名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

内藤廣の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

内藤廣のプロフィール

内藤廣、ないとう・ひろし。日本の建築家。東京大学名誉教授。神奈川県出身。早稲田大学理工学部建築学科卒業、早稲田大学大学院修了。フェルナンド・イゲーラス建築設計事務所(スペイン)、菊竹清訓建築設計事務所勤務を経て内藤廣建築設計事務所を設立。また東京大学大学院工学系研究科社会基盤工学助教授、東京大学大学院工学系研究科社会基盤学教授、東京大学副学長などを務めた。

内藤廣の名言 一覧

坂口安吾は『日本文化私観』の中で、たとえ桂離宮や法隆寺がなくなったとしても、日本文化にとってはどうということはない、と言っています。過激な言い方ですが、一理あります。日本の文化は我々の暮らしの中や精神そのものにあるのだから、というわけです。日本人の美意識、何でもない空間に特別な意味を与える発想こそが重要だということです。


建築というハードウエアだけでなく、日本人の住まいの文化を考えるうえではソフトウエア、すなわち精神も見逃せません。たとえば、茶道の精神を抜きにしたら、茶室はただの粗末な小屋でしかありません。和室にある床の間は、外国人から見ればただのへこんだ空間。けれども、そこに掛け軸をかけて花を活け、一家の主人が上座に座ることで空間に意味がもたらされます。言ってみれば、何もない空間に意味を与えるのが日本人の精神なのです。


昔から、日本人は自然とつながって暮らしていました。自然災害も多くありましたが、それともうまくつき合いながら生きてきた。日本人にとって自然は克服する対象ではなく、共存するものでした。木の家は、暮らしの中でそれを感じることができたのでしょう。


内藤廣の経歴・略歴

内藤廣、ないとう・ひろし。日本の建築家。東京大学名誉教授。神奈川県出身。早稲田大学理工学部建築学科卒業、早稲田大学大学院修了。フェルナンド・イゲーラス建築設計事務所(スペイン)、菊竹清訓建築設計事務所勤務を経て内藤廣建築設計事務所を設立。また東京大学大学院工学系研究科社会基盤工学助教授、東京大学大学院工学系研究科社会基盤学教授、東京大学副学長などを務めた。

他の記事も読んでみる

吉野聡(産業医)

面と向かってはいいにくいことも、メールだと言いやすく、攻撃的になる場合もあります。表情や音声が読み取れないやりとりは、誤解が生じやすく、トラブルも起きやすい。間接的なコミュニケーションが多いほど、イライラが増幅しやすい。


飯田敏(ファイナンシャルプランナー)

資産運用は始めるならば早い方がいい。短い時間で資産を形成しようとすれば、当然リスクも高くなります。長いスパンで投資を考えられれば、市場の変動にも対応できます。


丸谷智保

全国的には「セブンイレブン」「ローソン」「ファミリーマート」の3強時代に突入していますが、なぜ北海道ではセイコーマートが大手に伍して戦えているのでしょうか。それは「北海道」という地域に密着した事業モデルを磨き上げてきたからです。


越智仁

エネルギー問題にしても、環境問題にしても、問題があるから解決しなければいけないわけで、それを解決する方法を提案できなければ、事業は伸びていかない。


山田淳

マッキンゼーは優秀な人が集まっているし、お会いするクライアントは大手企業の社長をはじめ、社会的地位の高い人ばかり。そうした方々とのおつき合いを通じて、自分の目線を上げることができた。


岡崎慎司

五輪を見ていても、金メダルを取った選手がそのまま現役を続けている。あれは自分の限界を超える瞬間に魅力があるからでしょうし、人間、ひとつの到達点では満足しきれない生き物だとも思うんです。


原田泳幸

どんなに強固なシステムを構築しても、携わる人間の緊張感や責任感が欠けていれば、悪意を持った人間は必ずそこを突いてきます。


村田昭治

経営とは一人でやっているのではない。経営とはみんなで大きな自信をもって突っ走っていく、その突進力、馬力なのだ。それは単なる馬力ではない。そこには知恵の蓄積をもった経験からくる学習効果が働いているものだ。


竹中宣雄

ある日、私が出社すると、部下が取っ組み合いのケンカをしていました。私のやり方を理解した部下と、反発する部下がぶつかったのです。「何で所長の言ってることがわからないんだ」。部下の怒鳴り声を聞いて「理解させられなかったおれも悪い」と心の中で反省したものです。


テリー伊藤

結局のところ、その相手がいい仕事をしてくれるようになればいいわけで、叱るか叱らないかの問題ではない。


中原淳

学習の場は職場だけではありません。会社外での勉強会や読書会へ参加してみることをお勧めします。社外で自分の仕事の意味や能力を客観的に確認できるかもしれません。会社の欠点だと思っていたことが、世間的には評価されていたりもします。視野を拡大させると、仕事に対する新たな意欲も湧いてくるものです。


樋口廣太郎

私が社長に就任した当時は、ギョッとするような報告もいろいろありました。当時はお客様に自信を持って売れる商品がなく、その悪循環から販売店では在庫がたまって仕方がなかった。だから「お宅のビールは古すぎる」とよく怒られたものです。でもその声に謙虚に耳を傾け、正直に対応することが大切なのです。【覚書き|この苦情で賞味期限内でもビールの味が落ちることを自覚することができ、ビール業界初の3ヶ月間売れなかったものは即回収という損切り経営の原点となった】