名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

冨田英揮の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

冨田英揮のプロフィール

冨田英揮、とみた・ひでき。日本の経営者。求人サイト「バイトル」などを展開する「ディップ」社長。愛知県出身。愛知学院大学卒業。不動産会社・地産、ゴルフサービス会社、英会話スクールなどを経てディップを設立。同社を東証一部に上場させた。

冨田英揮の名言 一覧

私も、起業を志した当初はたった一人。資金もスタッフも人脈もなく、あるのは夢とアイデア、そして情熱だけだった。


私のモットーは「ピンチはチャンス」。追い込まれたときはいつも、ものを見る視点や角度を変え、何とかこのピンチをチャンスに好転できないか、と考えています。


人材ビジネスは、どこまでいっても人が中心。どんな時でも人を大切にし、幸せにすることを考えている会社こそが、結局は成長できる。


営業トークのカギは、説得力のあるストーリー作りにあります。相手の成長意欲や危機感に訴えながら、いかに英会話が必要かを語るわけです。新事業のクライアント集めでも、同じことを徹底してやりました。


思い切りの良さが起業家かつオーナーの最大の強み。これを合議制で決めていたら、時間はかかるし安全策ばかりになってしまう。


積極的に人への投資を続けてきました。やるからには日本一を目指したい。企業の求人広告を募るには営業力の強化が不可欠。


ピンチだと思った時、正面から見たらそうかもしれないが、角度を変えて見てみるとチャンスだったということがよくあります。私もそのような経験をたくさんしました。ピンチだと思った時は、チャンスになる可能性があるという意識を持って、自分自身でピンチをチャンスに変えていってください。


夢も、アイデアも、情熱も、そこに「人」がいなければ、生まれようがありません。人材こそがビジネスの生命線であり、夢とアイデアと情熱を持てること、持ち続けられることが人材の「人財」たるゆえんではないでしょうか。


CMは今でも日々勉強です。CMを流すとすぐにユーザー数に変化が現れる。それを見ながらどうしたら効果的か工夫しています。各企業から求人広告費をいただき、それを使ってテレビCMを流しているわけですから、できるだけ効率良くしないと、広告主の方々に申し訳ない。


求人分野だけで目標の営業利益・時価総額を超えることは不可能。その可能性を探るために、若い経営者に会い、見込みがありそうなら投資をする。私自身、創業期には、パソナの南部(靖之)さんに育ててもらった。成功確率が低いのは分かっていますが、今度はその役目を自分が果たしていく。


英会話スクールの経営再建を任された当初、とにかく業界に関してまったくの素人でしたから、スクール経営のノウハウを知るために、成功している同業他社で働いたこともありました。そこで得たノウハウを、自分のスクールに戻って社員たちに教えたわけです。そうこうするうちにわかってきたのは、成功のカギは生徒募集にあるということ。


リーマンショックでは、求人ビジネスのマーケットは3分の1まで縮小し、多くの同業他社が大規模なリストラに踏み切りました。しかし我々はそれをせず、逆風下でも人を守り育てました。景気の風向きが変わったとき、アベノミクスという追い風にいち早く乗ることができたのも、弊社には人材が質・量ともに揃っていて、彼らが成果を発揮してくれたからなんです。


リーマンショック時、同業の中には、戦線を縮小するために人員削減に踏み切るところが多かった。当社でも当然、検討しましたが、あくまで最後の手段と決めていました。というのも、採用した社員を育ててきて、ようやく一人前になってきた。その段階でリストラしてしまうと、それまでの投資が全部無駄になってしまう。リストラをしなかったのは大正解でした。その後求人市場が回復した時のダッシュ力がすごかった。もし彼らがいなければ、これほどまでの業績の拡大はあり得なかった。


冨田英揮の経歴・略歴

冨田英揮、とみた・ひでき。日本の経営者。求人サイト「バイトル」などを展開する「ディップ」社長。愛知県出身。愛知学院大学卒業。不動産会社・地産、ゴルフサービス会社、英会話スクールなどを経てディップを設立。同社を東証一部に上場させた。

他の記事も読んでみる

佐伯チズ

素晴らしい挨拶をするための要素は「低・賞・感・微・名」の5つ。頭を低く下げる、相手を賞する(ねぎらう)、感謝を表す、微笑みで接する、そして相手のお名前で呼ぶこと。


一力健

私は会社を移って10年後に社長になり、それから13年間社長を務めましたが、その間に一貫して社員に示してきたのが「個人主義」です。組織の中に埋もれず、年齢に関係なく自分の意見を言い、頭を絞り事業プランを提案し行動しろと言ってきました。


高原豪久

オーナー経営者の利点は長期的な視点で経営できることにありますが、周囲が見えなくなるリスクもあります。社外役員の方に気づかされることもあるでしょうが、やはり、一緒に仕事をしてきた仲間に「社長、それは間違っています」と言われなければダメでしょう。いくつになってもそう言われるように、体が続く限り、社員と遊ぶようにしていますよ。


ゲーテ

自分からはできるだけ環境を支配し、環境からはできるだけ支配されない。人間の価値はおそらくそこにある。


伊藤正裕(起業家)

仕事柄、情報源はほとんどネットです。新聞もネットで世界中のものを15~16紙読んでいますし、ほかにも役立ちそうな情報サイトやブログは、時間のある限り目を通すようにしています。そうしていろいろな業界の動向や世界の中の大きな流れをつかんでおくことが、相手の関心やニーズを探るうえでとても役立つのです。


犬養岬太

印刷業のポイントは、色と価格と納期の3つしかありません。ですから、他社と差別化しようと思えば、他の分野を取り入れる必要もあります。そのひとつがマーケティングであったり、デザインであったりします。


渡部賢一

下手な考え休むに似たり。熟慮してもいいことはあまりありません。たとえば、私は1時間かけて100点をとる人よりも、10分で60点取れる人を評価します。一時間後に状況は一変しているかもしれない。それが現代のビジネス環境です。短時間で必要な点数をとれる人の方が、いまは求められているのです。


横山大観

あれは散るのではありません。新しい芽が押し出すのですよ。

【覚え書き|紅葉が散っているのを観ながら言った言葉】


古屋一樹

小売業の基本的・普遍的な要素は「立地」「商品」「サービス」の掛け算で決まる。新しい商品やサービスを生み出し、現場力を上げ、魅力ある売り場を提案していけば、お客様はついてきてくれる。


渡邉美樹

嫌な上司や仕事ができない上司が職場にいるのはよくある話ですが、そこで文句を言っても何も始まりません。それは外せない条件と理解したうえで、自分のミッションは何なのか、何ができるのかを考えることが重要です。


中山泰男

社長になってから、創業者の飯田(亮)の言葉「もう5分考えろ」が、大変重要だと認識するようになりました。一旦考えても、実際もう一回考えると「あの判断は必ずしも正しくなかった」と思うことがときどきあります。結論を出しても、もう5分さらに考えることを、より意識するようになりました。


猪瀬直樹

若いころ、原稿の締め切りに遅れそうになり、焦って集中力を欠くという悪循環に陥ったことがありました。一度締め切りに遅れてしまうと、それが次の原稿の締め切りにも悪影響を及ぼし、まるで雪崩のように段取りが崩れてパニックに陥るのです。二度とこんな経験はしたくないと思って、それ以降は、前倒しで仕事に取りかかるようにしています。前倒しで進めることで、心に余裕をもって仕事に取り組むことができる。だから、週刊誌の連載の原稿は一度も遅れたことがありませんでした。