名言DB

9412 人 / 110637 名言

冨田智夫の名言

twitter Facebook はてブ

冨田智夫のプロフィール

冨田智夫、とみた・ともお。日本の経営者。ニューバランス・ジャパン社長。専門商社の蝶理、兼松などを経て、ニューバランス・ジャパンに入社。営業本部副本部長、営業本部長、執行役員、取締役、常務取締役などを経て社長に就任。

冨田智夫の名言 一覧

ニューバランスのファンの方々は、他のブランドと違うユニークさを買ってくださっています。それが消費者から見て他のブランドと同じように映ってしまうと駄目だと思っています。


現場での経験から心に留めるようになったのが、「ポジションが人を育てる」ということです。例えば、営業成績では平均レベルのとある社員が、マネジャーに抜擢された途端に強力なリーダーシップを発揮し、想像以上の成果を上げた、そんな出来事が印象に強く残っています。


ある役職に就いたら、すぐに後任の育成を考えるように心がけています。下にチャンスを与えるためには、上がポジションの維持に固執することを避けるべきです。下の世代が成長すれば、おのずから自分の成長へのモチベーションにもつながります。


8番バッターが、常勝チームの名監督に育つこともある。8番バッターは花形ではなく、かつ現場では目立たない選手かもしれません。しかし、適切な舞台さえ用意すれば、大きく化ける可能性が十分にあります。とにかくチャンスを与えるために、管理職への若手の登用を意識しています。


社長として注意しているのが、「社員との距離感」です。ニューバランスジャパンでは、「スポーツ休日」という制度を設けています。5月と10月の年に2回ある、スポーツを楽しむことを目標とした休日で、有志のメンバーが集まり、ゴルフコンペを開催しています。コンペには、私のほかに様々な役職の人間が参加しますが、当日は仕事の話はご法度。上司と部下という関係を持ち込まず、多くの社員と触れ合える非常に貴重なチャンスとして、私も積極的にコミュニケーションを取り、社員との距離をできるだけ近づけるように心がけています。


「社員との距離が近い=馴れ合い」になってしまっては困ります。そこで、私が仕事のうえで日常的に意識しているのが、「レポートライン」の順守です。意見や要望などは必ずチームで集約し、上司へと報告するのが基本。組織として当たり前のことですが、意識を徹底することで中間となる管理職の責任を明確化でき、さらには、リ-ダーシップの発揮を促すことにもつながります。


ニューバランス本社の体質として、アメリカの方針を強引に押しつけるということはありません。アパレルの5割は日本で商品開発しています。シューズに関しても3割程度。外資のスポーツメーカーの中で、シューズを日本で開発しているところはほとんどない。


ニューバランスの特徴の一つは、他のメーカーと違って株式上場をしていないプライベートカンパニーなので、オーナーの意向が経営方針に反映されるということです。それは、クラフトマンシップであったり、フィッティングであったりを重視することに表れています。


アメリカのオーナー、ジェームス・S・デービスは従業員を「エンプロイー(従業員)」と呼ぶと怒るんです。社員は家族であって「アソシエイツ(仲間)」であると。外資系といえば、転職が多いという印象があると思うんですが、うちに関していえば離職率が1%を切っているんです。


本社から派遣されている外国人社員はゼロです。外資系といいながら、西洋人が一人もいない企業は珍しいと思います。もちろん、毎週、アメリカと電話会議は行っています。頻繁に本社から人も訪ねてきています。ただ、前任の林(喜弘)も私も日本人です。ニューバランスジャパンはずっと日本人が社長を務めてきました。これは日本だけではなく、中国も同じです。ニューバランスチャイナは、うちのほぼ倍の売り上げになっています。他の同業他社ならば役員、社員の多くは外国人でしょうけれど、ニューバランスチャイナは全部中国人。いわゆるローカルスタッフでやっているんです。


冨田智夫の経歴・略歴

冨田智夫、とみた・ともお。日本の経営者。ニューバランス・ジャパン社長。専門商社の蝶理、兼松などを経て、ニューバランス・ジャパンに入社。営業本部副本部長、営業本部長、執行役員、取締役、常務取締役などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

上西京一郎

私どもは装置産業でコストがかかりますが、ハードの更新はやはり続けるしかありません。毎年の予算でも固定費の部分はかなり高いので、数字を見ると「もっとどうにかならないかな」という気持ちは正直あります。多少苦しい時期も当然ありますけれども、それでもやり続けるということです。


佐藤一彦(不動産投資家)

不動産投資を始めた当時、青森の部隊に所属していましたから、なかなか実際に東京の物件を見に行くことはできません。そこで他の人が休みたい時に働くことで、休みの希望を通りやすくした上で、夜行バスで上京、埼玉に住む妻の親の車を借りて車中泊をするなどして物件を見て回るという生活を3年続けました。


