出羽海・9代目(佐田の山晋松)の名言

出羽海・9代目(佐田の山晋松)のプロフィール

9代目・出羽海、でわのうみ(佐田の山晋松、さだのやま・しんまつ)。日本の力士。第50代横綱、日本相撲協会理事長。長崎県出身。出羽海部屋に入門。第50代横綱を務めた。引退後、出羽海部屋を継承し、多くの実力派力士を育てた。また、日本相撲協会監事・理事・指導普及部長・事業部長・理事長を務めた。

出羽海・9代目(佐田の山晋松)の名言 一覧

お前たちはお客さんに「相撲を見せてやっている」と思っていないか。「見ていただいている」という気持ちで土俵に上がりなさい。


私を叱ってくれる人は、もういなくなってしまった。だから気がついたことがあれば、どうかいつでも叱ってください。
【覚え書き|親方時代の発言】


勝っても驕るな、負けてもひがむな。


出羽海・9代目(佐田の山晋松)の経歴・略歴

9代目・出羽海、でわのうみ(佐田の山晋松、さだのやま・しんまつ)。日本の力士。第50代横綱、日本相撲協会理事長。長崎県出身。出羽海部屋に入門。第50代横綱を務めた。引退後、出羽海部屋を継承し、多くの実力派力士を育てた。また、日本相撲協会監事・理事・指導普及部長・事業部長・理事長を務めた。

他の記事も読んでみる

田中靖浩

プライベートで自分が使っているお金を、皮膚感覚で理解することができないと、ボーナスをもらったり、無駄な出費をしても、実感することができません。一度、銀行などからお金を引き出したり、借りるときに、実際にその札束を手でもってみましょう。


黒須新治郎

夢を持って生きれば、必ず叶えられる。夢を叶えるのに年齢は関係ない。周りの状況がどうあれ、人それぞれに自分が向かういい道があるもの。


渡辺修(通産官僚)

全員が全員、自分の希望する部署に行けるとは限らない。ただ、どんな仕事でも、正面から取り組んでみると、学ぶべき収穫は必ずあり、自らの成長と次なる飛躍に繋がることが多い。


前村哲路

競合店に「激安」だけを売りにしているところもあります。ところが入店客数は当社の方が3倍以上も多い。お客様は価格だけで店を選ぶのではありません。たとえばユニクロの強さは価格だけではないでしょう。ユニクロは新商品の開発に何年もかけています。そうした商品開発の姿勢を学ばなければいけません。


ハワード・ストリンガー

東京にいると、ソニーはローカルなエレクトロニクスの会社だと見られていますが、海外ではまったく違います。そしてソニーは日本以外での売り上げが7割に達する企業です。ですから、私にとって重要なことは「グローバル企業であるソニー」を代表するCEOなのだと見られることです。実際、海外拠点ではみんなが私の時間を奪い取ろうと必死になっています。一方、日本ではメディアも役員も「もっと日本で時間を使ったらどうか」と言います。これは永遠の綱引きのようなもので、悩ましい限りです。


中島雄一

自分で考え仕掛けた仕事について、先輩や上司と議論していけば、社内の風通しも良くなる。
【覚書き:社内の風通しを良くするにはどうすればいいかと問われた時の発言。社員に仕事を任せ、議論させることで社内が活性化するという趣旨の発言】


前田新造

BC(ビューティー・コンサルタント、化粧品販売員)には、「あなた方は美の伝道者です」「お客様に美しくなっていただくために、お給料をもらっているんですよ」と教育しています。


松井忠三

「商品を整然と並べてください」と指導します。しかし「整然」のとらえ方は人それぞれです。だから、「フェイスUP(タグのついている面を正面に向ける)、商品の向き(カップなどの持ち手の向きをそろえる)、ライン、間隔がそろっていること」と、MUJIGRAM(無印良品のマニュアル集)で具体的に定義つけます。新入社員でもわかるように明文化することが重要です。


小林りん

多様性を尊重することを突き詰めて考えると「自分の当たり前が当たり前でない人といかに向き合うか」ということ。つまり、自分と異なる人に対して「何で違うんだろう、嫌だな」ではなく「そういう考え方もあるんだな」と考え、それを取り入れていく。


ヴァイツゼッカー

過去に目を閉ざす者は、現在に対しても盲目となる。


パトリック・ハーラン(パックン)

面白い話をするとなると、ジョークや落語家がやるような定番の噺を頭にたたき込んで、それをうまく演じきることだ、と考えるかもしれません。ですが、さすがにそれは一般的には難しすぎます。多くの人は構えすぎて、言葉が自然に出てこないのではないでしょうか。では、誰もが自然に話せるネタは何かといえば、その人の実体験です。そしてその実体験が、失敗談であったり、自虐ネタにつながるようなものであれば、かなりの確率で笑ってもらえます。


西郷隆盛

功立ち名顕るるにしたがい、いつしか自らを愛する心起こり、恐懼戒慎(きょうくかいしん=恐縮し言動を慎むこと)の意、緩み、驕矜(きょうきょう=おごりたかぶること)の気、しばらく長じ、その成し得たる事業をたのみ、いやしくも我が事をし遂げんとまずき仕事に陥り、終に敗るるものにて、みな自ら招くなり。ゆえに己に勝ちて、見ず聞かざるところに戒慎するものなり。


能勢一幸

クイズを続けてよかったと思うのは、優勝したことはもちろんですが、日本全国に友人ができて、本も出版できたこと。クイズ王として、番組に出場するなど、普通では味わえない経験もできました。職場でもたまにクイズの知識を頼りにされて、仕事に活かすことができるのも嬉しいですね。


川村隆

成長が止まった古い事業に見切りを付け、そこに投資していたヒト・モノ・カネを、伸びる事業に移していくということを継続的にやっていくことが必要。


米内光正

俗語を使いまして恐れ入りますが、ジリ貧を避けんとしてドカ貧にならないようご注意を願いたいと思います。
【覚書き:太平洋戦争開戦直前に昭和天皇に献じた進言。当時日本はアメリカの経済封鎖で経済的にジリジリと窮地に陥っていっていた。】


ページの先頭へ