刈田範博の名言

刈田範博のプロフィール

刈田範博、かりた・のりひろ。日本のセールストレーナー、カウンセラー。北海道出身。ユニークな顧客対応を実践し、トップセールスの実績を残す。その後、米国RT・スーパーバイザーの認定を受け、精神カウンセリングを始める。心の問題や人間関係などのトピックを軸にセールストレーニングを行っている。

刈田範博の名言 一覧

「セールスとは、お客様の利益を自分の人柄を通して売る行為である」。従って、売れない理由をお客様や会社に求める営業マンは、成長が期待できません。たとえ断られても、お客様のために自分は何ができるのかを考え続けられる人が、将来、トップ営業マンに育っていく人材。まさに、「フォー・ユー」の精神が求められるのです。


「営業はお客様に断られても喜べるようになって一人前」とよくいわれます。それは、打たれ強くなって無神経に図太くなるということではありません。積極的に訪問し、すべて肯定的に切り替えることで、積極的に再アプローチできる心が養われていくのです。


できる営業マンになるために大切な要素が「目標設定」、つまり数字に積極的にこだわることです。数字の縛りを外してしまうと、営業マンではなく、御用聞き、もしくは単なるいい人になってしまいます。


できる営業マンは、どんなことがあっても、簡単にはあきらめません。失敗とは、失敗を自分が認めたとき、初めて失敗になるのですから、自分がそのお客様のことを考え続けているかぎり、可能性は残されています。


電話をかけるときは、自分が話している声のトーンや話のテンポ、自分の気分がお客様にどのように伝わっているのかを意識して話すことが大切です。


電話営業でお客様に好印象をもたれるために大切なことの第一は、自分が落ち込んでいるときは電話をしない。そして、早く気分転換をすることです。私と親交の深いあるトップ営業マンは、「気分がすぐれないときは成果につながりにくいので、竜話をしない。そして、気分を持ち直せるよう、自分は最高の気分だ!と、自己暗示をかけてから電話をする」といっています。それほど、営業マンの心のありようは、お客様の心に伝染しやすいものなのです。ですから、その日の自分の心の状態がよいのか悪いのかを見極めることが、営業のスタートラインになります。


ネガティブなことを考えながら電話をかけているとすれば、あなたは永遠に受注をとることはできないでしょう。できる営業マンと呼ばれる人の多くは、お客様との最初の接触に、全エネルギーの半分以上を注ぎ込んでいます。そこで好印象を相手に与えることができれば、成約率がかなり高まるからです。


私が昔、自己啓発教育教材の営業をやっていたころ、その月のトップ成績を挙げ、社長に「来月もトップをめざせ」とハッパをかけられ、発奮したにも関わらず翌月の数字はゼロでした。後日、世界一の営業マン夏目氏に相談したところ「どういう気持ちで営業をしていたのか」と問われ、「バンバン売ってやる、と意気込んで頑張りました」と答えると、夏月氏は「売れたときはどう考えていた」と聞かれ、「お客様のために」と答えると、「その気持ちが大切だよ」と教わりました。つまり、「売ろう」と思った瞬間、お客様の利益を売る「フォー・ユー」の精神ではなく、自分の数字だけを考える「フォー・ミー」の精神にとらわれていたのです。いまでも、営業に行き詰まると、そのときの経験を思い出し、「フォー・ユー」の精神を反芻しています。


私の場合、お客様と打ち解けると、「お互いに貴重なお時間を割いているわけですから、ここから仕事の話を進めるべきか、あるいは私が帰ったほうがよいか、お客様が判断してください」と率直に聞くようにしています。できる営業マンは、どんなに長くても訪問から一時間以内で成約まで持っていきます。それだけ、営業マンとしての目的意識(信念)を強くもち、仕事のテンポを速めているのです。


刈田範博の経歴・略歴

刈田範博、かりた・のりひろ。日本のセールストレーナー、カウンセラー。北海道出身。ユニークな顧客対応を実践し、トップセールスの実績を残す。その後、米国RT・スーパーバイザーの認定を受け、精神カウンセリングを始める。心の問題や人間関係などのトピックを軸にセールストレーニングを行っている。

