名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

出路雅明の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

出路雅明のプロフィール

出路雅明、でみち・まさあき。日本の経営者。カジュアルウェアショップ「スピンズ」などを展開する「ヒューマンフォーラム」創業者。京都出身。高校卒業後、アルバイトしていたパンクファッション店に入社。10年間同店で経験を積んだのち、独立して古着の移動販売を開始。年商35億円を達成したものの急激な業績悪化で20億円の負債を背負う。その後、再建に成功し同社を大きく成長させた。著書に『ちょっとアホ!理論 倒産寸前だったのに超V字回復できちゃった!』。

出路雅明の名言 一覧

もしもぼくが、「上司や経営者はできる人でなくてはあかん」というありようを見せてしまうと、社員もおのずとそうなってしまいますからね。


いい会社の経営者は、口ではどんなに荒っぽいことを言っても、人間という存在を絶対的に信頼しています。


お店もお客さんも、どっちもクリエイティブにならないとダメなんです。お店とお客さんが、町や生き方をクリエイトしていくことが、これからのビジネスの姿ではないか。


「理念」という難しい言葉はいりません。「こうなったらいいよれ」ということをみんなが分かるように示すこと。それが、ぼくが今考える「ちょっとアホ」なことであり、常識にとらわれることなくいい会社をつくるのに、必要なことだと思っています。


自分たちがまずエンパワーメントして、そのうえで、エンパワーメントを促せるような商品やサービスをお客さんといっしょに創造する。そういうビジネスモデルをつくらなければ、これからは生き残れないでしょう。


ぼくは今、「企業理念」という言葉自体を使うのをやめようかと思っています。そもそも理念って何をするものなのか、よく分からない。ヒューマンフォーラムも企業理念を明文化していますが、文字で書いてあるより、「ヒューマンフォーラムはこうなったらいいよれ」と語ったほうが、よほど分かりやすいと思いませんか。


以前のぼくは、「どうしたらカッコよくてデキる社長に見られるか」といったことにばかりエネルギーを注いでいました。でも今は、周りにどう見られようとも、「本当によい会社とは何か、そのためにどんな環境を整えたらいいか」という点にエネルギーを向けています。


よくお年寄りが子どもを損得なしにかわいがりますよね。いい子だから愛するというのではなく、いい子だろうが悪い子だろうが無条件にかわいがる。それが「無条件の受容」です。これを幼少期に体験している経営者ほど、いい会社をつくる傾向があります。


奇跡の経営を行う経営者には、あるパターンがあります。一つは大病を患うこと。ガンから生還したあと経営を大きく変えて、いい会社をつくったとか。そんな人が何人もいます。病気やケガというのは、自分を見つめ直すきっかけとして、その人が無意識のうちに引き起こしているものではないでしょうか。ぼくも胃潰瘍になったとき、細胞に死の恐怖を与えたら活性化するんじゃないかと思い、毎日水をかぶっていました。現在でも、半年サイクルで“引き潮”の時期がやってきて、やる気を失い、自律神経失調症のような状態になります。でも、それは悪いことではない。むしろ、自分を見つめ直すきっかけを与えてくれる身体の作用だと思っています。


経営者って、社員に対してカッコつけたいし、やる気がなくなった自分を隠そうとするじゃないですか。でも、「ちょっとアホ」になることで、カッコつけない自分をさらけ出せるようになりました。今、会社の幹部にも平気で弱音を吐きますよ。


当社には、「アフロの日」というのがあります。その日は、スタッフ全員がアフロヘアのかつらをかぶることにしています。お客さんもアフロヘアで来店してくれたら、商品を2割引きや3割引きにします。普通のファッションショップは、カッコよさ、カワイさ、オシャレさを極めていきますが、ぼくたちはオシャレさではなくて、アホを極めていこうと。それで、他社との差別化を図ろうと考えたんです。


「ちょっとアホ」とは、楽しくないことでも楽しくしてしまう考え方です。たとえば、それまで「中期経営計画発表会」と呼んでいたものを、「やったるで総会」という楽しいネーミングに変え、細かい決算報告などはいっさい行わず、社員たちが「やったるで目標」を発表し合う場にしました。「日本一アホな服屋をめざす」「日本中に『なんじゃこりゃ~』と言わせて度肝を抜く」など。聞いているだけで笑えそうな目標を自由に立て、それを仲間といっしょに楽しみながら達成していきます。


会社を立ち上げて7年たったとき、深刻な業績悪化に見舞われ、20億円の借金を背負ったことがありました。そんな絶体絶命のときに、ぼくの中に芽生えたのが、楽しいか、楽しくないかで仕事を判断する「ちょっとアホ」な考え方。経営のセオリーやトレンドにとらわれない、常識外れのやり方で自分と会社を変えていった結果、V字回復を果たすことができました。


