名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

内藤眞(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

内藤眞(経営者)のプロフィール

内藤眞、ないとう・まこと。日本の経営者。東京出身。慶應義塾大学工学部卒業後、ソニーに入社。ソニー本社経営企画担当部長、ソニーコンピューターエンターテイメント副社長、アカマイ・テクノロジーズ・ジャパン社長、日本キャンドル社長、日本アイ・ビー・エムソフトウエア・アライアンス事業部長、エーピーシー・ジャパン社長、デルジャパン法人営業統括本部長、日本CA社長、アドバネットCEO、日本NCR社長などを歴任した。

内藤眞(経営者)の名言 一覧

今やどんな会社でも、経営とテクノロジーは切っても切り離せない。


NCRは、現場ノウハウの固まりのような会社なんです。お客様の現場に即した相談にいつでも乗ることができる。これこそが強み。


私たちは日々変化するお客様のニーズに応えなければなりません。そうでなければここまで来ることはできなかった。


内藤眞(経営者)の経歴・略歴

内藤眞、ないとう・まこと。日本の経営者。東京出身。慶應義塾大学工学部卒業後、ソニーに入社。ソニー本社経営企画担当部長、ソニーコンピューターエンターテイメント副社長、アカマイ・テクノロジーズ・ジャパン社長、日本キャンドル社長、日本アイ・ビー・エムソフトウエア・アライアンス事業部長、エーピーシー・ジャパン社長、デルジャパン法人営業統括本部長、日本CA社長、アドバネットCEO、日本NCR社長などを歴任した。

他の記事も読んでみる

ダライ・ラマ14世

自信を失わず、前を向きなさい。悲しみについて考えすぎてはいけません。悲しいことは、もう終わりです。前を向いて懸命に働きなさい。


村上龍

現実を受け入れるためには、まず最初に現実を把握することからはじめるべきです。そして把握するためには、「現実を見る」ことが必要ですが、これも簡単ではない。私たちは、嫌なことからは目を背けたいという本能を持っているからです。


野中正人

欧州を視察して得た知識を、しまむらの商品に落とし込む。売り場をファッショナブルなイメージにする。テレビCMも変えるといった提案。これらはみんな担当役員の発案です。私は提案を聞いて、良いと思えば、「いいんじゃないですか」と言う。すると彼らから、「根回しをお願いします」と頼まれる。私は根回し係のようなものです。担当者が主役になって、社長を好きに使ってもらう方が会社はうまく回ります。


西内啓

暗証番号のような数字は、すべての桁を覚えなければ意味がありません。しかし、会社の売上高などの量的な数字なら、「およそ213億円」といった大雑把な数字でことら足りるのではないでしょうか。そもそも、量的な数字は何かと比較するためのものです。目的に合わせて、競合A社の3倍、もしくは前年比2倍といったように、比較に必要な形で記憶すれば十分だと思います。


武豊

問題はジョッキーが出すゴーサインを馬が理解してくれるかどうかでしょう。理解している馬なら叩こうが叩くまいが、しっかりともうひと伸びするものです。調教段階からゴーサインをきちんと教えていれば、ムチなんて使わなくても自然と理解して伸びてくれるものなんですよ。


佐藤富雄

「こうあるべき」という枠にとらわれず、「楽天思考」を目指しましょう。「私は成功できる人間」「欲しいものは手中にある」などの、前向きで余裕のある言葉を口癖にするとよいでしょう。


越智仁

商品が売れない場合、一方的に部下を叱責してはいけません。一緒に議論しながら思い込みを取り払い、売れない原因を突き詰めていく。時間がかかりますが、実は問題解決へ向けた一番の近道であることが多い。


林明文

大事なのは現状を正確に把握することです。現状把握なくして人事施策を語ることはできません。普段から定点観測をすることが重要です。


北尾吉孝

事業をスタートさせる際には、事業領域を明確に定め、そのマーケットが伸びていくのか、そしてそのマーケットの中でシェアを取っていけるのかを考えなくてはなりません。これは、戦略を立てる上で必須となります。私の場合は、事業領域をインターネット金融業としました。


マザー・テレサ

太陽を見なさい。そうすれば影は見えなくなるから。


小日向文世

僕は基本的に出歩くのが好きじゃないので、毎日を家で楽しく過ごしています。何も枷(かせ)をつくらずにいるんです。たとえば、食事はお腹が空いたなと思えば食べる。普段仕事に追われているからこそ、休みのそんな時間が新鮮に感じられる。


小林一雅(小林製薬)

市場が拡大し始めた際の注意として、ライバルをつぶしにかかってはいけません。特に、いじわるはダメ。問屋を介して圧力をかけたり、原材料メーカーを通じて供給を止めたり、といった妨害は、法に抵触するだけでなく遺恨も生まれます。「窮鼠猫を噛む」というように、いまは小さな存在だとしても、いずれ自社を脅かす存在になるかもしれません。