他の記事も読んでみる

午堂登紀雄

人間は思考力の有無で二通りに分かれます。自分の頭で考える人は消費を仕掛ける。自分の頭で考えない人は、財布を開かされる側で終わる。


有本均

サービス産業の満足度は「人」によってしか高められない。サービス業の一番の悩みは人。教育や評価だけでなく、それに付随した新たなサービスも提供できると考えている。サービス業の未来を変えていきたい。


森本紀行

哲学を学ぶ最大の恩恵は、視野の相対化。様々なものの見方を教えてもらえます。また、読後に詳細な内容は忘れても、深い記憶構造の中に、ある種の論理をもってしみ込んでいるので、無意識のうちにそれが想起されるようになります。結果として、圧倒的な直観力が養われるのです。


黒岩祐治

企業と一緒で行政も効率化を図らなければならない。


小室淑恵

誰しも急いでやらなくてはいけない仕事はあるはずですが、その緊急性を意識せずに一日をスタートしてしまうと、顧客から「今日来て欲しい」と言われたときに断る理由を思いつかず、他の仕事を後回しにして出かけてしまいます。本来であれば優先度の高い仕事のスケジュールを固定して、その合間にそれ以外の仕事の対応をすべきなのに、逆になってしまうのです。


有本隆浩

どんな価格をつけるかで利益も決まる。つまり、値付けによって高収益を得られるか否かが決まる。当社は世の中にない商品を自ら開発し、自ら価格を決めてきた。


坂根正弘

「日本経済はもうダメだ」などという悲観論が蔓延していますが、冷静にみればまだまだ競争力を失っていません。国を挙げてやるべきことをやれば日本企業は今後も十分発展できます。


田母神俊雄

49%までの私心があったとしても、残りの51%で公のことを考えられる人間になれ。自分にも部下にもそう言い聞かせてきたつもりです。


柳井正

創業者は絶対に引退できないんですね。引退できないけど、迷惑をかけないことだけは気を付けないといけない。だから創業者は自分を引き継いでくれるチームと、そのリーダーを任命しないといけない。


小寺圭

私の若いころは、いわばモーレツ社員の時代で、段階的にキャリアアップをするという発想はなかったですね。そうしたことを考える暇もなく、仕事に追われる毎日で、それに応えるだけで精一杯でした。会社から要求される仕事のレベルも高く、上司も非常に厳しかった。それこそ、いまならパワハラになるようなことも日常茶飯事でした。


田中稔哉

大事なのは、「メンバー同士を競わせるなら、スキルに限定する」ということです。営業成績が悪かっただけなのに、「だから君はダメなんだよ」と人格まで否定する上司がいますが、これは最悪。視点をあくまでスキルにフォーカスし、「訪問件数が少なかったのでは?」「クロージングのトークを変えたらどうか」など、具体的なスキルについて指摘するべきです。


越智仁

理論的な仕組みを理解したつもりでも、事実は違うことがある。


前川孝雄

管理職が職場で孤立しないためには、「雑談」が有効です。人は、相手との共通項を見つけると、親和性が高まります。チームのメンバーとたまにはランチにいって、仕事と関係のない話をするのがいいでしょう。ただ、饒舌にしゃべる管理職もいれば、口数の少ない管理職もいます。いきなり雑談は難しければ、部下の名簿をつくってみてはいかがでしょうか。趣味など、プライベートな項目を書き込んでいくと、共通項が見つけやすく、コミュニケーションのきっかけになります。


新宅祐太郎

50年以上生産し続けてきた汎用品でも革新を起こすことは可能。


窪山哲雄

ザ・ウィンザーホテル洞爺を世界で通用する本格リゾートホテルに育てたい。そう奮い立って重視したのは、私どもが提案するライフスタイルに共感するお客様に来ていただくための、それも何度も来ていただくためのマーケティングです。食文化や北海道の大自然を体感できる上質なリゾートでの過ごし方を提案してきました。


ページの先頭へ