名言DB

9490 人 / 112001 名言

冨田英揮の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

冨田英揮のプロフィール

冨田英揮、とみた・ひでき。日本の経営者。求人サイト「バイトル」などを展開する「ディップ」社長。愛知県出身。愛知学院大学卒業。不動産会社・地産、ゴルフサービス会社、英会話スクールなどを経てディップを設立。同社を東証一部に上場させた。

冨田英揮の名言 一覧

私も、起業を志した当初はたった一人。資金もスタッフも人脈もなく、あるのは夢とアイデア、そして情熱だけだった。


私のモットーは「ピンチはチャンス」。追い込まれたときはいつも、ものを見る視点や角度を変え、何とかこのピンチをチャンスに好転できないか、と考えています。


人材ビジネスは、どこまでいっても人が中心。どんな時でも人を大切にし、幸せにすることを考えている会社こそが、結局は成長できる。


営業トークのカギは、説得力のあるストーリー作りにあります。相手の成長意欲や危機感に訴えながら、いかに英会話が必要かを語るわけです。新事業のクライアント集めでも、同じことを徹底してやりました。


思い切りの良さが起業家かつオーナーの最大の強み。これを合議制で決めていたら、時間はかかるし安全策ばかりになってしまう。


積極的に人への投資を続けてきました。やるからには日本一を目指したい。企業の求人広告を募るには営業力の強化が不可欠。


ピンチだと思った時、正面から見たらそうかもしれないが、角度を変えて見てみるとチャンスだったということがよくあります。私もそのような経験をたくさんしました。ピンチだと思った時は、チャンスになる可能性があるという意識を持って、自分自身でピンチをチャンスに変えていってください。


夢も、アイデアも、情熱も、そこに「人」がいなければ、生まれようがありません。人材こそがビジネスの生命線であり、夢とアイデアと情熱を持てること、持ち続けられることが人材の「人財」たるゆえんではないでしょうか。


CMは今でも日々勉強です。CMを流すとすぐにユーザー数に変化が現れる。それを見ながらどうしたら効果的か工夫しています。各企業から求人広告費をいただき、それを使ってテレビCMを流しているわけですから、できるだけ効率良くしないと、広告主の方々に申し訳ない。


求人分野だけで目標の営業利益・時価総額を超えることは不可能。その可能性を探るために、若い経営者に会い、見込みがありそうなら投資をする。私自身、創業期には、パソナの南部(靖之)さんに育ててもらった。成功確率が低いのは分かっていますが、今度はその役目を自分が果たしていく。


英会話スクールの経営再建を任された当初、とにかく業界に関してまったくの素人でしたから、スクール経営のノウハウを知るために、成功している同業他社で働いたこともありました。そこで得たノウハウを、自分のスクールに戻って社員たちに教えたわけです。そうこうするうちにわかってきたのは、成功のカギは生徒募集にあるということ。


リーマンショックでは、求人ビジネスのマーケットは3分の1まで縮小し、多くの同業他社が大規模なリストラに踏み切りました。しかし我々はそれをせず、逆風下でも人を守り育てました。景気の風向きが変わったとき、アベノミクスという追い風にいち早く乗ることができたのも、弊社には人材が質・量ともに揃っていて、彼らが成果を発揮してくれたからなんです。


リーマンショック時、同業の中には、戦線を縮小するために人員削減に踏み切るところが多かった。当社でも当然、検討しましたが、あくまで最後の手段と決めていました。というのも、採用した社員を育ててきて、ようやく一人前になってきた。その段階でリストラしてしまうと、それまでの投資が全部無駄になってしまう。リストラをしなかったのは大正解でした。その後求人市場が回復した時のダッシュ力がすごかった。もし彼らがいなければ、これほどまでの業績の拡大はあり得なかった。


冨田英揮の経歴・略歴

冨田英揮、とみた・ひでき。日本の経営者。求人サイト「バイトル」などを展開する「ディップ」社長。愛知県出身。愛知学院大学卒業。不動産会社・地産、ゴルフサービス会社、英会話スクールなどを経てディップを設立。同社を東証一部に上場させた。

