内藤大助の名言

内藤大助のプロフィール

内藤大助、ないとう・だいすけ。日本のプロボクサー。WBC世界Sフライ級チャンピオン。北海道出身。高校卒業後、ホテルの厨房への正規雇用が内定していたが、些細なことで上司と口論し内定が取り消されてしまう。その後、定職に就かない生活を送っていたが、なかば追い出される形で家を出て上京し、離婚した父の経営する会社に就職。ボクシング雑誌に刺激を受け、近所の宮田ボクシングジムに入門した。アルバイトをしながら活動を続け、世界チャンピオンに上り詰めた。現役通算成績42試合、36勝、3敗、引き分け3。

内藤大助の名言 一覧

一番の目標に手が届くまでは我慢。お金をもらえるようになったって、感謝感謝。そうすればね、きっと周りの人たちが応援してくれるようになるんです。それをなくしたら駄目なんです。


いまね、みんなね、やっぱりお金は欲しいと思いますよ。僕だってもちろん欲しい。でもね、その前に自分の環境に感謝ですよ。いかに周りの人たちに支えられてるかって考えたらね。お金の前にやっぱありがたみを感じますよ。ビジネスマンだってね、給料に不満があるとかいうのはね、チャンピオンになってからでいいんです。チャレンジャーのうちはチャンスがあるだけでもありがたいですから。条件出すのはチャンピオンになってからいくらでもできるんですから。


3度目の世界戦のときは、ファイトマネーは日本タイトル戦と変わらないくらいでした。でも、タイトルマッチできるだけでも、ものすごい幸せなことなんです。だって世界中に順番を待っている選手が山ほどいるわけですよ。その中で3回もできるなんてね。それ考えたらファイトマネーなんかなくたっていいくらいだったですから。


僕はいじめられっ子でした。だから自分を支えてくれる人、応援してくれる人がいるのがものすごく嬉しいんです。だからファイトマネーなんか二の次。嬉しくって嬉しくって。世界チャンピオンになってからだって、天狗になるなんてホント、意味わかんないですから。


僕はいじめられっ子だったんですよ。無視されたりね。それで何にも目的を持てなくて、親にも反発して飛び出してきた。だからって何の当てもなく、都会に出てきただけ。そんなときにふと自分自身を変えられるかもと思って飛び込んだのがボクシングの世界でした。


初めてのファイトマネーですか?びっくりしました。これっぽっちなのかって。しかも選手はチケットを買い取って、それを販売しなけりゃなりません。売れた分は懐に入りますが、売れ残った分は持ち出しです。僕は田舎から出てきて、友達も後援会もない。デビューしたての頃は、売れるわけがないですね。


内藤大助の経歴・略歴

内藤大助、ないとう・だいすけ。日本のプロボクサー。WBC世界Sフライ級チャンピオン。北海道出身。高校卒業後、ホテルの厨房への正規雇用が内定していたが、些細なことで上司と口論し内定が取り消されてしまう。その後、定職に就かない生活を送っていたが、なかば追い出される形で家を出て上京し、離婚した父の経営する会社に就職。ボクシング雑誌に刺激を受け、近所の宮田ボクシングジムに入門した。アルバイトをしながら活動を続け、世界チャンピオンに上り詰めた。現役通算成績42試合、36勝、3敗、引き分け3。

他の記事も読んでみる

池井戸潤

昔と違って活字離れで本が売れなくなっている。面白い、と思ってもらえる作品を書いていかないと手に取ってもらえない。


河野章宏

例えば宣伝でも、メジャーのレコード会社の人の話を聞くと、「不安だ」って言うんですよ。要は、広告費を払って雑誌に載せてもらうことで、仕事をした気になってるんですよね。でも、それがお客に届いてるか届いてないかは全然気にしてないんですよ。「この雑誌に広告が出てるから、私の仕事はちゃんとやってる」っていう意識になってるんですけど、それが間違いなんですよ。音楽雑誌に広告打って確実にCDが売れるなら、みんな売れてるはずじゃないですか。でも、ほとんど売れてない。エンドユーザーのことを考えたうえでの仕事なのかそうじゃないのかは大きな違いだと思いますね、同じ「広告を出す」っていう作業でも。


