名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

刈田範博の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

刈田範博のプロフィール

刈田範博、かりた・のりひろ。日本のセールストレーナー、カウンセラー。北海道出身。ユニークな顧客対応を実践し、トップセールスの実績を残す。その後、米国RT・スーパーバイザーの認定を受け、精神カウンセリングを始める。心の問題や人間関係などのトピックを軸にセールストレーニングを行っている。

刈田範博の名言 一覧

「セールスとは、お客様の利益を自分の人柄を通して売る行為である」。従って、売れない理由をお客様や会社に求める営業マンは、成長が期待できません。たとえ断られても、お客様のために自分は何ができるのかを考え続けられる人が、将来、トップ営業マンに育っていく人材。まさに、「フォー・ユー」の精神が求められるのです。


「営業はお客様に断られても喜べるようになって一人前」とよくいわれます。それは、打たれ強くなって無神経に図太くなるということではありません。積極的に訪問し、すべて肯定的に切り替えることで、積極的に再アプローチできる心が養われていくのです。


できる営業マンになるために大切な要素が「目標設定」、つまり数字に積極的にこだわることです。数字の縛りを外してしまうと、営業マンではなく、御用聞き、もしくは単なるいい人になってしまいます。


できる営業マンは、どんなことがあっても、簡単にはあきらめません。失敗とは、失敗を自分が認めたとき、初めて失敗になるのですから、自分がそのお客様のことを考え続けているかぎり、可能性は残されています。


電話をかけるときは、自分が話している声のトーンや話のテンポ、自分の気分がお客様にどのように伝わっているのかを意識して話すことが大切です。


電話営業でお客様に好印象をもたれるために大切なことの第一は、自分が落ち込んでいるときは電話をしない。そして、早く気分転換をすることです。私と親交の深いあるトップ営業マンは、「気分がすぐれないときは成果につながりにくいので、竜話をしない。そして、気分を持ち直せるよう、自分は最高の気分だ!と、自己暗示をかけてから電話をする」といっています。それほど、営業マンの心のありようは、お客様の心に伝染しやすいものなのです。ですから、その日の自分の心の状態がよいのか悪いのかを見極めることが、営業のスタートラインになります。


ネガティブなことを考えながら電話をかけているとすれば、あなたは永遠に受注をとることはできないでしょう。できる営業マンと呼ばれる人の多くは、お客様との最初の接触に、全エネルギーの半分以上を注ぎ込んでいます。そこで好印象を相手に与えることができれば、成約率がかなり高まるからです。


私が昔、自己啓発教育教材の営業をやっていたころ、その月のトップ成績を挙げ、社長に「来月もトップをめざせ」とハッパをかけられ、発奮したにも関わらず翌月の数字はゼロでした。後日、世界一の営業マン夏目氏に相談したところ「どういう気持ちで営業をしていたのか」と問われ、「バンバン売ってやる、と意気込んで頑張りました」と答えると、夏月氏は「売れたときはどう考えていた」と聞かれ、「お客様のために」と答えると、「その気持ちが大切だよ」と教わりました。つまり、「売ろう」と思った瞬間、お客様の利益を売る「フォー・ユー」の精神ではなく、自分の数字だけを考える「フォー・ミー」の精神にとらわれていたのです。いまでも、営業に行き詰まると、そのときの経験を思い出し、「フォー・ユー」の精神を反芻しています。


私の場合、お客様と打ち解けると、「お互いに貴重なお時間を割いているわけですから、ここから仕事の話を進めるべきか、あるいは私が帰ったほうがよいか、お客様が判断してください」と率直に聞くようにしています。できる営業マンは、どんなに長くても訪問から一時間以内で成約まで持っていきます。それだけ、営業マンとしての目的意識(信念)を強くもち、仕事のテンポを速めているのです。


刈田範博の経歴・略歴

刈田範博、かりた・のりひろ。日本のセールストレーナー、カウンセラー。北海道出身。ユニークな顧客対応を実践し、トップセールスの実績を残す。その後、米国RT・スーパーバイザーの認定を受け、精神カウンセリングを始める。心の問題や人間関係などのトピックを軸にセールストレーニングを行っている。

