名言DB

9429 人 / 110879 名言

円山法昭の名言

twitter Facebook はてブ

円山法昭のプロフィール

円山法昭、まるやま・のりあき。日本の経営者。「住信SBIネット銀行」社長。福井県出身。神戸大学経営学部卒業後、東海銀行(のちの三菱東京UFJ銀行)を経てイー・ローン(のちのSBIホールディングス)に入社。日本初のモーゲージバンク「グッドローン(のちのSBIモーゲージ)」、SBIイコール・クレジットなど数社の立ち上げに携わる。その後、住信SBIネット銀行社長に就任。

円山法昭の名言 一覧

自分が顧客だったらして欲しいと思うことをやればいいだけ。


皆が不可能だと思うことを敢えてやる。この発想がイノベーションを生み出すための源泉。


私は常に「人とは違うことをやる」という思想で生きてきました。人と同じ努力をしても勝てない。


努力と知恵を駆使して誰もやっていないブレークスルー(突破口)を見出せるかどうか。それがイノベーションにつながる発想。


物を買うときでもサービスを受けるときでも、「もうこれでいいや」と思考を停止して、目の前のもので妥協する人がいますが、それではいつまで経ってもマネーリテラシーは高まりません。「本当にこれが一番良い条件なのか」「もっと良い条件のものはないか」。常にそんな意識を持ち、最善のものを探し出すことが重要ですし、マネーリテラシーの高い方々はそうしていると思います。


マネーリテラシーは、大人になってから勉強しても十分身につくもの。投資の実践を重ねていけば、自ずと鍛えられるものでもあります。まずは少額でも良いですから、投資に挑戦してみると良いでしょう。


数兆円の個人資産を持つ個人投資家のウォーレン・バフェットは、自分が理解できない事業を手がける企業には、いっさい投資をしないそうです。得意な分野や投資商品だけに集中すれば、スキルも上がり、大きな失敗をするリスクが下がると思いますよ。


私自身、銀行から離れているあいだに、株や投信、FXなどさまざまな投資手段をひと通り試してみました。性格がマメではないので、こまめにチェックする必要がある個別株やFXは合わなかったですね。逆に、合っていると感じたのは、投資信託です。個別株ではなく市場全体に投資をするインデックスファンドを選べば、個々の市場や企業について細かな情報収集までは必要ありません。


投資手段は、人によって合う、合わないがありますから、いくら本を読み込んで、特徴をつかんでいたとしても、実際にやってみなければ、どんな投資が自分に向いているかはわかりません。少額から試してみてはいかがでしょうか。株でも投資信託でも、ネット銀行やネット証券を使えば、数千円程度から始められます。


円山法昭の経歴・略歴

円山法昭、まるやま・のりあき。日本の経営者。「住信SBIネット銀行」社長。福井県出身。神戸大学経営学部卒業後、東海銀行(のちの三菱東京UFJ銀行)を経てイー・ローン(のちのSBIホールディングス)に入社。日本初のモーゲージバンク「グッドローン(のちのSBIモーゲージ)」、SBIイコール・クレジットなど数社の立ち上げに携わる。その後、住信SBIネット銀行社長に就任。

他の記事も読んでみる

小野田寛郎(小野田少尉)

どうせ終わりが来るなら早く死んだ方が楽といって自決する気にもならなかった。やってみなくちゃわからないんだから。


徳重徹

20代の社員にそこまで任せて大丈夫かとよく聞かれるけれど、あのソニーだって欧米で事業を立ち上げた1960年代を担ったのはみな20代でした。ところが、今の時代にもっとも優秀だとされる学生は、ほぼ全員が大企業に入ってしまっているんですね。大手の商社や銀行などで必要とされる「優秀な人材」はせいぜい1割か2割。8割以上の社員が本来は非常に優秀でありながら、その能力を活かせない仕事をしている。僕らのような企業がもっとたくさんあれば、その現状を変えることができるはずです。


枡野俊明

コミュニケーションの基本は会話です。昔のお父さんなら「いちいち言葉を交わすのは面倒だ、家族だから黙っていてもわかるだろう」と考えたかもしれませんが、時代は変わっています。


松岡陽子(ヨーキー・マツオカ)

もともと私は「人と違うことをするのが好きだけど、それを人に笑われたらどうしよう」と、常に心配するシャイな人間です。日本では女子高育ちだったのでなおさら、「みんなと違うことをして目立つのはよくない」という固定観念を持っていたのですが、米国の自由な風土は、そんな私の心の障壁を取り払ってくれました。


和田裕美

世の中には「私が正しい」と言わなければいけない局面もあります。でも、それを相手に強制することと、選択してもらうことは、根本的に違うこと。


鷹城勲

今では羽田空港は、航空機を利用される方だけでなく、わざわざ食事や買い物などに来てくださる方も増えています。お客様に喜んでいただけるような、そしてこれからの日本に元気を与えられるような空港づくりに、さらに貢献していきたいと思っています。


鵜澤静

いまや過去の10年が数カ月かと思うぐらいの速さで世の中が変化している。そういうなかで何かをやろうとしたときに、我々が一番陥りやすい過ちが、成功体験に縛られることなのだ。


藤田恭嗣

アマゾンが強くなり過ぎるがゆえに、流通が一本化されてしまい、良い作品が生まれなくなる可能性があるのはいただけない。アマゾンのためにも、アマゾンだけではない世界を作るべき。


小嶋淳司

商売は、「人がやらないひと工夫をやってもう一歩前に踏み込めるか否か」、あるいは、「苦しくてもその場所に踏みとどまれるか否か」、そこに成果の差が出てくる。


西口尚宏

イノベーションとは一度挑戦してすぐにできるほど易しいものではありません。何度も試行錯誤しながら練習しないと一生できません。人はありとあらゆることを練習しながら身に付けます。しかし、日本人はそういったイノベーションの練習や教育の機会がなかった。したがって、企業が社員に練習させるほか、イノベーションを身に付ける方法はないと言えます。裏返して言えば、練習すればするほど、イノベーションは実現できるということを意味しています。経営者は社員にどんどんイノベーションの練習をさせることが重要なのです。練習もさせずに成功だけを期待するのが一番まずい経営です。