名言DB

9490 人 / 112001 名言

内藤明人(内藤進)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

内藤明人(内藤進)のプロフィール

内藤明人、ないとう・あきと(内藤進、ないとう・すすむ)。日本の経営者。ガス器具総合メーカー「リンナイ」会長。愛知県出身。東京大学卒業後、父内藤秀次郎と林兼吉が創業した林内製作所(のちにリンナイ)に入社。その後、社長に就任し、海外企業との提携や技術開発で同社を大きく成長させた。中部経済同友会代表幹事、中部産業連盟会長なども務めた経営者。

内藤明人(内藤進)の名言 一覧

最高が叫ばれている「モノづくり」の現場では、技術力だけでなく、「なぜつくるのか」という哲学を持ち、心技一体でことにあたらない限り、顧客の信頼を得ることはできません。


海外進出で大切にしてきたことがあります。それは自分のことのように相手のことを思う「ユーイズム」という考え方です。「出資した日本側からトップを派遣するのは当然」と考えたら、現地の社員には「低賃金を搾取しにきた」などと思われ、信用されないでしょう。だから現地法人のトップには、必ず現地出身者を起用しています。


会社経営で最終責任を誰が取るかというと、経営者である私をおいて他にはいません。だからといって、リアリズムだけを押し通しているようだと、社員はついてこなくなります。


学校の成績は自分の努力次第でアップします。しかし、会社経営では、ヒト、モノ、カネ、情報などを上手に組み合わせていく必要があります。とくに人の活用がポイントであり、社員の協力なしには会社経営は一歩も前に進みません。


リンナイは世界中のどのライバルメーカーも取り組んでいなかった「ガス器具のアナログとデジタルの融合」に乗り出しました。バルブの閉会で出力を調整するアナログのメカニズムを、デジタル技術で制御するのです。そうすれば、微妙な火加減調整が簡単になり、コンロの消し忘れを自動消火することもできて安全性が高まります。安全性という品質を少しでも高めようとする勇断が、並み居る大企業の機先を制することにつながりました。


電気製品なら、故障しても電気がストップすることで発火などの大きな事故にはなりません。しかし、ガス機器は違います。故障はガス漏れ、爆発という人命にかかわる大事故に直結します。だから「故障=墜落」という航空機をつくるような気概を持って安全性を追求しようと自分自身や社員に言い聞かせてきました。


貸借対照表が経営者の顔だ。
【覚書き:貸借対照表(バランスシート)は資産状況を表し、調達した資金をどのように運用し、どんな結果になったかを表す。借金を先送りしている企業、キャッシュを蓄え有事に備える企業、不良在庫が多い企業、営業外の株式への資金分配が多い企業、銀行よりも投資家からお金を集めることが好きな企業など経営者の癖や考え方が如実に表れる。そのことを端的に表した言葉】


ゴーサインを出す基準は成功の可能性が七割以上のとき。ただ、残りの三割は「経営者のロマン」と考えている。【覚書き|手堅い経営で知られる内藤氏の経営理念を語った言葉。】


規模を誇るより、中身を誇れる企業に。


内藤明人(内藤進)の経歴・略歴

内藤明人、ないとう・あきと(内藤進、ないとう・すすむ)。日本の経営者。ガス器具総合メーカー「リンナイ」会長。愛知県出身。東京大学卒業後、父内藤秀次郎と林兼吉が創業した林内製作所(のちにリンナイ)に入社。その後、社長に就任し、海外企業との提携や技術開発で同社を大きく成長させた。中部経済同友会代表幹事、中部産業連盟会長なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

ゴーゴリー

人間というのは馬鹿なもので、たとえ、今日の命があっても、明日という日はわからないということを忘れている。


松本晃(経営者)

僕は社長業、会長業を選択したジェネラリストですが、ジェネラリストは何かについて無茶苦茶に詳しい必要はありません。しかし、一応は何でも知っておく必要があります。


山崎将志

会議のゴールが明確な資料をつくろうと心がけることで、主催者自身が会議のシナリオや落としどころを検討する機会を持つことができます。自分ではわかっていると思っていても、実際に書いてみると思わぬ不備が見つかるものです。


田中優子(江戸文化研究者)

社会的自己肯定力とは、主に競争に勝つことで得られるものです。そのため、初めは勝てても競争が別の次元に移ると、勝てなくなる場合があります。AI時代への移行などは、その典型でしょう。そのため、社会的自己肯定力は相対的に揺らぎやすいもので、それだけでは不十分です。むしろ重要なのは、基本的自己肯定力です。それは、自分にはできる、という自信のことですから、小さな頃から育てられます。また、小さな頃に育て損なったとしても、大きくなってからも身に付けられます。そのためにも、我々のような大学も、そうした力を育むことに力を入れなくてはなりません。


石渡美奈

ホッピー再建でまず取り組んだのは、組織の活性化です。現状維持派、やる気のない社員には辞めてもらい、組織の血の入れ替えを図りました。ホッピーの魅力をみんなに知ってほしいという、トップの方針を理解し、共通の価値観と情熱を持って一緒にやってくれる人だけを雇い入れたのです。


芳井敬一

実は大学時代、入部から半年ほどたった頃に、凄まじい練習に耐えかねて同期の部員たちと脱走を企てたことがあります。しかし、脱走直前に地元の仲間の顔が脳裏をよぎり、「泣いて見送ってくれた仲間に合わせる顔がない。やっぱり俺は行かない。逃げない」と、去っていく部員に別れを告げました。もしあの夜に逃げていたら、つらいことから目を背け、逃げ続ける人生になっていたかもしれません。


長谷川閑史

このタケダという会社が230年培ってきた経営の考えである、誠実をモットーとするタケダイズムは、どんなグローバル化しようと大事にします。それを肌の感覚でわかりながら、グローバルにビジネスがマネージできて、人も使える人材を育てないといけません。


江口洋介

役者としてこだわっているのは、自分の限界を自分で決めないこと。


堀洋一

多くの人が注目する場で優れた技術をアピールすることは重要だと思います。それによって、画期的な応用のアイデアが大学などから生まれるかもしれないからです。


松下正幸

政治家にしろ、一部の投資家にしろとかく短期的な思考に陥りがちです。しかし、経済人はそれではいけない。考え方のスケールを地球規模で広く、長くとって、持続的な成長を考える大局観が求められている。


柳井正

昔のことを振り返るのではなく、つねに将来のことを考えないといけない。だから危機感がないところには未来はない、と思います。


俣野成敏

プロフェッショナルになることで、会社の業績低下やリストラの噂に一喜一憂する必要はなくなります。何よりも、毎日が充実して、仕事が面白くなります。