内藤明人(内藤進)の名言

内藤明人(内藤進)のプロフィール

内藤明人、ないとう・あきと(内藤進、ないとう・すすむ)。日本の経営者。ガス器具総合メーカー「リンナイ」会長。愛知県出身。東京大学卒業後、父内藤秀次郎と林兼吉が創業した林内製作所(のちにリンナイ)に入社。その後、社長に就任し、海外企業との提携や技術開発で同社を大きく成長させた。中部経済同友会代表幹事、中部産業連盟会長なども務めた経営者。

内藤明人(内藤進)の名言 一覧

最高が叫ばれている「モノづくり」の現場では、技術力だけでなく、「なぜつくるのか」という哲学を持ち、心技一体でことにあたらない限り、顧客の信頼を得ることはできません。


海外進出で大切にしてきたことがあります。それは自分のことのように相手のことを思う「ユーイズム」という考え方です。「出資した日本側からトップを派遣するのは当然」と考えたら、現地の社員には「低賃金を搾取しにきた」などと思われ、信用されないでしょう。だから現地法人のトップには、必ず現地出身者を起用しています。


会社経営で最終責任を誰が取るかというと、経営者である私をおいて他にはいません。だからといって、リアリズムだけを押し通しているようだと、社員はついてこなくなります。


学校の成績は自分の努力次第でアップします。しかし、会社経営では、ヒト、モノ、カネ、情報などを上手に組み合わせていく必要があります。とくに人の活用がポイントであり、社員の協力なしには会社経営は一歩も前に進みません。


リンナイは世界中のどのライバルメーカーも取り組んでいなかった「ガス器具のアナログとデジタルの融合」に乗り出しました。バルブの閉会で出力を調整するアナログのメカニズムを、デジタル技術で制御するのです。そうすれば、微妙な火加減調整が簡単になり、コンロの消し忘れを自動消火することもできて安全性が高まります。安全性という品質を少しでも高めようとする勇断が、並み居る大企業の機先を制することにつながりました。


電気製品なら、故障しても電気がストップすることで発火などの大きな事故にはなりません。しかし、ガス機器は違います。故障はガス漏れ、爆発という人命にかかわる大事故に直結します。だから「故障=墜落」という航空機をつくるような気概を持って安全性を追求しようと自分自身や社員に言い聞かせてきました。


貸借対照表が経営者の顔だ。
【覚書き:貸借対照表(バランスシート)は資産状況を表し、調達した資金をどのように運用し、どんな結果になったかを表す。借金を先送りしている企業、キャッシュを蓄え有事に備える企業、不良在庫が多い企業、営業外の株式への資金分配が多い企業、銀行よりも投資家からお金を集めることが好きな企業など経営者の癖や考え方が如実に表れる。そのことを端的に表した言葉】


ゴーサインを出す基準は成功の可能性が七割以上のとき。ただ、残りの三割は「経営者のロマン」と考えている。【覚書き|手堅い経営で知られる内藤氏の経営理念を語った言葉。】


規模を誇るより、中身を誇れる企業に。


内藤明人(内藤進)の経歴・略歴

内藤明人、ないとう・あきと(内藤進、ないとう・すすむ)。日本の経営者。ガス器具総合メーカー「リンナイ」会長。愛知県出身。東京大学卒業後、父内藤秀次郎と林兼吉が創業した林内製作所(のちにリンナイ)に入社。その後、社長に就任し、海外企業との提携や技術開発で同社を大きく成長させた。中部経済同友会代表幹事、中部産業連盟会長なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

橋本治

ある専門分野で特定の問題を解くためのカギというのは適用範囲も狭いでしょ。マルクス主義のカギとか構造主義のカギとか、カギの使える範囲は決まってしまっていますので。それで、私は広大な現実から立ち上がってくるようなところからしかものを考えないようにしているんです。そうやって目の前の現実からものを考えることって、日本人は得意なはずなんですよ。


出水麻衣

私は自分を過信することがあるようで、大丈夫と思って本番に臨んだら、準備不足で言い間違えてしまった……ということもありました。そんな経験を重ねて、人にはそれぞれ適切な準備量があると気づきました。「これだけやれば安心」という適量は、人それぞれ。それに気がついて以来、それまでより練習をプラス3回行なうようにしました。すると、失敗も減りました。