高原豪久

成熟期に商品をヒットさせるには、ビッグデータなどを活用して新たなターゲットを発見し価値を提案することが重要。


ポール・キャンドランド

ディズニーのブランド定義は「エンターテインメント・ウィズ・ハート」です。ディズニーストアも単なる小売業ではなく、エモーショナルなビジネスです。


佐藤優

「戦略的な怒り」というのは組織にとって必要です。動物は危機に瀕すると身をすくませてフリーズします。人間も動物ですから、怒鳴られて身の危険を感じると誰もが一瞬フリーズする。生理的な反射のようなものですが、そうさせないといけない場面や状況がある。私が外務省でチームを組んでいたとき、部下が翻訳を間違えても怒鳴りませんでした。そこは冷静に誤りを指摘してやる。ただし、嘘をついたときと初歩的な事務作業ができていないときには怒鳴りましたね。たとえば部下に書類をファックスしておいてくれと頼む。あとで「送ったか」と聞くと送っていない。学校秀才の場合、「あ、忘れてました。すみません」と言える奴は3分の1。3分の2は「送りました」と嘘をつき、あとでこっそり送る。こっちはそれを承知しているから、部下に確認した時間と送信履歴の時間をしっかり証拠として提示して、そいつを一回ものすごい勢いで怒鳴ります。嘘をつくとトンでもないことになると覚え込ませるわけです。というのも小さな嘘が、国家間の外交問題にまで発展するケースがあるんです。


井上裕之

不幸なことが続いたとき、苦しみを紛らわせるために心理学や自己啓発の本を読み漁りました。読み進めるうちに、人生に起こる出来事には、それ自体にいいも悪いもないということに気づいたんです。いいとか悪いを決めているのは人間の頭であって、現象そのものには、まったく意味はないと悟りました。交通事故も、それまでは悲しい、不幸ととらえていましたが、「あの出来事は自分が患者さんの痛みを心から共感できる医師になるための成長の糧なんだ」。そう、思えるようになったんです。


徳重徹

20代の社員にそこまで任せて大丈夫かとよく聞かれるけれど、あのソニーだって欧米で事業を立ち上げた1960年代を担ったのはみな20代でした。ところが、今の時代にもっとも優秀だとされる学生は、ほぼ全員が大企業に入ってしまっているんですね。大手の商社や銀行などで必要とされる「優秀な人材」はせいぜい1割か2割。8割以上の社員が本来は非常に優秀でありながら、その能力を活かせない仕事をしている。僕らのような企業がもっとたくさんあれば、その現状を変えることができるはずです。


ドナルド・トランプ

感情的になってはいけない。感情が先に立てば、状況の理解を誤りかねない。必ずしも簡単なことではないが、客観性を心がけよう。


原田純子(経営者)

あくまで全て自然体で無理をせず、呑気にやっていこうと思っています。


依田宣夫

家庭を経営するというと「会社と家計は違う」と反論されることが多いです。確かに、会社は利益を追求する組織ですが、家庭の中心は消費であり、利益を追求する組織ではありません。限られた収入の中でいかに家族の消費満足を高めるかが家庭という組織が求める目的だ。ところが、家庭に現金や預貯金、株式などの有価証券や生命保険が、財産としてどのくらいあるかを知っている人は多くない。ましてやマイホームの資産価値を把握している人はもっと少ないだろう。それは会社のように経営の実情を数字で見る仕組みが家庭にないからだ。


ベン・ジョンソン(作家)

卑怯な行為を怖れるのは勇気である。またかかる行為を強いられた時、それを堪忍するのも勇気である。


ひろゆき(西村博之)

僕はAPI(アプリケーション・プログラム・インターフェイス)の公開ということ自体が所詮ビジネスだと思っているんです。ヤフーのアカウントで、ヤフーが公開した検索のAPIを利用したサービスをつくったことがあるんですけど、最初は何事もなかったのに、アクセスが多くなってくるとアカウントを止められてしまった。ヤフーがプロモーションとして、自分たちのやっていることをAPIとして公表するけど、実際に利用されて立場が脅かされそうになると相手を潰す。ビジネスとしてやっている限りは、それは当たり前のことで、所詮はその程度のことなんじゃないかと僕は思っているんです。


栗原博

お客様に興味があるというレベルでは、いい提案はできません。せいぜい「うちの新商品は、こんな機能があります」という程度。一方、お客様のことを知り抜いて好きになると、「お客様の業務はここに課題があるから、うちの商品のこういう機能を使えば改善できます」と深い提案ができるようになる。


坂井哲史

これだけ郊外型カフェのブランドが増えると、みんなどこかで他と違う特色を打ち出さなければなりません。そうでないと、立地に恵まれた店舗はともかく、どこかと競合した時に勝てませんよ。


島津貴久

陣中で、30日の間は、食料の配給もないのであるから、軍役や出物などが遅れたり、とどこおったりする場合には、所帯(官職や領地)を没収するであろう。