名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

内藤祐次の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

内藤祐次のプロフィール

内藤祐次、ないとう・ゆうじ。日本の経営者。「エーザイ」社長。東京出身。東京帝国大学卒業後、父が創業した日本衛材(のちのエーザイ)に入社。二代目社長として同社を大きく成長させた。そのほか、日本製薬工業協会会長を務めた。

内藤祐次の名言 一覧

医薬品は息長く、あきずに、人の幸せを念頭において一心不乱に考えぬく力からしか生まれてこない。


内藤祐次の経歴・略歴

内藤祐次、ないとう・ゆうじ。日本の経営者。「エーザイ」社長。東京出身。東京帝国大学卒業後、父が創業した日本衛材(のちのエーザイ)に入社。二代目社長として同社を大きく成長させた。そのほか、日本製薬工業協会会長を務めた。

他の記事も読んでみる

宮本彰

文章を打ち込めるだけで、メールも送れない。こんなものは売れないだろうと思いましたし、他のメンバーも反対していたのですが、ただ一人、社外取締役である大学教授が「こういう商品を待っていた!」と。出張の多い彼は、ノートPCより手軽に持ち運びできて移動中に書き物ができるツールを切望していたのです。ならば出してみようかと。
【覚え書き|ポメラ開発について】


草開千仁

競争相手は顧客です。つまり、お金を払う価値がないと思われないように、顧客の価値創造で継続的に勝てるかどうか。


松岡修造

僕はもともと人を観察するのが好きなのです。テニスは相手をよく観察しなければいけないスポーツなので、観察すれば絶対に何か新しい発見があり、自分のプラスになるということはわかっていました。


津田秀晴

商談で会話が盛り上がらないこともあるでしょう。しかし、雑談で盛り上がったものの、明確な戦略もなく、商品を勧めることもできず、雑談だけしに行って終わったというパターンの方が困ります。これでは本末転倒だからです。大事なことは、自分が何をしに行っているか忘れないことです。雑談は営業マンの武器になりますが、あくまでプラスアルファの要素に過ぎません。仕事の話をしていれば自然に雑談になるというくらいの意識でいた方が、肩の力が抜けるものです。


近藤宣之

日本レーザーは、就業規則に70歳までの再雇用を定め、いずれは80歳まで延長したいと考えています。60歳超の社員比率は2割。社員が育児や介護、病気などで満足に働けなくても、短時間労働や在宅勤務に切り替えて雇用を守ります。雇用を守られている安心感があるからこそ、社員は成長し続けることができるのです。


村上太一

データテクノロジーへ投資していて、リブセンスアナリティクスというデータ収集の基盤を強化しています。今後はどのようなデータを取り、それをいかにユーザー体験に繋げるかが肝要です。以前から採用したか否かのログは取ってきましたが、その他にたとえば「サイトを何秒見ているか」「どのくらいスクロールしているか」「求人情報が表示されてから何%クリックされたか」といったデータまで取ることで、ユーザー体験を高めていきたい。今のところ、データテクノロジーは自社サービスの質向上に役立てていますが、今後はこのノウハウを他社サイトに導入するようなビジネス展開をして、よりスケールさせていきたいと考えています。


トム・ピーターズ

下手をするとクビになることを知っているから、大企業の若いエンジニアや商品開発部隊を放っておくと、失敗のリスクを恐れ、陳腐な製品しか生み出すことができなくなる。危険を承知で挑戦することが当たり前であり、挑戦しないことが企業の業績を危うくするという組織文化を醸成することが重要なのだ。


ビル・トッテン

目が届く範囲でコミュニケーションが取れる仕組み作りが大事。たとえば、部長が5人、課長がそれぞれ5人の部下がいる。そうすると5-5-5の体制だと100人以上の組織でも、きちんと目が届きますよね。この5人というのは、江戸時代の五人組から得た発想です。


矢野博丈

私は会社を大きくすることに対して消極的でした。小売業は出店数が増えるとそれだけ固定費や在庫が膨らみます。小売業にとって規模が大きいことは、成長の証というよりは、経営のリスク要因になります。会社が大きくなることは、決して手放しで喜ぶようなことではありません。


野木森雅郁

課題に対するアプローチの仕方や表現の方法が自分の中にある常識に当てはまらないからといって、これは違うと拒絶してしまったら、それこそ何も学ぶことはできません。異質を受け入れられるということがグローバル人材の条件だといっても過言ではないでしょう。


石坂典子

大切なのは自分たちの仕事の本質を人に伝えていくこと。父は、いい仕事をしていたら、お客さんがついてきてくれるからという職人的な発想。だから一生懸命やっておけば間違いない、と言うんだけれども、地域社会は理解してくれないという面もある。お客さんもコスト主義で、廃棄物だから処理費用は安くしてくれと料金値下げを要求してくる。そうした体力消耗戦では、事業に必要な投資の原資が生まれてこない。だから、自分たちの仕事を可視化し、多くの人たちに見せるということをやりたかった。そういう父にやれていない事が、私にはできるのじゃないかなと思った。


本田健

経験豊富な人にメンターになってもらうことで、ミリオネアとしてグッと安定感が出てきます。よいメンターと出会えれば、ビジネスゲームをどこで降りて悠々自適の生活に入るのかという問題についても、有益なヒントがもらえるでしょう。「何でも自分で」と考えず、素直にメンターの声に耳を傾けることも、幸せなミリオネアであり続けるためのコツなのです。