名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

冨田智夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

冨田智夫のプロフィール

冨田智夫、とみた・ともお。日本の経営者。ニューバランス・ジャパン社長。専門商社の蝶理、兼松などを経て、ニューバランス・ジャパンに入社。営業本部副本部長、営業本部長、執行役員、取締役、常務取締役などを経て社長に就任。

冨田智夫の名言 一覧

ニューバランスのファンの方々は、他のブランドと違うユニークさを買ってくださっています。それが消費者から見て他のブランドと同じように映ってしまうと駄目だと思っています。


現場での経験から心に留めるようになったのが、「ポジションが人を育てる」ということです。例えば、営業成績では平均レベルのとある社員が、マネジャーに抜擢された途端に強力なリーダーシップを発揮し、想像以上の成果を上げた、そんな出来事が印象に強く残っています。


ある役職に就いたら、すぐに後任の育成を考えるように心がけています。下にチャンスを与えるためには、上がポジションの維持に固執することを避けるべきです。下の世代が成長すれば、おのずから自分の成長へのモチベーションにもつながります。


8番バッターが、常勝チームの名監督に育つこともある。8番バッターは花形ではなく、かつ現場では目立たない選手かもしれません。しかし、適切な舞台さえ用意すれば、大きく化ける可能性が十分にあります。とにかくチャンスを与えるために、管理職への若手の登用を意識しています。


社長として注意しているのが、「社員との距離感」です。ニューバランスジャパンでは、「スポーツ休日」という制度を設けています。5月と10月の年に2回ある、スポーツを楽しむことを目標とした休日で、有志のメンバーが集まり、ゴルフコンペを開催しています。コンペには、私のほかに様々な役職の人間が参加しますが、当日は仕事の話はご法度。上司と部下という関係を持ち込まず、多くの社員と触れ合える非常に貴重なチャンスとして、私も積極的にコミュニケーションを取り、社員との距離をできるだけ近づけるように心がけています。


「社員との距離が近い=馴れ合い」になってしまっては困ります。そこで、私が仕事のうえで日常的に意識しているのが、「レポートライン」の順守です。意見や要望などは必ずチームで集約し、上司へと報告するのが基本。組織として当たり前のことですが、意識を徹底することで中間となる管理職の責任を明確化でき、さらには、リ-ダーシップの発揮を促すことにもつながります。


ニューバランス本社の体質として、アメリカの方針を強引に押しつけるということはありません。アパレルの5割は日本で商品開発しています。シューズに関しても3割程度。外資のスポーツメーカーの中で、シューズを日本で開発しているところはほとんどない。


ニューバランスの特徴の一つは、他のメーカーと違って株式上場をしていないプライベートカンパニーなので、オーナーの意向が経営方針に反映されるということです。それは、クラフトマンシップであったり、フィッティングであったりを重視することに表れています。


アメリカのオーナー、ジェームス・S・デービスは従業員を「エンプロイー(従業員)」と呼ぶと怒るんです。社員は家族であって「アソシエイツ(仲間)」であると。外資系といえば、転職が多いという印象があると思うんですが、うちに関していえば離職率が1%を切っているんです。


本社から派遣されている外国人社員はゼロです。外資系といいながら、西洋人が一人もいない企業は珍しいと思います。もちろん、毎週、アメリカと電話会議は行っています。頻繁に本社から人も訪ねてきています。ただ、前任の林(喜弘)も私も日本人です。ニューバランスジャパンはずっと日本人が社長を務めてきました。これは日本だけではなく、中国も同じです。ニューバランスチャイナは、うちのほぼ倍の売り上げになっています。他の同業他社ならば役員、社員の多くは外国人でしょうけれど、ニューバランスチャイナは全部中国人。いわゆるローカルスタッフでやっているんです。


冨田智夫の経歴・略歴

冨田智夫、とみた・ともお。日本の経営者。ニューバランス・ジャパン社長。専門商社の蝶理、兼松などを経て、ニューバランス・ジャパンに入社。営業本部副本部長、営業本部長、執行役員、取締役、常務取締役などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

