名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

冨山真由の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

冨山真由のプロフィール

冨山真由、とみやま・まゆ。日本の人材育成コンサルタント、行動習慣コンサルタント。神奈川県出身。著書に『めんどくさがる自分を動かす技術』『今すぐ! 集中力をつくる技術』『時間 効率 スピード すごい習慣力』『1%の素敵な人だけが実践している「なりたい自分」になる方法』。

冨山真由の名言 一覧

集中力は長く続きませんが、それは工夫次第。25分なら誰でも集中でき、5分の休息を挟むことで、再び集中力を発揮できる。集中力に関する研究では、この30分1セットが効率的だとされています。


これから始めることの前に決まった動作を行うことがルーティンで、雑念を取り払ったり、スイッチを入れたりする役割がある。言うならば、集中するための信号を動作によって頭に送るわけです。


やる気や意志の強さと、集中力に相関関係はありません。やる気に頼っていたら、集中力を上げることはできないでしょう。重要なのは環境設定です。集中できる状態に自らを導くようにします。そのために行動を意識して変えることで、集中力をつくることができるのです。


時間にしろ、作業にしろ、細分化してハードルを下げることが大切です。人間は乗り越えられそうなものだと集中できます。しかし反対に乗り越えられそうにないものだと一時思考停止し、集中が途切れてしまうのです。


集中力を高めるためにルーティンを使ったら、仕事を終えて帰宅する前にもルーティンを取り入れるといい。激しい運動をした後の「クールダウン」と同じ役割を果たします。少しずつ動作を緩めていくように、深呼吸などのゆっくりした動作のルーティンでいい。机を静かに片付けながら、明日の準備を整えることも立派なルーティンになります。


冨山真由の経歴・略歴

冨山真由、とみやま・まゆ。日本の人材育成コンサルタント、行動習慣コンサルタント。神奈川県出身。著書に『めんどくさがる自分を動かす技術』『今すぐ! 集中力をつくる技術』『時間 効率 スピード すごい習慣力』『1%の素敵な人だけが実践している「なりたい自分」になる方法』。

他の記事も読んでみる

田中稔一

熟考する時間として、私は毎朝始業前の1時間を大切にしています。誰にも邪魔されずに今日やるべきこと、今後一週間でとりかかるべき案件、さらに長期的で大きい仕事の段取りについてじっくりと考えられるからです。この時間は頭も冴えており、冷静な判断ができます。始業前の1時間を大切にすることによって、その日、そして1週間が無駄なく有効に使えるのです。


林信秀

現場が活躍できるよう本部は黒子に徹する。それが、お客様から評価され、みずほの成長につながる道だと考えています。


河合雅司

日本政府は戦後70年の成功体験を引きずり、これまでのやり方を維持するために労力を割いています。しかし、残念ながら人口減少、少子化は止めようがないのです。この現実を受け入れ、人口減少を前提とした社会を作ることにエネルギーを使うべきでしょう。そのためには、社会の作り替え、価値観の打破が必要です。豊かさを維持したまま、戦略的に縮む。それこそが小さくとも輝く国への道筋だと考えています。


小山政彦

親と子は世代感覚や価値観が違う一方、性格は似ている場合が多い。独立志向があるなら、両者ともトップに立ちたいはず。経験にもよるが、親が社長なら子供は専務、子供が社長なら親は会長とどちらがイニシアチブを取るかは明確にすべき。また、兄弟姉妹で事業を行う場合は、世代が近いので、役割分担を明確にしておかないと主導権争いが起きかねない。


竹中平蔵

私の最初のキャリアは政府系の銀行でした。そこで多くの企業の審査をして、1つだけ学んだことがあります。それは、いい企業というのは社長から末端の従業員まで同じことを言う。同じ問題意識を持っており、コミュニケーションが図られています。


泉谷直木

陸上競技のリレーと同じで、経営を渡す方も受け取る方もフルスピードであることが大事。渡すタイミングがわかるのは信頼関係があってこそ。後任に「青天の霹靂」などと言われるようなトップ交代をしてはいけない。


傳田信行

顧客に対しても安請け合いをしてはいけません。結局実現できず、かえって相手に迷惑をかけてしまいます。誰に対しても、いい顔ばかりしてはいけないのです。このことは、ビジネス全般に通じる真理だと思います。


佐藤優

雑談ができるようになるためには、共通の話題と、相手の文化に対する理解が必要だ。マナーの本を読むと「社交の席で政治や宗教の話はしないほうがいい」と書かれているが、これはおかしな話だ。政治や宗教の話をタブーにしてしまうと、実質的な内容のある話がほとんどできなくなる。こういうアドバイスは、相手の文化や常識を読み誤り、大失敗をしたひと昔前の日本人が、「それならば、面倒な話には加わらないほうがいい」と考え、思いついた、間違った教訓だ。


テリー伊藤

アピールしたいことはあるけど、どうしても人前では緊張してしまう。喋りに自信がないという人もいると思います。たしかに、会議では声の大きいヤツが目立つ傾向、残っているから。そういう意味で、自分の自己アピール下手を自覚しているのなら、事前に仕込むという作戦をオススメしたい。アイデア、企画を1枚の紙にまとめて出席する全員の席に配っておく。あるいは、参加者全員にメールを送っておく。オレの周りにも喋りはイマイチだけど、文章能力のあるヤツがいる。彼らは、会議での喋りではなく、キャッチコピーと一枚絵で力を入れた企画書でアピールしているね。


藤田晋

プライドは、それを感じさせ、支える対象が存在しなければ成り立ちません。「プライドが高くて使えない人」と言われる人は、プライドの対象が「自分」にあります。例えば、企画書を上司に一蹴された時に、「自分のプライドが傷つけられた」と感じる人です。そんな人は苦境に陥った時、プライドを傷つけられないように保身に走ったり、逃げたりします。苦境に強いのは、「この仕事さえやり抜ければ、自分のことなんてどうでもいい」と考えられる人。こういう人は、仕事にプライドを持っています。「プライドの基になっている対象は自分なのか、もしくは自分以外の何かなのか」。この2つの差は大きい。勘違いしないよう、自問自答してみてください。


田原総一朗

はじめから堂々とオープンにしていたら、たとえ批判されても大きな問題には発展しにくい。


藤原弘治

金融機関は「人」が全てです。いかに人を育て、結果として組織を鍛えていくかは一丁目一番地、最も大事なことだと考えています。