名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

内藤裕紀の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

内藤裕紀のプロフィール

内藤裕紀、ないとう・ゆうき。日本の経営者。「ドリコム」社長。東京出身。京都大学経済学部在学中にドリコムを設立。同社を大きく成長させた。

内藤裕紀の名言 一覧

私は会社の一番の理想形を先に考えます。そこからどうやったらそこへ辿り着けるかを逆算していくのです。


よく尊敬する経営者は誰かとか聞かれますが、わたしは三国志の登場人物の一人、「諸葛孔明」の名を挙げます。彼は「世間はこうなっていくだろう」と常に誰よりも一歩先を考えて行動する軍師でした。経営においても同様で、最小限のリソースで最大限の効果を発揮できるかだと思うのです。


描く夢が素晴らしければ、賛同してくれる人はいると思っています。いわゆるファンですね。このような良き理解者であるファンが増えたら嬉しいですし、これからもファンの方に支持されるよう、先を見据えて展開して行こうと思います。


私はディズニーランドが好きなのですが、ディズニーランドはそれまでの生活と切り離されていて、例えばヤンキーもタバコをポイ捨てしないでちゃんと決められた場所に捨てています。つまり人というのは環境で変わるものなのです。


ファンの人達というのは、会社がうまくいった時は喜んでくれ、下がった時も一緒に頑張ろうと思える人達だと思います。そういう人たちとやっていくほうが、誰のために頑張っているのかわかりやすく、私達も頑張り甲斐があります。


内藤裕紀の経歴・略歴

内藤裕紀、ないとう・ゆうき。日本の経営者。「ドリコム」社長。東京出身。京都大学経済学部在学中にドリコムを設立。同社を大きく成長させた。

他の記事も読んでみる

中原淳

管理職になった女性は、男性上司が説くリーダー像は話半分で聞いておき、自分のキャラクターに合ったリーダーシップの形を模索することが大切です。それを知るためには、仕事外の場でも良いので、なるべく早い段階からリーダーシップをとる経験をしましょう。そうすれば、自分のリーダーシップの型が把握でき、何がベストな形なのかが見えてくるはずです。


ツルゲーネフ

人間には、不幸か、貧乏か、勇気が必要だ。そうでなければ人間はすぐに思い上がってしまう。


川村隆

20~30人程度の社員を集めた対話集会を頻繁に開催し、経営層が直接、社員に考え方を伝えて議論する場を設けています。企業がまず利益を上げないと、社会への付加価値還元はできません。貪欲に稼ごうとするマインドは、利益率向上に何より重要であることを、こうした場を使い認識してもらっています。


トマス・J・スタンリー

アメリカの億万長者のほとんどは、一代で資産を築き上げている。ごくふつうの人が、なぜ一代で億万長者になれたのだろう?世の中のほとんどの人は、たいした資産も持てずに一生を終るのに。この違いはなんだろう?億万長者になるのは、自分の能力に自信を持つ人々だ。


佐藤富雄

言葉だけでなく、行動習慣を見直すことも大切です。コンプレックスは、すべて自信のなさから由来します。男性の自信は、7割が身体に対するイメージがベースになっていますから、身体を動かすこともお勧めします。


ポール・アレン

世界初のパソコンであるアルテアのソフトウェアを開発した際、そのソフトウェアが動くのを確認した途端、ビルは次のステップである契約をどういう形で結ぶべきか考えていた。(覚書き|ビルゲイツが他大多数のプログラマと違った点は、良いプログラムを組むだけではなく、それを使ってビジネスをどう築くかということにフォーカスを当てていたという点だったようです)


佐藤誠治(経営者)

よく「佐藤さんは前向きですね」と言われます。後ろ向きになっても仕方がない。何事にも前向きに取り組めば、必ず活路は開ける。


磯部成文

私どもの経営の目的の一つは「お客様の喜びを創造する」。人に喜んでもらえれば、それが自分の喜びになり、生きている証しになる。


泉谷閑示

注意すべきは低次の欲求を満たすことを「生きる意味」と錯覚してしまうことです。人は物質的・経済的な面でハングリーな状況に直面すると、「それを解決すれば幸せになれる」と考えがちです。しかし、こうした不足感は満たしても満たしきれない側面があります。年収が500万円から800万円になったら1000万円を求め、課長になったら部長とその上の肩書が欲しくなるのです。


浦沢直樹

「面白い」とは何かというのを自分で体得していく以外にない。何を吸収して、何を見て感動してとか、何を見て怒ったとか、どうなって嬉しかったとか、そういうようなことが全部総動員になって、「面白い」というものが出来上がる。


諸富祥彦

やる気を出すのに一番いいのは、少しでいいから実際にやること。そうすればやる気が出てくる。それをせずに四の五の言い訳をしていても時間がたつだけですから、まずは動くこと。最初の一歩を踏み出すのは大きいエネルギーがいるからこそ、まずやる。


森下一喜

パズドラを開発したとき「普段ゲームをしない方でも気軽に挑戦できるし、いろいろなゲームをやっている人でも楽しめる」そんなゲームバランスを取ることに苦心しました。半年間、何度も作り直しをして、スタッフには苦労をかけましたが、その甲斐がありましたね。