出口知史の名言

出口知史のプロフィール

出口知史、でぐち・さとし。日本のコンサルタント。東京大学大学院工学系研究科修了。経営戦略コンサルティングファーム「コーポレイトディレクション」、ダイヤモンド社、産業再生機構、グラクソ・スミスクライン、メットライフ アリコなどに勤務。企業再生に携わった。著書に『論理思考の「壁」を破る』『困った人の説得術』。

出口知史の名言 一覧

相手が理不尽なことを言ってきたとき、いったん受け入れることで、相手も冷静に話そうとします。表情も、できる限り笑顔で。


相手を「やっかいな人だ」と感じると、その人の悪い面ばかりに目がいきがちです。それは自分の行動にも表われるので、相手との溝が深まります。仕事を離れた場で彼らを観察し、「この人にもこんないい一面があるんだな」と思えるところを見つけてください。それを思い浮かべると、ストレスは軽減できます。


「やっかいな人」は、時代や環境の変化に対応しきれなかったり、組織での苦い経験などからそうなってしまったケースが多い。接する際には彼らと戦おうとせず、「この人は、なりたくてこうなったわけではないんだ」という、思いやりの気持ちを持つことが大切。


出口知史の経歴・略歴

出口知史、でぐち・さとし。日本のコンサルタント。東京大学大学院工学系研究科修了。経営戦略コンサルティングファーム「コーポレイトディレクション」、ダイヤモンド社、産業再生機構、グラクソ・スミスクライン、メットライフ アリコなどに勤務。企業再生に携わった。著書に『論理思考の「壁」を破る』『困った人の説得術』。

他の記事も読んでみる

伊庭正康

残業して夜やるくらいなら、翌朝、始業前に出社して行う方が確実にはかどり、短時間で済む。


高原真由美(髙原真由美)

同じ業務内容でも仕事の進め方一つ違うだけで、結果にも大きな違いが生まれます。


西成活裕

一般的の方が陥りがちな思い込みが「変化は連続的に、徐々にやってくる」という感覚です。しかし、これも現実に即してはいません。バブルの崩壊、サブプライムの信用崩壊、日本の家電産業の衰退などを見れば、変化は倍々ゲームのような指数関数的な急変としてやってくることがわかると思います。


西成活裕

数字はとても客観的なもののように思われがちですが、実態を反映しない数というのもあります。一般に慣れ親しんでいる「平均」も実は曲者です。平均という指標は実は疑うべきもので、実態を把握するには分布そのものを見るべきなのです。


倉重英樹

私は全社員を集めて会社の現状を説明し、「会社の在り方を根本から変える」と宣言しました。組織や仕事のプロセスから、人事評価、賃金制度、情報システム、オフィスの場所とレイアウトに至るまで、あらゆる旧習にメスを入れようとしたのです。実際、改革の前後で変わっていないのは、会社の名前と社員の名前だけというほど徹底した改革でした。


松野小百合

市場に商品やサービスを出しながら消費者にフィードバックをもらいつつ、素早く改善していくという機動力がないと、新興国では絶対に勝てない。


田中邦彦

回転寿司の歴史は意外と古く、半世紀以上になります。その中で、私どもは後発組ですが、業界三番目の規模まで店舗を増やすことができたのは、ヒト・モノ・カネというビジネスの3つの基本を大切にしてきたからだと自負しています。


伊藤真(弁護士)

参考書などを1ページ目から順番に読んでいき、完璧な理解を積み重ねながら全部をマスターする勉強法は不可能だと思ったほうがいいでしょう。途中でわからないことがあって当たり前。「まあ、いいか」くらいに思って、最後までたどり着くことが大切です。その後、最初から2回目を読む。すると、一度全体を通したことで関連性が理解できているので、1回目にわからなかったことがすっと頭に入ってきます。繰り返し読むことで基礎・基本を徹底していけば、勉強はもっと面白くなる。それが記憶や継続につながっていきます。


冨山和彦

労働生産性が低いということは、改善の余地が大きいということ。当たり前のことを当たり前にやるだけで、高い成果を出せる可能性がある。


横須賀てるひさ(横須賀輝尚)

成功した経営者に共通することは「社会のために何かしたい」という思いを持っていること。資格で稼ぐときも同じ。私利私欲ではなく「仕事を通じて人の役に立ちたい」という気持ちを持つことが大切。


辻野晃一郎

事業や会社の方針転換、秘策を打つためのアイデア出しなど、より本音の話し合いが必要な際は、合宿のような手段も有効だと思っています。先日も北鎌倉の古民家で日帰りの合宿を行いました。ソニー時代にも、葉山のショールームのフロアを借りて幹部合宿をやったり、同じ場所をグーグルでも使わせてもらいました。そもそも、「裸の付き合い」や「同じ釜の飯を食う」ことの大事さを、昔から日本人は知っていたんです。


逢沢明

この格差社会、弱者が正面から強者に向かっても勝ち目はない。だから大河ドラマの軍師・山本勘助のように「戦略」が必要になる。


長谷川和廣

企業の商品開発力や販売企画力の問題もあるでしょう。ただし、こと営業においては、倍の成績をあげようと思ったとき、一番簡単なのは訪問先を倍にすることです。分母を多くすればいいのです。実はできない営業マンに一日のスケジュールを聞くと、かなり余裕を持たせている人が多いのです。こういうタイプは空間管理を考えていないケースが多い。訪問先を近場に集中させたり、効率的な移動ルートを考えさせれば、倍は無理でも1.5倍くらいには増やすことができるものなのです。


大村禎史

PB(プライベートブランド)でヒット商品を出せば、逆に売れない商品を削っていくことで総商品数を絞り込むことができます。川上の生産コスト、川中の物流コスト、そして川下の店舗運営コストなど、様々なコストが削減できるようになる。これまでのように新規出店を続けて店舗数が今の2倍になったとしても、商品数が半分になっていれば運営負担はさほど変わりません。これまでも商品数の削減に取り組んできましたが、実際にヒット商品が出てきたので加速していきます。


前川正

堅実に、真面目に働く、大きな「町工場」でありたい。


ページの先頭へ