名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

内藤哲也の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

内藤哲也のプロフィール

内藤哲也、ないとう・てつや。日本のプロレスラー。東京都出身。アニマル浜口トレーニングジムを経て新日本プロレスに入団。IWGPヘビー級王座、IWGPインターコンチネンタル王座、NEVER無差別級王座、IWGPタッグ王座、IWGPジュニアタッグ王座を獲得。

内藤哲也の名言 一覧

目標をクリアし終わった時に新しいものが見えてくると思います。あとは継続するのではなくて、より上昇させたいと思っています。いま以上の波を、起こしたいですね。


枠を取っ払って、自分の見せたいものを見せて、言いたいことを言おうと決めた。お客様のためにと思っていた時は伝わらなかったのに、これしかできないと開き直ったら、お客様のほうから近づいてきた。


プロレス総選挙(1位獲得)に関してはここ2年くらいにしてきたことの結果が出たのかな、と思います。周りの目を気にするのをやめて、表現したいものを表現し始めて、それが徐々にお客様に伝わるようになったというのは実感していました。


プロレスラーになる前の話ですね。浜口ジムに通っている時、右膝のケガをして。手術の後、あまりの痛さ、足の使えなさに落ち込んでいたんですよ。そんななか、棚橋(弘至)選手が出場するリーグ戦の優勝決定戦を広島まで観に行ったんです。その時、棚橋選手は肩を痛めていたんですけど、歯を食いしばって頑張っていた。その姿に心を打たれて。ああ、プロレスから勇気をもらうってこういうことなんだ、と初めて実感しました。


なぜ、L・I・Jが新日本プロレスで一番輝いているかというとユニット内でも、常に競い合っているからですよ。仲が悪いんじゃなくてね。「個」の集まりなんです。今は、L・I・Jというと、内藤の名前が最初に出ますけど、内藤の下にずっとついて行こうと思っているようなメンバーはいないですし、今後もいりません。個の集まりでありつつ、新日本プロレスの中で一番まとまりのあるユニットだとも思うんです。


正直、現時点では(対戦相手の)オカダ(カズチカ)のことは見ていないんですよ。花道を歩くことと、試合に勝った後に、お客様と大合唱することだけに視線が向いている。オカダには、僕がオカダに視線を向けざるを得なくなるくらい、焦らせてほしいなと思いますね。実績も含めてオカダは素晴らしい選手です。でもお客様に感情移入していただくという、プロレスにとって一番大事な部分に関しては、僕は負けていない。そのあたりの差が、リングで向き合った時に出るだろうと思っています。


僕はずっとプロレスが好きで、いつも早く試合がしたいと思っていたんです。でもある時からお客さんに思いが伝わらなくなって、試合に出るのも嫌になってしまった。そんな時にメキシコでロス・インゴベルナブレスに出会った。彼らの自由なプロレスの輪に入ってみたらすごく気持ちよくて、早く次の試合に出たい、とまた思えるようになったんです。


内藤哲也の経歴・略歴

内藤哲也、ないとう・てつや。日本のプロレスラー。東京都出身。アニマル浜口トレーニングジムを経て新日本プロレスに入団。IWGPヘビー級王座、IWGPインターコンチネンタル王座、NEVER無差別級王座、IWGPタッグ王座、IWGPジュニアタッグ王座を獲得。

他の記事も読んでみる

神永正博

平均値が実感とかけ離れているのはなぜなのでしょうか。たとえば、一般的な収入で暮らす百人の村人が住む地域に、ビル・ゲイツが引っ越してきたとしましょう。すると、その地域の平均年収は突然何億円にも跳ね上がります。平均値は極端な値に弱く、一番上の値が他とかけ離れていると、そこに引きずられて平均値が劇的に上がってしまうのです。つまり、総収入を村人の数で割って年収全体を均(なら)しても、極端な値が底上げした値に騙されるだけなのです。とくに、富裕層の収入は株式や不動産投資といった資産所得が大きなウエイトを占めるので、株式市場の変動に敏感に反応してしまいます。


有馬浩二

我々は、IoTを人の知恵を引き出すために使おうとしています。それに対して欧米の企業が考えるIoTは、工場の生産設備から得られる情報を、また設備に戻す。我々は設備から得た情報の一部を人に戻して、人に考えさせる。そこが全然違います。


チャールズ・ゴードン

生命は人間の持つ最大の武器だが、捨てることを惜しんだら武器にはならん。


澤田秀雄

運を引き寄せるには次の5つが肝要。

  1. つらい時こそ明るく振る舞う。
  2. 景気の良い時には控えめにする。
  3. 運気の悪い時にはじっと耐えて待つ。
  4. 強運の持ち主と交流する。
  5. 運を使い切らない。

菊池幸

商売は感謝に始まり、感謝に終わり、また感謝で始まる。


谷口恒

技術の追求も大事ですが、ビジネスとしては先に実装したほうが勝ち。


村田昭治

「青春企業」、私はこのことばを提案する。すべての企業は青春企業であるべきだ。年が若いから青春ではなく、心のもち方で青春にもなり老人にもなるのである。このことは企業も同じである。


和田由貴

辛いことは続かないし、たとえ無理矢理続けてもストレスだらけの生活になってしまったら意味がありませんよね。だから長く続けて成果を出すには、できるだけ自然に無理なく節約できる仕組みを、まず作ってしまうことが近道。


森川亮

机の前にただ座っているだけの時間も無駄。よくあるケースが、何かパソコンを見ながらカタカタ打っているけれども、実はフェイスブックを更新していたり、ニュースサイトを眺めていたり、メールの返信をダラダラ書いていたりするというもの。これを極力やめて、実務に直結したことに時間を振り向けるべき。


小山昇

失敗したときに見切る早さも大切です。我が社はシニアケア事業にチャレンジしたことがあります。エース級の幹部4人を投入して6000万円かけたものの、結果は大赤字。多少の苦戦は覚悟していましたが、私が考えている以上に市場がニッチでした。これ以上やっても傷口を広げるだけだと判断して、1年で撤退しました。シニアケア事業の社員は、当時伸びていた経営サポート事業に異動させました。その結果、利益が増えて、シニアケア事業の赤字はすぐ取り返せた。見切りが遅かったら、赤字が増えていただけでなく別事業の成長のチャンスも逃していたでしょう。


島正博

作り手が自分勝手にこんなものでいいだろうと決めて、一方的に大量生産するという手法はもう通用しない。【覚書き:顧客の価値観やニーズが多様化し、画一的な大量生産では対応できなくなってきた現状を語った言葉。】


五郎丸歩

2012年に就任した日本代表のメンタルコーチは、まずキッカーである僕のところに来ました。でも、シャットアウトしたんです。「メンタルには興味がないので」と。メンタルという目に見えないものと戦うのが嫌だったんですね。そんな自分に対し、メンタルコーチは「キックに関して積み上げてきたものを文字で整理して、ルーティンを築き上げてほしい」と言ったんです。それで腑に落ちました。文字にして、見えるものと戦う。それならやれると。そうして少しずつルーティンに変化を加えたことが、W杯での結果につながりました。