冨田英揮の名言

冨田英揮のプロフィール

冨田英揮、とみた・ひでき。日本の経営者。求人サイト「バイトル」などを展開する「ディップ」社長。愛知県出身。愛知学院大学卒業。不動産会社・地産、ゴルフサービス会社、英会話スクールなどを経てディップを設立。同社を東証一部に上場させた。

冨田英揮の名言 一覧

私も、起業を志した当初はたった一人。資金もスタッフも人脈もなく、あるのは夢とアイデア、そして情熱だけだった。


私のモットーは「ピンチはチャンス」。追い込まれたときはいつも、ものを見る視点や角度を変え、何とかこのピンチをチャンスに好転できないか、と考えています。


人材ビジネスは、どこまでいっても人が中心。どんな時でも人を大切にし、幸せにすることを考えている会社こそが、結局は成長できる。


営業トークのカギは、説得力のあるストーリー作りにあります。相手の成長意欲や危機感に訴えながら、いかに英会話が必要かを語るわけです。新事業のクライアント集めでも、同じことを徹底してやりました。


思い切りの良さが起業家かつオーナーの最大の強み。これを合議制で決めていたら、時間はかかるし安全策ばかりになってしまう。


積極的に人への投資を続けてきました。やるからには日本一を目指したい。企業の求人広告を募るには営業力の強化が不可欠。


ピンチだと思った時、正面から見たらそうかもしれないが、角度を変えて見てみるとチャンスだったということがよくあります。私もそのような経験をたくさんしました。ピンチだと思った時は、チャンスになる可能性があるという意識を持って、自分自身でピンチをチャンスに変えていってください。


夢も、アイデアも、情熱も、そこに「人」がいなければ、生まれようがありません。人材こそがビジネスの生命線であり、夢とアイデアと情熱を持てること、持ち続けられることが人材の「人財」たるゆえんではないでしょうか。


CMは今でも日々勉強です。CMを流すとすぐにユーザー数に変化が現れる。それを見ながらどうしたら効果的か工夫しています。各企業から求人広告費をいただき、それを使ってテレビCMを流しているわけですから、できるだけ効率良くしないと、広告主の方々に申し訳ない。


求人分野だけで目標の営業利益・時価総額を超えることは不可能。その可能性を探るために、若い経営者に会い、見込みがありそうなら投資をする。私自身、創業期には、パソナの南部(靖之)さんに育ててもらった。成功確率が低いのは分かっていますが、今度はその役目を自分が果たしていく。


英会話スクールの経営再建を任された当初、とにかく業界に関してまったくの素人でしたから、スクール経営のノウハウを知るために、成功している同業他社で働いたこともありました。そこで得たノウハウを、自分のスクールに戻って社員たちに教えたわけです。そうこうするうちにわかってきたのは、成功のカギは生徒募集にあるということ。


リーマンショックでは、求人ビジネスのマーケットは3分の1まで縮小し、多くの同業他社が大規模なリストラに踏み切りました。しかし我々はそれをせず、逆風下でも人を守り育てました。景気の風向きが変わったとき、アベノミクスという追い風にいち早く乗ることができたのも、弊社には人材が質・量ともに揃っていて、彼らが成果を発揮してくれたからなんです。


リーマンショック時、同業の中には、戦線を縮小するために人員削減に踏み切るところが多かった。当社でも当然、検討しましたが、あくまで最後の手段と決めていました。というのも、採用した社員を育ててきて、ようやく一人前になってきた。その段階でリストラしてしまうと、それまでの投資が全部無駄になってしまう。リストラをしなかったのは大正解でした。その後求人市場が回復した時のダッシュ力がすごかった。もし彼らがいなければ、これほどまでの業績の拡大はあり得なかった。


冨田英揮の経歴・略歴

冨田英揮、とみた・ひでき。日本の経営者。求人サイト「バイトル」などを展開する「ディップ」社長。愛知県出身。愛知学院大学卒業。不動産会社・地産、ゴルフサービス会社、英会話スクールなどを経てディップを設立。同社を東証一部に上場させた。

他の記事も読んでみる

久保憂希也

数字力をつけるためには比較をする癖をつけることが大切です。たとえば日本に歯科医院は何軒あるのか。答えは約7万だが、7万というだけでは、これが多いのか少ないのかさっぱりわからない。しかし、約4.7万というコンビニの店舗数が頭にあると、いかに歯科医院が多いのかもつかめる。