研修は、店長や責任者といった一定クラスの社員が受けます。特に、農村に出向いて行う「村研修」は、チームづくりに主眼を置いています。「村研修」では、農作業、食事づくり、掃除、地域の人たちとのコミュニケーション――この4つをとおしてチームづくりをしていきます。料理は必ず自分たちによる手づくりとし、しかも収穫した食材以外を用いてはならず、予算も決まっていて、いろいろな制約やノルマがあるのですが、それをクリアするために、チームで仮説を立て、検証しながら作業を進めます。結論から言えば、「これがベスト」という手法はどこにもないし、正解もありません。そんなことより、課題の達成をめざしてみんなで話し合い、一生懸命に取り組むのがいいのです。忙しい毎日の中でチームづくりを疑似体験するのはむずかしい。だから「村研修」で経験するんです。


社員からは、いろいろなアイデアが出ました。面白かったのは、店に犬を100匹放そうというアイデア。社員たちからは、「おお、ええな、そらもうみんなビビんで。でもな、犬がお客さん噛んだらどないすんねん、店の中で粗相をする犬もおるで」という声が出るなど、会議は大いに盛り上がりました。そんななか、一人の社員が「アフロのかつらをかぶったらどうでしょう」と提案したんです。「それいいね」ということで採用となりました。もっとも、来店されるお客さんは、なかなかアフロでは来てくれません。だから、レジ横にアフロのかつらを500円くらいで置いといて、「これを買ってくれれば割引きしますよ」とお勧めするんです。すると、お客さんも「アフロの日」に参加しながら、おトクに買い物できます。マーケティング的に言えば、顧客参加型のビジネス。「ちょっとアホ」を実践し始めてから生まれた企画ですが、いまだに続いていますね。


出路雅明の経歴・略歴

出路雅明、でみち・まさあき。日本の経営者。カジュアルウェアショップ「スピンズ」などを展開する「ヒューマンフォーラム」創業者。京都出身。高校卒業後、アルバイトしていたパンクファッション店に入社。10年間同店で経験を積んだのち、独立して古着の移動販売を開始。年商35億円を達成したものの急激な業績悪化で20億円の負債を背負う。その後、再建に成功し同社を大きく成長させた。著書に『ちょっとアホ!理論 倒産寸前だったのに超V字回復できちゃった!』。

他の記事も読んでみる

御手洗冨士夫

伸びる人とは、自分で自分をかき立てるエンジンを持っている人。自主的に、自分で自分を奮起させる力や精神構造を持っている人。


内藤忍

会議が予定より早く終わったときなどに突発的に生じるスキマ時間は、たとえば次に出す本の企画をどうするかなどのアイデアを絞るのに使います。たとえば、最近はA4サイズの紙にまとめた未完成の企画書をいつもカバンの中に入れてあるので、空いた時間にとりだして内容を見直すようにしています。


河内幸枝

何枚もグラフを作るうち、数字を見るだけで、流れがつかめるようなった。


飯田亮

どんな企業もみんな打たれ強くなければ生きていけない。


東山紀之

おかげさまで、今年で44歳になりますが、10代のときと体型自体は変わってません。体重もね。並々ならぬ努力? よくそんな風言われるんですけど、僕の場合はそれが仕事ですから。ビジネスマン皆さんがお仕事に取り組むのと同じです。走ったり、筋肉のトレーニングをする。食事にも気を配る。普通のことですね。特別なことではない。仕事に責任をもてば誰でもできると思うんです。


南場智子

いま目の前にある問題に集中できる人は、同じ問題をプラスに変えられる力を持っています。


ナポレオン

一頭の羊に率いられた百頭の狼の群れは、一頭の狼に率いられた羊の群れに敗れる。


孫泰蔵

「Start fast, fail fast」。最近、シリコンバレーで流行っている言葉です。つまり、早く起業して早く失敗すれば、取り返しのつかないような大きな痛手は無く、次回は成長して更に良い状況を生み出せるということを示唆しています。


吉越浩一郎

最初の時点で起こりうるすべての事態を想定すると、それを考えるために多くの労力を浪費する。もし第一段階で4パターン、第二段階でさらに4パターンずつがありうるとすれば、最初に16パターンを検討してから走り出すことになる。これに対し、走りながら考えれば、すでに第一段階の4つのうちの一つを選択し、その課題に直面しているのだから、検討するのは4パターンだけですむのである。


加藤智治

スポーツをすると謙虚になれる。スポーツには必ず勝敗が付きますし、フィジカルの接触もあるわけですから、フィジカルで圧倒的にかなわないと思うこともある。ある意味、動物的な感覚でもあるわけです。これは日常生活では味わえない。そういったことを体験すると、自然と謙虚になっていくんですよ。


小林誠(物理学者)

リスクを取って実用化にほど近い分野の研究をするのは企業の役目です。ですが、企業こそ本来リスクを取るべきところで取っていない。そこを基礎研究に負わせようとするなら、それは間違いです。


眞保智絵(鳥海智絵)

これまで様々な部署での業務を経験しましたが、異動のたびにプロフェッショナルでありたいと願ってきました。30代前半あたりまでは、出勤前に勉強したこともありました。新しい部署に配属されると、既に在籍されている方との間にある「経験の差」はすぐには埋められませんから、せめて「知識の差」を埋めようと書物で勉強した。部署が変わるたび、法律やデリバティブなどの専門書を読み、新しい知識やノウハウを身につけようと必死でした。