名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

出羽海・9代目(佐田の山晋松)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

出羽海・9代目(佐田の山晋松)のプロフィール

9代目・出羽海、でわのうみ(佐田の山晋松、さだのやま・しんまつ)。日本の力士。第50代横綱、日本相撲協会理事長。長崎県出身。出羽海部屋に入門。第50代横綱を務めた。引退後、出羽海部屋を継承し、多くの実力派力士を育てた。また、日本相撲協会監事・理事・指導普及部長・事業部長・理事長を務めた。

出羽海・9代目(佐田の山晋松)の名言 一覧

お前たちはお客さんに「相撲を見せてやっている」と思っていないか。「見ていただいている」という気持ちで土俵に上がりなさい。


私を叱ってくれる人は、もういなくなってしまった。だから気がついたことがあれば、どうかいつでも叱ってください。
【覚え書き|親方時代の発言】


勝っても驕るな、負けてもひがむな。


出羽海・9代目(佐田の山晋松)の経歴・略歴

9代目・出羽海、でわのうみ(佐田の山晋松、さだのやま・しんまつ)。日本の力士。第50代横綱、日本相撲協会理事長。長崎県出身。出羽海部屋に入門。第50代横綱を務めた。引退後、出羽海部屋を継承し、多くの実力派力士を育てた。また、日本相撲協会監事・理事・指導普及部長・事業部長・理事長を務めた。

他の記事も読んでみる

上原美優

1日の終わりにノートをつけます。「誰がなんと言おうと今日の仕事は完璧だった」と思える日以外、ほぼ毎日書いています。その内容は、番組で言いたくても言えずに後悔した言葉とか、反省して悩んだ結果、考えたこととか。そして番組の本番前、トイレの中でノートを読み、集中力を高めるのに役立てています。とくに書き始めた当初のノートは、「今日は駄目だったけどいつか自分の描く夢を大きくしたい」という強い思いが書かれていて、私にとって最も大事なものの一つになっています。


和地孝

「口だけの社長ではない」ことを社員に理解してもらうには、対話だけでは不十分です。社員の発言の中で、「これはいい」と思ったことを、帰社してすぐに経営会議で取り上げることにしました。逆に、ムリなことは、「こういう理由でできない」と、その場ではっきり伝えることにしました。こうしていくうちに、社員は自由にものが言えるようになり、社内の雰囲気がガラリと変わったのです。


鈴木修

私たちは、外国の事情をよく知っているようにみえて、主要国の社会保障制度や雇用ルールなどを意外にわかっていないのです。もう少し慎重に構えるべきでしたが、思慮が足りませんでした。当時のスペインは社会主義国家といってもいい状況で、労働者はのんびりしており、かといって法律で強力に保護されているので簡単には解雇することもできないという状況でした。
【覚書き|1980年代にスペインの自動車会社を子会社化した失敗について語った言葉。この買収は100億円近い損失を出してしまった】


赤井益久

社会や働き方の変化に対応し、十人十色の個性をどう発揮させ就業力につなげるか。そこを大学は問われている。


藤井孝一

1冊の本を読むのに30分では時間が足りないように思われるでしょう。しかし、本の頭から終わりまで、全部目を通す必要はありません。特に重要だと思った項目に絞り込んで読めばOKです。むしろ、それをもとにプレゼンすることで、要約力を鍛えることができるのです。


東条猛猪

取引先が企業戦争に敗残した姿には心痛み、銀行として取るべき態度に迷うこともあった。しかし、経営者がしっかりしていれば、たとえ一時的に苦境に陥ることがあっても、たいていの場合立ち直れる。【覚書き|上記発言は拓殖銀行会長時に銀行経営について語った言葉】


盛田昭夫

自由経済の原則とは何か。それは、誰もがどんな商売でも自由にできるということである。誰でもできるということは、必ず競争が伴うということでもある。したがって、競争に負けた会社はつぶれざるを得ないから、是が非でも競争に勝たなければならない。


柳井正

クローズドになったら進化が止まってしまうし、それで成功した会社は存在しない。


兒玉義則

企業規模によって、戦いやすい市場というものは必ずあります。ですから、常に当社の強みが活かせる最適な市場へ的確に参入していきたい。


三浦善司

立て直しのためにリコーフランス社長として赴任したのだが、最初に全員を集めて、わざと「経済的理由による解雇をします」とスピーチした。ショック療法だ。本社機構も丸の内のような場所から、郊外に移した。いわゆる丸の内レディのような社員は辞めていった。偉そうにしていた社員は、別の偉そうにしている社員の部下につけた。


端羽英子

起業するとき、会社に頼らずに生きる人たちを救えるサービスがいいなと考えました。私自身、組織で働くことに悩んできました。だから組織の看板がなくても、個人の名前で稼げる仕組みをつくりたかったのです。


木村宏

情報の価値にも敏感になるべきだ。意思決定に何ら影響を与えないような情報は価値がない。そんな情報をシェアするために、わざわざ時間を使って集まり、重要な意思決定のタイミングを遅らせることは罪だ。情報はある一定の量を超えると、限界効用が逓減し、意思決定の品質があまり向上しなくなる。それ以上、会議をやっても情報を集めても、意思決定の質が上がるわけではないから、時間の無駄なのだ。