名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

内藤眞(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

内藤眞(経営者)のプロフィール

内藤眞、ないとう・まこと。日本の経営者。東京出身。慶應義塾大学工学部卒業後、ソニーに入社。ソニー本社経営企画担当部長、ソニーコンピューターエンターテイメント副社長、アカマイ・テクノロジーズ・ジャパン社長、日本キャンドル社長、日本アイ・ビー・エムソフトウエア・アライアンス事業部長、エーピーシー・ジャパン社長、デルジャパン法人営業統括本部長、日本CA社長、アドバネットCEO、日本NCR社長などを歴任した。

内藤眞(経営者)の名言 一覧

今やどんな会社でも、経営とテクノロジーは切っても切り離せない。


NCRは、現場ノウハウの固まりのような会社なんです。お客様の現場に即した相談にいつでも乗ることができる。これこそが強み。


私たちは日々変化するお客様のニーズに応えなければなりません。そうでなければここまで来ることはできなかった。


内藤眞(経営者)の経歴・略歴

内藤眞、ないとう・まこと。日本の経営者。東京出身。慶應義塾大学工学部卒業後、ソニーに入社。ソニー本社経営企画担当部長、ソニーコンピューターエンターテイメント副社長、アカマイ・テクノロジーズ・ジャパン社長、日本キャンドル社長、日本アイ・ビー・エムソフトウエア・アライアンス事業部長、エーピーシー・ジャパン社長、デルジャパン法人営業統括本部長、日本CA社長、アドバネットCEO、日本NCR社長などを歴任した。

他の記事も読んでみる

マルコ・カッシス

経営を持続可能にするために大切なことは2つあります。まず健全な財務状況をしっかり維持すること。そして、イノベーションを決して止めないことです。これら2つをバランスよく実行していくこと、どちらが欠けても駄目です。


朝田照男

損切りをするにも勇気がいります。もう少し我慢と先延ばしにしているうちに巨額の損につながってしまいます。こうした損が積み重なって、結果として大損したのが10年前の利きでした。いまは徹底的に損を切り、最小限で食い止めています。それができるのも、常に状況を見ているからです。


山崎元

給料の高い会社に就職した人が必ずしもお金を貯めているわけではありません。同じ収入でしっかり貯蓄している人もいれば、毎月の家計が自転車操業の人もいます。つまりは「稼ぎの多寡」に匹敵するくらいの重要度で、「お金の使い方」の習慣が影響を及ぼしているわけです。


井上直樹(経営者)

儲かるから事業ではなく、求められているから事業ができる。


堀尚弘

私は組織の非効率化を「社内メタボ」と呼んでいますが、無駄な贅肉を落とすには、コミュニケーションが決定的に重要です。とくにマネジメント層の役割が大きい。たとえば、部下のちょっとした変化に気づいて声をかける「気づきトーク」などをコンサルティングでは提案しています。


上野治男

企業が倫理規定を公表するようになると、不祥事が起こるたびにその遵守状況が俎上(そじょう)に載せられ、痛し痒しだという声もありますが、とんでもない。守れないようなことを約束するから、批判されるのです。きれいごとや大言壮語ばかり並べるから、後々、苦労するのです。守れない約束をするのは、約束を守るつもりがないのと同じこと。そうした組織風土では、いくら倫理規定を設けても、不祥事や法令違反はなかなか根絶されません。


森川博之

いまビジネスで必要なものを一言でいえば「ストーリー性」です。昔は技術が売り物になった。技術で製品の性能を良くすれば、そこにビジネスが生まれ、一定の成長が見込めたからです。しかし、これからはそうはいかない。すでに多くの技術は成熟化し、ハードでもソフトでも、高品質なものを短時間で作り上げられるようになりました。その中で競争優位性を確立するには、技術の先にある「価値」をいかに作り出すか。そこに求められるのがストーリー性というわけです。


松本洋(コンサルタント)

目標は絶対に達成しなけれはなりません。それを課すことができるのは、経営者の目線の高さと心意気です。従業員の成長を阻害する要因をなくして、管理者のマネジメント能力を高め、従業員に自責の意識を持たせる。この3つの変化を推し進めれば、会社の底上げが必ずできます。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

給料日はお金の「使い時」ではなく「貯め時」。まずは貯蓄分を別口座に移し、さらに自分のご褒美用の予算を積み立てる。そして、最後に残ったお金でやりくりしてください。


山崎将志

リーダーは部下に能力を発揮させるのが仕事。問題を抱えこんではいけない。


ジェームズ・アレン(自己啓発)

「揺るぎない確かな成功」とは、人からは勝利に見えなくても、自分自身が、喜びと充実感で満たされるものなのです。


和田竜

記者の仕事も、初めから繊維に関心があったわけではなく、書くことでお金がもらえる仕事という理由で転職したのですが、しばらくすると面白くなってきました。東レや帝人といった繊維メーカーや経産省ペンクラブに行って取材を繰り返していると、それぞれの現場や人の変化が見えてくるようになるのです。