名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

出川哲朗の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

出川哲朗のプロフィール

出川哲朗、でがわ・てつろう。日本のお笑い芸人。神奈川県出身。横浜放送映画専門学院(のちの日本映画大学)演劇科卒業。『劇団SHA・LA・LA』を立ち上げに参画し、座長を務めた。その後、バラエティ番組、テレビドラマ、映画などで活躍。

出川哲朗の名言 一覧

昔から「芸はないし、容姿もこれだし、でも何とかなるだろう。芸能界で絶対に売れる」とも思っていました。この自信の根拠は、困っちゃうことに何もないんです(笑)。


僕が大御所だなんて1ミリも思ったことはない。理想は「永遠の若手芸人」。「おまえはバカだな」といじられて笑ってもらうのが好きなんで。


これまで出会った人を思い出しても、何の疑いもなく、「自分はできる、成功する」とピュアに思っている人が成功している気がしますね。


とにかく好きなことを見つけろ。そして、それだけをブレずに一生懸命頑張れ。


まだまだ全然ですよ。僕よりずっと年上のデヴィ夫人が、体を張って空中ブランコを成功させちゃうんですから。僕も負けないよう、これから年を重ねても体を張る芸人を目指しますよ。


仕事はとにかく一生懸命に取り組むようにしていたからか、たくさんのお仕事を頂けるようになりました。周りの皆さんが僕を見て、「こいつ頑張ってんじゃん」と共感してくれているのかもしれませんね。


こんなに素晴らしい仕事はないですよ。大爆笑になったら嬉しいし、逆にウケなかったら悔しい、僕らの仕事は、頑張ったことの「答え」がスタジオでハッキリ出ますからね。


「一生懸命頑張れば、誰かが見てくれている」。売れない頃から仲がいい松村(邦洋)君と酒を飲んでいると、昔からいつもこういう話になるんですよ。どちらからともなく、「お互い頑張ろうな。一生懸命頑張れば、絶対どこかで誰かが見てくれているから」と言い合うんです。


僕はひたすら前だけを見ます。テレ東さんで春からやらせてもらっている「電動バイクで旅をする番組」でも、僕は「前に進んでいれば、何か起きてもどうにかなる」と思っているから「行ける所まで、とにかく行っちゃおう!」というノリです。


リアクション芸人の路線に、「素の自分を見せる」という面が加わったものの、僕のスタンスは何も変わっていません。僕に注目していただけている今の状況を、ネタでは「時代が僕に追いついたんだ」と言ってますけどね(笑)。


昔から1つだけ仕事で意識していることがあって、若いディレクターさんにも、敬語を使うようにしています。普段から、年上の僕が偉そうな態度でいたら、ディレクターさんはいざ収録する時に「やれば面白いけれど、僕にとってはキツい指示」を出しにくいでしょう? 視聴者やスタジオのお客さん、共演者に笑ってもらうことを最優先にしたいから、ディレクターさんに遠慮してほしくありません。


僕は特別なことを何もやっていません。周りが「僕の素の面白い部分」を引き出してくれているだけなんです。『イッテQ』でたくさん応援してもらえるようになった「出川イングリッシュ」も、スタッフさんが「出川さんが面白くなるように」と考えてくれた結果、例えば「カタコト英語でいいから、ニューヨークで買い物してください」となったんです。僕の力では、「僕にお使いをさせたら素の姿が面白いので、企画でやりましょう」なんて発想できませんよ(笑)。ホント、周りのおかげです。


出川哲朗の経歴・略歴

出川哲朗、でがわ・てつろう。日本のお笑い芸人。神奈川県出身。横浜放送映画専門学院(のちの日本映画大学)演劇科卒業。『劇団SHA・LA・LA』を立ち上げに参画し、座長を務めた。その後、バラエティ番組、テレビドラマ、映画などで活躍。

他の記事も読んでみる

森下裕道

ハッピーワード(褒め言葉、ねぎらい、感謝の言葉)は、たとえネガティブな状況であっても使うことができます。たとえば、部下が会議の遅れてやってきた際に、「時間を守れよ!」と注意することは簡単ですが、部下は「そんなことわかってますよ!僕だって忙しいんです!」と内心反発を覚えるはずです。そういう場合こそ、「忙しいのによく来てくれたね」とねぎらいの声をかけてください。部下は「次からは時間を守らなくては」と思うはずです。


