名言DB

9429 人 / 110879 名言

冨永照子の名言

twitter Facebook はてブ

冨永照子のプロフィール

冨永照子、とみなが・てるこ。日本の飲食店経営者。浅草の老舗そば屋「十和田」4代目女将、「浅草おかみさん会」理事長。浅草の街おこしに尽力した。

冨永照子の名言 一覧

行政が現場の話を聞かないまま、よくわからないルールを押し付ければ、お店の個性が1つ減ってしまう。


サンバが成功して次に頑張ったのが「つくばエクスプレス」です。常磐新線の計画か進んでいたころ、新聞に「田端止まり」っていう小さな記事が載ったんです。南千住から真っすぐ南側に線路を延ばせば浅草なのに、キュッと山に曲がって田端はないでしょうと、反対運動を始めました。それで、元国鉄総裁の磯崎叡さんに陳情に行きました。磯崎さんと一緒だと、国士交通省でも、JR関係でも、偉い人がちゃんと話を聞いてくれるのがありがたいですね。


最初は阿波踊りでも呼ぼうかという話だったんですが、亡くなった喜劇役者の伴淳三郎さんが「阿波踊りなんて古い。リオのカーニバルだよ」って台東区長に話したそうで。区長と浅草の旦那衆がみんなでリオに見に行っちゃった。お腹を壊した人もいたけど、帰ってきたらみんな「あれはいいよ!」と盛り上がってサンバに決まりました(笑)。今、サンバは花火より盛り上がっていますよ。サンバの日は朝からおじさんたちが、熱射病対策のペットボトルを抱えて場所取りして動かないのよ。商店街の活性化ですから、「清く正しく美しく」だけじゃ駄目なんです。チラリズムにあると思っています。


浅草は、もともとは何にもないところなのです。この前の東京オリンピック(1964)では、新幹線や高速道路ができたりして、人の流れが変わって、浅草に誰もこなくなってしまいました。そのちょっと前までは日本一の盛り場だったのに、浅草六区の表通りには、1時間に人が5人と犬1匹しかいないなんてこともありました。その何にもないところからスタートして、「浅草は(お客さんが喜ぶことなら)なんでもあり!」という精神で、ここまでやってきました。2階建てバスだって、サンバカーニバルだって、普通の考えではできなかったと思います。


昭和39年の東京オリンピックでテレビが普及して、日本人の娯楽が変わってしまったの。いつもにぎわっていた浅草の映画館街もさびれてしまって、町は荒れるし、どうにかして人を浅草に呼ばなきゃと最初に思いついたのがロンドンの2階建てバスを浅草で走らせるイベント。ロンドンも浅草も下町だから面白いと思いました。バスを買うお金がなくて、いろいろな企業を回って出資をお願いしたけど、当時は「おかみさん会」の知名度がなくて相手にしてもらえませんでした。それで、浅草の飲食店街への営業に力を入れていたサントリーの佐治敬三社長(当時)に「おかみさんたちの店でウイスキーを売るから」とかけあって、1500万円出してもらいました。でも、いろいろな規制があって、乗り合いバスとしては運行できないことがわかり、お客様から運賃をとってはいけないことになりました。そこで知恵を絞り、乗る際に「記念グッズ」を買っていただくということにして採算を合わせました。2階建てバスには、おかげさまで上野駅の朝のラッシュ並みにお客様が来てくださった。


冨永照子の経歴・略歴

冨永照子、とみなが・てるこ。日本の飲食店経営者。浅草の老舗そば屋「十和田」4代目女将、「浅草おかみさん会」理事長。浅草の街おこしに尽力した。

他の記事も読んでみる

藤森義明

誰だって高い成果は出したいと思っています。かといって、自分より能力の高い人を周りに置くのは怖い。だから、「部下が自分の実力を追い抜くことを心から喜べる」という気持ちを持っていることが、リーダーにとって重要だというわけです。


和田裕美

旅行の予定を立てたり、見たいお芝居のチケットを買ったり、または仕事でもワクワクするイベントを計画したりと、未来のその日までワクワクして待てるプランを仕込んでしまう。とにかく無理矢理にでも「未来にワクワクがある」という状況を作ってしまう。そうすることで目標ができて前向きになり、次第に心がワクワクしてきます。現状から楽しいことを探すクセがついて、ワクワクが増えていくのです。


荻田伍

問題は危機感を持ってお客様の声を真摯に聞く姿勢です。いくら市場調査をやっても、社員に緊張感や危機感がなければ、お客様の声をきっちりと聞くことはできません。


尾平泰一

部門長への昇進・昇格などの際も、客観性のある人物評価ではなく、経営トップの経験と勘で任命しているケースがあると思います。もちろん、経営者の眼力はあるでしょう。しかし、これだけ企業間の提携や買収・合併が常態化し、トップが事業のすべてを掌握することが難しくなってきたいま、客観的なツールが必要になってきます。


河辺よしろう

組織や財務に力を入れても、顧客となるファンはつかめません。入り口となるのはあくまで商品ですから、いかにしてそこにファンをつくるかという戦略を考えましょう。


椋木修三

記憶というと頭に入れることばかりに目が行きますが、思い出すことも重要です。記憶する時間と想起する時間、インプットとアウトプットの両方が必要なのです。名刺交換のあと、「歌手の○○に似ていたな」と相手のことを思い出しながら、メモする。そのこと自体がアウトプットになります。時折それを見直すことが習慣になれば、記憶の定着率もぐんと上がります。


川村元気

迷ったら戦略に照らして考えればいい。


鈴木喬(経営者)

非常時になったら、心を鬼にしなければ、生き残れないことだってある。


大原孝治

ホームセンターには家に必要なものが揃っています。しかし、消費者には何を買えば良く、どう使えば便利なのかが分からないのではないでしょうか。ただ商品が並んでいるだけでは、ニーズに届かない。そこを埋めるコンサル的な役割を果たす店舗を考えていきたい。


山本遼(経営者)

不動産会社が高齢者を避けるのは慣習的なもの。変える余地はあります。孤独死に伴う空室や原状回復などのリスクがあるのは事実。でも大家さんが安心して物件を貸し出せるよう入居者の死亡事故を対象とした保険や保障の仕組み、事故を予防・早期発見する地域の見守りサービスとの連携を提案すれば、安心してもらえる。業界の慣習は捨てられるんです。