名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

内藤大助の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

内藤大助のプロフィール

内藤大助、ないとう・だいすけ。日本のプロボクサー。WBC世界Sフライ級チャンピオン。北海道出身。高校卒業後、ホテルの厨房への正規雇用が内定していたが、些細なことで上司と口論し内定が取り消されてしまう。その後、定職に就かない生活を送っていたが、なかば追い出される形で家を出て上京し、離婚した父の経営する会社に就職。ボクシング雑誌に刺激を受け、近所の宮田ボクシングジムに入門した。アルバイトをしながら活動を続け、世界チャンピオンに上り詰めた。現役通算成績42試合、36勝、3敗、引き分け3。

内藤大助の名言 一覧

一番の目標に手が届くまでは我慢。お金をもらえるようになったって、感謝感謝。そうすればね、きっと周りの人たちが応援してくれるようになるんです。それをなくしたら駄目なんです。


いまね、みんなね、やっぱりお金は欲しいと思いますよ。僕だってもちろん欲しい。でもね、その前に自分の環境に感謝ですよ。いかに周りの人たちに支えられてるかって考えたらね。お金の前にやっぱありがたみを感じますよ。ビジネスマンだってね、給料に不満があるとかいうのはね、チャンピオンになってからでいいんです。チャレンジャーのうちはチャンスがあるだけでもありがたいですから。条件出すのはチャンピオンになってからいくらでもできるんですから。


3度目の世界戦のときは、ファイトマネーは日本タイトル戦と変わらないくらいでした。でも、タイトルマッチできるだけでも、ものすごい幸せなことなんです。だって世界中に順番を待っている選手が山ほどいるわけですよ。その中で3回もできるなんてね。それ考えたらファイトマネーなんかなくたっていいくらいだったですから。


僕はいじめられっ子でした。だから自分を支えてくれる人、応援してくれる人がいるのがものすごく嬉しいんです。だからファイトマネーなんか二の次。嬉しくって嬉しくって。世界チャンピオンになってからだって、天狗になるなんてホント、意味わかんないですから。


僕はいじめられっ子だったんですよ。無視されたりね。それで何にも目的を持てなくて、親にも反発して飛び出してきた。だからって何の当てもなく、都会に出てきただけ。そんなときにふと自分自身を変えられるかもと思って飛び込んだのがボクシングの世界でした。


初めてのファイトマネーですか?びっくりしました。これっぽっちなのかって。しかも選手はチケットを買い取って、それを販売しなけりゃなりません。売れた分は懐に入りますが、売れ残った分は持ち出しです。僕は田舎から出てきて、友達も後援会もない。デビューしたての頃は、売れるわけがないですね。


内藤大助の経歴・略歴

内藤大助、ないとう・だいすけ。日本のプロボクサー。WBC世界Sフライ級チャンピオン。北海道出身。高校卒業後、ホテルの厨房への正規雇用が内定していたが、些細なことで上司と口論し内定が取り消されてしまう。その後、定職に就かない生活を送っていたが、なかば追い出される形で家を出て上京し、離婚した父の経営する会社に就職。ボクシング雑誌に刺激を受け、近所の宮田ボクシングジムに入門した。アルバイトをしながら活動を続け、世界チャンピオンに上り詰めた。現役通算成績42試合、36勝、3敗、引き分け3。

他の記事も読んでみる

塚越寛

企業のイメージアップも非常に重要です。いくらすぐれた製品をつくっていても、イメージの悪い企業から買おうとは思わないでしょう。


中井政嗣

部下の家庭に何か悩み事があるときは、解決の手助けができればいいのですけれど、できなくても慰めや励ましの言葉をかけることはできるのです。たとえば子供の不登校で悩んでいる従業員がいるとしたら、「父子家庭やのに、たいへんやなあ。仕事どころやないやろ。子供最優先にしてかまへんからな。授業参観にも行ってやりなさい」と言ってあげるのです。


山田敏夫

お金で散々苦労した経験が、知恵を生み、僕を経営者として大きく成長させてくれるはず。そう信じ、当面は資本金50万円のままで頑張っていきたい。


千田琢哉

いつか役立つかもというレベルで英語を習っても、使える場面はなかなか巡ってこない。それよりも仕事に直結する勉強をした方がいい。


小池淳義

我々はコスト削減が可能であることを技術革新の連続により実証してきた。


上野和典

2009年の夏、東京お台場に登場した実物大のガンダムが話題を呼びました。動員は415万人。目標は150万人でしたから、予想を超えたヒットイベントでした。成功した理由を後付けで説明することはできます。しかし、それを事前に説明することはできません。というのも、お台場ガンダムは直感でひらめいた企画だったからです。発案当初の企画書にはもっともらしいことを書きましたが、本当は企画趣旨をロジカルに説明することすら難しかったのです。


長谷川誠

最大の特長は、貸しきりトラック輸送サービスにおいて、小口多頻度の輸送とジャストインタイムの納品を可能にしたことです。商品流通や部材調達の物流に対して、路線便とチャーター便の長所を融合したこのサービスを利用していただくことにより、在庫集積をとるか、タイムリーな納品をとるかというトレードオフ(二者択一)を解決する一つのカギになると思っています。


持田昌典

あらゆる角度から入念な準備をします。我々も準備にかける執念は、すごいものがあると自負しています。


陰山英男

我が子に読書習慣をつけさせたいと思ったら、親が働き掛けることは重要です。とくにいまは本以外の娯楽がたくさんありますから、親の働きかけがないとなかなか難しいのではないでしょうか。


大久保秀夫

社内全体で資格の取得を推進しています。コンサルタントとしてお客様に会ったとき、名刺をしっかりと見せ、自分はこういったプロであるとお客様もわかるほうが、安心して接することができます。それがこれからの時代で一番価値があると思っています。5年ほど徹底し、かなり高い取得率になりました。今では情報通信のコンサルタントとしてだけではなく、経営にも関与する総合コンサルタント部門もできました。


岩崎裕美子

業務の棚卸しは、本当におすすめです。どんな会社でも惰性で続いている業務というものが潜んでいるものです。例えば、実際には誰も見ていない数字なのに、毎月リポートにまとめ続けているといった作業はありませんか。


守次拓

品質は負けていないし、弊社のほうが安いのに選んでいただけなかった。そのとき、ブランドにならなければいけない、と腹に落ちました。