名言DB

9413 人 / 110706 名言

出水麻衣の名言

twitter Facebook はてブ

出水麻衣のプロフィール

出水麻衣、でみず・まい。日本のアナウンサー。東京出身。父の仕事の関係で4歳から高校2年までアメリカで暮らす。上智大学外国語学部英語科卒業。在学中から情報バラエティ番組のリポーターを務め、卒業後TBSに入社。

出水麻衣の名言 一覧

日頃から癖を直す努力が必要。本番だけではなく、普段から少しでも意識すると、変化が実感できます。


声と表情はリンクします。堅苦しい表情ですと、声も堅めになりますし、朗らかな表情をしていると丸みのある優しい声色になります。


いつもは読めていた漢字が読めなくなってしまったり、言葉に詰まってしまったり、緊張してしまったり。こういうときは、軽く息を吐いたり、少しだけ間をあけるようにします。そして心の中で大丈夫と唱えて、立て直します。


私は自分を過信することがあるようで、大丈夫と思って本番に臨んだら、準備不足で言い間違えてしまった……ということもありました。そんな経験を重ねて、人にはそれぞれ適切な準備量があると気づきました。「これだけやれば安心」という適量は、人それぞれ。それに気がついて以来、それまでより練習をプラス3回行なうようにしました。すると、失敗も減りました。


日常的な信頼関係を築くには、あいさつはもちろんですが、プラスアルファの言葉をかけることが大切。とっつきにくい上司でも、距離を縮めるきっかけを自分からつくりましょう。


現場で取材してリポートする場合などはとくに、ついいろいろな内容を視聴者のみなさんにお伝えしたくなってしまうのですが、短い時間に要素を盛り込み過ぎるとかえって伝わりません。そこでまず、「一番伝えたいことは何か」を考え、ワンテーマだけに絞り、それが確実に伝わるような話し方を心がけています。


出水麻衣の経歴・略歴

出水麻衣、でみず・まい。日本のアナウンサー。東京出身。父の仕事の関係で4歳から高校2年までアメリカで暮らす。上智大学外国語学部英語科卒業。在学中から情報バラエティ番組のリポーターを務め、卒業後TBSに入社。

他の記事も読んでみる

木村清

戦闘機のパイロットを目指して中学卒業後自衛隊に入隊したが、眼を悪くしてジェット機に乗ることができなくなったときはお先真っ暗になった。そのときに思い出したのが母親の言葉だった。実家は私が四歳のときに父が死んで貧乏だったが「それでも五体満足でいられたのだから、このことを感謝できる人間にならないといけない」という言葉が私を支えた。


ロバート・キヨサキ

私たちが持っている本当の唯一の資産は私たちの頭脳だ。その人がどうなるかは、学んだことによって決まる。考えない人は負ける。自分の頭を使って考える。学問的教育、職業的教育、お金の教育。お金を稼ぐには学問的教育が一番必要ない。これが最も大事な教訓です。


落合信彦

石油をやっていたころは何度も追い詰められたりはしたが、決して落ち込むということはなかった。なぜかというと、「オレには西側の世界にエネルギーを供給する責任があるんだ」という大きな目的と自負があったからだ。ナイジェリアのジャングルにいようが、どんな惨めな思いをしても、この自負があったから孤独感を感じたり、落ち込んだことはなかった。


西條剛央

これまで日本人は、失敗そのものの原因は研究してきましたが、それだけでは前には進めない。これからは意見が対立した際によりよい解を導くための議論の方法、そして原理原則に沿った行動をすることを身に付ける必要があります。


奥村政雄

今日、定年制についていろいろ議論されているが、いま世間で問われているのは、また活発に仕事ができるのにこういう年代で定年にするのは若すぎはしないか、という議論なのだから、私のいう積極的に働ける年齢のうちに自らの意志で自由活動の道を開こうという意味の定年制とは自ずから意味が違う。


