名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

冨田哲郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

冨田哲郎のプロフィール

冨田哲郎、とみた・てつろう。日本の経営者。「東日本旅客鉄道(JR東日本)」社長。東京出身。東京大学法学部卒業後、日本国有鉄道(国鉄)に入社。国鉄分割民営化に伴い、東日本旅客鉄道に入社。総務部人事課長、取締役総合企画本部経営管理部長、常務総合企画本部副本部長、副社長事業創造本部長、副社長総合企画本部長などを経て社長に就任。

冨田哲郎の名言 一覧

技術革新も大切です。けれど、それを成し遂げるには、世界やほかの産業に目を向け、開かれた組織、開かれた風土にすることが大事。


これからはオープンマインドが大事だとみんなに言っています。鉄道の次の時代はそこにある。


幸い若い社員たちは社内の留学制度の活用や海外での仕事に対しても非常に意欲的です。やろうという気持ちを抱く若手たちにどれだけチャンスを与えられるか。それも経営者としての重要な責任だと考えています。


社員たちには「鉄道の可能性というのは、あなたたちの可能性なんだよ」と話しています。「一人一人が自分の可能性を信じて成長しようじゃないか」と。そうして会社が成長すれば、ますます社員が成長するチャンスも生まれるわけですから。その正のスパイラルによって、鉄道事業の可能性は無限に拡大するはず。


新たな市場を探索し、国内でも海外でも活動のフィールドをもっと広げ、会社の成長を目指していくべきだと思っています。


欧州に事務所を開設したのは、欧州の優れた鉄道技術を取り入れることと同時に、逆に我々がもっている素晴らしい技術をどんどん欧州に普及させることが目的です。日本が特に秀でているのは、安全・正確かつ高頻度に列車を動かせるオペレーション力、設備や車両のメンテナンスカです。バンコク、ジャカルタの事例と同様、車両や信号設備だけでなく、オペレーションやメンテナンスといった総合技術力もパッケージにして欧州への輸出を目指します。


海外展開の目的のひとつは、企業体質の転換です。鉄道会社は、とかく自前主義の傾向が強い。悪くいえば内向き。これでは自ら成長の限界をつくってしまう恐れもあります。オープンマインドな企業風土は、鉄道の未来の可能性を広げるために非常に大切です。そこで、その風土をつくるきっかけを事業のグローバル化に求めたい。成長市場の獲得とあわせ、一石二鳥を考えているわけです。


鉄道会社にとっては、人を運ぶだけでなく、いまや生活基盤の提供も新しい使命になったと言えるでしょう。


何もかも政府頼みではどうしようもありません。民間企業も、人口減少の時代を迎えて、できることをきっちりやるよう求められる。公共性が高い鉄道会社はなおさらです。


国鉄が分割民営化されたときの目標は、「鉄道の再生と復権」でした。当時は「鉄道は時代遅れだ。これからは航空機と自動車だ」と言われました。それでも我々鉄道マンとしては、鉄道の未来の可能性を切り拓き、復権を目指したかった。まだ30代半ばだった私を含め、みんなそういう思いで国鉄改革に臨んだのです。


鉄道産業はまだまだ可能性があると思います。ですから、それを実現させるためにもまずは足元を固める。安全や安定、快適な輸送は当然のことですが、それに対する投資や社員に対する働きかけは繰り返し続けなくてはいけない。


フランスの地下鉄は、既に無人運転を実現しています。さすがに日本で完全な無人運転ができるかどうかは分かりません。一方で、そういうことができている国もあるんですから、我々ももっと目を開いて、素直に外の世界を知るべきでしょう。


人口減の現状に甘んじないで次の世代の鉄道をつくりたい。地方を元気にして、国内経済を活性化するためにやれることはまだまだある。その役割を、きちっと果たしていきたい。


人口減は我々にも日本にとっても大きな問題です。今後、生産年齢人口が減るのは間違いありません。ただしそれがそのまま経済活動の縮小につながるという考えは、あまりに悲観的過ぎる。必ず可能性もあるはずです。


