名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

内藤由治の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

内藤由治のプロフィール

内藤由治、ないとう・よしはる。日本の経営者。清涼飲料水メーカーのポッカコーポレーション会長。愛知県出身。名古屋大学法学部卒業後、ソニーに入社。同社のフランス法人勤務を8年経験したのち退職。その後、創業者である義兄の頼みでポッカコーポレーションに入社。取締役、経営企画部長、東京支店長などを経たのち社長に就任。2005年、経営危機に瀕したポッカを非上場化させ、経営改革を行った経営者。

内藤由治の名言 一覧

私は本来、代表取締役会長はあってはならないと考えていました。欧米のようにCEO(最高経営責任者)とCOO(最高執行責任者)がわかれているのなら納得できますが、日本ではどっちつかずの二頭政治になってしまうからです。代表権を持つのは一人でいいのです。若い人の方が力もあるし、踏ん張りもきくでしょう。


私は「全社員株主会社」と呼んでいますが、MBOに際して全社員に株式を取得する権利を与えました。一人一人が自分の会社の株を持つことで、当事者意識、株主の目線で考え、各自の持てる力を十分に出し切って改革を提案してくれると考えたからです。


人望というものは人工的に創り上げるものではありません。これは、その人の「ぶれない経営哲学」とか会社にすべてをコミットしているという「その人の覚悟」というものが必然的に醸し出すものだと思っています。


カリスマ創業者がいる会社の社員は、次もカリスマ性のあるトップを望むものです。自分はただ付いていくほうが楽だからです。カリスマ性のない僕の場合は、誰でも参画でき、組織として機能する会社を目指しました。従って、常に目線と姿勢を現場社員と同じレベルに合わせることに努めました。飲み会に参加する。出来るだけ多くの人との懇談の機会を設ける。常に自由に意見を言えるような雰囲気をつくる等々です。


幹部に中期計画の作成を頼んでも作れない。社長が自ら中期計画を作っているようでは、会社は成り立たないですよね。仕方なく、血を変える、組織を根底から変えるつもりで、どんどん外部から採用しました。しかし能力、スキルの高い人が入社しても、定着率は10%未満。なぜかというと、社風が合わずに能力が発揮できず、不満が溜まって退職していくんです。


私は短気で、思い立ったらすぐやらないと気が済まない。早急すぎて社内をザワつかせてしまった。間違いではなかったと思いますが、大勢が納得できる方法はあったはず。その辺の按配は年配の人の方がよく分かっているものです。もしその時、「目的は同じでも、こういう方法がある」ということを助言してくれる人がいれば、聞いていたでしょう。トップは孤独なものです。責任と決断の重みで、病気にすらなる。社員の中に、人格者で私利私欲のない人がいてくれたら、相談できて、やり方も違っていたと思います。
【覚書き|社長就任当時、改革を焦っていたときを振り返っての発言】


成功の裏には苦渋があったはず。どんな経営者でも失敗はしているものです。途中から失敗を成功にしていったケースや、会社に影響しない程度の失敗は数知れないでしょう。


ポッカが経営危機を迎えた2005年、私は社長として投資ファンドと経営陣によるMBOで株式上場を廃止する決断をしました。創業者に頼ってしまうぬるま湯体質から脱却する意識改革と、抜本的な経営改革を進めるためです。株式の非公開化には退路を断つという意味もありました。


私は大学卒業後、ソニーに入社し、フランスに8年間駐在しました。海外に出ると日本人と外国人を比較するためか、人間としての自分の価値観を持つことが大事になります。私の価値観もフランスに行ってから形成されました。


信頼することはリーダーが飛躍する要素であり、会社が伸びる力にもなるでしょう。人材育成で一番重要なことは、リーダーが部下を信じることです。トップがそういう姿勢を示せば、部下は何倍にもして返してくれる。たとえ裏切られたとしても、騙されたとしても、「何か理由があったのだろう」と思えばいい。「受け入れること」が一番重要なことです。


