名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

出川哲朗の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

出川哲朗のプロフィール

出川哲朗、でがわ・てつろう。日本のお笑い芸人。神奈川県出身。横浜放送映画専門学院(のちの日本映画大学)演劇科卒業。『劇団SHA・LA・LA』を立ち上げに参画し、座長を務めた。その後、バラエティ番組、テレビドラマ、映画などで活躍。

出川哲朗の名言 一覧

昔から「芸はないし、容姿もこれだし、でも何とかなるだろう。芸能界で絶対に売れる」とも思っていました。この自信の根拠は、困っちゃうことに何もないんです(笑)。


僕が大御所だなんて1ミリも思ったことはない。理想は「永遠の若手芸人」。「おまえはバカだな」といじられて笑ってもらうのが好きなんで。


これまで出会った人を思い出しても、何の疑いもなく、「自分はできる、成功する」とピュアに思っている人が成功している気がしますね。


とにかく好きなことを見つけろ。そして、それだけをブレずに一生懸命頑張れ。


まだまだ全然ですよ。僕よりずっと年上のデヴィ夫人が、体を張って空中ブランコを成功させちゃうんですから。僕も負けないよう、これから年を重ねても体を張る芸人を目指しますよ。


仕事はとにかく一生懸命に取り組むようにしていたからか、たくさんのお仕事を頂けるようになりました。周りの皆さんが僕を見て、「こいつ頑張ってんじゃん」と共感してくれているのかもしれませんね。


こんなに素晴らしい仕事はないですよ。大爆笑になったら嬉しいし、逆にウケなかったら悔しい、僕らの仕事は、頑張ったことの「答え」がスタジオでハッキリ出ますからね。


「一生懸命頑張れば、誰かが見てくれている」。売れない頃から仲がいい松村(邦洋)君と酒を飲んでいると、昔からいつもこういう話になるんですよ。どちらからともなく、「お互い頑張ろうな。一生懸命頑張れば、絶対どこかで誰かが見てくれているから」と言い合うんです。


僕はひたすら前だけを見ます。テレ東さんで春からやらせてもらっている「電動バイクで旅をする番組」でも、僕は「前に進んでいれば、何か起きてもどうにかなる」と思っているから「行ける所まで、とにかく行っちゃおう!」というノリです。


リアクション芸人の路線に、「素の自分を見せる」という面が加わったものの、僕のスタンスは何も変わっていません。僕に注目していただけている今の状況を、ネタでは「時代が僕に追いついたんだ」と言ってますけどね(笑)。


昔から1つだけ仕事で意識していることがあって、若いディレクターさんにも、敬語を使うようにしています。普段から、年上の僕が偉そうな態度でいたら、ディレクターさんはいざ収録する時に「やれば面白いけれど、僕にとってはキツい指示」を出しにくいでしょう? 視聴者やスタジオのお客さん、共演者に笑ってもらうことを最優先にしたいから、ディレクターさんに遠慮してほしくありません。


僕は特別なことを何もやっていません。周りが「僕の素の面白い部分」を引き出してくれているだけなんです。『イッテQ』でたくさん応援してもらえるようになった「出川イングリッシュ」も、スタッフさんが「出川さんが面白くなるように」と考えてくれた結果、例えば「カタコト英語でいいから、ニューヨークで買い物してください」となったんです。僕の力では、「僕にお使いをさせたら素の姿が面白いので、企画でやりましょう」なんて発想できませんよ(笑)。ホント、周りのおかげです。


出川哲朗の経歴・略歴

出川哲朗、でがわ・てつろう。日本のお笑い芸人。神奈川県出身。横浜放送映画専門学院(のちの日本映画大学)演劇科卒業。『劇団SHA・LA・LA』を立ち上げに参画し、座長を務めた。その後、バラエティ番組、テレビドラマ、映画などで活躍。

他の記事も読んでみる

深沢真太郎

「正確な数字が用意できない」という理由で、数字を添えない人は少なくありません。ですがネットで調べれば、試算に使える情報は意外と簡単に手に入る。試算であっても、あるのとないのでは説得力が違います。


