名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

冨永照子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

冨永照子のプロフィール

冨永照子、とみなが・てるこ。日本の飲食店経営者。浅草の老舗そば屋「十和田」4代目女将、「浅草おかみさん会」理事長。浅草の街おこしに尽力した。

冨永照子の名言 一覧

行政が現場の話を聞かないまま、よくわからないルールを押し付ければ、お店の個性が1つ減ってしまう。


サンバが成功して次に頑張ったのが「つくばエクスプレス」です。常磐新線の計画か進んでいたころ、新聞に「田端止まり」っていう小さな記事が載ったんです。南千住から真っすぐ南側に線路を延ばせば浅草なのに、キュッと山に曲がって田端はないでしょうと、反対運動を始めました。それで、元国鉄総裁の磯崎叡さんに陳情に行きました。磯崎さんと一緒だと、国士交通省でも、JR関係でも、偉い人がちゃんと話を聞いてくれるのがありがたいですね。


最初は阿波踊りでも呼ぼうかという話だったんですが、亡くなった喜劇役者の伴淳三郎さんが「阿波踊りなんて古い。リオのカーニバルだよ」って台東区長に話したそうで。区長と浅草の旦那衆がみんなでリオに見に行っちゃった。お腹を壊した人もいたけど、帰ってきたらみんな「あれはいいよ!」と盛り上がってサンバに決まりました(笑)。今、サンバは花火より盛り上がっていますよ。サンバの日は朝からおじさんたちが、熱射病対策のペットボトルを抱えて場所取りして動かないのよ。商店街の活性化ですから、「清く正しく美しく」だけじゃ駄目なんです。チラリズムにあると思っています。


浅草は、もともとは何にもないところなのです。この前の東京オリンピック(1964)では、新幹線や高速道路ができたりして、人の流れが変わって、浅草に誰もこなくなってしまいました。そのちょっと前までは日本一の盛り場だったのに、浅草六区の表通りには、1時間に人が5人と犬1匹しかいないなんてこともありました。その何にもないところからスタートして、「浅草は(お客さんが喜ぶことなら)なんでもあり!」という精神で、ここまでやってきました。2階建てバスだって、サンバカーニバルだって、普通の考えではできなかったと思います。


昭和39年の東京オリンピックでテレビが普及して、日本人の娯楽が変わってしまったの。いつもにぎわっていた浅草の映画館街もさびれてしまって、町は荒れるし、どうにかして人を浅草に呼ばなきゃと最初に思いついたのがロンドンの2階建てバスを浅草で走らせるイベント。ロンドンも浅草も下町だから面白いと思いました。バスを買うお金がなくて、いろいろな企業を回って出資をお願いしたけど、当時は「おかみさん会」の知名度がなくて相手にしてもらえませんでした。それで、浅草の飲食店街への営業に力を入れていたサントリーの佐治敬三社長(当時)に「おかみさんたちの店でウイスキーを売るから」とかけあって、1500万円出してもらいました。でも、いろいろな規制があって、乗り合いバスとしては運行できないことがわかり、お客様から運賃をとってはいけないことになりました。そこで知恵を絞り、乗る際に「記念グッズ」を買っていただくということにして採算を合わせました。2階建てバスには、おかげさまで上野駅の朝のラッシュ並みにお客様が来てくださった。


冨永照子の経歴・略歴

冨永照子、とみなが・てるこ。日本の飲食店経営者。浅草の老舗そば屋「十和田」4代目女将、「浅草おかみさん会」理事長。浅草の街おこしに尽力した。

他の記事も読んでみる

ラルフ・ウォルド・エマーソン

教育の秘訣は、生徒を尊敬することにある。小中学校や大学で教える事柄は、教育ではなく教育の手段である。


出口汪

文章の内容をきちんと理解できない人は往々にして、文章を読みながら、同時に自分(主観)と対話しようとします。だから著者の意図も理解できなければ、自分の思考もまとまらないのです。


山田昭男

「毎日忙しくて、残業させないと追いつかない」という管理職には、「残業させるだけの仕事が大量にあるなら、新たに1人雇え」といっている。元をとれるはずだから。でも、そういって新たに人を雇った部長はいないね。だいたい、時間内でできるようになる。1人分の仕事量なんて、全員で工夫すればなんとかなるということだよ。


井出健義

リーマンショック後、純輸入車市場が25万台前後から16万台まで落ち込みました。そのとき、ヤナセの経営の方向性をはっきり決めようということで、初めて中長期ビジョンをつくったんです。それが「顧客目線の原点に戻り、魅力ある全天候型持続・成長可能企業になる」という言葉です。


西田公昭

相手を簡単に騙せるのであれば、自分も「騙しの手口」を使いたい――。そう考える人もいるかもしれません。しかしビジネスで相手を騙すことには、大きなリスクがあります。信頼の構築には長い時間がかかりますが、信頼を失うのは一瞬です。


佐藤康博

私は「利益で(国内)3番手とかを気にするな」とみんなに話しています。一番儲かる銀行が偉いわけではないと思うんです。もちろん、収益は上げなければいけないし、株主からの負託を受けているのは事実です。ただ、そのために何でもいいから数字を作ってしまうのは、どうかと。


西田厚聰

高度成長期、日本企業の間では、「シェアか利益か」「品質かコストか」といった議論がありました。日本市場全体が成長しているときにはこうした二者択一でも通用したのでしょう。現在の市場環境では、この相反する両要素をバランスよく追求していかなければ、生き残りは難しいのです。


渡邉美樹

長い目で見れば悪いことは決して続かない。


冨安徳久

「死生観」という言葉の通り、人は「死」を先に考えてこそ、「生きること」を考えられます。死を考えることで初めて、時間を意識するようになるわけです。時間は有限であること、明日が来るかなど分からないことを知り、限りある命の時間を生きる。「今日一日が全て」と思う生き方をせねばなりません。


竹内清文

不要なガラクタの候補は、「壊れたモノ、未完成のモノ」「使わないモノ」「好きじゃないモノ」「散らかっているモノ」「無理に押し込んで、しまっているモノ」の5つ。「持っていると気分が高まる?」「一番好き?」「2年以内に使った?」の3つの質問を自分に問いかけて見極めよう。


益子修

トライトンはいままでにないデザインで、新しいライフスタイルを提案したクルマです。我々は他社が手掛けていない、新しい市場にも挑戦していかなければなりません。
【覚書き|タイで発売した新型ピックアップトラックのトライトンについて語った言葉】


トーマス・カーライル

お前が実行することによって獲得した以外の知識は、所有しているとは言えないだろう。