名言DB

9490 人 / 112001 名言

内藤廣の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

内藤廣のプロフィール

内藤廣、ないとう・ひろし。日本の建築家。東京大学名誉教授。神奈川県出身。早稲田大学理工学部建築学科卒業、早稲田大学大学院修了。フェルナンド・イゲーラス建築設計事務所(スペイン)、菊竹清訓建築設計事務所勤務を経て内藤廣建築設計事務所を設立。また東京大学大学院工学系研究科社会基盤工学助教授、東京大学大学院工学系研究科社会基盤学教授、東京大学副学長などを務めた。

内藤廣の名言 一覧

坂口安吾は『日本文化私観』の中で、たとえ桂離宮や法隆寺がなくなったとしても、日本文化にとってはどうということはない、と言っています。過激な言い方ですが、一理あります。日本の文化は我々の暮らしの中や精神そのものにあるのだから、というわけです。日本人の美意識、何でもない空間に特別な意味を与える発想こそが重要だということです。


建築というハードウエアだけでなく、日本人の住まいの文化を考えるうえではソフトウエア、すなわち精神も見逃せません。たとえば、茶道の精神を抜きにしたら、茶室はただの粗末な小屋でしかありません。和室にある床の間は、外国人から見ればただのへこんだ空間。けれども、そこに掛け軸をかけて花を活け、一家の主人が上座に座ることで空間に意味がもたらされます。言ってみれば、何もない空間に意味を与えるのが日本人の精神なのです。


昔から、日本人は自然とつながって暮らしていました。自然災害も多くありましたが、それともうまくつき合いながら生きてきた。日本人にとって自然は克服する対象ではなく、共存するものでした。木の家は、暮らしの中でそれを感じることができたのでしょう。


内藤廣の経歴・略歴

内藤廣、ないとう・ひろし。日本の建築家。東京大学名誉教授。神奈川県出身。早稲田大学理工学部建築学科卒業、早稲田大学大学院修了。フェルナンド・イゲーラス建築設計事務所(スペイン)、菊竹清訓建築設計事務所勤務を経て内藤廣建築設計事務所を設立。また東京大学大学院工学系研究科社会基盤工学助教授、東京大学大学院工学系研究科社会基盤学教授、東京大学副学長などを務めた。

他の記事も読んでみる

野中正人

有名大学を出た人でも、たくさんの資格を持っている人でも、どの仕事を任せたら成果を出せるのかは、いろいろやらせてみなければわかりません。バイヤーとしてとても優秀な人が開発部隊に異動になって新規出店地の契約交渉の担当になったら全然契約が取れないというケースもあるし、前の部署ではパッとしなかった人が開発部隊に入った途端どんどん新規出店の契約をまとめてしまうというようなこともよくあるのです。だからこそ、いろいろな職場を経験してもらうことが大切なのです。


吉田幸弘(コンサルタント)

上司が部下を注意するときについやってしまいがちなのが、自分の感情をむき出しにしてしまうこと。部下を「叱る」のではなく、「怒る」になってしまう上司が多いのです。前者は相手に適切な行動改善を促す行為ですが、後者は単に自分の感情を相手にぶつけているだけです。


笠井信輔

私が、小倉(智昭)さんに「わざと」反発する。これが番組(とくダネ!)を盛り上げ、高視聴率の要因ともなっています。小倉さんがズバッと言うのが好きな人と同じくらい、小倉さんに文句を言いたい人がいるからです。小倉さん賛成派と反対派の両方の心をつかむことで、こうして18年間も番組は好調に続いてきたのだと思います。


森川宏平

研究開発では、他の人が考え実行したことのない方法を選択するようにしてきた。


鷲田小彌太

何か一つ仕事をやると、またもう少しやりたくなる。軽い仕事をしたら、本格的なこともやりたくなる。慣れた仕事の合間に、長いものを書きたくなる。そういう振り幅があると、ずっと続けられるもんです。


オグ・マンディーノ

誰もあなたの代わりに行動してくれる人はいない。あなたが立てる計画も、あなたが立ちあがって、自分を今のままの状態にとどめておこうとする力との闘いを開始するまでは、怠け者が見る夢にすぎない。行動を起こすことは常に危険を伴うものだが、座したまま人生の幸運が膝の上に転がり込んでくるのをじっと待つことは、失敗のありかを自ら大声で知らせているようなものである。


堀之内九一郎

失敗の原因がはっきりしたからには、その「逆」をやればいいだけの話。「逆」をやるようになった私は、やることなすことというほどに成功を得られるようになった。


大屋敦

西洋のことわざに「祖先祖誇る者はジャガイモのようなものだ。誇るものは地の下にある」という。


堀史朗

休みはしっかり取っている。なのにいつも疲れていて、なんとなく体が重い。時々めまいや頭痛がする。でも、病院に行ってもとくに悪いところは見当たらない……。もし、そんなケースに当てはまるなら、一度「累積疲労」を疑ってみるべきです。私は長年、心療内科医として多くの患者さんと接し、こうした「疲れ」が蓄積していった結果、身体の不調をきたすという事例を数多く見てきました。「累積疲労」とは私がつけた病名で、疲労が長年蓄積されることで身体が不調に陥り、それがうつ病を引き起こしたり、最悪の場合は過労死にまで至るというれっきとした「病気」です。


角山剛

罰には問題もあり、報酬と異なり知識を提供することではなく、あくまで「抑制」の効果しかないことです。過度な抑制は、さらに望ましくない反応を生む危険性もありますし、罰することで上司や会社を嫌ったり恐れたりさせることもあります。


野村克也

俺の場合は、子供の頃から「打撃の神様」といわれた川上哲治さんが憧れだった。だから2軍の時から、オープン戦で巨人と対戦する時は、いつも川上さんの練習ぶりを見ていた。すると、ある時、練習で川上さんがいつもゴルフのように、やたらと低めの球を打つ素振りをしていることに気づいた。「なんであんなことを?」と考えて、自分でもマネしたんだ。聞きにはいけないからな。マネして低めに何度も何度も素振り……。すると、ハッとわかったんだ。その後、普段通りに素振りすると、何も負荷がかからない。しかし、低い位置で素振りしていると「膝」「腰」の使い方、回し方がより強調されるんだ。下半身の使い方を体に覚えこませるため、低めの素振りをしていたんだな。引退後、川上さんと話す機会があり、尋ねたら「その通りだ」と言っていたよ。


小野田寛郎(小野田少尉)

できてもやってはいけないこと、できなそうでもやらなければいけないこと、これで善悪が決まってしまう。