御手洗冨士夫

私は社外取締役を認めないわけではない。今みたいに時代がどんどん変化している中においては、外からの考え方や意見を取り入れるということは必要。大いに必要です。だけど、何もそれは、アドバイザリーであればいいので、あえて取締役でなくてもいいのではないか。その存在はあってもいいし、その分においては否定しません。ただし、世の中でよく監視、監視って言うじゃないですか、あれは認めません。監視なんかできるわけないです。


一澤信三郎

前身の「一澤帆布」が創業したのは1905年。初代の一澤喜兵衛がクリーニング店を営みながら、手に入れたミシンで職人向けに道具を入れるかばんを作り始めたのが始まりです。曲がりなりにも会社が110年以上も続いてきたのは、「無い無い尽くし」だったからじゃないですかね。


小林喜光

いま当社は生き残るために崖っぷち感覚を持って、変わらなければならない時期です。上の方の人間が変わらない限り、全体は変わりません。ぬるま湯に浸かっているカエルは徐々に水温が上がっても感じないで、気づいたときには茹でガエルになってしまいます。そうなってはならないのです。「会社を変えるのだ」というメッセージをこめて、私は社長室にカエルを飼っています。


佐藤優

仕事でのつき合いというのはどんなに親密に思っても、利害関係が基本で成り立つ。自分の状況が変われば一気に消えてしまう儚いもの。本当に大切な人脈、つき合いというのは利害を抜きにした友人。そして家族。幻のようなビジネスの人脈に時間を取られるくらいなら、家族との時間を大切にするべき。


三木田國夫

どれだけ優秀な講師に学んでも上司が変わらなければ、会社は変わりません。


古森重隆

一生のうちに何度かは、120%の力を発揮しなければならない局面が誰にも必ず訪れる。そのとき、一度でも限界まで働いたことがあれば、自分はここまでできると自信を持って立ち向かうことができるはずだ。


鈴木敏文

上司部下関係の問題も、挑戦していくことによって、初めて乗り越えられる。


森澤篤

営業マンで、自分の担当分野以外の知識も持っているが、なぜか仕事とまったく関係のないフランスの歴史やオーディオ技術にもやたらと詳しいような「変な人」がよくいる。こういう、まったく違う複数の分野に造詣の深い人は、普通なら思い付かないもの同士を結びつけることが比較的容易にできる。


山本梁介

事業ですから、利益を上げることは大前提です。業績を上げていくための目標数値を決めていますが、なぜその数字を追うのか、現場に経営理念が浸透していなければ、顧客満足を与えることは出来ません。


メンタリストDaiGo

迷う時間、モノを探す時間、管理する時間を減らして、そのぶん自分がやりたいことを実現できるようにする。これが片づけの本当の目的なのです。部屋の中が整ったように見えても、片づけが成功したとはいえません。自由な時間が増えなかったり、かえってメンテナンスのための時間や労力が増してしまったりするような片づけに意味はないのです。


大谷昭宏

プロ野球選手だって打率3割あれば上出来なんだから、仕事も3割うまくいけばいいんですよ。


ジャック・ウェルチ

4タイプの管理職と彼らへの対処法

1)良い業績を出し、会社の価値観に基づいて行動するマネジャー
ことあるごとに褒め称えて報酬を与える。
2)業績はあげられないが、会社の価値観をきちんと実行しているマネジャー
社内のほかのポストに移動させる。別のチャンスを与える。
3)良い業績を上げるが、会社の価値観に従わないマネジャー
彼らは通常、組織を破壊する。こういうやつらを長く会社に居座らせてしまうと、社員のやる気と信頼を損ねることが多い。クビにする。
4)仕事もできないし、会社の価値観にも従わないマネジャー
即刻クビにする。

太田光代

最初は嫌々だった転勤なのに、数年経って東京に戻る時、「実はあの土地が気に入っていた。本社に戻りたくなかった」とこぼす人は案外多いですよ。やはり、経験して初めて分かることはあるんです。


荒蒔康一郎

専門外の分野に配属されて、「なぜ自分が?」と私も思いました。でも、私はまずはやってみるかと思いました。
【覚書き|入社8年目で研究から新規事業開発の部署に異動させられたことについて語った言葉】


ページの先頭へ