辻芳樹

父を含め、私の親世代の経営者は大半がトップダウンですから、教員の自由裁量が大きい辻調グループにも受け身の風土は存在していました。そこで私の代になって合議制を採用しました。重大なことを決めるときは教員と徹底的に議論します。能動的に考え、仕事をしてもらいたいからです。


マーク・ザッカーバーグ

振り返られることになるストーリーは、アプリをはじめとするFacebookの上に構築されたものの数々だろう。過去5年間は、人々を繋ぐことが中心だったが、次の5年から10年は、出来あがったこの繋がりの上に何を作れるかが問題だ。


酒巻久

私はキヤノンの課長時代、観察ノートというものをつけていました。「3月3日、今日は朝からA部長の機嫌が悪い重要な会議がある日は、どうもA部長は心に余裕がなくなるようだ」といったように、上司や同僚や部下の様子を観察して、気が付いたことをメモしていたのです。これを続けていると、人間への観察力が高まるとともに、周りを巻き込んで仕事をする際に、どういう接し方をすれば彼らがその気になってくれるか、接し方の急所がつかめます。


金究武正

当社が狙ったのは、新潟出身で東京の大学にいって、向こうの企業で3~5年働いてきた即戦力。特に長男は結婚したら故郷に帰ってくる人も多いですから、そういう経験者を狙いました。彼らは自分たちの経験、あるいは技術が生かされ評価してくれる会社で働きたいものです。幸い、当社は最先端の技術を開発する開発センターを設立しましたから、彼らのプライドを上手くくすぐるわけですね。


根本二郎

日本郵船はこの30年、ピンチのたびに長期的に会社をどう変えていくかを考えてきたように思います。中でも大きかったのは円高です。というのは、海運会社の場合、収入はドル建てだけれども、日本人船員の人件費などコストは円建てが大部分でしたから、円高で円の収入は少なくなるのに支払いは変わらないからです。そこで取り組んだのは、コストのドル化と事業の総合化でした。ともに何代かの社長が長い時間をかけて進めたものでした。


高橋和志(造船技師)

いい仕事は呼吸の合う人としかできない。うちは従業員20人とその家族が食えればいいので、年商で言ったら数億円、年に5件や6件の仕事で充分なの。だから何千人もいる建築家たちとは、毎年、好きな5人くらいとつきあっていればいい。「安く請けなければ次の仕事はないぞ」と脅して来るゼネコンに従って、価格競争でポロポロになる必要はないんです。


小倉昌男

戦後50年という一つの時代が終わり、時代の潮流がその流れを大きく変えようとしている。まさに時代の大きな変わり目に来ていると思います。過去100余年の歴史を振り返ってみますと、日本はこれまでに2度、時代の激変を経験しています。ひとつは明治維新。つぎに昭和20年の終戦のときです。現在はそれらに匹敵するぐらいの規模で時代が大きく変わろうとしています。


杉本隆一郎

「何かを読みに来る」「情報を探しにくる」という漠然としたものではなく、「訪れるときちんと何かしらの成果につながる」とユーザーに実感してもらえるのが強み。


ボビー・バレンタイン

私が誰かを叱るときは、やってくれることを期待されていながら達成できなかったときと、その点を修正するときです。叱らなければならないときは、最終的に叱ったあとで、相手が抱えている問題を確実に理解して、それが二度と起こらないように修正することを、常に頭に置いています。決して個人的な叱責になってはいけません。


金井誠太

世界一と向き合えば、誰だって「自分は負けている」と自覚できます。真正面から敗北に向き合ってもらうには「時間が」「予算が」といった制約を、上司が腹をくくって取り除かねばなりません。


松田丈志

北京五輪の200mバタフライで銅メダルを獲得してからも、「五輪で圧倒的なパフォーマンスを発揮できる選手は何をしているのか」とよく考えました。あのマイケル・フェルプスに勝たなければ世界一にはなれなかったので。