名言DB

9419 人 / 110788 名言

出水麻衣の名言

twitter Facebook はてブ

出水麻衣のプロフィール

出水麻衣、でみず・まい。日本のアナウンサー。東京出身。父の仕事の関係で4歳から高校2年までアメリカで暮らす。上智大学外国語学部英語科卒業。在学中から情報バラエティ番組のリポーターを務め、卒業後TBSに入社。

出水麻衣の名言 一覧

日頃から癖を直す努力が必要。本番だけではなく、普段から少しでも意識すると、変化が実感できます。


声と表情はリンクします。堅苦しい表情ですと、声も堅めになりますし、朗らかな表情をしていると丸みのある優しい声色になります。


いつもは読めていた漢字が読めなくなってしまったり、言葉に詰まってしまったり、緊張してしまったり。こういうときは、軽く息を吐いたり、少しだけ間をあけるようにします。そして心の中で大丈夫と唱えて、立て直します。


私は自分を過信することがあるようで、大丈夫と思って本番に臨んだら、準備不足で言い間違えてしまった……ということもありました。そんな経験を重ねて、人にはそれぞれ適切な準備量があると気づきました。「これだけやれば安心」という適量は、人それぞれ。それに気がついて以来、それまでより練習をプラス3回行なうようにしました。すると、失敗も減りました。


日常的な信頼関係を築くには、あいさつはもちろんですが、プラスアルファの言葉をかけることが大切。とっつきにくい上司でも、距離を縮めるきっかけを自分からつくりましょう。


現場で取材してリポートする場合などはとくに、ついいろいろな内容を視聴者のみなさんにお伝えしたくなってしまうのですが、短い時間に要素を盛り込み過ぎるとかえって伝わりません。そこでまず、「一番伝えたいことは何か」を考え、ワンテーマだけに絞り、それが確実に伝わるような話し方を心がけています。


出水麻衣の経歴・略歴

出水麻衣、でみず・まい。日本のアナウンサー。東京出身。父の仕事の関係で4歳から高校2年までアメリカで暮らす。上智大学外国語学部英語科卒業。在学中から情報バラエティ番組のリポーターを務め、卒業後TBSに入社。

他の記事も読んでみる

小山昇

社員に素直に指示に従ってもらうには、社員の弱みを握ることが一番。商談でも相手の弱みを握っていたほうが交渉を有利に進められますが、それと同じことです。


神田昌典

毎日、銀行へ記帳にいく。ジージーと数字が書き込まれる。この記帳される音。その音を聞きながら、私は思った。「会社に勤めているときゃ分からんかったけど、なんだかんだいっても、この数字を上げられなけりゃ、経営者なんかクズだよなぁ」「偉そうなこといったって、コンサルタントなんか、お客さんの、この数字を上げられなけりゃ、社会の害虫だよな」


濱田秀彦

部下に仕事にやりがいを感じてもらうには。

  1. 「自分の仕事の価値」を認識してもらうこと。
  2. 「自分は職場で価値ある存在である」と知ってもらうこと。
  3. 「成長の実感」を持たせること。

町田勝彦

ブランドは無形の財産だ。開発技術や生産技術、デザイン、知的財産、特許などと同様、バランスシートには載ってこない。だが、この無形の財産の価値を高めなければ企業価値を高められない。強いブランド力を持たない企業は、生き残っていくことが難しい。


井上高志

明るく元気で率直な「明・元・率」な言葉が大切です。言い方次第では、前向きな発言も否定的に聞こえかねません。営業マンには、こんな発言をする人がよくいます。「現場を知らない人が商品を開発するから売れないんだよ」これは、典型的な「暗・病・反」発言ですね。暗くて病的で反抗的。事態を改善させたいという想いがあるなら、次のように言い換えたほうが建設的です。「クリエーターや技術の担当者に詳しく現場を知ってもらったほうが、もっと良い商品を企画できると思うのです。もしよろしければ、一緒に現場へ行ってみませんか」と。


星野佳路

現場で自分で見たり聞いたりすることは大事だと思いますが、私が見たものが必ずしも本当の姿ではないとも思っています。同様に、自分に伝えられる情報も、必ずしも公正ではないとも思っています。自分の感性を信じていないわけではありません。ただ、私のところには特殊な情報しか入ってこないと思っているんです。経営者や総支配人が見えている情報は、あくまで断片的で、偏ったものです。都合のいい情報や、親しい人からの意見しか届かなかったりします。たまたま得られた情報にもかかわらず、全体を反映していると思い込んで判断すると、必ず間違えます。


端羽英子

起業するとき、会社に頼らずに生きる人たちを救えるサービスがいいなと考えました。私自身、組織で働くことに悩んできました。だから組織の看板がなくても、個人の名前で稼げる仕組みをつくりたかったのです。


渡辺捷昭

課題は無数にあります。さらなる技術革新。コストの低減。開発から製品化までのリードタイムの短縮。そして販売・サービス網の拡充。つまり、やみくもに販売台数で世界一を目指すのではなく、地道に目の前の課題の克服を目指すことこそ、第一義だと思います。


村口和孝

20代は、仕事を大量に体験したもの勝ちだ。


梶村尚史

「夜は脳を休ませて、朝は脳に刺激を与える」環境を整えること。それだけで睡眠の質は変わります。たとえば、夜ぐっすり眠るための準備として、寝る前にパソコンなどの光の刺激を与えるものを見ない、ストレッチでリラックスすることなどが挙げられます。また、朝スッキリ起きるための準備として、朝日がしっかり入る寝室環境を作り、朝食や飲み物で眠った脳に活を入れることなどが当てはまります。