名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

円地文子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

円地文子のプロフィール

円地文子、えんち・ふみこ。日本の小説家、劇作家。東京出身。病気のため日本女子大学付属高等女学校を中退。東京大学国語学教授の父などから戯曲や古典日本文学を学ぶ。劇作家として成功したのち、小説家としても名を成した。『ひもじい月日』『なまみこ物語』で女流文学者賞、『女坂』で野間文芸賞、『朱を奪うもの』『傷ある翼』『虹と修羅』で谷崎潤一郎賞をそれぞれ受賞。

円地文子の名言 一覧

登らなければ、登りつづけなければ、決して坂の上へは出られないのだ。


円地文子の経歴・略歴

円地文子、えんち・ふみこ。日本の小説家、劇作家。東京出身。病気のため日本女子大学付属高等女学校を中退。東京大学国語学教授の父などから戯曲や古典日本文学を学ぶ。劇作家として成功したのち、小説家としても名を成した。『ひもじい月日』『なまみこ物語』で女流文学者賞、『女坂』で野間文芸賞、『朱を奪うもの』『傷ある翼』『虹と修羅』で谷崎潤一郎賞をそれぞれ受賞。

他の記事も読んでみる

松本秀幸

私は航空会社に勤めていたとき、国際的サプライチェーンから飛行機の部品を購入するという業務に従事していました。すると部品調達にまつわる会話がほとんど。しかも数パターンの定型文で事足りてしまうのです。「オールラウンドな会話ができなくては」という思い込みを外しましょう。


酒井秀樹

社内の知識はすぐに陳腐化します。知識が時代遅れになるのを防ぐには、常にクリエイティブなアイデアを取り入れていく必要があります。それこそが私の役割だと自任してきました。


佐藤一郎(コンサルタント)

価格交渉は、最も避けなければならない泥沼の局地戦です。そこから離れて交渉を進めるのが理想です。


廣瀬禎彦

習慣を変えることには誰でも抵抗感を感じると思います。いままでやってきたことを否定されるような気がしますから。しかし、世の中の動きはどんどん速くなってきていますから、これまで通りの習慣では対応できなくなってきます。習慣で行動していては、世の中とのズレがどんどん大きくなっていきます。


福田俊夫

エネルギーの一番の無駄遣いは、即断即決です。考えに漏れがあり、誤った決断を下すことが多く、それをカバーするために、結果的には大いなる時間の無駄が生じてしまいます。代表になったいま、失敗は許されません。重要な案件は、決断を一晩寝かせ、翌朝になっても考えが変わらなければ意思決定しています。


ジェイ・エイブラハム

正しい起業家精神を持つ者であれば、その企業が業界の中で埋もれてしまうことはないでしょう。唯一無二の経験や価値、すばらしいサービスをお客様に提供することによって、他社との差別化が行えるのです。


福沢諭吉

楽の一方にだけ心を奪われ、俗に言う丸儲けしようとしては、丸損してしまうことを忘れてはならない。


高田明(ジャパネットたかた)

自分を信じ、できることを考え続ければ、あとはほとんど気力で達成できる。


眞保智絵(鳥海智絵)

最初はここまで注目されると思っていなかったので、戸惑いました。社長就任後の半年間はまさに怒涛のように過ぎていった感があります。最初の3か月は、社内外のビジネス全般に目を向け、現時点でのビジネスの状況を「見る」「聞く」「知る」ことに徹しました。「これから何をすべきか」を明確にするため、物事を整理して考えるよう努めました。その後の3か月、夏を過ぎたあたりからは役員によるミーティングを重ね、今後の方向性を再確認してきました。


永井浩二(経営者)

当社は創業以来「顧客第一主義」と言ってきたのですが、人間はややもすると環境に流されます。ですから、本当にお客様のことを考えて仕事をしているかということを常に振り返って、何回も何回も立ち止まって考える、そういう時期に来ています。


田原祐子

「初回アプローチに○○の資料で□□を説明する」というフレームを決めておけば、それに対してお客様から必ず出てくる決まった質問や競合情報などがあるものです。それらを蓄積し、チームで共有化して提案資料をブラッシュアップしていけば、営業のナレッジはどんどん蓄積されていきます。


山口範雄

そもそも味の素の歴史は池田菊苗博士が「昆布で出汁を取るとなぜうまくなるのか」との疑問からグルタミン酸を発見するという創造的な研究から始まりました。その翌年には、創業者の鈴木三郎助が事業化に取り組み始めています。どうなるかわからないような物質の事業化自体、パイオニア精神あふれる行動ですし、食品の加工原料ではなく「卓上の調味料」というコンセプトで売り出したことも独創的でした。