名言DB

9412 人 / 110637 名言

冨澤文秀の名言

twitter Facebook はてブ

冨澤文秀のプロフィール

冨澤文秀、とみざわ・ふみひで。日本の経営者。「ソフトバンクロボティクス」社長。NTTを経てソフトバンクに入社。ソフトバンクモバイル プロジェクト推進部長、ソフトバンク事業推進統括部長、ロボット事業責任者などを経てソフトバンクロボティクス社長に就任。

冨澤文秀の名言 一覧

あらゆる選択肢を考える習慣をつけることで、思考のスピードも精度も高まっていく。


なんでも上にお伺いを立てないと進まないような組織では、効率は非常に悪くなる。どうしても確認すべき事柄以外は、自分たちで判断できるよう、部下への権限委譲を進めることが重要。


どの事業でもそうですが、ロボット事業ではとくにスピードが大事。産業の初期のステージは、早い者勝ち。常に焦りはありますね。


パソコンも、もともとはただの箱でソフトもない状況でした。しかしパソコンを元に可能性があると思った人たちがいろいろなソフトを作って参入してモノになって一気に広がっていきました。ロボットもパソコンに近いストーリーになると思っています。


一番必要になるのはデベロッパーのような仲間です。何でもそうですけど、最初は誰かが無茶してスタートしても、その人だけではどうにもならなくて、それに賛同する人たちが一緒に盛り上げていくことで成り立つビジネスだと思います。


このスキームで駄目なら、ロボットビジネスはしばらく駄目かなと思います。だから日本のためにも世界のためにも成功させなければいけないという想いでやっています。


できないことを「できない」と証明するのは、実は極めて難しい。だったらむしろ、できることを挙げていき、できない理由を一つずつ潰していけばいい。取れる方法はすべて実行する。すると、最初は無理だと思っていたスケジュールがいつの間にか達成されていたりする。


万人にはお勧めできませんが、私はメモを取りません。取る必要がないと考えているからです。もし忘れたとしたら、それほど重要ではなかったということだと割り切っているのです。


ある目標を達成するための手段として、A案、B案、C案を思いついたとしても、それだけでは不十分。常識や自分の経験値の範囲内に留まらず、それこそ手段を選ばずD案、E案、F案と、あらゆる選択肢を考えてはじめて、不可能と思えることをも可能にすることができます。


現在の技術でできることと、できないことがあります。それを判断するためには、世界の最新技術を常にチェックする他ありません。実現可能な範囲でどこまで挑戦できるのかを考えたゴール設定が重要です。


たとえば仕事を頼むとき、「これ、やっておいて」だけでは、フランス人は怒ります。なぜその仕事をその人にやってもらう必要があるのか、相手にわかるよう説明する必要がある。相手をリスペクトする気持ちが重んじられます。


ロボットが家庭へ入るには、大前提として安全性や情報のセキュリティ-の問題を考えた上で、深く考えなければいけないのはキャラの問題だと思っています。どういう存在であるべきか。うざい、うざくないの境目は何か。そして感情を認識し、感情を持たせることをいかにアウトプットしていくかがポイントだと思っています。ここをクリアできれば、本当に家族の新しいパートナーとして受け入れられるのではないかと思っています。


社員が事前に考え抜くことを徹底するために、会議で一つの議題は15分から30分で終わらせます。30分はあっという間ですから、時間内で結論に導くには、入念な事前準備が必要です。議論が脇道にそれればもちろんアウトですし、私がある議題について「これはこうじゃないの? ああじゃないの?」と尋ねたとき、答えを用意していなければあっという間に時間切れです。だからこそ事前に、「社長がああ言ったら、この材料を提示して説得しよう」といったストーリーを考えうる限り出しておき、具体的な数字と一緒に山ほど答えを用意しておくわけです。慣れないうちは会議の準備だけで相当の時間がかかるでしょう。それでも繰り返すうちに、早くできるようになる。考えるというクリエイティブな作業も、訓練によってスピードアップできるのです。


商品を世に出すときに、中途半端な完成度では、必ず後発企業とのシェア争いに巻き込まれます。これでは、いくら他社に先駆けて商品化をしたところでいたちごっこになり、意味がありません。だから、その前に競合の動きを予想して、「どのような商品だったら競合を完全に突き放せるか」を徹底的に考えます。そのうえで、「これなら絶対に負けない」と確信を持てるまでに完成度を高める。そうすれば、競合が後追いしてもパクリ商品しか出せませんし、パクリ商品は怖くありません。


部下に権限委譲をするときに大切なのは、社長である私が組織運営上で何を大事にしているのかという、勘所を理解してもらうこと。社長はどんな点にこだわるとか、ここは勝手に進めて大丈夫だとか、そういうポイントです。社内ミーティングや会議の場で、あるいは日頃のコミュニケーションを通じて、それを理解してもらえるよう心がけています。


開発スピードを上げるには、やり方を根本的に変えること。たとえば、以前は1から10まで自分たちで開発していましたが、それでは限界があることに気づきました。そこで今は、該当する技術を持つ会社とパートナーを組み、世界中の最新技術を組み合わせて商品化を進める方法をとっています。こうして、最新の技術を選択しながら、開発スピードの飛躍的な短縮を実現できるようになりました。


