内藤晴夫の名言

内藤晴夫のプロフィール

内藤晴夫、ないとう・はるお。日本の経営者。東京出身。慶應義塾大学商学部卒、米国ノースウェスタン大学経営大学院でMBAを取得。その後エーザイに入社し、研究開発推進部長、取締役、研究開発本部長、常務取締役、代表取締役専務、副社長などを経て社長に就任。そのほか、ジェノックス創薬研究所社長、日本製薬工業協会(JPMA)副会長、国際製薬団体連合会(IFPMA)副会長、財団法人内藤記念科学振興財団理事長などを務めた経営者。

内藤晴夫の名言 一覧

企業は顧客満足の維持のために存在しており、それを満たせば結果として売上や利益がもたらされる。


ニュートンが万有引力の法則を発見したのは、リンゴが落ちるのを見たからだという逸話がある。なぜそれが発見につながったか。ニュートンが万有引力のことをずっと考え続けていたからだ。どんな重要な状況を見ても、考え続けていない人にとっては、それは何の意味も持たない光景にすぎない。


エーザイの定款には、エーザイの目的は患者価値を増大することと書いてあります。それができれば、利益がもたらされる。目的と結果としての利益の順番は決して逆ではありません。利益が出ないならば、患者満足度が十分得られていないのです。


輝く人材を集めるには、やりがいがある仕事をセッティングすることです。発明・発見から新薬の承認、さらには報酬の分配まで、全部好きなようにやっていいと。本当に薬をつくりたい人間にとって、こんなにしびれる話はないんです。


新薬開発に重要なのは、きらめく人材、輝く人材です。人材力を強化するため、昨年はチーフアシスタントオフィサーという役職を置きました。日本サッカーが強くなったのは、トップだけではなく、小学生ぐらいから常にあらゆる層で底上げを図ってきたからです。社内でそれをやるのが新しい役職の役割です。


人がつくったものを取り込むのに比べ、自前でスクラッチからやった方がはるかに血沸き肉躍るでしょう?
【覚書き|海外進出する際に現地企業を買収するのではなく、自前で進出する理由について語った言葉】


我々のポリシーとして、大国には必ず工場をつくっています。地域の雇用に貢献して実際に製造する。市場を単なる刈り取り場として見るのではなく、土着してやりますよという非常に大きなメッセージになるのです。


YKK社長だった吉田(忠裕)氏に社外取締役として来てもらったことがあります。ジッパーなどをグローバルに販売しており、ものすごく品質に厳格な人です。エーザイのことは知らないが、自分の価値観から見てこれはおかしいと、初めからバンバン意見を言ってくれました。


社外取締役は会社の事情にどれだけ精通したか、しないかは問題じゃないんです。自分がそれまで積んできた経験を、来たその日からエーザイの仕事に当てはめて意見を言ってもらう。これが社外取締役の役割です。


社外取締役で構成されている(後継者の)指名委員会から、いつも言われています。「あなたがこの会社の最大のリスクだ。いつまでも経営をやり続けられるわけがないだろう」と。指名委員会はみんなもう私と個人的な接点はほとんどないですから、何かあればすっぱり(引退勧告を)やってもらえれば、スッキリと退きます。生え抜きが指名委員会にいますとなかなかこうはいかないでしょうから、そうならないようにしています。


エーザイでは、分野ごとに13のユニットをつくりました。各ユニットの長は30代中盤から60近い人までいて、日本人は6人ですね。ベンチャー企業のように運営しています。ただ、このやり方の問題点は、組織が大きくなると威力が薄れることです。ユニットを率いるリーダーの数も十数人が多分限界だと思います。それ以上はだんだん質が低下します。たとえば大企業でそういうユニット編成が100ユニットあれば100人必要ですが、そんなにタレント(有能な人)がいるわけがない。それが、大企業が衰退する原因です。


奇人変人の時代は終わりました。いまは外部の力を上手に引き出す感性がまず大事です。自分たちだけの力は限られていますから。そして、強みをさらに強くしようと努力する人。それから、人好きな人です。開発はチームでやることが多いので、チームワークとかチームビルディングといったことが苦にならない人でないと務まりません。


M&A(企業買収・合併)もいいんですが、結局それを自分たちの文化やシステムに合わせちゃうのは、面白くない。米国モルフォテックという抗体医薬を買収したことがありますが、当時の人々がほとんど残って運営していて生産性も上がっています。


以前、我々の業界はよく非難を受けました。「知的財産権を抱え込んでいて何にもならない。グリーディー(強欲)だ、利益至上主義だ」と。しかし、いまや製薬産業の考え方はガラッと変わりました。公的機関や非政府組織などといかに協力し、世界の健康問題を解決する重要なステークホルダー(利害関係者)の一員になれるか。グローバル製薬企業のトップと話をしていても、我々の目的はもはやこの一点なんです。


個々の社員のレベルで当社の企業理念に沿った意思決定や行動を自らできるようになってきたことは、当社の大きな強みになっていると確信している。


私は、善意だけに基づくようなCSR(企業の社会的責任)は信じていない。余裕があるときはやるけれども、なくなったらやめるということになりがちだ。あくまで目的は患者満足の増大で、それが図れれば多少遅れても、結果としての利益がもたらされる。このことを信じている。だからこそ、中長期になったとしても、最終的に採算が合うかをしっかりと考え抜くことが、経営の大事なポイントになる。


エーザイはまず患者満足を増大するための企業だ。しかし、結果として得る利益も大事に思っている。


野中郁次郎先生には当社の社外取締役第1号に就任していただいた。取締役会で先生はよく「この議論は面白くない」と言っていた。取締役会は理念や向かうべき方向性といったビッグピクチャーの規定を行うべきで、細かいところは経営陣に任せているんだと。取締役会は大きなことを語る場という雰囲気が醸成されたのは、野中先生のおかげだ。


