内藤廣の名言

内藤廣のプロフィール

内藤廣、ないとう・ひろし。日本の建築家。東京大学名誉教授。神奈川県出身。早稲田大学理工学部建築学科卒業、早稲田大学大学院修了。フェルナンド・イゲーラス建築設計事務所(スペイン)、菊竹清訓建築設計事務所勤務を経て内藤廣建築設計事務所を設立。また東京大学大学院工学系研究科社会基盤工学助教授、東京大学大学院工学系研究科社会基盤学教授、東京大学副学長などを務めた。

内藤廣の名言 一覧

坂口安吾は『日本文化私観』の中で、たとえ桂離宮や法隆寺がなくなったとしても、日本文化にとってはどうということはない、と言っています。過激な言い方ですが、一理あります。日本の文化は我々の暮らしの中や精神そのものにあるのだから、というわけです。日本人の美意識、何でもない空間に特別な意味を与える発想こそが重要だということです。


建築というハードウエアだけでなく、日本人の住まいの文化を考えるうえではソフトウエア、すなわち精神も見逃せません。たとえば、茶道の精神を抜きにしたら、茶室はただの粗末な小屋でしかありません。和室にある床の間は、外国人から見ればただのへこんだ空間。けれども、そこに掛け軸をかけて花を活け、一家の主人が上座に座ることで空間に意味がもたらされます。言ってみれば、何もない空間に意味を与えるのが日本人の精神なのです。


昔から、日本人は自然とつながって暮らしていました。自然災害も多くありましたが、それともうまくつき合いながら生きてきた。日本人にとって自然は克服する対象ではなく、共存するものでした。木の家は、暮らしの中でそれを感じることができたのでしょう。


内藤廣の経歴・略歴

内藤廣、ないとう・ひろし。日本の建築家。東京大学名誉教授。神奈川県出身。早稲田大学理工学部建築学科卒業、早稲田大学大学院修了。フェルナンド・イゲーラス建築設計事務所(スペイン)、菊竹清訓建築設計事務所勤務を経て内藤廣建築設計事務所を設立。また東京大学大学院工学系研究科社会基盤工学助教授、東京大学大学院工学系研究科社会基盤学教授、東京大学副学長などを務めた。

他の記事も読んでみる

尾山基

ダイバーシティー(多様性)というと女性活用と意訳されがちですが、それは間違いです。アシックスにおけるダイバーシティーとは、年代、性別、国籍、全部を含めた概念です。だから日本も世界の一地域にすぎないと定義しています。日本事業の本部は東京で、全世界のヘッドクオーターが神戸市にあるという体制にしました。


坂根正弘

取締役会の冒頭で各役員がCEOに報告する際には、必ずバッドニュースを先に報告しています。そのためには、バッドニュースを真っ先にトップに伝える仕組みも欠かせません。


宮原正弘

AITというビジネスユニットをつくり、顧客の課題解決のために実証実験を行っています。AITチームでは、「こんなビジネスを始めたいが、AIの活用について検証できるだろうか」というお客様との議論から生まれたアイデアをベースに実証実験を行います。この実験を通じて、まずはアイデアの実現可能性を検証。有望と判断すればプロジェクト化し、確度を高めて実現に向け動き出すことができるのです。


藤巻健史

モルガンで採用担当をしていたとき、「将来おまえが使いたい人間を採れ」とボスに言われました。そのときに私が決めた採用基準は、スポーツなどで勝利した実績がある人でした。そして、ここが大事なのですが、ただ勝っただけでなく、一回挫折して勝ち上がった経験を持っていること。面接ではよく「あなたの実績と挫折の経験を話してください」と質問しました。


小山昇

ツールによる自分の仕事の数字の分析を浸透させるには、半強制的にやらせる仕組みが必要です。弊社の場合、課長以上が対象の月二回のプレゼント、一般社員向けの半年に一度の大会で分析スキルの習熟を図っています。


小林一雅(小林製薬)

メーカーを主業としてからは長期視点の人材が必要になりました。時間をかけて、お客さんが欲しいと思う商品を考えて、売り出す。長期的な時間軸で、創造性、革新性、差別化を考える人材が必要になったのです。


松田秀和(経営者)

我々の手がけてきた事業のほとんどは既存のものではなく、ゼロから始めた新しいサービスです。成功と失敗と挫折を繰り返しながら、世の中に新しいサービスを提供してきました。


カルロス・ゴーン

作業組織についてどんなに優れた意見を持っていたとしても、その意見が他人に伝わり、みんなに協力してもらえるのでなければ何の役にも立ちません。そのためには、コミュニケーションをきちんと取り、そうする理由とその方法を具体的に説明する必要があるのです。


吉野俊昭

新商品の開発でも、新事業の推進でも、これは「よろこビックリ(喜びと驚き)かどうか」を常に問いかけています。その意識をすべての関係者に徹底させるのが私の使命です。先頭に立って旗を振りながら、今後はより積極的な海外展開も仕掛けていきたいと思います。


大石昌明

投資金額は大きくなるのですけれど、イケると思ったら、次々と店を出さないと、あっという間に国内外から大手資本が出てきてしまう。時間との競争なんです。


永井浩二(経営者)

「大企業病」を治すには経営トップの強い意志が必要です。このため、グループCEOに就任したとき、第一にセクショナリズムを破壊しなくてはいけないと考えました。そのために「すべてはお客様のために」というメッセージを掲げたのです。そのうえで人事に取りかかりました。


牧野正幸

最近若手のビジネスパーソンからよく受ける質問は、「どのようにすれば問題解決能力を鍛えられますか?」っていうものである。一番簡単な答えは、「仕事において、みんなが解決しない(できない)問題を解決しようとすべし」というものだ。たとえ失敗しても問題解決能力は鍛えられる。


竹田陽一

利益性の差は社長の目標の定め方によってほとんど決まるのです。いろいろな分野に進出して年商だけはとても大きくなっているものの、商品、地域、業界に強いものが一つもない場合は、従業員一人あたりの経常利益はとても少なくなってしまいます。そのよい例が97もの業種に手を出していたダイエーでした。年商の大小と利益性の善し悪しとの間に相関関係はないのです。


梅森浩一

仕事の評価は誰がするものでしょうか。顧客や上司といった、自分以外の人です。仕事というのは、いつだって他人目線なものです。たとえあなたが、「これは自分の力からすれば8割の出来だ」と感じたとしても、相手がOKなら、それでいいのです。


楠本修二郎

飲食店というと、開店当初オープンで話題になり、半年後には低迷してしまう例をよく耳にします。そのため私共のように徐々に上昇していく形は珍しく映るかもしれません。しかし、そもそも街の飲食店と住民との関係とは、食堂を作った当初は来客数が低く、料理の味や大将のホスピタリティなどで少しずつ話題になり、店と人とのコミットが深くなっていくものです。テーブルで宿題をしている小学生とその隣で飲んでいる父親がいて、その父親の友人達が子供を可愛がるような、そういう場が飲食店の原風景だと思います。従って売上が徐々に上がっていく飲食店は決して新しい形ではなく、むしろ原点に近いものを若者向けにカスタマイズして提供しているのではないかという気がします。


ページの先頭へ