名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

冨永照子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

冨永照子のプロフィール

冨永照子、とみなが・てるこ。日本の飲食店経営者。浅草の老舗そば屋「十和田」4代目女将、「浅草おかみさん会」理事長。浅草の街おこしに尽力した。

冨永照子の名言 一覧

行政が現場の話を聞かないまま、よくわからないルールを押し付ければ、お店の個性が1つ減ってしまう。


サンバが成功して次に頑張ったのが「つくばエクスプレス」です。常磐新線の計画か進んでいたころ、新聞に「田端止まり」っていう小さな記事が載ったんです。南千住から真っすぐ南側に線路を延ばせば浅草なのに、キュッと山に曲がって田端はないでしょうと、反対運動を始めました。それで、元国鉄総裁の磯崎叡さんに陳情に行きました。磯崎さんと一緒だと、国士交通省でも、JR関係でも、偉い人がちゃんと話を聞いてくれるのがありがたいですね。


最初は阿波踊りでも呼ぼうかという話だったんですが、亡くなった喜劇役者の伴淳三郎さんが「阿波踊りなんて古い。リオのカーニバルだよ」って台東区長に話したそうで。区長と浅草の旦那衆がみんなでリオに見に行っちゃった。お腹を壊した人もいたけど、帰ってきたらみんな「あれはいいよ!」と盛り上がってサンバに決まりました(笑)。今、サンバは花火より盛り上がっていますよ。サンバの日は朝からおじさんたちが、熱射病対策のペットボトルを抱えて場所取りして動かないのよ。商店街の活性化ですから、「清く正しく美しく」だけじゃ駄目なんです。チラリズムにあると思っています。


浅草は、もともとは何にもないところなのです。この前の東京オリンピック(1964)では、新幹線や高速道路ができたりして、人の流れが変わって、浅草に誰もこなくなってしまいました。そのちょっと前までは日本一の盛り場だったのに、浅草六区の表通りには、1時間に人が5人と犬1匹しかいないなんてこともありました。その何にもないところからスタートして、「浅草は(お客さんが喜ぶことなら)なんでもあり!」という精神で、ここまでやってきました。2階建てバスだって、サンバカーニバルだって、普通の考えではできなかったと思います。


昭和39年の東京オリンピックでテレビが普及して、日本人の娯楽が変わってしまったの。いつもにぎわっていた浅草の映画館街もさびれてしまって、町は荒れるし、どうにかして人を浅草に呼ばなきゃと最初に思いついたのがロンドンの2階建てバスを浅草で走らせるイベント。ロンドンも浅草も下町だから面白いと思いました。バスを買うお金がなくて、いろいろな企業を回って出資をお願いしたけど、当時は「おかみさん会」の知名度がなくて相手にしてもらえませんでした。それで、浅草の飲食店街への営業に力を入れていたサントリーの佐治敬三社長(当時)に「おかみさんたちの店でウイスキーを売るから」とかけあって、1500万円出してもらいました。でも、いろいろな規制があって、乗り合いバスとしては運行できないことがわかり、お客様から運賃をとってはいけないことになりました。そこで知恵を絞り、乗る際に「記念グッズ」を買っていただくということにして採算を合わせました。2階建てバスには、おかげさまで上野駅の朝のラッシュ並みにお客様が来てくださった。


冨永照子の経歴・略歴

冨永照子、とみなが・てるこ。日本の飲食店経営者。浅草の老舗そば屋「十和田」4代目女将、「浅草おかみさん会」理事長。浅草の街おこしに尽力した。

他の記事も読んでみる

森川亮

事業計画は一応あるんですよ。ただ、つくり手がそれを意識しても意味がない。計画があると、つくり手は計画通りやろうとします。たとえば3カ月の計画が2カ月でできたら、もうちょっと何かやろうという話になるし、逆に本当はもっとかかりそうだったら、何か削ってしまおうとしてしまう。でも、それはユーザーにとって無意味なこと。一番大事なのはいいものを早く出すことなので、つくり手もそれに集中してもらったほうがいいですよね。


山下孝一

特別なことは何もありません。当たり前のことをちゃんとやるだけです。「平凡」なことを「継続」すると、やがて「非凡」になります。


マルセル・ビジャール

可能なら実行する。不可能でも断行する。


能作克治

地元の人から「能作はいいね」と言ってもらえるのが一番ですね。県外にもうちの商品を持っていってくれて、「能作は富山県なんだ」と宣伝してくれる。タクシーの運転手さんも、お客様から「能作までお願いします」と言われると、高岡駅から当社に着くまでのあいだに、能作についてひととおり語ってくれる。そうなると、うちは営業が要りません。


舟竹泰昭

(日本長期信用銀行に勤務していたとき)外部から招かれたインド人上司から数々の指摘を受けました。たとえば閉店時間。そのインド人上司に「なぜ午後3時で閉まるのか」と聞かれ、私たちは「勘定締めの作業があるから」「システムが止まるから」などと答えるわけです。すると「お客様に来てほしくないのですか」と。勘定締めといっても全員がかかりきりになるわけではありません。システムについても取引実行は翌日だとしても受付だけでもすればお客のためになる。私はその後、セブン銀行に転じるわけですが、やはりあのときたたき込まれた「顧客目線の徹底」は、現在の仕事にも生かされていると感じます。


井上亮(オリックス)

海外畑が長いため、これまで多くの外国人と一緒に仕事をしてきました。その経験から言えるのは、最近の日本人はハングリーさやチャレンジ精神に欠けているということです。


五十嵐健

ジェスチャーや立ち居振る舞いは、プレゼンにおいて「本気」を相手に伝えるための技術です。


堀公俊

会議をリードするのはファシリテーター(進行役)の役目だと思っている人が多いと恐いますが、それは勘違い。会議は参加者全員で組み立てていくもの。新入社員であっても会議をリードすることはできます。


ハワード・シュルツ

社員が会社の使命に共感し、成功したチームの一員として誇りを持ってほしいというのが、私の当初からの願いだった。この願いを実現するためには、目的を明確に定めるとともに、全社員の意見に耳を傾ける必要がある。


メンタリストDaiGo

仕事上の人間関係は絞れないという人は、副業や投資をするといいでしょう。そうして、いつでも今の仕事を辞められるようにしておけば、仮に、上司や取引先に対してムカつくことがあっても、「じゃ、辞めます」と言えます。結局、その選択肢が取れないから、ストレスが溜まるのです。私はテレビや出版だけでなく、様々な仕事をしているので、嫌な相手ならすぐ断ち切れる。一度、あるテレビ局とケンカしたことがありますが、出入り禁止になっても痛くもかゆくもありませんでした。様々な仕事に手を出していれば、仕事でも人間関係を絞り込めるのです。


福永雅文

差別化と集中の結果、「私には合わない」と離れるお客もいるかもしれません。しかし、残ってくれた人にとって圧倒的なナンバーワンになればいい。それがビジネスを好転させる鍵になる。


岡倉天心

日々の暮らしぶり、そのなにげない仕草のうちに、内心の動きはあらわれる。