名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

内藤哲也の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

内藤哲也のプロフィール

内藤哲也、ないとう・てつや。日本のプロレスラー。東京都出身。アニマル浜口トレーニングジムを経て新日本プロレスに入団。IWGPヘビー級王座、IWGPインターコンチネンタル王座、NEVER無差別級王座、IWGPタッグ王座、IWGPジュニアタッグ王座を獲得。

内藤哲也の名言 一覧

目標をクリアし終わった時に新しいものが見えてくると思います。あとは継続するのではなくて、より上昇させたいと思っています。いま以上の波を、起こしたいですね。


枠を取っ払って、自分の見せたいものを見せて、言いたいことを言おうと決めた。お客様のためにと思っていた時は伝わらなかったのに、これしかできないと開き直ったら、お客様のほうから近づいてきた。


プロレス総選挙(1位獲得)に関してはここ2年くらいにしてきたことの結果が出たのかな、と思います。周りの目を気にするのをやめて、表現したいものを表現し始めて、それが徐々にお客様に伝わるようになったというのは実感していました。


プロレスラーになる前の話ですね。浜口ジムに通っている時、右膝のケガをして。手術の後、あまりの痛さ、足の使えなさに落ち込んでいたんですよ。そんななか、棚橋(弘至)選手が出場するリーグ戦の優勝決定戦を広島まで観に行ったんです。その時、棚橋選手は肩を痛めていたんですけど、歯を食いしばって頑張っていた。その姿に心を打たれて。ああ、プロレスから勇気をもらうってこういうことなんだ、と初めて実感しました。


なぜ、L・I・Jが新日本プロレスで一番輝いているかというとユニット内でも、常に競い合っているからですよ。仲が悪いんじゃなくてね。「個」の集まりなんです。今は、L・I・Jというと、内藤の名前が最初に出ますけど、内藤の下にずっとついて行こうと思っているようなメンバーはいないですし、今後もいりません。個の集まりでありつつ、新日本プロレスの中で一番まとまりのあるユニットだとも思うんです。


正直、現時点では(対戦相手の)オカダ(カズチカ)のことは見ていないんですよ。花道を歩くことと、試合に勝った後に、お客様と大合唱することだけに視線が向いている。オカダには、僕がオカダに視線を向けざるを得なくなるくらい、焦らせてほしいなと思いますね。実績も含めてオカダは素晴らしい選手です。でもお客様に感情移入していただくという、プロレスにとって一番大事な部分に関しては、僕は負けていない。そのあたりの差が、リングで向き合った時に出るだろうと思っています。


僕はずっとプロレスが好きで、いつも早く試合がしたいと思っていたんです。でもある時からお客さんに思いが伝わらなくなって、試合に出るのも嫌になってしまった。そんな時にメキシコでロス・インゴベルナブレスに出会った。彼らの自由なプロレスの輪に入ってみたらすごく気持ちよくて、早く次の試合に出たい、とまた思えるようになったんです。


内藤哲也の経歴・略歴

内藤哲也、ないとう・てつや。日本のプロレスラー。東京都出身。アニマル浜口トレーニングジムを経て新日本プロレスに入団。IWGPヘビー級王座、IWGPインターコンチネンタル王座、NEVER無差別級王座、IWGPタッグ王座、IWGPジュニアタッグ王座を獲得。

他の記事も読んでみる

丸山茂樹(プロゴルファー)

ケガといった「壁」を乗り越える秘策はなく、情報を収集し、動き回り、ひたすら努力しながら耐え抜くしかない。


元谷一志

考え方として日本のみならず、世界においても出張に行く人材は仕事ができるからこそ出張に行くのであって、だからこそ将来の経営層に成り得る人材であり、キーパーソンであると考えています。ですから、その方たちが経営層になったときに、アパホテルに良い印象を持っていただくことを推進していきたい、そう考えております。


サイモン・クーパー(経営者)

リーダーとしてブランドの素晴らしさを代弁するのは大切ですが、一方でブランドが個人に帰属しないようにしなくてはなりません。大事なのはリッツ・カールトンであって、私サイモン・クーパーではないのです。


田中良和(GREE)

昔読んだ本に、優秀な営業マンがマネジャーに出世した途端、駄目になるといったエピソードが載っていました。その人はモノを売る力はあっても、人を動かす力はなかったんですね。これはポジションによって、求められているものが違うということに他なりません。


松田丈志

一流のスイマーは、圧倒的な量や質の練習をこなし、努力し続けている。


海堂尊

やりたいことあるのにできないというのは、素質がないか、もしくは素質があってもまだ達成する時期に来ていないかのどちらかでしょう。


山田昇(ヤマダ電機)

経営者というのは、ともすると独善的になりやすい。しかしどんなビジネスをやるにしても、やはりマーケットを第一に考えなければならない。そのマーケットの中での可能性を探ることが大事であり、ビジネスでは、これが最もオーソドックスな方法でもある。


森川亮

リーダーにとって大事なことの一つは、チームのメンバーが健全な議論をできるようにすること。議論とは、それぞれが自分の意見を主張して押し通そうとすることではありません。なるべく多様性のある数多くの意見を引き出す。10個の意見から1つ選ぶより、100個の意見から1つ選ぶ方が正しい可能性が高い。いかにして、多様性のある意見を生み出しやすくするかが大切。


西村克己

7割がた大丈夫と思ったらゴーを出すことが大切。早く決めて仕事をすすめれば、仮に失敗してもリカバリーする時間がある。完璧を目指さず、スピードを大切にしましょう。


川村益之

問題は営業成績に興味があっても部下に興味のない管理職が多いことです。彼らは部下のことを観察していないのです。部下が仕事で悩んでいたり、助けを必要としていたりすることに気づけないのです。


おおたわ史絵

話が少々まどろっこしくても、気の利いたことが言えなくても、ぜひ伝えたいという気持ちがあれば、相手は耳を傾けてくれるはずです。


池田欣生

私が患者さんに言っているのは「予防」の重要性です。予防を意識してきた人には手術は必要ありません。それが今の最先端です。