冨田英揮の名言

冨田英揮のプロフィール

冨田英揮、とみた・ひでき。日本の経営者。求人サイト「バイトル」などを展開する「ディップ」社長。愛知県出身。愛知学院大学卒業。不動産会社・地産、ゴルフサービス会社、英会話スクールなどを経てディップを設立。同社を東証一部に上場させた。

冨田英揮の名言 一覧

1 / 11

私も、起業を志した当初はたった一人。資金もスタッフも人脈もなく、あるのは夢とアイデア、そして情熱だけだった。

冨田英揮の名言|あるのは夢とアイデア、そして情熱だけだった


私のモットーは「ピンチはチャンス」。追い込まれたときはいつも、ものを見る視点や角度を変え、何とかこのピンチをチャンスに好転できないか、と考えています。

冨田英揮の名言|追い込まれたときは視点や角度を変えてみる


人材ビジネスは、どこまでいっても人が中心。どんな時でも人を大切にし、幸せにすることを考えている会社こそが、結局は成長できる。

冨田英揮の名言|人を大切にし、幸せにすることを考えている会社こそが、結局は成長できる


営業トークのカギは、説得力のあるストーリー作りにあります。相手の成長意欲や危機感に訴えながら、いかに英会話が必要かを語るわけです。新事業のクライアント集めでも、同じことを徹底してやりました。

冨田英揮の名言|営業トークのカギは、説得力のあるストーリー作りにある


思い切りの良さが起業家かつオーナーの最大の強み。これを合議制で決めていたら、時間はかかるし安全策ばかりになってしまう。

冨田英揮の名言|オーナー起業家の強み


積極的に人への投資を続けてきました。やるからには日本一を目指したい。企業の求人広告を募るには営業力の強化が不可欠。

冨田英揮の名言|やるからには日本一を目指したい


ピンチだと思った時、正面から見たらそうかもしれないが、角度を変えて見てみるとチャンスだったということがよくあります。私もそのような経験をたくさんしました。ピンチだと思った時は、チャンスになる可能性があるという意識を持って、自分自身でピンチをチャンスに変えていってください。

冨田英揮の名言|角度を変えて見てみるとチャンスだったということがよくある



夢も、アイデアも、情熱も、そこに「人」がいなければ、生まれようがありません。人材こそがビジネスの生命線であり、夢とアイデアと情熱を持てること、持ち続けられることが人材の「人財」たるゆえんではないでしょうか。

冨田英揮の名言|人材こそがビジネスの生命線


CMは今でも日々勉強です。CMを流すとすぐにユーザー数に変化が現れる。それを見ながらどうしたら効果的か工夫しています。各企業から求人広告費をいただき、それを使ってテレビCMを流しているわけですから、できるだけ効率良くしないと、広告主の方々に申し訳ない。

冨田英揮の名言|今でも日々勉強


求人分野だけで目標の営業利益・時価総額を超えることは不可能。その可能性を探るために、若い経営者に会い、見込みがありそうなら投資をする。私自身、創業期には、パソナの南部(靖之)さんに育ててもらった。成功確率が低いのは分かっていますが、今度はその役目を自分が果たしていく。

冨田英揮の名言|若い経営者に会い、見込みがありそうなら投資をする


リーマンショックでは、求人ビジネスのマーケットは3分の1まで縮小し、多くの同業他社が大規模なリストラに踏み切りました。しかし我々はそれをせず、逆風下でも人を守り育てました。景気の風向きが変わったとき、アベノミクスという追い風にいち早く乗ることができたのも、弊社には人材が質・量ともに揃っていて、彼らが成果を発揮してくれたからなんです。

冨田英揮の名言|追い風にいち早く乗ることができたのは、逆風下でも人を守り育てたから


英会話スクールの経営再建を任された当初、とにかく業界に関してまったくの素人でしたから、スクール経営のノウハウを知るために、成功している同業他社で働いたこともありました。そこで得たノウハウを、自分のスクールに戻って社員たちに教えたわけです。そうこうするうちにわかってきたのは、成功のカギは生徒募集にあるということ。

冨田英揮の名言|成功している同業他社で働いてみる


リーマンショック時、同業の中には、戦線を縮小するために人員削減に踏み切るところが多かった。当社でも当然、検討しましたが、あくまで最後の手段と決めていました。というのも、採用した社員を育ててきて、ようやく一人前になってきた。その段階でリストラしてしまうと、それまでの投資が全部無駄になってしまう。リストラをしなかったのは大正解でした。その後求人市場が回復した時のダッシュ力がすごかった。もし彼らがいなければ、これほどまでの業績の拡大はあり得なかった。

冨田英揮の名言|人員削減は、あくまでも最後の手段


冨田英揮の経歴・略歴

冨田英揮、とみた・ひでき。日本の経営者。求人サイト「バイトル」などを展開する「ディップ」社長。愛知県出身。愛知学院大学卒業。不動産会社・地産、ゴルフサービス会社、英会話スクールなどを経てディップを設立。同社を東証一部に上場させた。


1 / 11

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