内藤祐次の名言

内藤祐次のプロフィール

内藤祐次、ないとう・ゆうじ。日本の経営者。「エーザイ」社長。東京出身。東京帝国大学卒業後、父が創業した日本衛材(のちのエーザイ)に入社。二代目社長として同社を大きく成長させた。そのほか、日本製薬工業協会会長を務めた。

内藤祐次の名言 一覧

医薬品は息長く、あきずに、人の幸せを念頭において一心不乱に考えぬく力からしか生まれてこない。


内藤祐次の経歴・略歴

内藤祐次、ないとう・ゆうじ。日本の経営者。「エーザイ」社長。東京出身。東京帝国大学卒業後、父が創業した日本衛材(のちのエーザイ)に入社。二代目社長として同社を大きく成長させた。そのほか、日本製薬工業協会会長を務めた。

他の記事も読んでみる

定保英弥

トップアスリートたちも基礎がしっかりできている選手は長く活躍することができ、良い成績を残していると感じます。これはホテルマンも同じです。基本的なことをしっかり身に付けることができて、初めて応用編に入っていけます。ここはとにかく一生懸命やっていこうとスタッフにも言っています。


松尾静磨

新人採用にあたって、うちの会社では、なるべく秀才第一主義を避けて、いざというときに不屈の精神力と忍耐力と粘りを発揮できる者を選ぶことにしている。そうなると、どうしてもスポーツマンだ。私はあまり小さいことにはこだわらない性分だが、これは中学時代からやったスポーツのせいだと思っている。


高島徹治

資格試験の勉強で大切なのは、勉強を楽しむ意識に切り替えることです。試験勉強は受験以来、という人も多いでしょう。そして大半の人には、「勉強は辛いもの」という意識が染みついているはずです。まずはその思い込みを捨てることから始めましょう。たとえば、お気に入りのカフェや休日の図書館など、居心地のいい場所を見つけてそこで勉強すれば、気分よく進められます。また、そもそも社会人の勉強は、机の前で行なう必要すらありません。私は中小企業診断士の勉強をしていた際、資格スクールで授業を受けたあとに居酒屋に立ち寄り、一杯飲みながら復習することを楽しみにしていました。


鈴木喬(経営者)

社長がやるべきことは、そう多くないんです。大型買収の決定とか事業撤退とか、社長にしかできない決断をして、ゴールを見極め、「あっちへ進め」と旗を振る。そのために必要なのは、「学歴」とか「頭の良さ」とか、「もっともらしい理論」ではありません。だから僕は、勉強は体に悪いと言っています。もっと素朴にやったらいい。


丸谷智保

商品開発でも購買データだけに頼るのではなく、現場を見ることと感性を高めるように注意してきました。極端な例かもしれませんが、一時的に商品開発の担当者からパソコンを取り上げたこともありました。コールセンターも開設し、顧客の声を吸い上げる体制を強化しています。


サマセット・モーム

老齢を堪えがたくするものは、精神・肉体の働きが衰えていくことではない。思い出の重荷である。


池本克之

上司と部下、相互の理解が第一。部下は本音を隠しているものなので、上司から歩み寄り、話に耳を傾けること。自分ばかりが一方的に話し、聞く耳を持たない上司の言うことなど聞きたくないですから。賢い上司は、部下の声に耳を傾け、部下自らが目標を作り、そこに邁進するよう促します。


出雲充

銀行勤めをしていた頃、神田神保町にあった支店だったので、取引先は出版社さんなどが多かった。そこで、営業に行く前に、どんな本を出しているのかを調べておくのです。それだけでも、実際にお会いして話してみると、「君、よく調べて来たね」と言ってもらえるのです。つまり、この程度の準備もしない人が多いということなのでしょう。


石井淳蔵

カオスの状況を、秩序ある状態に変える。あるいは、そうすべく、手がかりを状況に埋め込む。それは、人が生まれつき持っている野生の思考(野生の知)である。その知は、ビジネス世界においては必須の知であるだろう。ビジネス世界とは、想定外のことがいつも起こる可能性を秘めていて、しかもそれがそのまま組織の生死につながってしまう世界であるからだ。


竹中半兵衛

お前も褒めてもらいたければ、自分で手柄を立てろ。
【覚書き:半兵衛は秀吉から感状をもらうたびに破ったり、燃やしたりしていた。半兵衛の息子が、なぜ破るのか?残しておけば後の代の役に立つのではないか?と質問した時の返答。他人の実績で箔をつけるより、自分で手柄を立てて出世しろという意味の発言】


椎名武雄

会社が教室で一生懸命叩き込むような知識なんてたかが知れていますよ。やはり、お客様に鍛えられて人材というのは強く育っていく。その原点は何かと言ったら、その相手の企業の命運を決する責任を背負っているという事実です。失敗したらえらいことになる。こっちは若造だけど、「これは大変だ。やらざるを得ない」と必死になる。すると社長だろうが部長だろうが、第一線の社員でもみんなにその真剣さが伝わる。


山本権兵衛

後世、日本海海戦が神秘的な力で勝ったように思われては、日本の運命が危ぶまれる。【覚書き|山本氏は8年間海軍のトップとしてロシア海軍打倒を目標に様々な活動を行った。天運のみでは勝てなかったことを十分知っており、後世の軍人たちが思考停止になることを危惧しての発言。残念ながらこの後、日本海海戦は神格化されてしまう】


上西京一郎

キャスト(従業員)がよい仕事をしたら、それをきちっと認め、褒めること。自分の仕事が認められたら、誰しもモチベーションが上がります。私自身、そうでした。間違いなく普遍的なものでしょう。それをいかに組織の中に仕組みとして埋め込むかです。


関原健夫

思考をポジティブにすることが必要。自らの不幸を嘆くばかりでは、周囲の助けも得られずますます苦しくなるだけだから。


石破茂

高齢化率が極めて高いところ、人口減少率が著しく高いところほど、変化しつつあります。つまり危機感の違いでしょう。


ページの先頭へ