ビル・ゲイツ

子供のころからたくさん本を読んで自分でものを考えろと言われて育った。両親は、本や政治や、その他いろいろなことについて、子供たちを交えて話し合った。


嶋田卓彌(嶋田卓弥)

ヒルソ本舗の破たん整理の経験と実績は、これまた私に無形の大きな財産となった。それはまず、「嶋田という人間は誠実に仕事をする男だ」と世間の評判をとったことだ。やがてパインミシン(のちの蛇の目ミシン)、亀の子タワシ、大黒葡萄酒、タイト洋裁裁断器などの顧問として、宣伝、企画、経営の面にタッチするようになったのは、この無形の財産がものをいったからである。
【覚書き|にんにく栄養剤ヒルソ本舗のコンサルティングをしていたとき、経営陣が嶋田氏にすべてを押し付けて逃げてしまったので、手伝う義理がないにもかかわらず在庫を売りさばき債権者に負債を返済したことについて語った言葉】


森永卓郎

ネットのニュースサイトは、いま何が起こっているのかを知るには便利だが、(記事が短いため)そこで思考がストップしてしまうのが怖い。この点は、センセーショナルな発言だけ編集してオンエアする情報バラエティーにも同じことがいえる。


濱川智

マーケットを奪い合う(競争)のではなく、顧客とともにつくり出す(共創)時代に入った。そのためのCS(顧客満足)の具体的な有効策が、おもてなしにほかならない。


西澤ロイ

かつて英語に関して嫌な思いをしたとしても、今は嫌いな先生は目の前にはいませんし、つまらない授業を受ける必要もありません。嫌な記憶のある過去ではなく、英語を学ぶことでこれから訪れる楽しい未来に目を向ければ、英語への向き合い方も変わってくるはずです。


千本倖生

自分の思いをアクションとして起こさない限り、世の中は変わらない。


中村邦夫

手前味噌で恐縮だが、私は社長就任以来、組織開発、人材育成に力を入れてきました。ここで大切なのは大胆な権限移譲。以前は社長の決裁が必要だったものを各事業のトップに任せるのはもちろんのこと、現場のことはその担当者の判断に委ねるようにしました。その結果、若手社員は明らかに変わってきて、若い技術者は、かつては上司からの指示待ち組が多かったが今では自ら発想して行動するケースが増えているのです。


鈴木文雄(喫茶店オーナー)

店内では気兼ねなく、ゆっくり過ごしてほしいですね。ここで夢を語りあってもいいし思案してもいい。夢はどんと構えないと実現できませんよ。


山口多賀司(経営者)

いまは多くの企業で経営者の再教育が必要です。経営者を教育しなおして、新しい経営体制に入れ替えるべきですね。


南淵明宏

私は、人間の行動の基盤は不安だと思います。ネガティブな状態に落ちていく自分を嫌悪する心理です。12万年前、南アフリカの海岸べりの洞窟を出て歩き出したのが人類の繁栄の始まりでした。なぜ歩き出したかといえば、不安だったからでしょう。「ここにとどまっていたら、明日の食事がとれないんじゃないか」「子供が餓死してしまうんじゃないか」と。現代人が勉強して東大を目指したり、つらい仕事を頑張ったりするのも、不安だからでしょう。ですから、難局に当たっても、不安から目をそらしてはいけない。不安を正視するだけでなく、凝視すべきだと思います。


中村貞裕

ブランディング・プロデューサーという職業の地位を築き上げるためにも、そしていろいろな人に知ってもらうためにも、たとえば雑誌などへの露出も大切な仕事でした。また、ノーギャラであっても、面白いと思った仕事や旬な人が出ているイベントであれば、迷わず参加しました。そのような仕事を積み重ね、自分の価値を上げるための努力をしてきたからこそ、今の仕事スタイルやプロデューサーとしての仕事ができているのだと思います。


平野敦士カール

秘訣は「差別化」「集中化」「低コスト化」の3つ。これは企業の戦略論で有名なマイケル・ポーター氏が掲げたもの。企業が勝つための戦略ですが、個人が競争に打ち勝って成功するのにも不可欠な要素といえます。


原田武夫

組織として個人として「先送り」を戦術として成功させる最大ポイントは、ロングスパンで練った戦略と、他にない独自の武器を持つことです。


ページの先頭へ