孫(正義)社長はゴールしか提示しません。スケジュール設定もすごく厳しい。我々にはとうてい無理だと思えるのですが、社長は多くの経験から「できる」という感覚を持っている。我々はそれを実現する方法を考え、実行しなくてはならないわけですから、大変ですよ。たとえばその道のプロが10年かかると言うことでも、半分でやれと平気で言ってくるわけです(笑)。私もそれなりに経験を積んできましたが、孫社長の言葉を聞いて「え?」と耳を疑うことが今でもあります。その瞬間は実現のための方法論などまったく見えませんが、「わかりました」と涼しい顔で返事をします。言葉のやり取りはそれだけ。そうして、後で死ぬほど考えるのです。


冨澤文秀の経歴・略歴

冨澤文秀、とみざわ・ふみひで。日本の経営者。「ソフトバンクロボティクス」社長。NTTを経てソフトバンクに入社。ソフトバンクモバイル プロジェクト推進部長、ソフトバンク事業推進統括部長、ロボット事業責任者などを経てソフトバンクロボティクス社長に就任。

他の記事も読んでみる

桑原豊(経営者)

どんなことをしたいのか、そのためにどんなことをしてほしいのか、相手の立場を考えて発言しなければならない。


佐藤達郎

まずは自分の強みや弱みを認識し、何ができるか考える。自分をマーケティングする視点を持つべき。新しい働き口が成り立つか、会社員のうちに実験的に試し、感触を得ておくことが大切。


佐々木常夫

上司に報告・相談する時は、必ず文書で持っていくこと。人間というのは、事前に予告されると安心するんですよ。私は営業部の課長をしていた時に、部長に2週間に1度、30分間のアポイントを求めていました。部長が最も余裕のある日時を選んで、定期的に報告と相談をしていた。これ、ほとんどの人はしていませんね。アポを取る際は、必ず用件を文書にして出しました。


木戸次郎

資産家にとって、経済が厳しい時代は何かと心配がつきまとう大変な時期ですが、守るべきものはない、手ぶらでいる人にとっては、億万長者になれる本当のチャンス。


板尾創路

恋愛に限らず、出会いがしらに何かにのめり込むことはまずない。お店で「これえぇなぁ」と思っても、買わずに帰るなんてこともよくあります。普通の人なら直観的に何かを感じるような場面でも、僕はわりとボヤッとしてる。熱がないというか。でも納得できさえすれば、何でも受け入れられる性格でもあります。ある時、医者から「1日1個、リンゴを皮ごと食べると健康にいい」と言われて、食べ始めたら吹き出物が出にくくなったんですね。サプリとか化粧品は、効果が実感できなくて続かなかったんですけど、リンゴはもう3年間続いてます。まあ、だからといって、リンゴにほれてるわけでも、のめり込んでるわけでもないんですけど。


石田淳(コンサルタント)

知り合いのトップセールスの中に、マネジャーとして成功した人がいました。その理由を尋ねると、ある人は「いつも失敗談を話していた」と答えてくれました。失敗談は相手の共感を呼び、親密度を増す効果があります。仕事以外のプライベートを明かしていくのもいいでしょう。いずれにしても同じ目線で話すことが大事です。


永野毅

保険会社は経営として常に悩む点があります。収益性と健全性という柱があるとすると、私は健全性を優先します。


村口和孝

長く成長する企業は、従業員も取引先とも、長い公正な関係を築いている。


堀之内九一郎

事業が軌道に乗らなければ、当然、大赤字。馬鹿力を引っ張り出して黒字にしないと、大変なことになります。が、新しいことに挑戦したいという欲のほうが上回ってしまうから、やらずにはいられない。私はホントに大馬鹿です。


ロッシェル・カップ

将来に起こりうるキャリア変更のため、または現在の企業で自分の進路を設定するために、こんな自問をするといいでしょう。

「自分は何をすることが好きか?」「自分は何に情熱を持てるか?」「自分は仕事の何に意味と目的を見出すか?」「自分は何が得意か?」

これらに自答して、それを自分の向かうキャリアに対する展望と共に考察し、積極的に自分の長所を他人と共有していくことが必要です。


森岡毅

よく、「どうしてやることなすこと全部当たるんですか?」と言われますが、負けそうな戦は避けて、勝てる戦だけを見つけているからです。「どう闘うか」より「どこで闘うか」です。


小林栄三

いまは何でもデジタルに落とし込もうという傾向がありますが、人と人のコミュニケーションは白か黒、0か1では割り切れない。もっとアナログなものです。性格ひとつとっても、陽気という見方もあれば、ちゃらんぽらんという見方もできる。だからフェイス・トゥ・フェイスが重要なのです。そこを忘れなければ、コミュニケーションの質と深さが違ってくる気がします。


グレン・スミス

特に、最新製品の導入の早さでは絶対に負けません。お客様の製品開発や迅速な市場投入を実現するため、新製品をいち早くストックし、あらゆる顧客に完全なサービスを提供することを大切にしています。


長谷川博己

食事はなるべくいいものを取ろうと思って気を付けてはいるんですけど、体が疲れてくるとだんだん体に悪いものを欲するようになりますね。油っこいものや味の濃いもの、お酒も。それを我慢すると気分転換にもならないし、そんな真面目なことやってるのもつまんない人間だなって思って(笑)。だから最近は、以前よりも大らかになりました。次の日をまた新たな気持ちで迎えられるように、時には自分を解放しています。


大山泰弘

自分の能力に見合った仕事ができて、褒められると従業員は喜んで仕事をする。ある時、当社を見学に来た小学生が後日、「天の神様はどんな人にも、役立つ才能を与えてくださっているのですね」と手紙をくれたことがあり、気付きました。誰もが役に立つことで幸せを感じる共感脳を持っているのです。