名言DB

9419 人 / 110788 名言

冨田哲郎の名言

twitter Facebook はてブ

冨田哲郎のプロフィール

冨田哲郎、とみた・てつろう。日本の経営者。「東日本旅客鉄道(JR東日本)」社長。東京出身。東京大学法学部卒業後、日本国有鉄道(国鉄)に入社。国鉄分割民営化に伴い、東日本旅客鉄道に入社。総務部人事課長、取締役総合企画本部経営管理部長、常務総合企画本部副本部長、副社長事業創造本部長、副社長総合企画本部長などを経て社長に就任。

冨田哲郎の名言 一覧

技術革新も大切です。けれど、それを成し遂げるには、世界やほかの産業に目を向け、開かれた組織、開かれた風土にすることが大事。


これからはオープンマインドが大事だとみんなに言っています。鉄道の次の時代はそこにある。


幸い若い社員たちは社内の留学制度の活用や海外での仕事に対しても非常に意欲的です。やろうという気持ちを抱く若手たちにどれだけチャンスを与えられるか。それも経営者としての重要な責任だと考えています。


社員たちには「鉄道の可能性というのは、あなたたちの可能性なんだよ」と話しています。「一人一人が自分の可能性を信じて成長しようじゃないか」と。そうして会社が成長すれば、ますます社員が成長するチャンスも生まれるわけですから。その正のスパイラルによって、鉄道事業の可能性は無限に拡大するはず。


新たな市場を探索し、国内でも海外でも活動のフィールドをもっと広げ、会社の成長を目指していくべきだと思っています。


欧州に事務所を開設したのは、欧州の優れた鉄道技術を取り入れることと同時に、逆に我々がもっている素晴らしい技術をどんどん欧州に普及させることが目的です。日本が特に秀でているのは、安全・正確かつ高頻度に列車を動かせるオペレーション力、設備や車両のメンテナンスカです。バンコク、ジャカルタの事例と同様、車両や信号設備だけでなく、オペレーションやメンテナンスといった総合技術力もパッケージにして欧州への輸出を目指します。


海外展開の目的のひとつは、企業体質の転換です。鉄道会社は、とかく自前主義の傾向が強い。悪くいえば内向き。これでは自ら成長の限界をつくってしまう恐れもあります。オープンマインドな企業風土は、鉄道の未来の可能性を広げるために非常に大切です。そこで、その風土をつくるきっかけを事業のグローバル化に求めたい。成長市場の獲得とあわせ、一石二鳥を考えているわけです。


鉄道会社にとっては、人を運ぶだけでなく、いまや生活基盤の提供も新しい使命になったと言えるでしょう。


何もかも政府頼みではどうしようもありません。民間企業も、人口減少の時代を迎えて、できることをきっちりやるよう求められる。公共性が高い鉄道会社はなおさらです。


国鉄が分割民営化されたときの目標は、「鉄道の再生と復権」でした。当時は「鉄道は時代遅れだ。これからは航空機と自動車だ」と言われました。それでも我々鉄道マンとしては、鉄道の未来の可能性を切り拓き、復権を目指したかった。まだ30代半ばだった私を含め、みんなそういう思いで国鉄改革に臨んだのです。


鉄道産業はまだまだ可能性があると思います。ですから、それを実現させるためにもまずは足元を固める。安全や安定、快適な輸送は当然のことですが、それに対する投資や社員に対する働きかけは繰り返し続けなくてはいけない。


フランスの地下鉄は、既に無人運転を実現しています。さすがに日本で完全な無人運転ができるかどうかは分かりません。一方で、そういうことができている国もあるんですから、我々ももっと目を開いて、素直に外の世界を知るべきでしょう。


人口減の現状に甘んじないで次の世代の鉄道をつくりたい。地方を元気にして、国内経済を活性化するためにやれることはまだまだある。その役割を、きちっと果たしていきたい。