他の記事も読んでみる

冨安徳久

経営者を目指すなら、「事業を何としてもやらねばならぬ」という切なる理由を持ってください。そうした理由を見つけることで、それが理念になって来ます。志追求型経営です。切なる理由を見つけられないならば、それは単に探していないだけです。最初から見つかる人なんていません。人を喜ばすため、あなたには何が出来ますか。人を喜ばせたいと思っている日常がありますか。誰かを喜ばせたいという気持ちは、人としての本能です。それを忘れてはいけません。


古川裕倫

軸ブレする上司では部下はやりにくい。でも、軸をブレさないことにこだわり、頭が固くなるのは本末転倒。ほかの人の意見をまったく聞かなかったり、状況変化に対しても、当初の予定を変更しないのは困る。柔軟性を保ちながら、部下が納得する一貫性を持つことが大事。


小林栄三

自社にない情報や考え方を持つ相手と上手に付き合うにはどうしたらいいか。それには自らも真摯に勉強し、相手に提供できるものを用意しておくことが大事になります。例えば気になる相手に「会いたい」と伝えれば、一度は会ってくれるかもしれません。ただし、二度会うには相応の理由が必要となる。お互いが価値を認め、高め合える関係性をつくれなければ付き合いは続かないでしょう。


黒川光博

和菓子の原材料は小豆、寒天、和三盆糖など。私たちの取引先には、手作業で丹精込めて作ってくださる生産者の方が多くいらっしゃいます。虎屋では原材料について知識や理解を深めるため、製造に関わる社員を対象に、現地で「原材料体験研修」を実施しています。マイナス10度ぐらいになる冬の寒空の下、手作業で行う寒天作りを手伝ったり、西表島でサトウキビの刈り取りを行ったりしています。


狩野みき

ひとつひとつの事案に対して、自分が考え、納得したうえでアクションを起こす。それだけで仕事に対するモチベーションは高まりますし、多忙な中でも、やるべきことの優先順位をつけやすくなります。そして、何よりもきちんと考えて選択したことで、自分に軸ができ、自信を持てるようになるはずです。


加藤昌史

劇団の全国公演の際は、行く先々で必ず事前にその町を歩いて情報収集します。例えば鳥取に行った際は、人口が少ないと聞いていたけど、街に活気があって驚いた。お城があるから城下町の誇りがすごいあるんですね、と感じたことを話したら、空気が和らぎました。よく調べて、相手を好きになったことを伝えれば、流暢に話せなくても相手はしっかり聞いてくれます。ぜひ試してみて下さい。


中山讓治(中山譲治)

アメリカだろうとヨーロッパだろうと、少なくとも先進国を相手にビジネスをやる場合、こちらが内容のあることを語っていれば、たとえ流暢な英語でなくても相手は必ず理解してくれます。優れた発想や鋭い指摘は、ちゃんと受け止めてもらえます。逆にいえば、一見英語力の差で負けているように見えても、実は中身で負けている方が多いのです。相手の方が深くものごとを考えていたから議論に負けたという場合が多いのです。


藤田晋

短期勝負は結果がすべて。どれだけ入念に準備をしていても、負ければ批判されるし、窮地に立たされる。だからこそ、飢餓感にも似た強い思いが必要になる。


中田康雄

製品の鮮度を保たなければ、売上を維持したり増やしたりすることはできないと考え、小売店の店頭における製品の鮮度を高める取り組みに力を入れました。たとえば、製品パッケージに製造年月日を表示するようにしました。スナック菓子メーカーでは当社が最初でした。


深町秋生

私はろくに古典とか読んでいないんですけど、それでもシェイクスピアの悲劇が好きで、常にそうした人間の葛藤を描きたいと思っているんです。己の、欲望のままに突き進むか、それとも法律や掟を守って生きるか、そういう話に惹かれる。


秋山進

なぜ上司があなたに仕事を任せてくれないのか。上司が置かれている状況や、上司のタイプを考えると3つの場合が考えられます。

  1. 上司が権限委譲したくてもできないと思っている場合。
  2. 権限を委譲した結果、困った事態が生じるのを上司が恐れている場合。
  3. 部下への権限移譲など決してできない性格の上司である場合。

辻範明

逆境にあっても「会社が好きだ」「会社を残したい」という強い気持ちがあったからこそ、「修羅場」「土壇場」「正念場」という三つの「場」を乗り切ることができた。