名言DB

9412 人 / 110637 名言

出澤剛の名言

twitter Facebook はてブ

出澤剛のプロフィール

出澤剛、いでざわ・たけし。日本の経営者。「LINE」社長、「ライブドア」社長。長野県出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、朝日生命保険を経てオン・ザ・エッヂに入社。ライブドア上級執行役員メディア事業部長、社長、NHN Japan(のちのLINE)取締役ウェブサービス本部代表、COO(最高執行責任者)などを経てLINE社長に就任。

出澤剛の名言 一覧

金融もそうですが、当社はあらゆるものをコミュニケーションから考えます。スマートスピーカーで音楽を聴いたり、ニュースを聴いたり、いろいろな使い方があると思いますが、やはり人間にとって一番本質的なニーズはコミュニケーションだと思うので。


戦い方の一つはローカライズ(現地化)です。LINEのように市場のニーズに適合したサービスを提供し、育てていく。そのやり方はAIスピーカーでも有効だと思います。同じタイミングで製品を出し、ローカル企業の強みを生かしてチャレンジしていきます。


まさに「ダビデとゴリアテ」の戦いですね。我々は彼ら(グーグルなど)の10分の1、あるいは100分の1の経営資源で戦う立場です。ただ、そのような巨大な存在に対してどう向き合うかという点で、LINEを成功させることができたのは貴重な経験だったといえるでしょう。


重要だったのは、「スマートフォン革命」と呼んでもいい大きなうねりを我々がうまくとらえ、最適なサービスをつくることができたという点でしょうか。スマホが人々の生活を変える局面で、新しいコミュニケーションの形を提案できたのだと思います。


現在、日本においては月間のアクティブユーザーが約7100万人となり、グローバルでは約2億人の方々が利用しています。会社の価値の源泉はまさに皆さんに毎日LINEを使っていただくということですので、その点が一番重要だと考えています。


PCはテレビの延長線上にあり、ディスプレイが中心にある。だが、スマホは1人1台で人間の一部。つまり人間基点のサービス。従来型の発想ではなく、まったく新しいものとしてスマホ向けサービスをデザインする。金融事業もユーザー目線でリデザインし、ユーザーと金融の関係をより近づけていく。


「LINE」のメッセンジャーは今、主要4か国の日本、台湾、タイ、インドネシアで1億6500万人、国内でも7500万人の方がほぼ毎日使っています。こうしたユーザーさんのつながりは、我々の価値だと思っており、我々は、ユーザーさんのつながりを軸にして様々なサービスを作ってきました。


スマートフォンの登場で情報の取得の仕方が大きく変わりました。それを受け、ユーザーのニーズに合わせる形で「LINE」のコミュニケーション機能を付加価値として付け、サービスをユーザー本位に変えて提供してきました。これが「スマートポータル戦略」です。ゲームから始まり、ニュース、マンガ、音楽、金融へとつながってきたということです。


6月から始めた「10円ピンポン」というキャンペーンは、キャンペーンに参加して友達に10円を送ると、ローソンやマクドナルドの商品をもらえます。まずは使ってみてもらうことが大切なので、キャンペーンなどを通じて利用を促進していきます。


じつは当時のグループ3社(ネイバー、NHNジャパン、ライブドア)はみんな負け組だったんです。リソースをかけて大きな勝負をすべきだということになり、2010年に今後はスマートフォンしかやらないという決断を全グループでしました。その中で生まれたのがLINEです。


「LINE Pay」の発想はシンプルで、「LINE」で日々コミュニケーションを取る人は家族だったり、親しい友人だったり、関係性が深い相手なので「その人たちと送金などお金のやりとりができたらいいね」というところから始まりました。流通総額は順調に拡大しています。キャッシュレス社会が実現すればユーザーも便利ですし、日本でも決済革命を起こし、キャッシュレス社会を作っていきたいと思っています。


LINE開始当時、すでに米国発の「WhatsApp」がありましたし、日本の複数のベンチャー企業も同様のサービスを手掛けていました。我々としては、スタンプのようにきめ細かい機能をどんどん追加して、システムの安定性も特に重視したのです。早いタイミングで大々的にテレビCMを仕掛けるなどマーケティングに注力したことも、成長に弾みをつけました。


我々が開発にあたって重視したのは、「スマホに最適化されたコミュニケーションのツール」というコンセプトでした。それは親しい人同士でつながる「クローズド」なコミュニケーションであり、日常的な感情のやり取りができるツールであること。従来のメールのようなサービスとは、大きく違っていたと思います。そうしたコンセプトの上に改善を重ねてきました。


インターネット業界全体を見渡せば、このまま手をこまねいていれば、10年後、20年後には彼ら(グーグルなど)にのみ込まれてしまう可能性がある。気がつくと米国とか中国のインフラを使っているという状況になりかねません。そうならないように、今できる手をひとつひとつ打って、巨大プレーヤーとは違う戦い方をしなければならないですね。


優位性がひっくり返される恐れは、常にあると思います。コミュニケーションツールは(魅力的なほかのサービスが出てくるなどして)ユーザーにもう必要ないと思われてしまう可能性のある領域ですから、これはもう宿命のようなものです。ただ、実はユーザーがLINEを利用する頻度は直近でも高まっていますし、日常生活の中の人間関係を最も正確に捉える、ある意味「インフラ」になっている。我々がやるべきことは、その強みを生かして、サービスを改善し続けることに尽きます。