私は1988年、40歳でエーザイの社長に就任した。その際に会社を経営していく方針を考える中で、製薬企業はいままで医者を顧客と見ていたのではないかという思いにとらわれた。薬剤の真の顧客は患者の方々であるはず。ならば、顧客の規定を変えなければならない。患者を顧客として会社を経営することを決意した。


内藤晴夫の経歴・略歴

内藤晴夫、ないとう・はるお。日本の経営者。東京出身。慶應義塾大学商学部卒、米国ノースウェスタン大学経営大学院でMBAを取得。その後エーザイに入社し、研究開発推進部長、取締役、研究開発本部長、常務取締役、代表取締役専務、副社長などを経て社長に就任。そのほか、ジェノックス創薬研究所社長、日本製薬工業協会(JPMA)副会長、国際製薬団体連合会(IFPMA)副会長、財団法人内藤記念科学振興財団理事長などを務めた経営者。

他の記事も読んでみる

内藤忍

日ごろから目的意識を持って準備をしていなければ、絶好の機会が目の前にあっても気がつかない。通り過ぎてしまう。


新浪剛史

安売りされない商品をつくろう。逆に値上げしてもお客さんに欲しいと思われる商品を出していきたい。


八田英二

総合学園というと、学校が寄り集まっているイメージがあるかもしれませんが、同志社の場合は、単に集まっているだけでなく、教育の根本のところでつながっています。どの学校に入ろうとも、同じ教育の理念のもと、学生たちは育っていきます。また、幼稚園から大学まで一貫して同志社という一団だけでなく、大学から同志社に入学する一団が存在するのも、学校全体に大きな活力をもたらしています。


森幹雄

シンガポールという狭いこの国では、値下げをしてローカルの競合を潰すようなやり方では、まず生き残ることができません。他人の国で軒の下を借りるのですから、それは当たり前のルールなのです。一緒に働く社員に対しても、ただ単にこき使うのではなく、一緒に未来を共有できるか、そういう人間を選んで仲間にしていくことができるかが重要です。


いっこく堂

プロ意識に火がつき、死に物狂いで頑張るようになってから、何時間練習しようかと考えて、最低でも睡眠時間ぐらいはやると決めたんです。とにかく寝る問も惜しんで、体調が悪かろうが何だろうが、毎日8時間の練習をやり続けました。もちろん、先の結果なんて分かりません。でも、振り返って考えるとあれでよかった。あの1年間で本当に多くの事をつかむことができましたから。


心屋仁之助

仕事が憂鬱で毎日が灰色。そんな人たちは、それぞれどんな心を抱えているのでしょうか。共通しているのは「言いたいことを言っていない」「したいことをできていない」状態にあるということです。つまり、人は憂鬱になるとき、何かを我慢しているのです。


吉川良三

一番が利益の大部分をとって、二番手はわずかなおこぼれをもらえる程度、三番手以下にいたっては利益はゼロ、と考えるのが世界標準の考え方だ。何をするにも、躊躇は許されない。走りながら考え、走りながら修正しなければならない。


柳沢幸雄

負けることで、人は自分の器の大きさを客観的に知ることができ、自分に適した役割に目を向けられるようになる。


ツルゲーネフ

乗りかけた船には、ためらわずに乗ってしまえ。


瀧川克弘

どんなアイデアでも提案すれば500円がもらえるようにしています。悪口と「給料あげろ」以外なら何でもOK(笑)。優秀者には上限3万円まで支払います。常に考えるクセや、積極的に提案する姿勢を身につけてもらうのが目的です。


ニック・バーリー

日本人がプレゼンテーション下手と言われてしまうのには、文化的な背景も大きく影響していると思います。日本は古くから「謙虚で控えめ」が美徳とされてきました。しかし海外の方が相手のプレゼンの場合、その奥ゆかしさは通用しません。自分たちの強みをアピールする場なのですから、積極的で、自信にあふれた態度で臨むことを心がけてください。


御手洗冨士夫

私は社外取締役を認めないわけではない。今みたいに時代がどんどん変化している中においては、外からの考え方や意見を取り入れるということは必要。大いに必要です。だけど、何もそれは、アドバイザリーであればいいので、あえて取締役でなくてもいいのではないか。その存在はあってもいいし、その分においては否定しません。ただし、世の中でよく監視、監視って言うじゃないですか、あれは認めません。監視なんかできるわけないです。


西村貴好

褒める場合は形に残るものの方が効果が大きい。たとえば社員同士が相手のいいところを紙に書いて職場内に貼り出す。自分の目で読むことで、褒められた内容がより深く心に残ります。


平野茂夫

若い方のベンチャー企業などにも高齢者を派遣していきたいですね。起業する高い志とアイデア、技術を持っているベンチャー企業ですが、財務と経営分野の知識は豊富ではありません。経理部門や人事部門など、その苦手なところを経験豊かな高齢者の助けを借りることで、互いに刺激し合えると思います。そういった形で高齢者の雇用を生み出すことは社会的意義が高いと考えています。


冨田和成

私はキャピタルゲイン狙いが悪いとは思いません。ただ、資産の大部分をキャピタルゲイン狙いにしてしまうのは、リスクが高いことは明らかです。実際、大富豪は「今さらキャピタルゲイン狙いに血眼になってもねえ」と、乱高下する株式市場を一歩引いた立場から見ている方が多いのです。もちろん、大富豪でも将来大きく値上がりしそうな銘柄があったら興味を持ちます。ただ、それを買う時はあくまでも失ってもいい額しか買いません。


ページの先頭へ