他の記事も読んでみる

栗原博

組織を活性化していくには、緊張感を保ちつつ、一方で従業員の能力をいかに引き上げていくかが重要なポイント。


横山光昭

お金のコントロール力には、次の3段階があると考えています。

  1. お金を管理する:家計を健全に回せるようになる段階
  2. お金を学ぶ:1で貯めたお金を活用する方法を学ぶ段階
  3. お金を運用などに活かす段階

多くの人は、1の段階でつまずいてしまいます。その結果、一発逆転を狙ってハイリスク・ハイリターンな投資に手を出したりする人がいますが、お金を管理するスキルもないままに投資に手を出せば、失敗するのは必然です。


岡田陽介

インターネット上のデータに関しては、グーグルやフェイスブックといった会社がすでに押さえていて、いまからでは勝負ができません。一方、リアル店舗のようなオフラインのデータは彼らも取得できていない。私たちに勝機があるのはオフラインのほうです。


長谷川聰

伸ばしたいのはエネルギー、環境です。いろんなカンパニーの知的資産をいかに集めて、次の提案につなげるか。エネルギーというのは資源そのもので、地域的に偏在しています。ただし、自然エネルギーに近いものは、みんな平等に持っています。要するに、エネルギーのチェーンを考えたときに、我々が一番得意のところを取りたいということで、いまハッパをかけているんです。それはたぶん20年、30年のスパンが必要かと思われますが。


井川幸広

起業してから最初の1年は仕事がほとんど無く、様々なバイトを掛け持ちして食いつないでいました。それから徐々に仕事をいただけるようになり、会社が大きくなればなるほどお金がかかるものだと実感したものです。銀行から1億円を借金した時はドキドキしましたが、開き直りの精神で乗り切りました。


若林正恭

しくじり先生の貴重な授業の数々で自分の心に一番残ったこと。それは「自分の弱さと向き合うことが一番難しい」ということである。特定の信仰を持つ人が少ないこの国では、自分の弱さを神の視点を通さずに自らの力でじっと見つめるのは難しいのではと感じた。


戸次鑑連(立花道雪)

運不運は戦場の常。汝が剛の者であることは我が一番よく知っている。明日の戦では「汚名返上」とばかりに抜け駆けし、討ち死にしてはならぬ。それは不忠じゃ。命をながらえ、この道雪を守り続けよ。


マキャベリ(マキャヴェッリ)

良き力をもつ者は、良き友に恵まれるものである。


山田義仁

事業が一本足でなくいろいろな事業を持っているということは人財活用という観点からもいい。


藤井清孝(経営者)

ルイ・ヴィトンの日本法人社長だったときのことです。ネクタイの担当者に、ブランドのロゴが全面に入っていないデザインを増やすよう提案したことがあります。私自身、ロゴが目立つものが好きではなかったし、ロゴ以外のデザインを選ぶ人の方が多いだろうと感じていたからです。しかし、担当者は「全面ロゴ入りとロゴなしのネクタイを並べて置くと、ロゴ入りの方が三倍多く売れるんです」と反対しました。これは確かにロジカルな反論です。でもそれは、ルイ・ヴィトンの専門ブティックで売っているネクタイの話でした。ルイ・ヴィトンのブティックに来る人はもともとルイ・ヴィトンが好きな人ですから、ロゴが入った商品を好んで買うのは当然です。でも、多くの人は百貨店などのネクタイ売り場へ行って、様々なブランドが並ぶ中から、気に入った一本を選ぶのではないでしょうか。その場合、ロゴ入りとロゴなしのどちらが売れるか。そう問い返すと担当者は「確かにそうですね」と、私の提案を検討してくれることになりました。


アントワーヌ・リブー

事業は利益を追求すると同時に、持続可能でなくてはならない。そのためには、常に社会的責任と事業成功を均衡させなければならない。


常陰均

思い切って案件を任せると、担当者たちは見違えるような頑張りを見せてくれる。人は信頼して仕事を任せることで力を発揮する。