名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

冨永照子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

冨永照子のプロフィール

冨永照子、とみなが・てるこ。日本の飲食店経営者。浅草の老舗そば屋「十和田」4代目女将、「浅草おかみさん会」理事長。浅草の街おこしに尽力した。

冨永照子の名言 一覧

行政が現場の話を聞かないまま、よくわからないルールを押し付ければ、お店の個性が1つ減ってしまう。


サンバが成功して次に頑張ったのが「つくばエクスプレス」です。常磐新線の計画か進んでいたころ、新聞に「田端止まり」っていう小さな記事が載ったんです。南千住から真っすぐ南側に線路を延ばせば浅草なのに、キュッと山に曲がって田端はないでしょうと、反対運動を始めました。それで、元国鉄総裁の磯崎叡さんに陳情に行きました。磯崎さんと一緒だと、国士交通省でも、JR関係でも、偉い人がちゃんと話を聞いてくれるのがありがたいですね。


最初は阿波踊りでも呼ぼうかという話だったんですが、亡くなった喜劇役者の伴淳三郎さんが「阿波踊りなんて古い。リオのカーニバルだよ」って台東区長に話したそうで。区長と浅草の旦那衆がみんなでリオに見に行っちゃった。お腹を壊した人もいたけど、帰ってきたらみんな「あれはいいよ!」と盛り上がってサンバに決まりました(笑)。今、サンバは花火より盛り上がっていますよ。サンバの日は朝からおじさんたちが、熱射病対策のペットボトルを抱えて場所取りして動かないのよ。商店街の活性化ですから、「清く正しく美しく」だけじゃ駄目なんです。チラリズムにあると思っています。


浅草は、もともとは何にもないところなのです。この前の東京オリンピック(1964)では、新幹線や高速道路ができたりして、人の流れが変わって、浅草に誰もこなくなってしまいました。そのちょっと前までは日本一の盛り場だったのに、浅草六区の表通りには、1時間に人が5人と犬1匹しかいないなんてこともありました。その何にもないところからスタートして、「浅草は(お客さんが喜ぶことなら)なんでもあり!」という精神で、ここまでやってきました。2階建てバスだって、サンバカーニバルだって、普通の考えではできなかったと思います。


昭和39年の東京オリンピックでテレビが普及して、日本人の娯楽が変わってしまったの。いつもにぎわっていた浅草の映画館街もさびれてしまって、町は荒れるし、どうにかして人を浅草に呼ばなきゃと最初に思いついたのがロンドンの2階建てバスを浅草で走らせるイベント。ロンドンも浅草も下町だから面白いと思いました。バスを買うお金がなくて、いろいろな企業を回って出資をお願いしたけど、当時は「おかみさん会」の知名度がなくて相手にしてもらえませんでした。それで、浅草の飲食店街への営業に力を入れていたサントリーの佐治敬三社長(当時)に「おかみさんたちの店でウイスキーを売るから」とかけあって、1500万円出してもらいました。でも、いろいろな規制があって、乗り合いバスとしては運行できないことがわかり、お客様から運賃をとってはいけないことになりました。そこで知恵を絞り、乗る際に「記念グッズ」を買っていただくということにして採算を合わせました。2階建てバスには、おかげさまで上野駅の朝のラッシュ並みにお客様が来てくださった。


冨永照子の経歴・略歴

冨永照子、とみなが・てるこ。日本の飲食店経営者。浅草の老舗そば屋「十和田」4代目女将、「浅草おかみさん会」理事長。浅草の街おこしに尽力した。

他の記事も読んでみる

井上貞治郎

巫女は白髪の老婆だった。御幣を上げ下げしているうちに、体が踊りだす、目がつりあがる。巫女は上ずった声で言った。「他はいかん、いかん。紙じゃ、紙の仕事は立て板に水じゃ……」。よし、これで決まった。それから50年、私はカミのお告げに従って、紙にしわを寄せながら生きてきた。
【覚書き|29歳のとき、これからどんな仕事で生きていくか悩んでいたとき、占い師に意見を聞きに行ったことを振り返っての発言】


村松加王里

聞き上手になるためには、否定や反論をしないほうがいいとされていますが、きちんと意見を主張する人は好感を持たれます。「Yes,and」テクニックを使って、「なるほど」と一度受け止めてから、「こういうパターンは?」など、提案という形を使うといいでしょう。


田中仁(経営者)

組織のビジョンがなければ、製品やサービスで他社に勝つことはできても、会社を永続させることはできません。


大西洋

コアコンピタンスを軸に事業を広げれば、その内容がブレることはないでしょう。ブランド価値を毀損する懸念も生まれません。


村上憲郎

勉強が続かない人は、厳しい言い方ですが危機感が足りないのでしょう。「いま必要ないから」といって英語の勉強を怠っていると、いつ大きな渦に巻き込まれるかわかりません。「自分の職種がまさか……」と思っていても、気がつけば英語ができないと給料が上がらないという状況になっているかもしれません。そういう危機感を持てないということ自体が問題だ、という意識を持つべきです。


平野友朗

効率的に大量のメールを処理するポイントは、「読む回数」と「書く時間」を減らすこと。


遠藤功

今後の地方活性化においては、スピードとスローをいかに組み合わせるかが求められます。たとえば現地までは新幹線でスピーディに行き、現地に着いたらゆっくり過ごす。地方にミニ都会を作るのではなく、いかにスローの魅力を提供できるかが問われるでしょう。


中川政七・13代目(中川淳)

ブランディングも最終的に商品に落とし込まれますが、出発点はどちらかというと市場ではなく自分にあります。「自分がどうしたいか」「どういう商品を作りたいか」に力点を置くのです。中小メーカーの勝ち目は、ブランディングにあると考えています。


鈴木悟史(経営者)

企業の生産性の向上は、日本の抱える大きなテーマ。その意味で今は追い風が吹いている。その風をどうとらえるかが重要。


マドレーヌ・ド・サブレ

その人に備わった本当に偉大な才能も、実際に使われなければ持っていないことと同じです。


森本智子

タレントの中川翔子さんは本を一度に100冊買うこともあるそうです。ご自宅は本だらけで、もちろんマンガもあるし、ちょっと難しい宇宙の本なども。既に持っている本でも「これは!」と思ったら、さらにもう1冊買って「お気に入り本棚」に保管しているようです。将来、生まれてくる子供のための本棚もあるんです。最初聞いた時は驚きましたが、すごく素敵だと思います。


林恵子(経営者)

カタログ通販では、思わぬ形で競合が現れ、成長が鈍化した。いつかはビジネスモデルをまねされるだろうと思っていたが、徹底的に同じようなビジュアルで、あそこまで低価格の商品が出てくるとは思わなかった。