名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

冨山真由の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

冨山真由のプロフィール

冨山真由、とみやま・まゆ。日本の人材育成コンサルタント、行動習慣コンサルタント。神奈川県出身。著書に『めんどくさがる自分を動かす技術』『今すぐ! 集中力をつくる技術』『時間 効率 スピード すごい習慣力』『1%の素敵な人だけが実践している「なりたい自分」になる方法』。

冨山真由の名言 一覧

集中力は長く続きませんが、それは工夫次第。25分なら誰でも集中でき、5分の休息を挟むことで、再び集中力を発揮できる。集中力に関する研究では、この30分1セットが効率的だとされています。


これから始めることの前に決まった動作を行うことがルーティンで、雑念を取り払ったり、スイッチを入れたりする役割がある。言うならば、集中するための信号を動作によって頭に送るわけです。


やる気や意志の強さと、集中力に相関関係はありません。やる気に頼っていたら、集中力を上げることはできないでしょう。重要なのは環境設定です。集中できる状態に自らを導くようにします。そのために行動を意識して変えることで、集中力をつくることができるのです。


時間にしろ、作業にしろ、細分化してハードルを下げることが大切です。人間は乗り越えられそうなものだと集中できます。しかし反対に乗り越えられそうにないものだと一時思考停止し、集中が途切れてしまうのです。


集中力を高めるためにルーティンを使ったら、仕事を終えて帰宅する前にもルーティンを取り入れるといい。激しい運動をした後の「クールダウン」と同じ役割を果たします。少しずつ動作を緩めていくように、深呼吸などのゆっくりした動作のルーティンでいい。机を静かに片付けながら、明日の準備を整えることも立派なルーティンになります。


冨山真由の経歴・略歴

冨山真由、とみやま・まゆ。日本の人材育成コンサルタント、行動習慣コンサルタント。神奈川県出身。著書に『めんどくさがる自分を動かす技術』『今すぐ! 集中力をつくる技術』『時間 効率 スピード すごい習慣力』『1%の素敵な人だけが実践している「なりたい自分」になる方法』。

他の記事も読んでみる

秋元信行

新規事業開発部などを社内に設けている大手企業は多いが、既存のビジネスを壊さない提案にとどまりがちだ。また大手であればあるほど、高い完成度とリスク対策が求められるためアイデアを世に出すのが遅くなってしまう。


ロッシェル・カップ

日本は今、企業が経済の低迷から立ち直り、生産性と収益性を上げることに必死になっています。しかし、今こそ埋もれていた才能に満ちた素晴らしい人材を活用する機会でもあることに気づいてほしい。


山元賢治

僕の人生のモットーは、「その時間をいかに楽しく過ごすか」というひと言に尽きる。僕はいつも、そのためにどうするかを考えながら生きている。


青野慶久

起業して思うことですが、仕事を長きにわたって続けていくためには、一人で頭を抱え、目の前の業務に関係ある人だけとコミュニケーションしていてもブレイクスルーは生まれません。利害関係がない人たちの素直な意見や考えから、自分とは違った視点を得て事業に生かしていくことが不可欠なのです。


幸田真音

数々の修羅場を乗り越えてきたからこそ強さがある。挫折したからこそ、優しくなれる。こうした人生の機微を大切に書いていくのが小説だと思う。


野口弘子

いろいろな角度から数多くの事例を見ることができたのは、いまでも大きな財産になっています。経営も含めて、包括的にホテル業を分析し、トップと直接かかわってコンサルするという仕事では、それまでとは違う視野を養うことができました。
【覚書き|外資系コンサルティング会社アーサーアンダーセン勤務時代を振り返っての発言】


平松達夫

現在、着物市場が縮小している最大の原因は、着物を着る機会が極めて少なくなっていることにあります。ある調査では成人女性の1割が着物を所有し、着る機会を持っています。残りの9割のうちおよそ半分が「機会があれば着たい」という潜在的な需要を持っている。特に40代、50代の女性になると、着物への憧れが強くなるようです。日本人女性で着物に全く興味がないという人はむしろ少数派なのです。ところが、その潜在的なニーズが顕在化しない。この点を無視していては、成長戦略は見えてきません。着物を着る機会を創造することが大事です。


岩田松雄

40代からの仕事は、人に任せる、人を育てることで成果を出す能力が求められる。優れたスキルを持っていても、人の協力なしに大きな成果は出せません。人が力を貸すかどうかは、最終的にその人の魅力(徳)にかかる。そうなれるよう自分を磨くことです。


瀧本哲史

フェイスブックなどのSNSでつくるような人脈、つまり「友だち」はそれほど大事ではないのです。「友だち」ではなく、目的を共有する「仲間」や「戦友」が、必要なんです。


田中良和(GREE)

社員を採用するとき、この人と一緒に働きたいかどうかが大事です。とくに会社が厳しいときや上手くいっていないときでもそう思えるかは、能力やスキルといったスペック的な基準よりも明らかに重要な採用基準です。それは、自分たちと同じ価値観を持っている人と言い換えてもいいかもしれません。


山口康寿

百貨店や駅構内を中心に国内約300の靴修理スタンドを展開しています。各拠点の従業員は1から2名です。彼らを動かすために意識しているのは、軍隊用語でいう「号令」または「命令」型のコミュニケーションをとるということです。号令とは、準備を進めてきたことに対して最終的なゴーサインを与えることで、ある拠点を攻略せよというのが命令です。日常的に同じような仕事をこなしている人たちには、号令、命令がなじみます。


小林佳雄

私はこれまで40年近く、四六時中経営のことを考えてきて、条件反射的に「ここしかない」というタイミングが分かる時がある。皆さんに説明するのは難しいですけどね。