名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

内藤明人(内藤進)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

内藤明人(内藤進)のプロフィール

内藤明人、ないとう・あきと(内藤進、ないとう・すすむ)。日本の経営者。ガス器具総合メーカー「リンナイ」会長。愛知県出身。東京大学卒業後、父内藤秀次郎と林兼吉が創業した林内製作所(のちにリンナイ)に入社。その後、社長に就任し、海外企業との提携や技術開発で同社を大きく成長させた。中部経済同友会代表幹事、中部産業連盟会長なども務めた経営者。

内藤明人(内藤進)の名言 一覧

最高が叫ばれている「モノづくり」の現場では、技術力だけでなく、「なぜつくるのか」という哲学を持ち、心技一体でことにあたらない限り、顧客の信頼を得ることはできません。


海外進出で大切にしてきたことがあります。それは自分のことのように相手のことを思う「ユーイズム」という考え方です。「出資した日本側からトップを派遣するのは当然」と考えたら、現地の社員には「低賃金を搾取しにきた」などと思われ、信用されないでしょう。だから現地法人のトップには、必ず現地出身者を起用しています。


会社経営で最終責任を誰が取るかというと、経営者である私をおいて他にはいません。だからといって、リアリズムだけを押し通しているようだと、社員はついてこなくなります。


学校の成績は自分の努力次第でアップします。しかし、会社経営では、ヒト、モノ、カネ、情報などを上手に組み合わせていく必要があります。とくに人の活用がポイントであり、社員の協力なしには会社経営は一歩も前に進みません。


リンナイは世界中のどのライバルメーカーも取り組んでいなかった「ガス器具のアナログとデジタルの融合」に乗り出しました。バルブの閉会で出力を調整するアナログのメカニズムを、デジタル技術で制御するのです。そうすれば、微妙な火加減調整が簡単になり、コンロの消し忘れを自動消火することもできて安全性が高まります。安全性という品質を少しでも高めようとする勇断が、並み居る大企業の機先を制することにつながりました。


電気製品なら、故障しても電気がストップすることで発火などの大きな事故にはなりません。しかし、ガス機器は違います。故障はガス漏れ、爆発という人命にかかわる大事故に直結します。だから「故障=墜落」という航空機をつくるような気概を持って安全性を追求しようと自分自身や社員に言い聞かせてきました。


貸借対照表が経営者の顔だ。
【覚書き:貸借対照表(バランスシート)は資産状況を表し、調達した資金をどのように運用し、どんな結果になったかを表す。借金を先送りしている企業、キャッシュを蓄え有事に備える企業、不良在庫が多い企業、営業外の株式への資金分配が多い企業、銀行よりも投資家からお金を集めることが好きな企業など経営者の癖や考え方が如実に表れる。そのことを端的に表した言葉】


ゴーサインを出す基準は成功の可能性が七割以上のとき。ただ、残りの三割は「経営者のロマン」と考えている。【覚書き|手堅い経営で知られる内藤氏の経営理念を語った言葉。】


規模を誇るより、中身を誇れる企業に。


内藤明人(内藤進)の経歴・略歴

内藤明人、ないとう・あきと(内藤進、ないとう・すすむ)。日本の経営者。ガス器具総合メーカー「リンナイ」会長。愛知県出身。東京大学卒業後、父内藤秀次郎と林兼吉が創業した林内製作所(のちにリンナイ)に入社。その後、社長に就任し、海外企業との提携や技術開発で同社を大きく成長させた。中部経済同友会代表幹事、中部産業連盟会長なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

猿丸雅之

単純なミスはダメですが、チャレンジによる失敗は、最終的に成功すればいい。


宗次徳二

売上げにしても、今月の少し積み増しくらいで設定してその達成のために頑張って、それを毎月繰り返していけば、右肩上がりになる。


松村誠一(経営者)

創業以来の大きな危機ではありましたが、これを機に人心をひとつに集めることができたのは大きな収穫だったと思っています。
【覚書き|上場初の赤字転落してしまった当時を振り返っての発言】


奥谷禮子(奥谷礼子)

インバウンドが急増して外国人観光客がもっと増えていきます。そうすると、日本の持っている文化、あるいは文化の価値というのが強みになってきます。その場合、そうした強みをもっと自分たちで売り出す力を身に付けられたら、付加価値も上がるのではないでしょうか。


高見盛

周りが見えなくなるぐらい必死になると、自分でも気づかなかった底力が出てくるというか。まあ、火事場の馬鹿力みたいなもんじゃないでしょうか。


冨山和彦

半導体産業の初期は、半導体メモリを造ること自体にものすごく高度な技術が必要で、参入障壁が高かった。ところがデバイスとしてメジャー商材になり、大量生産が始まると、いつしか技術の固有性が希薄になっていった。一流の製造装置メーカーの装置を買いそろえ、技術者を引き抜いてくれば、誰でも同じものが高い歩留まりで造れるようになる。するとパワーゲームが始まる。適切なタイミングで集中的に巨大な投資を、つまりは大ばくちを打てる者が勝つゲーム。このゲームでは、賃金や税金や部材が最も安い場所で造るのが正しい。


横山秀夫

(漫画の原作を経験したことで)ここのパートは完成しているけど、ただ完成しているだけでいいのかとか、この会話は一から作り直せばもっと面白くなるんじゃないかとか、そういった「かもしれない」ことについて一切妥協しなくなりましたね。


風間八宏

西ドイツのレバークーゼン時代、精肉店のサイン会に行けといわれたら行ったし、ドイツ語も本気で勉強した。怖くてもいろんなことをやると、見えてくるものがある。引退後、解説者になってからも頼まれた仕事は基本的にすべてやるようにしました。女子アナチームの監督も引き受けましたからね。


前田鎌利

資料作成で大事なのは、余計な情報をギリギリまで削ること。伝えたいキーメッセージを一つに絞って、余白をたくさん残したほうが、想像力をかきたてられた受け手は興味を示し、結果、採用に至りやすい。本編から削ぎ落とした情報は、補足資料として添えることでフォローできます。


大東隆行

店長がそれぞれ、面白いことを考えたらいいのです。本部が一斉にあれやれ、これやれというのは僕の性に合わないし、王将らしくない。人間は自分の好きなことだと一生懸命になります。その人の長所は何倍にでも伸びる可能性があります。僕はそれに懸けているのです。


下川浩二

スケジュール管理に関しては、積極的にITツールを利用すべきだと思います。とくにプロジェクトで仕事をしている人は、グーグルカレンダーなどをネット上で共有し、スマートフォンでも見られるようにしておけば、メンバー全員の細心の予定を確認することができます。こんな芸当はアナログの手帳では無理です。


大竹美喜

経営にとって人づくりは基本中の基本です。ご苦労もあるでしょうが、強い信念を持って取り組んでいただきたい。