名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

出水麻衣の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

出水麻衣のプロフィール

出水麻衣、でみず・まい。日本のアナウンサー。東京出身。父の仕事の関係で4歳から高校2年までアメリカで暮らす。上智大学外国語学部英語科卒業。在学中から情報バラエティ番組のリポーターを務め、卒業後TBSに入社。

出水麻衣の名言 一覧

日頃から癖を直す努力が必要。本番だけではなく、普段から少しでも意識すると、変化が実感できます。


声と表情はリンクします。堅苦しい表情ですと、声も堅めになりますし、朗らかな表情をしていると丸みのある優しい声色になります。


いつもは読めていた漢字が読めなくなってしまったり、言葉に詰まってしまったり、緊張してしまったり。こういうときは、軽く息を吐いたり、少しだけ間をあけるようにします。そして心の中で大丈夫と唱えて、立て直します。


私は自分を過信することがあるようで、大丈夫と思って本番に臨んだら、準備不足で言い間違えてしまった……ということもありました。そんな経験を重ねて、人にはそれぞれ適切な準備量があると気づきました。「これだけやれば安心」という適量は、人それぞれ。それに気がついて以来、それまでより練習をプラス3回行なうようにしました。すると、失敗も減りました。


日常的な信頼関係を築くには、あいさつはもちろんですが、プラスアルファの言葉をかけることが大切。とっつきにくい上司でも、距離を縮めるきっかけを自分からつくりましょう。


現場で取材してリポートする場合などはとくに、ついいろいろな内容を視聴者のみなさんにお伝えしたくなってしまうのですが、短い時間に要素を盛り込み過ぎるとかえって伝わりません。そこでまず、「一番伝えたいことは何か」を考え、ワンテーマだけに絞り、それが確実に伝わるような話し方を心がけています。


出水麻衣の経歴・略歴

出水麻衣、でみず・まい。日本のアナウンサー。東京出身。父の仕事の関係で4歳から高校2年までアメリカで暮らす。上智大学外国語学部英語科卒業。在学中から情報バラエティ番組のリポーターを務め、卒業後TBSに入社。

他の記事も読んでみる

小笹芳央

今日明日、今週来週のことでどん詰まっていたり落ち込んでいたりする時には、5年・10年単位で物事を考えます。5年・10年単位のビジョンや目標を見直し、自分の頭の中を長期時間軸に変えます。逆に先々のことを考えすぎてコンディションを崩している場合は、今日一日だけに時間軸を短くして乗り切ります。


青山満

より多くの人に利用され、日本でも世界でもナンバーワンになりたい。その思いがあったからこそどんな苦労も乗り越えられたのだと思います。


日野江都子

それなりの年齢になられた方々であればあるほど「なんだか虫が好かない」というように、一瞬で相手を判断する人が多くなりますが、これはつまり、年齢を経てそれだけの経験が蓄積されてきたから。


出雲充

技術は完成していなかったですが、先に会社をつくると私も周囲も焦りますよ。もちろん毎日、みんな限界まで研究していたのですが、会社をつくってしまって、何もできないまま潰れるわけにはいきません。そうすると、今日はもう1回だけ実験をしたら帰宅しようという気持ちになります。


小嶌不二夫

小学校の頃から環境問題に関心があり、高校、大学と将来は環境に携わる仕事がしたいと思っていました。ただ、環境問題といっても間口は広く、私にできることは限られています。そんなことを考えながら海外各地を旅している時、どこに行ってもゴミが大きな問題であることに気づきました。「これを切り口にできないか」と考えたのが、スマートフォン専用アプリ「ピリカ」を開発したきっかけです。


吉川稲美(吉川稻)

転機になったその時の受け止め方、思考の仕方、そして行動と、それらが分岐点となり、人生を左右する。


スティーブ・ジョブズ

自分たちの製品を知らずに、どうやってお客に勧めるというんだい?
【覚書き|経営危機のアップルに呼び戻されたときの発言。当時の開発陣に製品の利点やターゲット客について尋ねたが誰も答えられなかった。その後、15製品の商品ラインナップを4製品に絞ることとなる】


日比野弘

私は間もなく早稲田ラガーマンとして還暦を迎えます。「オール.フォア.ワン」「ワン・フオア・オール」。仲間を生かし合うラグビーの精神を学び、教え、実践してきました。


澤田秀雄

解決法を考えることは、新たな発見の糸口にもなります。


南部靖之

私は最初から、社会の問題点を解決するということを経営理念として掲げていました。だから売上をいくら上げるとかということではなく、雇用を生むことによって社会問題を解決するということで人材派遣会社を創業したのです。まだ関西大学の学生だった24歳のときでした。


坂東眞理子

若いうちから人とのつながりを大切にしておくと、40代くらいになって効いてきます。人間関係も、短期的な結果を求めず長期的な視点をもって育てて欲しいと思います。


辻野晃一郎

私はいままで生き残るために必死でやってきただけです。でも、常に新しいところに行きたいという思いはありました。いまいる場所の居心地がよくなると、もうここにいてはいけないと感じてしまうんです。しかも、目の前に選択肢があると必ず大変な方を選んでしまう。損な性格だと、我ながら思います(笑)。