名言DB

9413 人 / 110706 名言

冨岡弘の名言

twitter Facebook はてブ

冨岡弘のプロフィール

冨岡弘、とみおか・ひろし。日本の経営者。コニカ(のちのコニカミノルタ)社長・相談役。1910年生まれ、宮崎県出身。

冨岡弘の名言 一覧

いまや、ある規模以上の企業ではスーパーマンに頼る経営は通用しない。いろいろなタイプの人材をさまざまな分野に適時展開するのが経営である。


冨岡弘の経歴・略歴

冨岡弘、とみおか・ひろし。日本の経営者。コニカ(のちのコニカミノルタ)社長・相談役。1910年生まれ、宮崎県出身。

他の記事も読んでみる

古木大咲

単なる不動産会社というカテゴリーではなく、ITを活用した「不動産情報企業」として当社が生まれ変わったのは、リーマン・ショックという危機があったからだと思っています。


松井忠三

日付の下には毎日天気を書いています。これは、良品計画時代に始めました。天候は、毎日の商品売上げに大きく影響する事項だったからです。今年と前年の同日の売上げを比較するとき、「去年の今日は台風が来ていた」などの情報は不可欠。現在は単なる習慣として書いていますが、当時は最重要と言えるデータでした。


伊藤真(弁護士)

話す内容や話し方に自信がない人も話が長くなりやすいので要注意です。自信がないと断定的に言うことができず「○○と考えることもできますが、△△と考えることもできます」というような言い回しになります。その結果、話の流れもジグザグして、聞き手は「何が言いたいの?」となってしまいます。


嶋浩一郎

世界に誇る日本独自のクールな飲食スタイル「回転寿司」も、ひょんなきっかけから生まれました。「元祖廻る元禄寿司」の創業者が発明したのですが、きっかけは飲食店組合の行事で行ったビール工場見学でした。ベルトコンベヤーで流れているビール瓶を見て、「こんな感じで寿司が客のところまで運べたら手間がかからないのに」と思ったそうです。試作機で難航した回転台のカーブ部の機構も、名刺を扇形に開いた時に「この形にすればいいのでは?」とひらめいたそう。だから回転寿司は、会社員が最もなじみのある「ビール」と「名刺」から生まれたと言ってもいいかもしれません。


田中達也(経営者)

13年前、いきなり中国赴任を命じられました。国内営業一筋だった私は、出張経験すら乏しいまま中国に飛び込みました。振り返ると、これが良かったのでしょう。予断を持たずに中国人スタッフと向き合い、潜在能力の高さを見極められたからです。


貫啓二

子供を楽しませるには、スタッフの元気や笑顔が不可欠。


宋文洲

お金を使えば失敗もします。でも失敗だって貴重な財産。失敗の経験がないと、怖くて使えなくなってしまい、歳とってから大失敗したりする。


水戸岡鋭治

唐池(恒二・JR九州会長)さんは「気を込めて」と表現するのですが、手間を掛けて作ったものは、放っておいても誰もがきちんとメンテナンスしてくれるものなのです。職人さんなど、関わった人達のエネルギーを感じ取るからなのでしょうね。ななつ星をメンテナンスをしてくれるクルーも、1回拭けばいいところを3回も4回も拭いてくれるんです。磨けば磨くほど、しっかりとデザインしたものは光りますし、味が出てくる。それを今度は乗客の方が感じ取って感動してくれる。そういう意味では、人はエネルギーを掛ければその分だけ大事に使い、長持ちさせてくれるのでしょう。


森喜朗

政治などの重要な話をする前に役人が書いた原稿ではなく、まず信頼関係を築いておく。そのためには、最初に一番疑問に思っていること、前から訊きたいと思っていることをずばり聞く。そうすることで胸襟を開くことができる。


宮下勝成

従来の経営理念はやや形骸化しており、ミッションも不明確でした。そこで、「笑顔で満たす世界と未来」をミッションに、社員・経営が「誠心誠意、共存共栄、驀直進前」から成り立つ当社のバリューを共有し、「世界に生きる」というビジョンに「未来を創る」を加えて、次世代のために事業を創ることを掲げました。
【覚え書き|驀直進前(まくじくしんぜん)=周到な準備を整えたら、信じるところを迷わずまっすぐに前進せよという意味の禅語】


木村信司

演劇って総合芸術だから。小さな変化が全体の雰囲気に大きな影響を及ぼすことが多分にある。(再演でも)前回のことは全部忘れて挑みたいね。


鈴木茂晴

どんなに能力が高くても、どんなにお金を持っていても、「幸せな気持ちでいる習慣」がなかったら絶対に幸せにはなれない。


孫泰蔵

最新のITサービスやテクノロジーを使いこなせる能力、抵抗感を持たずに理解できる能力を身につけよう。何か新しいサービスを立ち上げる際にも役に立つ。


矢部輝夫

いかなる職業であっても、その職業に誇りを持ち、一生懸命にやっている人は素晴らしい。


田中良和(GREE)

ユーザーの声に耳を傾ける姿勢として、必ずしもそのままサービスに反映させていくことだけを意味しません。むしろ、現在の生の情報である「声」を、その業界・分野の過去の歴史と照らし合わせていく作業が大事なのです。