出川哲朗の名言

出川哲朗のプロフィール

出川哲朗、でがわ・てつろう。日本のお笑い芸人。神奈川県出身。横浜放送映画専門学院(のちの日本映画大学)演劇科卒業。『劇団SHA・LA・LA』を立ち上げに参画し、座長を務めた。その後、バラエティ番組、テレビドラマ、映画などで活躍。

出川哲朗の名言 一覧

昔から「芸はないし、容姿もこれだし、でも何とかなるだろう。芸能界で絶対に売れる」とも思っていました。この自信の根拠は、困っちゃうことに何もないんです(笑)。


僕が大御所だなんて1ミリも思ったことはない。理想は「永遠の若手芸人」。「おまえはバカだな」といじられて笑ってもらうのが好きなんで。


これまで出会った人を思い出しても、何の疑いもなく、「自分はできる、成功する」とピュアに思っている人が成功している気がしますね。


とにかく好きなことを見つけろ。そして、それだけをブレずに一生懸命頑張れ。


まだまだ全然ですよ。僕よりずっと年上のデヴィ夫人が、体を張って空中ブランコを成功させちゃうんですから。僕も負けないよう、これから年を重ねても体を張る芸人を目指しますよ。


仕事はとにかく一生懸命に取り組むようにしていたからか、たくさんのお仕事を頂けるようになりました。周りの皆さんが僕を見て、「こいつ頑張ってんじゃん」と共感してくれているのかもしれませんね。


こんなに素晴らしい仕事はないですよ。大爆笑になったら嬉しいし、逆にウケなかったら悔しい、僕らの仕事は、頑張ったことの「答え」がスタジオでハッキリ出ますからね。


「一生懸命頑張れば、誰かが見てくれている」。売れない頃から仲がいい松村(邦洋)君と酒を飲んでいると、昔からいつもこういう話になるんですよ。どちらからともなく、「お互い頑張ろうな。一生懸命頑張れば、絶対どこかで誰かが見てくれているから」と言い合うんです。


僕はひたすら前だけを見ます。テレ東さんで春からやらせてもらっている「電動バイクで旅をする番組」でも、僕は「前に進んでいれば、何か起きてもどうにかなる」と思っているから「行ける所まで、とにかく行っちゃおう!」というノリです。


リアクション芸人の路線に、「素の自分を見せる」という面が加わったものの、僕のスタンスは何も変わっていません。僕に注目していただけている今の状況を、ネタでは「時代が僕に追いついたんだ」と言ってますけどね(笑)。


昔から1つだけ仕事で意識していることがあって、若いディレクターさんにも、敬語を使うようにしています。普段から、年上の僕が偉そうな態度でいたら、ディレクターさんはいざ収録する時に「やれば面白いけれど、僕にとってはキツい指示」を出しにくいでしょう? 視聴者やスタジオのお客さん、共演者に笑ってもらうことを最優先にしたいから、ディレクターさんに遠慮してほしくありません。


僕は特別なことを何もやっていません。周りが「僕の素の面白い部分」を引き出してくれているだけなんです。『イッテQ』でたくさん応援してもらえるようになった「出川イングリッシュ」も、スタッフさんが「出川さんが面白くなるように」と考えてくれた結果、例えば「カタコト英語でいいから、ニューヨークで買い物してください」となったんです。僕の力では、「僕にお使いをさせたら素の姿が面白いので、企画でやりましょう」なんて発想できませんよ(笑)。ホント、周りのおかげです。


出川哲朗の経歴・略歴

出川哲朗、でがわ・てつろう。日本のお笑い芸人。神奈川県出身。横浜放送映画専門学院(のちの日本映画大学)演劇科卒業。『劇団SHA・LA・LA』を立ち上げに参画し、座長を務めた。その後、バラエティ番組、テレビドラマ、映画などで活躍。

ページの先頭へ