小久保裕紀

よく、「過去の出来事は変えられないので、未来を変えるしかない」と言われますが、私はそうではなく、「過去は変えられる」と思っています。というのは、起きた出来事自体は変えられなくとも、それに対する今の自分の気持ちや解釈は変えられるからです。どんな結果でも、未来につながるとらえ方をすることが大事だと。


中村靖(経営者)

10年後の働き方が、今と同じわけがない。


平井伯昌

どんなに恵まれた環境に身を置いても伸びない人はいるし、逆にベストな環境でなくても伸びる人はいます。その差は、意識の持ち方にある。


ショーペンハウエル

失ってはじめて我々は恵みに気がつく。


ピーター・リンチ

【株式投資20の黄金律-その11】1,000ドル投資すれば失う金額は最高で1,000ドルである。もし辛抱強く持てるなら10,000ドルあるいは50,000ドルにまで増やすことは可能である。投資を実りあるものにするためにも、よい企業を数社見つけることが重要である。


小林佳雄

先に待遇や社風を作らなければいけません。社員に要求するばかりでは辞めてしまいます。会社が社員のために何かをしてくれると、社員も分かってくれているのだと思います。


吉越浩一郎

集中して働けば、疲労が溜まって能率が落ちます。それをリセットするには休息が不可欠。それも細切れではなく、まとまった休みを取るべき。トリンプ・ジャパン社長時代「課長職以上は少なくとも年1回、2週間連続で有給休暇を取るべし」というルールを設けました。最初はかなりの抵抗を受けました。本人たちはもちろん、その部下たちから「課長が2週間も留守では仕事が回らない」と苦情が出たこともあります。情報共有の不徹底、部下の自立度の低さ、それを許している課長のマネジメント。それらを改善するためにも、強制力が必要でした。


齋藤孝(教育学者)

ビジネス上の決断に、裁判の判決のような細かさや正確さが求められることはまずありません。むしろ、一定のグレー幅の中で決断すればいいことがほとんどでしょう。決断が速い人はそのことをよく知っているから、素早い決断が可能なのです。


宮本彰

当社では失敗は査定上、プラスになります。ホームランには程遠いけど、内野安打ぐらいには認めていいんじゃないかと考えています。


山本卓眞

若い社員が仕事に燃えていなければ、突出した技術や製品など生まれません。その意味で最近気になることがあります。日本人があまり働かなくなったことです。これは弊社に限った話ではないと思います。週休二日制が当たり前のようになり、国民の祝日も増えました。それこそ、米企業の社員の方が働いているのではないでしょうか。米マイクロソフトの社員は寝袋を担いで出社していると聞いています。


井上康生

「メダルを取るのと取らないのとは大きく違うよ」と繰り返し言い続けました。それを一番悔やんでいるのは私だと。メダルを死守するという思いをもう一度奮い立たせれば、違った結果になったはず。それをいまだに後悔している一人ですので。


堺屋太一

個人も組織も、ひとつのことが成功すると、同じことばかりを手がけたがる。イギリスのことわざに「競馬のやりはじめに大穴を当てた者は破産する」というのがある。万馬券に味を占め、大穴狙いがやめられないからだ。


田原総一朗

当事者から話を聞く、一時情報源に迫るといっても、電話は駄目です。最近、新聞記者やテレビスタッフの取材力が落ちたのは、携帯電話のせいだと思う。政治家の携帯に電話して取材した気になっています。携帯電話は直接本人とつながるから、当事者から取材した気になってしまうのでしょう。しかし、電話なんかで政治家が本音を言うはずがない。


ページの先頭へ