盛田昭夫さんが素晴らしかったのは、一つの業務を遂行しようする時、同じ人に何回も言う。周囲の人にも話す。それはポッカの谷田さんも全く同じ。性格がくどいのかと思いましたが、それは違いました。意識して何度も言わないと伝わらない。書面で一度送ったぐらいで伝わっていると思ったら大間違いです。私がそのことに気づいたのは、ずっと後になってから。もっと早く知っておくべきでした。


内藤由治の経歴・略歴

内藤由治、ないとう・よしはる。日本の経営者。清涼飲料水メーカーのポッカコーポレーション会長。愛知県出身。名古屋大学法学部卒業後、ソニーに入社。同社のフランス法人勤務を8年経験したのち退職。その後、創業者である義兄の頼みでポッカコーポレーションに入社。取締役、経営企画部長、東京支店長などを経たのち社長に就任。2005年、経営危機に瀕したポッカを非上場化させ、経営改革を行った経営者。

他の記事も読んでみる

森泉知行

「仕事の本当の目的を忘れない」ことが重要です。当社では今、解約を減らすことを目的として、その分析用にお客様アンケートを行っていますが、もし担当者が本当の目的を正しく理解していなければ、形式的で表面的な質問をして終わり、ということになりかねません。


瀬戸健

車はスピードアップするだけでは事故に遭ってしまうので、車体の頑丈さや技術が必要です。当社も同じです。情熱をもって、誰よりも早く、誰よりも実行力を持つ人材がいるかどうかが、前提になります。


ピーター・ドラッカー

自らに求めるものが少なければ、成長しない。多くを自らに求めるなら、成長しない者と同程度の努力で巨人に成長できる


漆紫穂子

大切な子供を預かる学校は、保守的、安全志向であることも大事ですが、準備で時間を費やしてしまってはいけません。完璧を期して準備に1年もかければ、来年の生徒はいいかもしれませんが、今年の生徒が得るものはゼロになるからです。だから安全性さえ確保できれば、6割くらい準備ができたところでチャレンジするようにしています。


飯田亮

ラグビーでもアメフトでも、練習を辛いと思ってやっている人間は続かない。続けられる人間は、辛いけれども面白くて仕方がないからやっているのです。


上西京一郎

最も大事にしていることは、お客様の体験価値。私たちはそれを「ハピネス」と呼んでいます。


吉原毅

現実にこんな経験があります。どんどん赤字を出し、資産を食い潰している方がいた。何で赤字を出すかというと、非常に優しい人なので、過剰な従業員をずっと抱えている。それで資産を食いつぶし、最後に倒産なんてことがある。そんなことがあるわけです。だったら途中でやめて、別の事業展開を考える。従業員さんには退職金も多少出す。ただ単純にお金を貸せば済むという問題はほとんどありません。いまの時代、知恵の出し方、コンサルティング機能を持ち合わせないと、金融機関はできない。


君塚良一

面白さというパッケージに包んで自分の言いたいことを言う、という意識で僕はシナリオを書いています。僕が言いたいことを言って、誰も見てくれなくては仕事にならない、プロですから。ですから面白さということを前提にやっています。


久保憂希也

「売上」は「フロー型」と「ストック型」に分けられます。フロー型の売上を伸ばすなら「客数を増やす」、ストック型の売上を伸ばしたいなら「客単価を上げる」「購入頻度を上げる」といった方法が考えられます。「客数を増やす」は、さらに「新規顧客を増やす」「既存顧客の流出を防ぐ」というふたつに分解できます。


荻原博子

デフレ時における家計の鉄則は、「借金を減らして、現金を増やす」。住宅や車のローンを抱える人は、繰り上げ返済をして負債を減らしましょう。デフレ下では現金の価値が上がるので、手持ちの現金を増やすことが一番の資産運用になるのだと心得てください。


施崇棠(ジョニー・シー)

受け入れやすい価格で、最高のパフォーマンスを出すために、なにが必要か。我々はその点を磨き続けてきた。


アルバート・アインシュタイン

人は「現実に直面したとき知性がいかに不十分であるか」ということをはっきりと知覚するに足るだけの知性は与えられている。