泉谷しげる

そりゃ人と接すれば、ぶつかり合いも起きるよ。俺らの世代はベビーブームで同世代の人数がとにかく多かったからさ、自然と競争原理が働いて、人を蹴落とさなきゃいけなかった。むりやり憎しみを作らざるを得なかったし、相手を陥れなきゃいけなかった乱世の時代だよ。でも、これからは少子高齢化で人がどんどん少なくなる。否応なく助け合わなきゃいけないわけだよ。相手のいいところを探して、共生していく意識を持たないと、自分がひとりぼっちであることすら気づかない時代になっちまう。


林修

学生時代の合コンでの出来事。僕は素敵な子にアプローチをかけました。でも僕がトイレから戻ってきた時、女の子同士の「あんなデブとは付き合えないよね」という会話が聞こえてきたんです。それをいいきっかけとしてダイエットを始め、半年間で30kgの減量を成功させました。これは別にその女性たちを見返してやろうなんて意識から行動したわけじゃないですよ。当時、体重100kgを超えていた僕をデブと呼ぶのは、日本語として正しい使い方です。そう言われないようにするためには、デブの状態を解消すればいい。そう思っただけです。


笹氣健治

諦めずに最後までやり抜くためには、「自己肯定感」をもつことが重要。「自分にはムリかも」といった自己否定感は、挫折につながりやすいのです。自己肯定感をもつには、小さな成功体験を積み重ねることが役に立ちます。それが自信と勇気につながり、困難に立ち向かう原動力となります。


フランソワ・ノーカット

入社候補者の面接をするコツは、相手が言ったことではなく、言わなかったことを考えるんです。私が必ず聞くのは「どうしてこのホテルで働きたいのか」「仕事の中でのモチベーションは何か」「仕事でハッピーになるのはどういったときか」の3点ですが、そこで返ってきた答えだけでなく、言わなかったことが何なのかに着目するのです。非常に日本的な概念かもしれませんが、行間を読み取るのです。その人があえて言葉にしなかったこと、発言するときの声の高さ、言い回し、すべてをフィーリングで感じ取るのです。


小倉広

脳の働きには収束モードと拡散モードがあって、ものごとを整理していく収束モードにはデジタルツールが適していますが、想像力を膨らませてアイデアを出す拡散モードにはアナログが向いているような気がします。


石井知祥

昔から「いい言葉」に出会うと、それを頭に残し、判断に迷ったときや苦しくなったときには、それを当てはめるようにしてきました。


小松健次

当社では経営陣だけでなく、コールセンターで働く従業員の声を幅広く知っていただくために、約3万人の従業員からコールセンター業務にまつわるエッセイを募集し、優秀作を出版する活動を続けています。昨年12月に発行した「対話の達人Ⅱ」では、私も選考委員に加わりました。出張中も常にこの本を携えて、時間を見つけては繰り返し読み返しています。


澤田秀雄

若い人たちは、自分の持っている可能性になかなか気づかないことが多いものです。たまたま日本しか知らなかった。たまたまこの社会しか知らなかった。そのせいで、自分の可能性を限定してしまいがちです。視野を広げ、世界に目を向けて欲しい。


徳光正子

実は、女将になって2年目のとき、心底「この仕事を辞めたい」と思ったことがありました。そのことを、高校時代から通っていた教会の牧師さんに相談すると、「もしあなたが、この仕事は神様から与えられたのではないと自信を持って言えるなら、お辞めなさい」とおっしゃいました。ただ、その一方で、「これがあなたに与えられた仕事なら、どんなに自分ができない、苦手だと思っても、やり遂げられるよう、必要なものが与えられます。だからやってごらんなさい」と言ってくださったのです。女将を続けるなかで「もうダメだ」と思ったこともありました。特にこの十数年は、苦労しました。でも不思議と、すべてが守られてきたことを実感しています。それを思い返すと、感謝の涙でいつぱいになります。


松村寧雄

紙に書いた目標は、手帳に貼り付けるなどして、常に見える状態にしておくべきです。目に触れる回数が多いほど、目標が脳に刷り込まれやすくなります。