今後やるべきことは、大きく3つあります。まず1つ目は、皆さんに使っていただいているメッセンジャーとしての価値を高めることです。たとえば最近も、送信した内容を取り消せる機能を新たに追加しました。常にユーザーにとって心地よく、使いやすくしていくことが最も大切なことですね。2つ目は、LINEを入り口に色々なサービスを提供すること。ニュースやオンラインショッピングもそうですし、行政と連携したサービスもその一環です。3つ目は新しい領域に打って出ることで、特にスマホを使った決済とAIに注力します。


インターネットで世の中は大きく変わりましたが、金融はお金を扱うため規制も多く、巨額の資本や時間もかかるビジネスとあって新規参入も少なく、変化が少なかった。逆にいえば、ユーザーがインターネットの利便性をフルに享受できない業界でした。つまり、事業者目線、既存のルールを順守した形でのインターネットの活用に留まっていました。それが今、スマートフォンやブロックチェーン、AIなどの活用で、金融とテクノロジーが切っても切れないものになってきました。そうなると、我々には、インターネット側、テクノロジーを使った金融というものを考えられる強みがあります。非常に早い時期からスマートフォンのサービスをたくさん作ってきたので、日本、アジアで最高レベルのサービス提供力を持っています。そうして使い勝手の良い金融サービスをユーザー基点で作っていけるところに、我々の強みがあります。


出澤剛の経歴・略歴

出澤剛、いでざわ・たけし。日本の経営者。「LINE」社長、「ライブドア」社長。長野県出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、朝日生命保険を経てオン・ザ・エッヂに入社。ライブドア上級執行役員メディア事業部長、社長、NHN Japan(のちのLINE)取締役ウェブサービス本部代表、COO(最高執行責任者)などを経てLINE社長に就任。

他の記事も読んでみる

能作克治

初めて制作したオリジナルデザインのベルは高い評価を受けたのですが売れませんでした。そこで店頭の販売員の方に意見を聞きました。「格好が良くて音も綺麗ですから、風鈴にしたらどうでしょうか」とおっしゃった。その意見を元に、ベルを風鈴にリメイクして販売したところ、大ヒット商品になりました。


寺島実郎

報収集は技術ではありません。情報収集の技術や情報解析の技術を追いかけているだけの人には情報の解析も、方向感も何も出てこないでしょう。問題の解決につながる情報を得るためには、古本屋や図書館などで実際に本を手に取り、本と本との関係を深く考えるということをしなければいけない。


横田雅俊

成長できない市場環境下において、トップセールスはアプローチを継続することで着実に成果を残している。効率最優先の営業スタイルでは、厳しい時代を生き抜いてはいけない。いま求められているのは、顧客に粘り強くアプローチし続ける諦めない営業なのだ。


依田誠

食べ負けない。飲み負けない。おしゃれでも負けない。とにかく欧州の人たちに張り合おうと思った。そのうち、「日本人にしてはよく食べるやつがいる」という評判が広がり、「君がミスター・ヨダか。どこの会社だ」。それが取引につながっていった。
【覚え書き|日本電池欧州駐在員時代を振り返って】


一瀬邦夫

4店舗を経営するようになったとき、売り上げは伸びずに赤字続き。原因は僕自身にあった。従業員に辞められたら困るという気持ちから、僕は部下を叱れない社長になっていたんです。どうすれば部下を上手に指導できるのか。そんな悩みを抱くビジネスマンは多いと思いますが、結論から言えば、部下にモノが言えないリーダーには、部下のほうが失望するんですよ。


植木義晴

我々が正しいと思っていたことも、実は古い慣習にとらわれた時代遅れの考えだったと気づかされたこともたくさんありました。


土井英司

お金持ちとは、自分以外に稼いでくれる「何か」を持ち、生涯それが絶えない人のことを指す。


太田英晴

中小企業ですから、投じることができる経営資源は限られています。だから私たちは、濃醇な酒にこだわるという選択をしました。流行を追っていたら、大きな達成を得ることはできません。また長期的に一つの目標を追うことで、大企業に勝るノウハウや技術を蓄積できると考えたのです。


柳井正

他社のEC(ネット通販)への商品供給は中国のタオバオだけで、あとは全部断っています。我々のビジネスはECと伝統的なリアル店舗がシームレスでつながったものになると考えています。他社の提供するプラットフォームに商品を出すと、「その他大勢」になります。自分たちでやらない限り、最終的な勝者にはなれません。


平強

シリコンバレーでは、経営者が強力な指導力を発揮しなければ事業は成功しない。トップがビジョンと進むべき方向性を社員にはっきりと示せなかったら事業の成功は望めない。


河合利樹

これからの時代は、自社だけではなく、業界全体の発展が不可欠。


正垣泰彦

不況で売れないのではない。不況だからこそお客さんにとって価格より値打ちがあると思うような商品を出せば絶対に売れるはず。


清水克衛

仕事だけでなく、人生に壁があるのは当たり前。壁や困難があるからこそ、人は本気になる。壁がないほうが危険。


マーガレット・サッチャー

我々は核兵器のない世界ではなく、戦争のない世界を目指すべきです。


世耕石弘

私たちは、広告に手を抜いたりしません。広告づくりを広告代理店に丸投げもしない。キャッチコピーの句読点の位置まで、ひとつひとつ自分たちで吟味します。限られた広告費で最大効果を上げなければなりません。大量に広告を打てない私たちにとって、その一本一本が真剣勝負なのです。しかも、広告費には大学生から預かった学費の一部が充てられているわけですから。