大塚万紀子

経営者は会社を背負っているのと同時に、社会におけるミッションにも協力すべき立場にあるはず。ですから、その両方のために、これからどのような働き方を評価し、マネジメントすべきかが、各企業の経営者に問われているのではないでしょうか。


青木泰憲(プロデューサー)

認知度がない中でやるので、オリジナルドラマはすごく難しいんですよ。視聴者のニーズに応えにくくて、当てにくい。視聴者がドラマを見にくる動機づけが難しいんです。なので、よりいいキャストで作らないといけないし、よりお客さんを惹きつけるキャッチが必要だし、よりお客さんが見たい題材を見つけないといけない。ドラマの作り方って、ノウハウが身についたら、あとは題材なんですよ。題材探しが難しいんです。『パンドラ』はガンの特効薬があったし、『地の塩』は考古学の捏造があったし、『推定有罪』には無実で捕まった人の冤罪があった。大事なのは題材なんですよ。題材となりうるものは社会の関心事だったりするので、新聞を読んだりして題材を探しています。


松岡正剛

松丸本舗ではクリスマスや正月に「ブックギフト」を提案しました。私はもちろん歌手の美輪明宏さんや格闘家の前田日明さん、女優の山口智子さんなどがセレクトした本を何冊か選び、福袋にした。いうまでもなく本は再販制度があり定価販売が原則。つまりセットにしても割引できません。そこで僕は本と共に彼等が選んだ食器や色紙や雑貨を同封した。山本耀司などは、このギフトのためにストールをデザインしてくれました。こうして定価の本の福袋に新たな付加価値がついた。一週間程度で全て完売しました。「本が売れない」「出版不況だ」。よく言われますが、そんなもの書店や出版社が「考えてこなかった」結果ですよ。


定保英弥

どこに出ても恥ずかしくないホテルマン・ホテルウーマンをできる限りたくさん育てていく。そういった人材を育成することがサービスの向上にもつながりますし、会社としての総合力も大きくなり、強くなる。


江越弘一

エキュートをどのように展開していくのかという「ストアコンセプト」を考えることに時間をかけています。例えば、大宮は「パークサイドマーケット」と設定し、駅そのものを一つの公園と見立て、その中にお店を集めることでお客様に気軽に散策していただきたいと考えました。また、品川では、ビジネス需要や年齢層の若いお客様が多いので「プレミアムプライベート」をストアコンセプトとしました。


碓井稔

本来なら、モノ作りで新しいことをやっている会社の方が、金融機関より高い給料を払えるようにしないといけない。


中原淳

かなり前にある若いビジネスパーソンから「手っ取り早く取得できる資格を取って転機をはかりたい」と相談を受けました。しかしこれは論理矛盾です。端的に述べるならば、資格は「差別化のための記号」です。しかし、看護、医療といった高度な専門性を有する資格ならば話は別ですが、手っ取り早く取得できる資格は、ほかの誰にとっても取得が容易で、差別化の記号としては機能しない可能性があります。すなわち、この選択には、そもそも矛盾があるのです。


伊藤直彦

最近はいとも簡単に転職する人が多いようだ。一度きりの人生、いろいろな仕事に挑戦してみることは決して悪いことではないが、一度これと決めた以上、その仕事から逃げないで、最後まで責任を持つという根性も大切だ。


徳重徹

アメリカやアジアで働いていると「日本製品は壊れにくい」という声をよく耳にする。日本がつくった製品「メード・バイ・ジャパン」は必要とされている。だから、そのニーズに応えれば勝てる。明確な目標を掲げて、迷わずに自主技術で勝負していけばいい。


諸富祥彦

自分のダメな部分を認めることができると、自分を変化させることができます。一番怖いことは自覚がないことです。


藤本篤志

私の経験からすると「凡人を優秀社員に育てる」ことは、残念ながら不可能だ。しかし、凡人社員を強化することはできる。営業職の場合なら、知識を積み上げることによって、営業能力を伸ばし、平均以上の営業結果を出すレベルまでは持っていける。大半を占める凡人社員を凡人のまま戦力にして、その平均レベルを上げていけばよい。凡人だけで最強の営業チームをつくることも、決して夢ではない。