名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

出口知史の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

出口知史のプロフィール

出口知史、でぐち・さとし。日本のコンサルタント。東京大学大学院工学系研究科修了。経営戦略コンサルティングファーム「コーポレイトディレクション」、ダイヤモンド社、産業再生機構、グラクソ・スミスクライン、メットライフ アリコなどに勤務。企業再生に携わった。著書に『論理思考の「壁」を破る』『困った人の説得術』。

出口知史の名言 一覧

相手が理不尽なことを言ってきたとき、いったん受け入れることで、相手も冷静に話そうとします。表情も、できる限り笑顔で。


理不尽なことを言われたときは、「真正面からぶつからない」ことが大切。力で攻めてくる人は支配欲求が強い。突然反旗を翻すような態度をとると、怒り心頭になり、さらなる理不尽をふっかける恐れがあるからです。


支配欲求が強いタイプは服従する相手を無下にできない。とりあえず「そうですね」「さすが」と同意と賞賛をしましょう。懐に飛び込み、「聞く耳」を持たせるのです。


相手を「やっかいな人だ」と感じると、その人の悪い面ばかりに目がいきがちです。それは自分の行動にも表われるので、相手との溝が深まります。仕事を離れた場で彼らを観察し、「この人にもこんないい一面があるんだな」と思えるところを見つけてください。それを思い浮かべると、ストレスは軽減できます。


「やっかいな人」は、時代や環境の変化に対応しきれなかったり、組織での苦い経験などからそうなってしまったケースが多い。接する際には彼らと戦おうとせず、「この人は、なりたくてこうなったわけではないんだ」という、思いやりの気持ちを持つことが大切。


上司から理不尽な要求を突きつけられたときは、説明や回答を求めるといいでしょう。支配欲求が強い上司だけに下からの質問に返答できないのは恥だと思う。また、「めんどくさいヤツ」と印象づけることができます。その結果、「アイツにヘタなことは言えん」と思わせられ、理不尽はグッと減ります。ただ、あれこれ言うだけでは、屁理屈野郎として3倍返しされる可能性もあるため、日頃からやるべき仕事はちゃんとやっておくのが前提です。


出口知史の経歴・略歴

出口知史、でぐち・さとし。日本のコンサルタント。東京大学大学院工学系研究科修了。経営戦略コンサルティングファーム「コーポレイトディレクション」、ダイヤモンド社、産業再生機構、グラクソ・スミスクライン、メットライフ アリコなどに勤務。企業再生に携わった。著書に『論理思考の「壁」を破る』『困った人の説得術』。

他の記事も読んでみる

西條剛央

私は「抱えてから揺さぶる」ということを提唱しています。批判するときは「いつもありがとう」と前置きするのです。すると批判に対する耳の傾け方は大きく変わります。


岡野雅行(岡野工業)

俺もまだ創作意欲はあってさ、最近、マグネシウムを加工して100万円のかばんを作ったんだよ。使い道? 知らないよ! 登山家と一緒だよ。山がそこにあるから登りたいんだよ。加工が難しいマグネシウムを俺ならここまで加工して「岡野健在」をアピールしたいの! 軽くて頑丈だから、航空機のシートやカメラのボディーとか応用範囲は広いと思うよ。


菊間千乃

失敗したら、また挑戦すればいいんです。転んでもただでは起きあがらない。失敗こそ成長するチャンス、そう考えれば、何事も恐れずにいられます。


加藤廣

私は今年で87歳ですが、いまだ学びをやめるつもりはありません。現在は恋愛小説を執筆中です。いくつになっても新しいことに挑戦するのはわくわくするものです。どのような作品ができあがるのか、いまから楽しみです。


平井伯昌

並大抵の練習内容では世界で勝てません。選手たちが今まで経験したことのない厳しい練習に立ち向かい、目標を達成するには、前向きな気持ちこそが大事な原動力になるのです。


バートランド・ラッセル

成功も失敗も、結局、あまり大したことではない。大きな悲しみだって乗り越えることができる。この世の終わりにつながるような悩みなどなく、ほとんどは時が経てば消えていくものだ。


歌田勝弘

企業理念の確立は、トップ・マネジメントの仕事。
【覚書き:社長は企業文化を作ることに腐心しなければいけないという自信の経営哲学を語った言葉】


プラユキ・ナラテボー

人の幸不幸の原因は外側の現象にあるのではない。受けとめる側の心の器の大小による。心の器とは、生じてくる現象を受容できる力といえる。


佐藤富雄

相手を意識的に褒めることは効果的です。自律神経系は人称を解さないので、人を褒める言葉で、脳や自律神経系は自分を褒める言葉と解するのです。


鈴木純(経営者)

私たちは未来を見通して、10年先に花開くであろう技術に今、手を着けなければならない。その姿勢がなくなったらおしまい。


ヘンリー・フォード

自分で薪を割れ、二重に温まる。


佐々淳行

泥水を飲まされ続けて、辞表も5回書いたけど、それでも辞めなかったのは、日本を守るというプライドでしょうね。