冨田哲郎の経歴・略歴

冨田哲郎、とみた・てつろう。日本の経営者。「東日本旅客鉄道(JR東日本)」社長。東京出身。東京大学法学部卒業後、日本国有鉄道(国鉄)に入社。国鉄分割民営化に伴い、東日本旅客鉄道に入社。総務部人事課長、取締役総合企画本部経営管理部長、常務総合企画本部副本部長、副社長事業創造本部長、副社長総合企画本部長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

東平豊三

原価に利益をのせて価格を設定するという発想ではダメ。


高野誠鮮

人間の体はものすごく素晴らしい組織・システムです。ケガをしたら、すぐに体のすべての細胞が協力し合って治そうとする。ひとつの町も同じ。「いい場所にしたい」という、みんなの「心」が大事なのです。だから町おこしにマイナスなことばかり指摘する評論家は不要。たとえは自分の左腕が悪くなったとき、右腕は左腕を攻撃するでしょうか。必ず必死でリハビリしますよね。これが私の進める町おこしの柱に据えた理念、人体政治学、人体経済学という「人体主義」です。


奥田碩

感謝の気持ちを持つことが大事。傲慢になってはいけない。


天達武史

成功体験のなかった以前の自分は何事もマイナスに考えて、チャンスに気づいていなかった。例えば天達という苗字。人よりもいいところなんか1個もないと思っていたのに、こんな身近なところに武器が転がっていた。今では僕の強みですからね。たぶん僕が田中や鈴木だったら、今はないと思いますから。


古森重隆

人間の喜びも悲しみも愛も感動もすべてを表現する写真は、人間にとってなくてはならないものであり、長年のお客様のご愛顧にお応えするためにも、写真文化を守り育てることが当社の使命と考えています。


柴田昌治(コンサルタント)

月一回、テーマを立てて、定期的に議論を行うようにすると、自分と違う意見を許容する姿勢が身について、みるみるうちに組織が変わります。健康的で創造性のある意見交換が行われる風土になっていくのです。


マーシャル・ゴールドスミス

関係者の助言をすべてを改善すると約束してはいけない。あらゆることを変えるのは難しいからだ。リーダーになることは人気取りのコンテストではない。改善に取り組む事柄をひとつかふたつに絞り込むことがポイントである。


葛西敬之

人の能力を見るうえで、現在よく使われる人事評価方法、つまり自己分析をさせて目標を設定し、その達成度を上司が評価するという方法はほとんど意味がないと思っています。最も大切なのは、いろいろな人が長い期間にわたって評価したものを集約して判断することでしょう。


桜井一紀

ティーチングやアドバイスが有効に働く場面もあります。端的に答えを伝えたほうが、短期的にはスピードは速くなります。しかし、答えを自分のものにしていないため、部下の「指示待ち」をつくってしまい、長期的にはイノベーションや効率化を妨げます。


植木義晴

我々が正しいと思っていたことも、実は古い慣習にとらわれた時代遅れの考えだったと気づかされたこともたくさんありました。


久能祐子

日本では理科系の女性は少数でしたが、ドイツでは女性の大学院生も多く、「自分がやりたいことをやる」「それができる場所に移動する」「自分で考えて、人がやっていないことをやっていく」という感覚の人がたくさんいて、ミュンヘンは大きなターニングポイントになりました。


大宮英明

私は以前、目的や意図を誤解なくスムーズに伝えるために、部下への詳細な指示書をつくっていました。目的、期限、予算、参照すべき資料などを紙の上に列記し、どのような計算書を出してほしいかを明文化しました。ところが、どういうわけか十分に意図が通じないのです。部下がつくってきた資料が、私の指示とはかけ離れている。考えてみれば、自分では完ぺきな指示書を書いているつもりでも、それを解釈すし実行するのは部下です。そのことを私は計算に入れていなかったのです。