人口減は我々にも日本にとっても大きな問題です。今後、生産年齢人口が減るのは間違いありません。ただしそれがそのまま経済活動の縮小につながるという考えは、あまりに悲観的過ぎる。必ず可能性もあるはずです。


冨田哲郎の経歴・略歴

冨田哲郎、とみた・てつろう。日本の経営者。「東日本旅客鉄道(JR東日本)」社長。東京出身。東京大学法学部卒業後、日本国有鉄道(国鉄)に入社。国鉄分割民営化に伴い、東日本旅客鉄道に入社。総務部人事課長、取締役総合企画本部経営管理部長、常務総合企画本部副本部長、副社長事業創造本部長、副社長総合企画本部長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

冨安徳久

建物を高く建てようとすればするほど基礎を深く掘る必要があります。企業幹部の使命とは基礎となる理念とビジョンを深く浸透させることです。それを怠ったら最初から事業の拡大なんて夢見ちゃいけません。


大東隆行

弊社は本部主導ではなく、店舗主導型です。これは王将の創業からの特徴です。地域に応じたオリジナルメニューを各店長が工夫する。値段設定も販促も、すべて店長の裁量次第。だから、地域の方に愛される個性のある店ができるのです。最近、地域密着型ビジネスの時代とよくいわれますが、ここまで徹底してやっているところはそんなにないと思います。


下村博文

教育は義務ではなく権利だと思っています。例えばインドでオオカミ少年というのが発見されたけど、生まれてすぐオオカミに育てられると姿形は人間でもオオカミなんですね。つまり、人間はもともと実は人間ではなく、教育を受けたから人間になる。教育は人間として幸せに生きるための権利だとみんなが自覚して、自らこんな教育を受けたいと求め、国は豊かな人間や人材になって行けるように教育の場を提供する。そういう社会が私の理想です。


村口和孝

事業活動の生産性の要は、役職員の日々の働きである。同じ人が倍働けば倍の生産性だが、やる気を失せれば十分の一にもなる。


斉藤惇

CEOを選ぶにも、指名委員会の委員長を社内のCEOがやっていると、社外取締役もその考えを追認しがち。そうではなく、数年かけて時間をかけて、コミュニケーションを取って決めていくべきです。最初は数十人とか100人の候補者リストから始めなければならない。候補者の中には社外の人もいるでしょう。そこから絞っていくプロセスが欠かせない。


矢野貴久子

自分が何をやるべきかをイメージできれば、仕事に対する誇りも生まれてきます。そうして問題点をクリアにしながら、「どうやったらできるか」という視点で、ゴールへの道筋を調整していく。「できた!」という充実感も、そこからきっと味わえるはずです。


新井直之(執事)

「名経営者は自分が会社を去ったあとに備えて事業のタネを蒔く」といわれます。遠い未来に目を向けているのです。


長岡實

昔の日本人と今の日本人は変わったのではないか。かつて、ザビエルが日本へ来て、ポルトガル人は日本人が好きになりました。その後時を重ねて、戦前、フランスの詩人ポール・クローデルが同じ詩人のポール・ヴァレリーに、自分は世界の中でどうしても滅んでほしくない国がある。それは日本だと言ったんです。「彼ら(日本人)は貧乏だけれどもノーブル(高貴)だ」と。私自身も含めて非常に恥ずかしい思いがする。日本は、戦後立ち直って経済的に豊かになったかもしれないけれど、貧乏だけれども高貴だというのとは逆に、金持ちだけど下品だということになっていないか反省する必要がある。何か日本人が薄っぺらになった感じがしてね。


渡部賢一

下手な考え休むに似たり。熟慮してもいいことはあまりありません。たとえば、私は1時間かけて100点をとる人よりも、10分で60点取れる人を評価します。一時間後に状況は一変しているかもしれない。それが現代のビジネス環境です。短時間で必要な点数をとれる人の方が、いまは求められているのです。


泉谷直木

最終的に取引が成立するかどうかは、人間関係が築けるかどうかによるところが大きい。