ラルフ・ウォルド・エマーソン

人間は、疑念を持つ。疑念を持つことは科学を芽生えさせる。


山内溥

いつまでもソフトの数がものを言う時代は続かない。数を増やすために手を広げるつもりはない。


内藤京子

ビジネスパーソンが最も頭を悩ますのが「お願い」「お断り」など言いにくいことを伝える局面です。相手に何かをお願いしたり、申し出を断ったりするのですから、いつも以上に言葉に慎重になります。こうした場面で役立つのは「クッション言葉」。相手を思いやる前置き文で始めることで相手の心をほぐし、受け入れ態勢を作らせるのです。たとえば、何かをお願いするときは、「恐れ入りますが」「ご面倒ですが」「ご足労ですが」などのクッション言葉を言ってから、本題に入ります。お断りのときは「せっかくですが」「残念ながら」「あいにくですが」などの言葉を添えます。実はこのクッション言葉、ビジネス敬語における強力ワードです。たとえ、この後に続く敬語があまり流暢でなかったとしても、クッション言葉があることで全体的に丁寧で感じのいい言葉遣いに聞こえるのです。


ロバート・アレン

お金はたとえいくらあったとしても、多すぎると言うことはありません。もちろん、お金で幸せが買えないことは、誰もが知っています。でも、それを自分自身で確かめたいと言うのが正直なところです。


青木孝憲(カーデザイナー)

カーデザイナーになるまでそんなに順風満帆には進みませんでした。様々な自動車会社の就職試験を受けてもすべて落ち、就職浪人をしたくらいです。それでも諦めきれずに、築60年・トイレ共同の汚いアパートで寝ころびながら、「ほかにデザイナーになる方法はないか」という思いでクルマの雑誌を眺めていたときに、光岡自動車の広告が目にとまったんです。求人募集の広告でも何でもなかったのですが、雇って欲しいと電話をかけました。作品だけでも見てくださいと必死で懇願したところ、面接してもらえることになりました。


山本忠人

なによりお客様第一。お客様の様々な業務フォローの中に、たとえば、当社のアペオスを組み込むとします。その場合、客先の業務フローをよく理解しなければ意味がありません。ITに関する相当な知識が必要なのです。


平野岳史

会社の規模によってマネジメントの仕方は変わる。社員が10人以下の場合、野球でいえば経営者がエースで4番でやっているのが一番会社として効率がいいと思うんです。一人で打って守る。社長の言うことを忠実にこなしてくれる社員と、自分が思う存分仕事ができるような体制作りが業績にもつながると思うんです。もうちょっと会社が大きくなって社員が50人くらいになると、いくら経営者が自分でやりやすいようにやったところで、自分一人では限界があります。社員全員のモチベーションを上げて頑張ってもらわないと、会社は大きくならないと思います。


松田憲幸

自分の手で販売していると、お客様から、「安いのはいいが、品質は大丈夫なのか」とか、「こういうソフトがあったらいいな」といった、有益なヒントを得ることができるのです。
【覚書き|毎週必ず販売店店頭に立つことについて語った言葉】


龍前隆

無駄遣いをするな、が口癖のとにかく厳しい親父でした。親父のような生き方は嫌だと心底思い、先祖から受け継いだ資産(土地)をビジネスで生かす方法をゼロから考えました。


藤冨雅則

営業ではこちらにも知識が不可欠となります。綿密な業界研究と企業研究は必須です。専門知識を存分に備えたプロの雰囲気を醸し出すことが、信頼性の源となるからです。


内田和成

マネジメント層に求められるのは「すぐに作業にかかる人」ではなく、「何を解決すべきか即決できる人」です。


丹生光

現代のビジネスパーソンに求められているのは、なんと言っても「問題解決」と「戦略策定」です。ルーチン作業だけをこなせばいい時代は終わり、そこに付加価値をつけなくては生き残れない時代になっているからです。