。そして周りの人から信用され、家族から敬愛される人間になる。それが一番の成功です。


古屋大貴

名声やお金を得たい人もいるかもしれませんが、僕はあまり興味がない。僕らは富を得ないかわりに、自由を得る。大企業の人は、自由を失って富を得る。どちらが良い悪いではなくて、選択の違いだと思いますよ。


水野和敏

どんな仕事をするにしても、社会的使命のために働くのが人間らしさじゃないでしょうか。会社はその使命を果たすための手段です。会社での評価が人生の目標に置き換わってしまうから、モチベーションが落ちるのです。


瀧靖之

脳の力を最大限に発揮する秘訣は、「好奇心」「人との関わり(コミュニケーション)」「有酸素運動」。好奇心を追求したり、人とのかかわりの中で新しい経験を積み重ねると、どんどん脳内ネットワークは増強され、「脳力」がアップしていく。


内田幸雄

時間の余裕があれば、刻限までは情報や社内意見を収集し、じっくりと分析をしてから決定すればいい。しかし、目まぐるしく環境が変化するなかでは、蓄積してきた知見にもとづいて即断即決していく必要がある。


金井英之

話が広がる質問の大原則は、相手を中心に考えたものであることです。「あなたのご専門は何ですか?」「あなたの健康法は何ですか?」と、頭に「あなた」をつけて考えると、質問がしやすいでしょう。ただし、YES、NOで答えられる質問は話が途切れやすくなります。なるべく相手の話を引き出すような質問の仕方をしましょう。


堀切功章

わが社の原点はあくまでも日本。国内市場の縮小を補うために、海外を拡大させるわけではない。国内で培った技術やノウハウが、海外市場での競争力の源泉となる。


ページの先頭へ